Daily Archives: 2013/03/03

【ご報告】新たな Mission ~ 「メロウズ号」のその後

まったく古い話でもないのに、あの日のことがなんだか少し遠い日の出来事のように感じるのはなぜなんでしょうか。

 

綺麗な満月に見送られ

綺麗な満月に見送られ旅立ちました

 

cafe Mellows (カフェ・メロウズ)を大変可愛がってくださっていた多くのお客様もご存知のように、昨年の暮れも押し迫った12月のとある満月の美しい夜に、開店以来それまで僕や沢山のお客様を支えてくれたトレーラーハウスの『メロウズ号』が、次の大切なミッション(お役目)を果たすために、東日本大震災で被災した宮城県・東松島市に向けて静かに旅立ったのでした。(詳しくは当日の記事をご覧ください)

 

その後の「メロウズ号」は

そしてその後の「メロウズ号」は

 

あの時点ではまだ皆さんにお伝えするには時期尚早との僕自身の判断から、『その後のメロウズ号』については、これまで堅く口を閉ざしてきました。あれだけ多くのお客様から愛された「店舗」であり、また同時に僕の大切な「相棒」でもありましたので、そのことを考慮するとしばしの「時間」が必要だっだからです。そんなわけで一定の時間も経過しましたので、そろそろ「彼」(僕にとってはなんだか男を感じるパートナーでしたので、敢えてそう表現させてください)の新たなミッションをご紹介したいと思います。

東日本大震災によって主に太平洋に面した東北地方が甚大な被害を受け、そしてその復興に向けて自治体・NPO法人・民間を問わず、本当に多くの心ある方々が、こつこつと地道な努力を重ねており、また被災された住民の方々におかれましては、まだ心の整理もつかないような状況の中で、ようやく二年の月日が経過しようとしています。
「メロウズ号」の製造メーカーでもあるカンバーランド社による仲介で、この度「彼」の次のオーナーとなったのは、東松島市で『Smile Dining (スマイル・ダイニング)』という名の、お弁当の宅配業を震災後間もない時期からずっと続けてきた、阿部さん(男性)と二宮さん(女性)という地元出身の同級生のお二人です。
お二人のことについては、今回の出店にあたり全面的に「ヒト・モノ」などをはじめ強力なサポートにあたっていらっしゃるNPO法人のスタッフでもある照屋さんが立ち上げた『Smile Dining ~ 出店応援 HP』にご紹介がありますので、以下抜粋して転載させていただきました。

——————————

スマイル・ダイニングが、来春のオープンに向けて動き始めました

震災後の東松島市「鳴瀬武道館避難所」で避難生活をしていた阿部さん二宮さんが、避難所の中に居た頃から始めた宅配のお弁当「スマイル・ダイニング」は、来春3月の開店を目指して動き始めました。

武道館の避難所からボランティア拠点に毎朝通い、僕たちボランティアを含めた多くのお弁当をつくり、夜はまた武道館の避難所に帰って休む、そんな始まりだったスマイルダイニング。現在は知人の店の厨房を間借りして、お弁当つくりを続けています。

スマイルダイニングは、トレーラーハウスを購入して店舗に使用します。経営する二人は壊滅的な状態の東名地区に住んでいた方々なので、数年後に高台移転地が整備された時に、自分の町に戻れるようにしたいとトレーラーハウスを選んだのです。

トレーラーハウスは中古を購入する事が決まりました。しかし厨房として隣に建てるプレハブやウッドデッキは、費用を抑えるため自分たちで造る事になります。今後はスマイルダイニングの開店までの進捗も含めて、このHPで公開してゆく予定です。

——————————-

詳細については、僕があれこれ説明するよりも、『Smile Dining ~ 出店応援 HP』 内の【Blog「店舗ができるまで】をぜひぜひご覧になっていただければと思います。これからお二人の大切な「相棒」となる「彼」がかの地に到着して以来、沢山のサポーターの皆さんと夢の店舗を少しずつ創りあげていくその過程を拝見することができます。
トレーラーハウスには不可欠なウッドデッキ、そして「ダイニング」としてこれまで以上に美味しい食事を提供するための調理小屋の併設など、支援してくださる皆さんがいつも笑顔(smile)満載でお手伝いしている様子を拝見するにつけ、僕自身にも「このお二人に譲ってよかった」との思いが強く湧き上がってきます。
場所やその背景やストーリーは違えども、「みんなが笑顔で溢れる心安らぐ空間を提供したい」との想いは、僕が Mellows を始めた大きな原動力となりましたが、こちらのお二人は更にそれ以上の強い思いや想いを背負ってお店を始めようとしているわけです。先日二宮さんから頂いたメールにこうありました。

 

カフェスタイルから飲食へ
かわってしまいますが
コーヒーに想いをこめて
提供するように
私も
料理に想いを込めて
提供していきたいと想って
います。
みんなを笑顔に
笑顔で繋げていきたいとおもって
います。

 

素直に「素敵だな」って思いました。男のくせに「メロウズ号」はいいところに嫁がせてもらいました。
カフェであれどんな形態の飲食店であれ、そこに集まって来る皆さんにとって「癒し」であったり「明日への活力」などの源となるような、「なんだかほっこりと温かい存在」であり続けるることが、いちばん大切なこと。あれだけの辛く大変な経験をされた地元の皆さんが、そこに集い笑顔で溢れんばかりの空間が生まれる。それだけで、充分じゃないですか。
たとえスタイルが変わったとしても、これからお二人が創りあげていく夢や希望のカタチを、かつて “cafe Mellows” というお店を可愛がっていただいたお客様たちは、絶対に心より応援してくださるに違いありません。限られた短い時間ではありましたが、そんな暖かく心あるお客様に恵まれたということだけは、僕やメロウズにとって揺ぎない自信・誇りとして、これまでもそしてこれからもずっとずっと胸にあり続けます。だから、きっとそちらでも沢山のお客様を Happy な気分にさせてくれ、みんなから愛される存在に必ずやなってくれるはずです。というより、もうすでになってますね。心配ご無用です。

僕も近い内に、必ず訪問させていただくつもりです。それまでは、少し離れた場所から熱いエールを、お二人と支援者の皆さんとかつての「メロウズ号」に送り続けたいと思います。

現在、『Smile Diningさんでは、応援HP内で『応援バンダナ』の購入申込を受け付けております。バンダナの売上から経費を除いた分を、店舗のウッドデッキや調理小屋の製作に掛かった費用に充てることになっています。ご趣旨にご賛同いただける方は、どうかひとつご支援の程よろしくお願い申し上げます。

『夢をカタチに』 そして 『想いをつなげていく』

それはとっても大切なことだと、僕は今でもそう思って生きています。

皆さんも今後の『Smile Dining』さんのゆくえを、どうか温かく見守ってください。

 

Smile Dining 応援HP・ブログはこちらへ!

Smile Dining
応援HP & ブログはこちらへ!

 
 

お知らせ:⇒「Smile Dining」さんのHPが開設されました