Daily Archives: 2017/04/12

AC Tunes ~ Vol.51 【MONDO GROSSO – ②】

雨の日を挟んだりしながら、春と冬が忙しく行ったり来たりして、日本の各地から桜の開花が伝えられてきています。
そうかと思えば、海の向こうのあちこちからは、なんだかキナ臭いニュースばかりで、すこしはこの時期の日本人のように、美しい桜を愛でるような習慣を持ったらどうかと、そんなことを思ってしまいます。それとも、我々が「平和ボケ」なのか、大陸に居住しない国民の特徴なのかもしれませんが..

 

 

 

さて、前回「MONDO GROSSO」の記事をUPしてからというものの、各方面でブログ・リーダーの皆さんがFBでシェアしてくださったりと、結構な反響を頂いているようなので、今回も引き続き奇才・大沢伸一の過去の作品から、一曲PICK-UPしてご紹介します。

 

 

1997年にリリースされたアルバム「Closer」に収録された「Shoulda Been Lovin’ You」は、作曲は大沢氏本人、作詞はリード・ヴォーカルを務める「Stephanie Cooke」が担当しています。また、アルバムのジャケット・デザインですが、気付かれた方もいると思いますが、先日「トミー・リピューマ」追悼記事の中で紹介した「マイルス・デイヴィス」の大傑作『TUTU』と、そっくりなところが、大沢氏の音楽的なルーツのカテゴリーが多岐に渡っていることが伺い知れるところです。そして大沢氏が創り出す楽曲は、世界各地の女性ヴォーカリストとの親和性がとても高く、音楽の国籍をまったく感じさせない「無国籍」な音作りもそうですが、そのセンスと才能にはまったくもって脱帽ものです。

 


Mondo Grosso – “Shoulda Been Lovin’ You”
(album: Closer – 1997)

 

「適材適所」という言葉がありますが、「MONDO GROSSO」のようなプロジェクト主体のやり方であれば、その楽曲にもっとも適した人材を「演奏者」や「歌い手」として厳選できるとことが、最大の強みと言えるでしょう。
アシッド・ジャズ界の草分けであり現在でもその頂点に君臨する、JP’ブルーイ’モーニック率いるIncognito(インコグニート)と、その存在が被って見えるのは、きっと僕だけではないと思います。