Daily Archives: 2013/02/14

Mellow Tunes ~ Vol.31【Soulful Voice】

iTunes を導入した頃から、世界中の Internet Radio が容易に聴けるようになったおかげで、ここ数年かなりピンポイントで聴きたいカテゴリーのラジオ局の番組をリアルタイムで楽しんでいます。小学生の時分、精度の低い安物の短波ラジオで世界中のラジオ局を必死でチューニングしていた時代と比較すると、この技術の進歩は夢のまた夢みたいなものですね。世界中からCDショップが姿を消していくような、数年先の消費スタイルさえ見通しが利かない現代ですが、技術革新といった意味ではほんとにありがたい時代になりました。僕など、もはや iPod なしの生活などありえません。

いつの頃からか、かつては Fusion(フュージョン)とカテゴライズされた Jazz 寄りの耳なじみのよい音楽が、Smooth Jazz などと呼ばれるようになって、しばらく時間が経過しました。世界的にも人気の高いカテゴリーで、こと米国における人気はかなりの盛り上がりだとか。Smooth Jazz 専門のネットラジオ局も、欧米を中心にかなりの充実ぶりです。一方日本国内では、業界を取り巻くあらゆる規制などから、レコード会社が洋楽そのものをプロモーションする気も予算もないのが現状のようで、聴きたい人間は自らネットを駆使して情報を世界中からかき集めねばならないというのが現実です。洋楽や質の高い音楽が身近にあった時代に育った僕らのような世代にとって、正直なところ現代の日本の音楽産業界には魅力を感じることが少々難しい気がしています。
「iPod」や「配信」といったリスナー側の音楽との接し方も変わってきている現代では、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

Dreams

さて、そんな情報が少ない中で最近知った Smooth Jazz 系ピアニストの Brian Culbertson(ブライアン・カルバートソン)のソウルフルな一曲をご紹介しましょう。
40歳という年齢からそれなりのキャリアも想像でき、著名なゲストミュージシャンが多数、これまでリリースした十数枚のアルバムに参加しています。

 


Brian Culbertson / “You’re My Music” (feat. Noel Gourdin)
(album: Dreams – 2012)

今回紹介するこの曲にも、 Noel Gourdin という日本ではほとんど知られていない正統派ソウルシンガーがゲストヴォーカリストとして参加し、nice & Slow な世界を表現しています。

この種の音楽は、もはや自分から世界に向けて探しに行かないと、決して出会うことのないちょっと残念な時代になってしまいましたが、僕なりに色々探しては紹介していきたいと思っています。

 

春はまだなのか

買い物のついでに、隣町の水郷公園にふらっと立ち寄ってみた。
こちらに越してきて子供たちがまだ幼かった頃は、時折家族で訪れたものでした。

もしかしたらどこかに「春らしいなにか」が落ちてないかと、たまたま持ち合わせたカメラを携えて公園内をふらついてみた。

DSC_0756

ネイチャー・センター前の広場から見渡す霞ヶ浦は、あくまでまだ冬の風情で、今日に限っては春らしさはまったく感じられず。

DSC_0761

曇りのわりには湖北方面がよく見渡せる

DSC_0762

風は西風

DSC_0765公園のシンボルの釣竿を持った小僧の横顔も、冬枯れの風景の中で、どことなく淋しそうに見える。