Daily Archives: 2011/10/02

お待たせしました “Mellows 計画” 進行中 ~ Vol.4

 

ブログの更新ができないほどの状況に陥ってから、ようやくほんの少しだけPCの前に座る時間ができてきました。
店舗設置から今日まで、ほとんど寝ずにあれこれ作業してましたら、いつの間にか一週間が経過してしまいました。ですので、ちょっと今回は長編ですみません。
この間に、本当に沢山の激励のメールを知人・友人の皆さんよりいただきました。ブログの場をお借りして説明いたしましたが、まったくメールさえできるような状況ではありませんでしたので、どなたにも返信ができず、申し訳ありませんでした。若い頃から、集中しているときは睡眠も食事もトイレも忘れてしまう性分なのを、再認識させられたこの怒涛の一週間でした。
そうこうしている間に、気がつけばあっという間の10月に突入..(汗)
まずい、次は開店準備が…(汗 X 10)

信州から9/23の深夜に帰宅後、『相棒』の受け入れ準備を整えるため、そのまま寝ずに店舗予定地に移動し、夜明け前より一睡もせず相棒の遠く信州からの到着をひたすら待ちました。予定通り9/24の早朝に到着し、6時より設置作業が始まりました。3連休中日の早朝ということもあり、想像していたよりギャラリーは少なめで、少しホッとしました。

ライフ・ラインの設備業者さんが現場入りする前に、原さん率いるカンバーランド社の輸送チームの皆さんのおかげを持ちまして、無事に午前中で設置を終えることができました。今回の現地設置作業に至るまで、設計・デザイン段階から約半年に及ぶ長期間、僕の無理な注文や設計変更に最後まで粘り強くお付き合いくださった、カンバーランド社の営業企画担当:平木氏には、最大級の賛辞を送ると共に厚く御礼を申し上げます。

あれこれと書きたいことは山ほどあるのですが、とりあえず設置から一週間後の本日撮影の画像集をUPします。

『人は目に見えるものしか信じない』とよく言いますので、現物を皆さんのその目で確認できる段階に至るまでは、この計画を多言することを避けてきました。一言発すれば、『そんなのできっこない』とか『どうせ簡素なものでしょ』との反応や、鼻で笑われたりするのがおちだと思っていたからです。実際にそのような態度をとられた方も、少なからずいらっしゃいましたね。『千の言葉より、現物』、今は以前にも増してそれを実感しています。詰まるところ、『論より証拠』といったところです。
僕の計画を笑わずに真剣に受け止めてくれた方は、たとえ数十年に及ぶ長いお付き合いの親しい友人や知人でさえ、正直なところ本当に極々僅かです。もっともウチの家族でさえそうですからね、仕方ないことかもしれません。なにせ見たことがないんですからね。信じてやってきたのは、僕だけなのかもしれません。(笑)

さあ、皆さんはどんな印象を持たれますか? まだ、僕のことや僕の長年の計画を、笑いますか?
どうしても気になる方は、オープンしたら “cafe Mellows” に飛んできてくださいね。おいしい珈琲を用意してお待ちしています。
そして、思う存分じっくりと見学してください。

 

学園西大通りより望む

 

『ロゴ』と同じイメージのSTEPが出現しました

存在感たっぷりですが、この後が更にすごい仕様になっていきます  期待してください

 

こちらはテラス側のデッキです

エントランスも含めまだ未完成ですが、すべてスーパー外構職人さんの青木氏率いる『Woody Garden』チームの仕事です

現場基礎工事より頑張っているデカくて心優しい職人・川田氏も、仕事が実に細かいので感心しきりです。助っ人でお手伝いに来てくださる青木さんのお父さんもほんとに気さくな方で、現場はとても助かっている様子です。きっと、奥様のマリコさんがデザインしたように、あるいはそれ以上の作品に仕上がる気配が濃厚です。本当に完成が楽しみになってきました。

 

ささ、どうぞ中へ

 

奥行き感のある、「板張り」の連続を演出しています

 

「東まみあな」地区ののどかな農村風景が垣間見れます

 

こだわりのレコジャケですが、今日早朝までかかって取り付けました

 

こちらはテーブル席です

 

まもなく取り付け予定の看板です

紀州・新宮より台風被害にめげずやってきました

 

カウンター席の風景です

 

食器はこれから着々と準備予定   急がねば..

 

「信州」地区限定販売雑誌『KURA』で、信州の風を感じてください

 

『京都』が大好きです  しばらく行けないか、残念

 

こんな音楽マニア本などもあります

 

『もみじ』が美しい「信州」と「京都」が大好きなんです    きれいに撮れたかな

 

設置直後に何度か連絡を取り合った、茨城県の関連窓口の職員さんや市の職員さんを始め、出入りの工事業者の方々からも、想像を遥かに超える仕上がりと完成 度に対して、数え切れないほどのお褒めの言葉を頂戴してばかりの日々です。更に喜ばしいのは、40~60代以上の方々が、『こんないいお店が地元にできるなんてほんとに嬉しい!毎日通ってもいいですか?』『すごくいい雰囲気ですね。もうチェーン店なんて行かないっすよ。今度嫁と来ます!』なんて言ってくれた20台の若い世代の人たちにも、別の意味で新鮮に写るようです。まあ、とにかく開店前なのに、お世辞でも嬉しい反応ばかりで、特に『喫茶店』で青春時代を過ごされた年代の方々には、懐かしくてしかたがないといった印象です。工事中で立入禁止にも拘らず、ウォーキング中の初老のご夫婦が何組もやって来られて、「大人向けのお店ができてくれて、ほんとに嬉しい」と言ってくださいます。僕もそんな反応が嬉しいですし、よかったですよ。それがコンセプトでもあるのですから。

“Mellows 計画” はまだまだ進行中で、皆さんをあっと言わせるファクターで満載です。

それゆえ10月中の正式オープンは厳しい状況となっていますので、なんとか準備を今月いっぱいで終え、11月よりお客様をお迎えできるよう、鋭意努力しているところです。

それでは、次回の報告をどうかお楽しみに。

コメントなどもお待ちしておりますので、遠慮なくコメント欄より投稿してくださいね。