Daily Archives: 2017/12/07

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017 Vol.5【paris match】

いつもご訪問ありがとうございます。
今年で7シーズン目となる冬の特別企画の「Mellow なクリスマス・ソング」ですが、第五夜となる今回は、国内のアーティストの作品を取り上げたいと思います。

「paris match」(パリス・マッチ)は、ある程度の年齢層から上の世代の方々でしたら、迷うことなく聴けばその心地よさを実感できる、数少ないアーティストです。メンバーは、作詞・作曲・プロデュース全般を担当するリーダーの「杉山洋介」氏と、Vocal担当の「ミズノマリ」さんによる、現在は2人組の音楽ユニットです。
(マリさんも杉山さんも、時々のご訪問ありがとうございます。)

今回ご紹介する『Silent Night』は、彼らが2002年の11月にリリースしたミニ・ホリデイ・アルバム「song for you」に収録された1stトラックです。お二人と同様に、敬愛する「達郎さん」も古くから用いている「心地よく普遍的なリズム」を持った本作品は、いつも通りマリさんの柔らかくアンニュイなヴォーカルが冴えわたる、クリスマスを目前に控えた大都会「TOKYO」や「YOKOHAMA」の夜を彩る、それは素敵な作品です。この時期は特に海外からのアクセスも多いので、もっともっとメジャーになっていいはずの楽曲ですから、今回ご紹介いたします。

 


Paris Match – “Silent Night”
(album: song for you – 2002)

 

「大人が聴く為の音楽を教えて」と問われたら、いの一番にリコメンドできるほど、2000年のデビュー当時より一貫した、AOR/SOUL/R&BBossa NovaそしてJazzをより強く意識した杉山氏のサウンド・プロダクションは常に高水準であり、またとても都会的であって、洋楽を聴いて育った我々のような世代にとっては、本当に欠かせない数少ない国内アーティストです。「paris match」とは、そうあの Jean-Paul ‘Bluey’ Maunick(ジャン・ポール・ブルーイ・モーニック)が率いる世界的にも大人気の、英国ロンドンを拠点とする「Jazz-Funk/Assid Jazz」の雄として知られる『Incognito』(インコグニート)のような存在だと、僕は捉えています。「paris match」のCDはほとんど所有しているのですが、今思えば当サイトで一度も取り上げたことがなく、大変失礼しました。

2005年にリリースのアルバム「5th Anniversary」に収録された、オランダのクラブ・ジャズ・コンボ “New Cool Collective” (ニュー・クール・コレクティヴ)とのコラボが圧巻のLiveでの、「paris match」の代表作『Saturday』もご紹介しておきます。演奏はもちろんのこと、マリさんのヴォーカル・ワークが素晴らしい。

 

Paris Match – Saturday (with New Cool Collective)

 

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。