Search Results for: Brian Culbertson

Mellow Tunes ~ Vol.161【Brian Culbertson ft. Howard Hewett】】

いつもご訪問ありがとうございます。
数日間暖かい日が続いたら、また冬へ逆戻り。文字通りの「三寒四温」を繰り返し、春を迎えるのは例年の習いですね。毎年この時期に感じることではありますが、地球と自然界のリズムとは、まるで機械仕掛けのように正確なのでは、ということです。
近隣の公園では、梅はもう八分咲きで、気の早い「河津桜」に至ってはもう満開です。自然の営みには、いつもびっくりさせられます。

 

 

当サイトでは、もう何度取り上げているか分からないほど、Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)という歴史的な大物プロデューサーが、20世紀における「BLACK MUSIC」(R&B/Soul/Funk/Jazz)のみならずポピュラー・ミュージックにも多大な影響を与えたのは、もはや説明は不要ですね。(ご興味のある方はリンクをご参照ください)
そのクインシーが、1989年にリリースした名盤『Back on the Block』に収録され、アルバムのラストを飾る『The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)』は、もはや Mellowness の究極のカタチと表現してまったく差し支えのない楽曲として、21世紀の現代でも燦然と光り輝く存在です。
下記の通り、ソング・ライティングはもちろんのこと、ヴォーカル・パフォーマンスを披露するメンバーのラインナップも尋常ではなく、それは当時のファースト・クラスのアーティストの面々が、御大クインシーの下に集い完成させるに至り、20世紀の世に出た「傑作」として今後も永久に語り継がれていくであろう楽曲です。作曲には、永らくクインシーの文字通り「右腕」だった、Rod Temperton の名前も当然の如くクレジットされています。

Personnel:

Songwriters:
Quincy Jones, Rod Temperton, Siedah Garrett and El DeBarge

Barry White – Lead Vocals
Al B. Sure! – Lead Vocals, Background Vocals
Siedah Garrett – Background Vocals
El DeBarge – Lead Vocals, Background Vocals
James Ingram – Lead Vocals
Jerry Hey – Arranger
Steve Lukather – Guitar
Neil Stubenhaus – Bass guitar
John Robinson – Drums
Bruce Swedien – Recording Engineer, Mixing, Kick & Snare Drums
Bill Summers — hindewhu
Greg Phillinganes – Fender Rhodes
Larry Williams – Keyboards, Synth Programming
Rod Temperton – Arranger
Quincy Jones – Arranger

 

いやはや恐ろしいくらいの陣容ですが、この作品のカヴァーに果敢にチャレンジしたのが、このサイトでも何度も取り上げている、スムーズ・ジャズ界きってのメロウなキーボーディストの「Brian Culbertson」です。元 SHALAMAR(シャラマー)のリーダー Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)をゲスト・ヴォーカリストに迎え、それはそれはクインシーのオリジナルに負けないくらいの、素晴らしく上質なカヴァーに仕上げました。
ブライアンの1999年にリリースされたアルバム「Somethin’ Bout Love」には、Instrumental のヴァージョンも併せて収録されております。どちらも、大変な力作のカヴァーとなっていますね。

 

Brian Culbertson ft. Howard Hewett – “The Secret Garden”
(album: Somethin’ Bout Love – 1999)
 

 

 

Quincy Jones のオリジナル・ヴァージョンはこちら。


“The Secret Garden” – Quincy Jones, Barry White, James Ingram,
Al B. Sure, El Debarge

(album: Back on the Block – 1989)

 

 

AC Tunes ~ Vol.62【Brian Culbertson】

ここ10年くらいになりますか、「秋」がすっぽり抜け落ち、夏の終わりから一足飛びに「冬」がやってくるような、そんな印象が年々強くなってきています。国際社会が本気で足並みを揃えて「温暖化対策」に本腰を入れて掛からないと、日本の美しい四季もとても曖昧なのになりかねません。モミジを愛でることのできるこの国の「秋」は、未来永劫守ってゆきたいものです。

 

 

 

 

さて、はっと気付けばもう「X’mas」のディスプレイやイルミネーションをあちこちで見かける季節となってきました。ということは、2011年の実店舗OPEN時から継続中の恒例の企画、「Mellow なクリスマス・ソング」のシーズン到来ということになりますが、次回あたりから回数限定で記事をUPしていく予定です。現在思案中ですので、もうしばらくお待ちください。

