Daily Archives: 2013/02/02

Mellow Tunes ~ Vol.28 【After Hours】

いやぁ、ほんとに久しぶりの音楽ネタの更新です。もうちょっとしてからの再開と思ってたのですが、アクセス数も突然伸びてきて、皆さんずいぶんとお待ちかねだったご様子でしたので、今年一発目の Mellow Tunes シリーズ始めてしまいましょう。

ブログのお休み中に、とても素敵なアルバムに出逢ったので、その作品をご紹介するにあたり、「次は、大人の魅力編だな..」と何となく決めてました。

その作品とは、私と同世代の50歳前後の皆さんなら誰でも知ってる作品、『HOTEL CALIFORNIA』でアメリカンロックの金字塔を打ち立てた、THE EAGLESドン・ヘンリーと並ぶ二枚看板のグレン・フライが昨年ひっそりとリリースした、ジャズを中心に選曲したアメリカン・スタンダーズを大人の魅力たっぷりに歌い込んだ渾身のアルバム、『After Hours』なのです。

Glenn FreyTHE EAGLES というバンドがあまりに存在感のあるバンドゆえに、好みも色々と分かれるとは思いますが、僕個人としてはグレンの Vocal についてはとても昔から好きなスタイルなので、今年で64歳になるまさにベビーブーマー世代の彼が、もちろんいい意味で『やってくれちゃったな』って感じを受けてます。
当ブログ内でも何度か紹介してますが、ボズ・スキャッグスにしてもロッド・スチュアートなども、ジャズやアメリカン・スタンダーズを歌った作品を相次いで発表しており、作品への評価もたいへん高く、往年のロック・スターたちが、お手本のような年齢を重ね到達した境地のようなものを感じさせてくれます。『安易な路線』と見る向きもあるようですが、僕はちっともそんな風には思いませんね。だって、「きっといつか歌いこなせる時期が来たら」って、満を持しての発表だと思いますし、いつも力説してますが「スタンダード」と呼ばれる作品はごまかしが一切利かないので、それなりの実力を持ち合わせたアーティストでしかとてもとても扱いが困難なものですからね。

久々で前置きが長くなりすぎました。反省反省。
もう2ヶ月間くらい、こればっかり聴いてます。スーパー・ヘビー・ローテーションです。
何回かに渡って紹介したいので、まずは Nat King Cole Trio のヒットが一番有名ですが、多くのアーティストがカヴァーしているこちらの作品『For Sentimental Reasons』をどうぞ。

 

After Hours

Glenn Frey / For Sentimental Reasons (album: After Hours – 2012)

 

ご参考までに、Making Trailer もなかなか興味深いです。いい歳の取り方をしてますね。素敵です。

相も変わらず、長くてすみません。ではこの辺で。