Monthly Archives: 12月 2011

今年中にやっておきたかったこと

 

あっという間の大晦日ですね。
僕自身にとっては、とにかく一生分の出来事がいっぺんにやってきたような印象の、とにかく慌ただしくも充実した一年となりました。

ですが、ただ一つだけまだやり残したことがありました。

それは、自分のお店の居心地のよいデッキ・テラスで、美味しい珈琲を飲むということ。

 

寒いけど、静かな自分だけの時間でした

 

営業最終日までは、お客様のために一生懸命に心を込めて珈琲を淹れていましたが、営業も終えた今日は、とりあえず頑張ったご褒美代わりに、自分自身のために気持ちを込めて一杯の珈琲を淹れました。4種あるブレンドの中でも、僕のお気に入りはメインのコロンビア・ベース。

冬場の今はOFFにしているテラスのスピーカーをONにして、真冬の星空の下で、ダウンジャケットを着込んで聴くビル・エヴァンスの “My Foolish Heart”は、やっぱり格別でした。
デッキ・テラスのあるカフェを実現したら、絶対にまず最初にやろうと、20年も30年も前に決めていた自分への唯一の約束事。2011年の最後の日に、ようやく実現することができました。
感無量でしたが、冬空の下での音楽鑑賞は、一曲が長いJAZZのナンバーでは3曲位が限界ですね。(笑)

真冬の夜空の下でいただく一杯の珈琲  ありがたくて、ただひたすら、感謝感謝であります

 

そろそろ2011年も暮れようとしています。11月のOPENでしたので、わずか2カ月ではありましたが、ご利用いただいた多くのお客様に支えられ、なんとか先に向かって歩きだすことができるカフェ・メロウズです。

2012年が、皆さんにとって、素晴らしい年となるよう、心よりお祈り申し上げます。

マスター

 

 

今期の営業を終了いたしました

 

本日をもちまして、カフェ・メロウズは今年度の営業を無事終了させていただきました。
すでに顔なじみとなられた多くのリピーターのお客様にご来店いただき、感謝の思いで一杯です。
また、慌しい時期の誕生日のプレゼントなどもいくつか頂戴し、ありがとうございました。

 

立て看板もお疲れ様でした

 

とにかくただ夢中で突っ走った感だけが記憶に残る2011年ではありましたが、会社員というある程度は安定した立場を放棄したことと引き換えに、数限りない多くの方々との出会いに恵まれた一年であったことは間違いありません。それは、夢をカタチにする段階で支援していただいた皆さんはもちろん、なにより開業してから僕の立ち上げた『カフェ』という場所を通じて知り合えた大切なお客様や従業員さんも、皆さん全員がその対象です。

2012年は、カフェ・メロウズをご利用いただける皆様にとって、ゆっくりと過ごせる大人の隠れ家のような居心地の良さを更に追求し、またお客様同士にとっても素敵な出会いの場所となりうるよう、自分自身もさりげなく演出をさせていただくつもりです。

 

また来年、"cafe Mellows" にてお会いしましょう

さて、年末・年始のお休みは、明日12/30より1/4までとなります。新年の営業は、1/5からとなります。また皆さんの元気なお顔を拝見できますよう、楽しみにしております。

それでは、よいお年をお迎えください。

マスター

 

 

あっという間の一年でした

 

明日・明後日で今年度の営業が終わるので、なるべく多くのスウィーツ類を準備しておこうと深夜までかかってしまい、ようやく帰宅したところです。もう間もなく朝の4時ですね。なので、記事は Back Date して書いております。

今日で、48歳になったマスターです。
一年前の今頃は、何を考え、どんなことをしていたんだろうと、独立を志して退職を決意した、ちょうど一年前から始めたブログの記事を見てみました。
当時はまだ右も左も判らぬブログ初心者で、FC2さんで “Master Mellows Diary” というタイトルで、日々のことや独立に向けて自分自身を奮い立たせるために、あれこれと雑多なことを書いていました。もちろんそれは今でも変わらないのですが、一年が経過した今になってみると、完全な日記に近いようなものとなっており、なんだかんだ言って、「やっぱりやっててよかったなぁ」といった気持ちが強いです。

 

さて、次なる目標はいかに

自分で言うのもおこがましいですが、よく一年後にカフェの開業を実現できたなと、我ながら不思議に思えてきます。
とにもかくにも、本当に全速力で走りっぱなしの一年間だったような気がしてなりません。おそらく生涯でもっとも頭と身体を使い切り、かなり濃密な時間を過ごしたような印象の一年でした。