例年このシーズンはクリスマス・ソングの連続投稿になってしまうので、その前にしばらくUPしていなかった Adult Contemporary な作品をご紹介している「AC Tunes」シリーズの更新です。

Brian Culbertson は米国はイリノイ州出身の現在44歳になる、いわゆる「Smooth Jazz」と呼ばれるカテゴリーにおいて、とても人気のあるキーボーディストとして知られています。父親もミュージシャンでトランペッターだった背景から、幼少の頃よりピアノだけでなくトロンボーン・ドラムス・ベース等の楽器に触れ、後に黒人音楽である「Jazz/R&B/Funk」に傾倒し、白人でありながらもそれはそれは「Mellow & Funky」な鍵盤演奏スタイルなのが特徴のアーティストです。唯一やらないのが「VOCAL」くらいのもので、昨年逝去した「PRINCE」同様に、大変器用なマルチ・ミュージシャンのブライアンです。

PCモードで閲覧されていれば、右側のウィジェット部に貼り付けてますが、ゲスト・ヴォーカリストに「Will Downing」を迎え、2005年に彼がリリースした Super Mellow な作品「It’ On Tonight」は、言ってみれば本ブログのテーマ曲のような位置付けといって構いません。プレイ・スタイルはとびきり「メロウ」で「エモーショナル」で「スムーズ」で、そして黒人ミュージシャンの面々が腰を抜かす程に本領発揮のFUNKチューンといい、本当に引き出しの多い才能溢れるアーティストだと思います。
そんなブライアンが、キャリア初期の1997年にリリースしたアルバム「Secrets」から、彼の創り出すサウンドの特徴がよく表れている、『You’ll Never Find』をご紹介します。

 


Brian Culbertson – “You’ll Never Find”
(album: Secrets – 1997)

 

ブライアンのサウンドが肌に合うと感じた方は、よろしければ過去記事もご覧ください。また、来年早々2/14「Valentine’s Day」に New Album 『Colors of Love』のリリースが予定されています。乞うご期待。

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow Tunes ~ Vol.176【Brian Simpson】

いつもご訪問ありがとうございます。10日ぶりの更新です。
太陽が照りつける暑い季節の訪れとともに、更新頻度がフェイド・アウトしていくのが、例年の習いの当サイトですが、皆様本当に「お暑うございます」。
未体験ゾーンの「熱波」が少し和らいだかと思いきや、今度は、過去にあまり例を見ない進路で、発生中の「台風12号」が南洋から北上を続けています。週末には列島を通過する進路予想が各方面に出ておりますので、特に西日本方面にお住まいの皆様におかれましては、十分に警戒してください。
世界規模での「異常気象」報道が連日繰り返される2018年の夏ですが、地球上に住まう我々人類は、本気で「CO2」の削減に取り掛からねばいけませんね。

 

さて、米国ではそれなりにポピュラーな「Smooth Jazz」カテゴリーですが、僕の個人的なお気に入りのキーボーディストに「二人のブライアン」がいます。一人はこれまで何度となく作品を紹介している「Brian Culbertson」(ブライアン・カルバートソン)で、もう一方のブライアンが今回2度目のご紹介となる『Brian Simpson』(ブライアン・シンプソン)です。

いずれも白人アーティストであり、米国だけでなく世界的に認知されたとても人気のあるキーボーディスト(ピアニスト)ですが、「ブライアン・カルバートソン」は現在45歳で自身のルーツとなるFunk/R&B/Soulをベースにした作品群やアルバムを多数、コンスタントにリリースし続けています。そしてそれとは対照的に、「ブライアン・シンプソン」は現在57歳となり、もう完全にヴェテランの域に入り、本国米国で本日(7/27)にリリースされたばかりの、ようやくキャリア8作目となる New Album『Something About You』でも、安定感といい実に落ち着きのある大人の印象のプレイが光ります。アルバム・タイトル作品にあたる、1st Trackの『Something About You』は、まさに「白眉」であり「出色」の出来ではないでしょうか。この人の繰り出す極めて「シンプル」な一音一音は、なぜだか心に響いてくるものがあります。
正直なところ僕は苦手で、なぜか米国ではあの「ケニーG」に次ぐ程に人気のあるサックス奏者の、「Dave Koz」(デイヴ・コズ)バンドのキーボード担当であり、バンドの中核となる立場のブライアンにしてみれば、自身のアルバムの製作は後手に回りがちなのか、もっとコンスタントに彼自身のリーダー・アルバムが聴きたいと思っているファンは少なくないはず。まあ、コンポーザーやプロデューサーとしての仕事を軸足としている以上、仕方のないことかもしれませんが。僕にとっての「大人のブライアン」は、過去記事同様に「夏の終わりに聴きたい」アーティストの一人といえるでしょうか。

