Monthly Archives: 2月 2012

cafe の窓辺より ~ 春の雪

朝から降り続いた雪も、午後の遅い時間には雨に変わり、あっという間に溶けてしまいました。
なんだかんだ言っても、やっぱり春の雪なんでしょう。

 

cafe の窓辺より

一面の雪景色でした    この景観も次は来年でしょうか

本日はお足元のよくない中、ご来店いただきましてありがとうございました。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.3

今日の朝は冷え込みましたね。
2月最後の明日は、関東甲信越地方では今夜から積雪の予報も出ているようです。
カフェの窓辺からの雪景色はよいものではありますが、通勤通学にはちょっと厄介ものですよね。
当店にご来店予定の皆様におかれましては、くれぐれも安全運転でお越しください。

さて、今夜は Mellow Tunes の第3回目ですが、1970年代に大活躍したウェストコースト・ロックの雄、ドゥービー・ブラザーズのリードボーカルで有名なマイケル・マクドナルドが、2003年に彼自身愛してやまないソウル・ミュージックの一大レーベルでもある「MOTOWN」のスタンダードとなっている名曲の数々をカヴァーした渾身のアルバム『MOTOWN』より、涙なしには聴けない “You Are Everything” をどうぞ。


Michael Mcdonald  /  You Are Everything (album: Motown – 2003)

 

オリジナルのダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイの Ver. と比べても、本作はデュエットではないものの、数あるその他アーティストのカヴァー作品よりシンプルでありながら、圧倒的に秀でているような気がします。 白人でこれだけメロウでソウルフルな声で聴衆を魅了できるアーティストも、他になかなか見当たりません。
ああ、やっぱりソウル・ミュージックは素晴らしい。

3月の営業スケジュールについて

早いもので、寒かった冬も終わりかけており、少しずつですが確実に季節は春にシフトしています。

さて、そんな待望の暖かい季節の始まりでもある、3月の営業スケジュールについて、ご案内いたします。

通常の月曜日の定休日に加え、諸事情により一部「臨時休業」による連休が予定されております。
営業スケジュールについては、大変お手数ではございますが、お店の『公式ウェブサイト』上でご案内しております、「営業・お休みの予定など」をご確認のうえ、ご来店くださいますようお願い申し上げます。

尚、変更等が生じた際には、速やかにUPDATEするようにいたします。

 

雨の午後

 

朝から降り続いている雨も、なかなか止みそうにありません。
こうして日一日と、雨の日や三寒四温の日々を繰り返しているうちに、あっというまに春の日が訪れるのでしょう。

 

Rainy Mellows


 

こんな曲を聴きながら、カウンター越しに、窓の外の風景をぼんやり眺めていると、なんだかとても癒されます。
こんな雨の日も悪くないかな。
 




Mondo Grosso / 1974 -WAY HOME- (album: MG4 – 2000)

 

Mellow Tunes ~ Vol.2

昨日、そして今日と、なんだか2月とは思えない日中の暖かさを感じたこの二日間でした。
先日降った雪も積もることなくすぐに溶けてしまったように、やはり日一日と季節は春に向かっているようです。

春めいた季節を感じたら、ずっと以前からUPしようと考えていたのがこちら。
男性に限らず、特に40~50代の世代の皆さんには、もう懐かしくてたまらないかもしれません。
恥ずかしながら、僕は中学1年のとき、近所の文房具店ではじめて買ったエア・メール用の便せんと封筒に、習いたてのちょっとぎこちない印象の英語の筆記体で、彼女宛てのファン・レターをしたためました。
そして数ヵ月後、自宅に一通の「国内郵便」が届きました。差し出し人は彼女のファンクラブのある東京事務所からでした。以来この素敵な、文字通り mellow な曲を聴く度に、自筆のわずか数行の文章を「印刷」した一枚の Thank You Letter と、同封されたファンクラブ入会勧誘のチラシに、『大人ってひどいよな..』と、ちょっと気持ちが落ち込んだ13歳の思春期の春を、昨日のように思い出します。(笑)

暖かい季節はもうすぐですね。う~ん、タイトルも Mellow ですねぇ。

 



Olivia Newton-John / “Have You Never Been Mellow” ( 邦題:そよ風の誘惑
album: Have You Never Been Mellow – 1975)