開業までは、なんとか辿り着けました。ですが、本当の勝負はこれからで、なにより『続けることがいちばん難しい』という問題と対峙しなければならないのです。

そろそろ、次の一年の目標を掲げなければいけない時期となりました。
さて、次はどこを、そして何を目指すのか。年末・年始の休みにしっかり考えることにします。

泣いても笑っても、年内の営業は残すところあと二日です。
2011年に悔いを残さぬよう、しっかりと仕事をさせてもらいます。

 

かわいいサンタさんがやって来ました

 

ようやく年末の3連休が終わりましたね。
皆さんはどのようクリスマス休暇をお過ごしになったんでしょうか。

連休中はクリスマス寒波到来とのことで、ある程度は予想してましたが、こと朝の寒さはきついものがありましたね。
お店のエントランスでいまだに頑張っているモミジの葉っぱを浮かべた水鉢も、夜中にはバリバリに凍ってしまうほどです。

 

「もみじの水鉢」も凍る寒い朝です

 

さてそんな3連休ですが、ご新規様・常連さんが交互にご来店され、初日はかなり慌しい珈琲タイムとなり、ずいぶんとお待たせしてしまったお客様もいらして、申し訳ありませんでした。そうかと思えば、2日目はさすがにクリスマス・イブだけあって、ご来店されるお客様はほとんどいらっしゃいませんでした。

そんな連休最終日の今日、夕方になってカフェ・メロウズにかわいいちっちゃなサンタさんが、パパとママに連れられてやってきました。
サンタさんの名前は『こな』ちゃんといいます。

小さな小さな『こなちゃん』サンタさん

最初はどなたか分からなかったのですが、どこかで見覚えのあるママさんと赤ちゃんのお顔... すかさず、ママさんが「『IKEA』の駐車場でお世話になったものです。」とご挨拶をされ、やっと記憶がつながりました。

実は、1ヶ月ほど前のお店の定休日に新三郷のIKEAに厨房用品を買出しに出かけ、精算後すぐに店に戻って翌日分のケーキを焼く予定でいました。
買い物後、駐車場に戻り車に荷物を積んでいると、若い女性から「あのすみません、荷物を車に積むのを手伝っていただけませんか..」と声を掛けられました。IKEAの駐車場でよく見かける光景といえばそうなのですが、どうみても女性がひとりで車に積み込むにはあまりに大きく重量級の梱包物にお手上げといった様子でした。訊けば、駐車場まではなんとか店員さんが運んでくれたとのことでした。そのままでは搭載できそうになかったので、セカンド・シートを倒すようにお願いして、中を覗いたらなんとチャイルドシートには8ヶ月の赤ちゃんがチョコンと座ってこっちを見つめていました。
おじさんのおせっかいではありますが、老婆心で「こんな小さな赤ちゃん連れでは、IKEAでの買い物はちょっと厳しいよねぇ..」と忠告させていただきましたが、きっと色々とご事情があって仕方なく赤ちゃん連れでやってきたんだろうと考え直し、とにかく車内にスペースをつくりなんとか積み込みを終えました。
帰り間際に、僕は茨城から買い物に来たことを話したついでに、持ち合わせていた名刺だったかお店のショップカードを手渡して、「もし、あみアウトレットとかに買い物に来ることがあったら、寄ってくださいね。」と伝え、その場を去ったのでした。

そして約1ヵ月後のクリスマスの今日、こなちゃんはファミリーで、アウトレットでの買い物の帰りに、わざわざ寄り道をしてまでカフェ・メロウズに立ち寄ってくださいました。しかも驚いたことに、お住まいは都内でウチのカミさんの実家に近い場所とのこと。

こんな素晴らしい出会いや再会があるのも、『カフェ』という場所と『マスター』という職業があるからと言わざるを得ません。本当に「マスター冥利」というか「オーナー冥利」に尽きるといった思いで一杯です。

僕は今日、ちいさなサンタさんとお若い素敵なご両親から、「人と人との絆ってこうして繋がってゆくんだな」ってことを、改めて認識させられました。そして『一期一会』の気持ちは、いつもいつも忘れずにいようと思った、そんなクリスマスの嬉しい出来事でした。

 

こなちゃんファミリー、来てくれてありがとう

 

さてさて、11月にオープンしてようやく2ヶ月、そして激動の2011年を終えようとしているカフェ・メロウズですが、残すところ年内の営業は12/28と29日の二日間を残すのみとなりました。

何かと多忙な暮れの最中ではありますが、お時間のある方は温かいお飲み物をご用意してお待ちしておりますので、ぜひお顔を見せていただければと思っております。

 

 

 

Merry Christmas to you

 

大切なお客様へ

皆様、それぞれに素敵な休日をお過ごしください。

 

 

“cafe Mellows”  店主より