 


 

もう一人のブライアン「Brian Culbertson」(ブライアン・カルバートソン)の過去紹介記事はこちらへどうぞ。

それではまた次回に、お会いしましょう。
(秋が近づけば徐々にフェイド・インしてきますので、それまでご容赦ください)

 

 

AC Tunes ~ Vol.57【Chuck Loeb ~ RIP】

穀物や野菜等農作物への影響が不安視される、天候不順が続いた8月の関東地方でしたが、間もなく夏も終わりを迎えますね。

 

ここで残念な訃報を一つ。7月最後の31日、米国はNYをベースに、かつての「FUSION」、今で言うところの「Smooth Jazz」のカテゴリーに於いて、長らく第一線で活躍していたギタリストでありプロデューサーの Chuck Loeb (チャック・ローブ)が、ここ数年間患っていた癌で逝去しました。1955年生まれ、まだ61歳だったそうです。
フュージョン全盛時は「Steps Ahead」で、最近では「Bob James」率いる「Fourplay」への参加、そしてプロデュース業と平行して自身のアルバムをリリースと、病気と闘いながらの音楽活動を余儀なくされていました。
振り返ってみれば、ずっと長いこと聴いてきたアーティストにしては、このブログでの紹介は彼が過去にプロデュースした「Donald Harrison」の作品を一度取り上げただけでした。ジャズ・ギターのレジェンドでもあるジム・ホールから直接指導を受けるなどした、その卓越したテクニックによるチャック特有のギターの音色には、いつも人柄を窺わせる優しさが漂っていたように思います。

前作より3年振りの2016年にリリースされ、遺作となってしまったアルバム『Unspoken』より、心穏やかになるアルバムタイトルでもあるハート・ウォーミングな楽曲『Unspoken』を聴きながら、追悼いたしましょうか。そうそうたる参加アーティストの中でも、中盤で入ってくるブライアン・カルバートソン (Brian Culbertson)のピアノ・ソロの音色が、まるで花を添えるかのように、ひたすらに美しい作品となりました。

 

Chuck Loeb “Unspoken” – featuring Brian Culbertson
(album: Unspoken – 2016)
 

 

 

チャック・ローブのギターの音色は、「濃淡」の差こそされ、いつまでも「Ever Green」であることには違いありません。

R.I.P.  –  安らかに眠れ

 

 

2013年を振り返って

寒い日が続きますね。皆さんもお忙しい師走の日々を過ごされていることと思います。

DSC_0563

UPで撮るとまるで林檎のような「南天」

 

総括するには少々早い気もしますが、僕自身にとってはまさに激動の一年となった2013年も、早いものであと数日で暮れようとしています。
ブログをやっているとこんな時期に備忘録としてとても有効で、確認すると、「メロウズ号」が被災地に旅立ったのがちょうど一年前でした。
今日でちょうど50という人生の節目を迎え、そしてあれから一年が経過し、良きにせよ悪しきにせよ改めて「人の人生はまったく先が読めないもの」だと強く感じています。

きわめて個人的なことではありますが、この一年の間実行できなかったことがいくつかありました。
いろいろと思うところがあり、今年一年間はまったく「カフェ」や「喫茶」といった場所には一度も出入りしませんでした。(もちろん、自宅ではそれなりにドリップしてますが・・)そして、あれほど好きで年に一度は必ず訪れていた「信州」の地を一歩も踏まなかったこと。
どちらも自分にとってはある意味大きな出来事でした。来年は行けるような状況になるといいのですが。

