Monthly Archives: 3月 2012

ご来店ありがとうございました

 

今日は3月最後の日でしたが、関東地方は想像を絶するほどの「春の嵐」の一日となってしまいました。
学園西大通り沿いとはいえ、周囲を畑や水田に囲まれた当店では、午前中は砂嵐に、そして午後からは台風並みの暴風雨に見舞われました。

そんな『超』が付くほどの最悪の天候にもかかわらず、多くのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。
皆さまなんとか無事に、ご自宅にお戻りになられている頃と思います。
まだまだ至らぬ点も多々あるとは存じますが、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

店主

 

 

『つくばスタイル』誌に掲載されました

 

いつもご来店いただき誠にありがとうございます。

先日より当ブログにて、時折話題に触れておりました、3/28発売の『つくばスタイル【No.14】』さんに、巻頭の NEW OPEN のお店の特集で、当店を取り上げていただきました。牛久市所在の店舗としてはあまり前例が多くはないそうですが、学園西大通り沿いで「つくばエリア」と呼んでも差し支えない立地条件のため、取材の対象としていただけたのかなと、たいへんありがたく思っております。

 

 

当初店主も出る予定でしたが、それよりもお店の『基本情報』に字数を割いていただいたこともあり、結果ひじょうに小さな顔出しとなりました。楽しみにされていらしたご常連の皆様、あいにくの結果でスミマセン。(笑) 手元だけはアップですが..(汗)

 

ご興味のある方は、ぜひ書店で手にとってご覧ください。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.5

お彼岸を過ぎたというのに、なんだかまだ冬物の上着が思い切って手放せないような陽気が続いていますね。
そんな中で、先日取材していただいた「つくばスタイル」さんの最新号が、出版社より発売に先駆けて届きました。つくばエリアにおいて、新規OPENのお店の巻頭特集にて紹介していただいております。詳しくはまた後日、別途紹介させていただきます。

お店のOPEN準備に取り掛かった頃からは、ほとんど海外の新人アーティストを調査している時間もなく、もちろん今でも時間はほとんどないのですが、できればお店で流すBGMにもいろいろと変化が欲しいので、わずかな時間を見つけては主にヨーロッパ(とくに北欧諸国)などのJazzマニアの方が運営されているブログやサイトをチェックしています。

そんなわけで、今日は最近になって発掘した Smooth Jazz 系のピアニスト二人のうちの一人で、Jonathan Fritzen というスウェーデン出身のアーティストを紹介します。米国人の父とスウェーデン人の母を持つ若いアーティストのようで、まだ詳細な情報を得ていないのですが、とにかくドラム出身のピアニストらしく、リズムやビートの取り方がしっかりとしている印象が強く、かなり僕好みのメロディメーカーな感じです。しかもかなりのイケメンですよ、この人。
なにはともあれ、まずは聴いてみてください。本当に終わらないで欲しいほどのグルーブ感を持った、えらく Mellow なナンバーを発見です。こんなときが、いちばん嬉しい瞬間ですねぇ。



Jonathan Fritzen [Feat.Alex Crown] / Melting (album: Diamonds – 2010)

 

優しい音色 Vol.14 【卒業編】

季節の変わり目とはいえ、温度差の激しい毎日が続いておりますが、皆様お変わりありませんでしょうか。

さて、春を迎える季節ということは、必ず訪れるのが「出会い」と「別れ」ですよね。
11月にOPENした cafe Mellows も、寒かった季節とは裏腹に、たくさんの温かいお客様に支えられ、ようやく4ヶ月を経過しようとしています。

そんな中、開業当初より僕の右腕となってこれまで頑張って支えてくれた、アルバイトの学生さんが、この4月に社会人として新たな一歩を踏み出すこととなりました。「カフェ」という公共の場を通じて、たとえば「人との繋がり」や「社会の厳しさ」など多くのことを、有形無形のかたちできっと学んでくれたことと思います。いずれにせよ、ウチのお店に関わってくれたくれた人が、「卒業」していくことはたいへん喜ばしいことであり、また同時にちょっと寂しい気もいたしますが、これからは立派な社会人として、さらに一回り成長してくれることを願っています。そして、これまでちゃんと育ててくださったご両親やご家族にはもちろんのこと、このお店で関わった多くのお客様にも感謝の気持ちを忘れずにいて欲しいと思っています。

社会に出れば、辛く厳しい日々が待ち構えているのは否定できません。ちょっと気持ちが落ち込んで辛かったりしんどいとき、遠慮せずに Mellows の扉を開けてください。温かい一杯の珈琲の力で、救われることがあるものだから。

カフェでの仕事を通して、年齢の差を越えた多くの大切な友人を手に入れることができた、そんな彼の旅立ちに向けて、こんな優しくあったかいナンバーを、はなむけとして送りたいと思います。

「卒業」おめでとう。

You’ve Got A Friend (君のともだち) /
ジェイムス・テイラー(James Taylor) & キャロル・キング(Carole King)

※ 細谷くんの最終出勤日は3/25(日)となります。

 

Mellow Tunes ~ Vol.4

晴れたと思えば花粉に悩まされ、雨が降ればなかなかお客さんが来ない…
カフェってつくづく「待ち」の商売なんだなぁと、しみじみと感じるここ数日のお天気と気候です。

さて、今日は久しぶりに「Mellow Tunes」の更新です。
今回は僕にとっての「神様」と断言してもよい、アーティストをご紹介します。
誰かたった一人だけ、好きなミュージシャンを選べと言われたら、迷いなくこの人を選びます。
Mellows の壁にもディスプレイしてますが、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)は、僕のもっとも敬愛するミュージシャンの一人です。

スティーリー・ダン(Steely Dan)時代、ソロでの活動、そして再結成後の作品もすべて聴き込んでおり、そんな彼や彼らのアルバムをお店でプレイするのは、もっぱらケーキ等の仕込みのときになります。
今日は、ドナルド・フェイゲンがソロでの活動を開始した際、1982年に放ったAORの金字塔「The Nightfly」に収録された、もっとも mellow なナンバー「Maxine」を紹介します。
40代後半から50代の皆さん、懐かしくあのいい意味でクセのあるVOCALに、再び酔いしれてみてはいかがでしょうか。

Donald Fagen / “Maxine” (album: The Nightfly – 1982)