嬬恋方面から望む冬の浅間

ばおばぶ 凍る万葉池

「ふりこ茶房」の窓辺の景色もこんな時期でしょうか

 

一方、知人の造園屋さんのご協力で、ようやく我が家の小さな庭に Mellows にあった計3本の大事にしていたモミジを迎え入れることができたことは、いい意味での大きな出来事でした。
それから、今年の終盤で心温まる小説に出逢えたことも、嬉しい出来事でした。

 

DSC_0573

「第三のモミジ」もやってきました

 

皆さんにとっての2013年は充実した一年となりましたか?そうだった方もそうではなかった方も、、皆前を向いて進む以外ありませんので、ゆっくりでも自分のスピード・リズムで歩いていきましょうね。

もはや『音楽ブログ』といっても差し支えない当ブログですが、ちなみにこの一年間で再生された楽曲のNo.1は、Mellow Tunes ~ Vol.34【smooth & mellow】でご紹介した、圧倒的なアクセスのこちらの作品でした。
いやぁ、皆さん分かってらっしゃる。やはり嗜好の近い方のブログ訪問が多い証拠ともいえますね。

 

It's On Time
Brian Culbertson / “It’s On Tonight”(feat. Will Downing)
(album: It’s On Tonight – 2005)

 

せわしい日々がもう少し続きますが、風邪など召されぬよう、くれぐれもご自愛ください。

 

Mellow Tunes ~ Vol.39【Veteran’s Works】

春の嵐が予想される不安定な気圧配置に覆われた、日本列島の週末です。
こんな感じだと、出掛けるにもちょっとためらいがちになりますね。

さて、またもや音楽ネタの更新です。
中高年向けのネタですみませんが、これまで一度も取り上げたことのなかった Earth, Wind & Fire(アース・ウインド&ファイア)の曲をご紹介したいと思います。
1970年代~80年代初頭にかけて、壮大なスケールのバンド構成を伴ったスタイルで、SOULやR&Bといった枠で括りきれない独自のサウンドで世界中を席巻した EWF も、結成から40周年を迎えたそうです。
昨年(2012)5月に来日し、公演を行い復活の狼煙を上げたかと思いきや、予定されていた新譜 “Now, Then & Forever” のリリースが一年以上お預けとなるなど、これまで陣頭指揮していたカリスマ・リーダーの Maurice White(モーリス・ホワイト)が、持病のパーキンソン病でグループを離れたことが、すべての混乱の要因とも考えられなくはないようです。余談ですが、モーリスは過去記事で二度紹介したことのある Brian Culbertson ブライアン・カルバートソン)のアルバムを2008年にプロデュースしているので、限定的な抑えた音楽活動をしていたようですが、最近の情報はほとんどありません。病状が心配されるところです。

Now Then & Forever

未発表なままの新譜 “Now Then & Forever”

 

New Album に先立つ先行シングルとして、昨年春にリリースされた “Guiding Lights”は、そんな古くからのファンにとってはまさに期待が膨らむ素晴らしい出来の、それはそれは mellow な楽曲としか言いようがありません。うまく言えませんが、まさに「ベテランの仕事ぶり」といったところでしょうか。
還暦を過ぎたリード・ヴォーカルで現バンドリーダーの Philip Bailey (フィリップ・ベイリー)も、スタジオ録音音源では美しいファルセットをなんとか維持しているようですが、昨年の来日ライブでは、新加入した息子のフィリップ・ベイリー・JRが、出にくくなった高音部のファルセットを父に代わって補完するようなシーンも見られたそうです。なんとも、伝統のあるグループならではのエピソードではないでしょうか。

 


Earth, Wind & Fire / “Guiding Lights” (single release – 2012)

 

大物グループであるがゆえに、レコード会社やレーベル間での版権の問題やら、いろいろ複雑な大人の事情があるにせよ、この一曲を聴くだけでも「新生 EWF」を早く聴きたいと言うファンも多いことでしょう。その時は、どこかにモーリスの名前がクレジットされていることを願うのは、僕だけではないはず。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.34【smooth & mellow】

まだまだ寒さが続いていますが、皆さん風邪など召されぬよう、くれぐれもご自愛ください。

さて先日、当ブログにおいて Brian Culbertson (ブライアン・カルバートソン)の紹介を初めてしたのですが、アクセス解析によればなかなか反響があるようなので、今日は引き続き第2弾として、彼の作品の中からやはり smooth & mellow な一曲をご紹介します。

 

It's On Time
Brian Culbertson / “It’s On Tonight”(feat. Will Downing)
(album: It’s On Tonight – 2005)

 

『It’s On Tonight』は2005年にリリースされた彼の8作目のオリジナルアルバムで、幼い頃から親しみ並々ならぬ影響を受けたと言われるFUNKやR&Bの分野から、多くの有能なミュージシャンやアーティストをゲストに迎えています。中でもアルバム・タイトルチューンの “It’s On Tonight” は、以前に過去記事でも取り上げたように、ルーサー・ヴァンドロス亡き後のスペースを埋めるのは彼しかいないと僕が勝手に主張している Will Downing (ウィル・ダウニング)がゲスト・ヴォーカリストとしてフィーチャされています。ブライアンの甘美でcoolでメロディアスなピアノとウィルのシルキー・ヴォイスで創造された、極上の mellow な世界を堪能できる至福のコラボレーション作品と言えるでしょう。

今チェックしてみて気が付いたのですが、今回で Vol.34 となる “Mellow Tunes” シリーズも、記念すべき Vol.1 がやはり Will Downing の紹介でした。しかもちょうど一年ほど前に始まったわけで、なんだか月日の過ぎるのが早すぎる感じがしてなりません。
 
「大人向けの音楽」をどんどん紹介して欲しいといったメールやコメントをよく頂戴しておりますので、相も変わらず僕の独断と偏見でのチョイスですが、今後もゆったりと楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

Mellow Tunes ~ Vol.31【Soulful Voice】

iTunes を導入した頃から、世界中の Internet Radio が容易に聴けるようになったおかげで、ここ数年かなりピンポイントで聴きたいカテゴリーのラジオ局の番組をリアルタイムで楽しんでいます。小学生の時分、精度の低い安物の短波ラジオで世界中のラジオ局を必死でチューニングしていた時代と比較すると、この技術の進歩は夢のまた夢みたいなものですね。世界中からCDショップが姿を消していくような、数年先の消費スタイルさえ見通しが利かない現代ですが、技術革新といった意味ではほんとにありがたい時代になりました。僕など、もはや iPod なしの生活などありえません。

いつの頃からか、かつては Fusion(フュージョン)とカテゴライズされた Jazz 寄りの耳なじみのよい音楽が、Smooth Jazz などと呼ばれるようになって、しばらく時間が経過しました。世界的にも人気の高いカテゴリーで、こと米国における人気はかなりの盛り上がりだとか。Smooth Jazz 専門のネットラジオ局も、欧米を中心にかなりの充実ぶりです。一方日本国内では、業界を取り巻くあらゆる規制などから、レコード会社が洋楽そのものをプロモーションする気も予算もないのが現状のようで、聴きたい人間は自らネットを駆使して情報を世界中からかき集めねばならないというのが現実です。洋楽や質の高い音楽が身近にあった時代に育った僕らのような世代にとって、正直なところ現代の日本の音楽産業界には魅力を感じることが少々難しい気がしています。
「iPod」や「配信」といったリスナー側の音楽との接し方も変わってきている現代では、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

Dreams

さて、そんな情報が少ない中で最近知った Smooth Jazz 系ピアニストの Brian Culbertson(ブライアン・カルバートソン)のソウルフルな一曲をご紹介しましょう。
40歳という年齢からそれなりのキャリアも想像でき、著名なゲストミュージシャンが多数、これまでリリースした十数枚のアルバムに参加しています。

 


Brian Culbertson / “You’re My Music” (feat. Noel Gourdin)
(album: Dreams – 2012)

今回紹介するこの曲にも、 Noel Gourdin という日本ではほとんど知られていない正統派ソウルシンガーがゲストヴォーカリストとして参加し、nice & Slow な世界を表現しています。

この種の音楽は、もはや自分から世界に向けて探しに行かないと、決して出会うことのないちょっと残念な時代になってしまいましたが、僕なりに色々探しては紹介していきたいと思っています。