Search Results for: Glenn Frey

Mellow Tunes ~ Vol.200【Glenn Frey】

いつもご訪問ありがとうございます。
深まる秋も、いよいよ「晩秋」と呼ぶべき時期となってきました。
「こんなありがたいメロウな季節が、永遠に続くといいのに」と思う、今日この頃です。

 

 

 

さて、メロウな音楽作品を勝手気ままに取り上げ紹介してきた「Mellow Tunes」シリーズも、いよいよ今回で「Vol.200」を迎えました。どんな記事にも何かしら音楽を添えているので、投稿記事数も800を超えているようなので、おそらくなんだかんだで600曲くらいは取り上げているのではないでしょうか。

記念すべき「Vol.200」は、僕が中学生の頃から愛聴し続ける「イーグルス」(The Eagles)の中核となるメンバーの Glenn Frey(グレン・フライ)を、懲りずに取り上げてみたいと思います。
2016年の年が明けてすぐに逝去したグレンですが、早いものでもう3年近い月日が経過しようとしています。アクセス解析をしてみると、ほぼ毎日のように世界のどこかしらから、彼の名前でのGoogle等の検索を通して当サイトに辿り着く、熱心なファンの方が少なくありません。
イーグルスの解散後にリリースしたスタジオ録音によるソロ・アルバムは5作あり、最後のアルバム作品となった『After Hours』は、「The Great American Songbook」ともいえる「American Popular Song」と「Jazz Standards」で構成された、グレンの入魂のアルバム作品となりました。円熟期を迎えていた彼のVocalは、まさにそんな作品群と向き合うのに、適切な時期が来ていたのだと、今となっては痛いほど思い知らされます。

 


Glenn Frey – “After Hours”
(album: After Hours – 2012)

当ブログ内でもアルバム『After Hours』からは、たくさん楽曲を取り上げましたが、アルバムのラストを飾るアルバムタイトル曲でもある『After Hours』は、唯一グレンのオリジナル作品であり、収録された珠玉のスタンダードソングたちと完全に同化してしまうくらいに、美しく儚げにそこに存在しています。
僕にとっては、ちょうど実店舗の「Mellows」を手放した時期に、落ち込みがちな日々を、何度も何度も救ってくれた、大切なグレンの遺作、それが『After Hours』でした。

 

Glenn Frey(グレン・フライ)に関する過去記事はこちらへどうぞ。アルバム『After Hours』収録作品もいくつか取り上げています。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.98 【”Desperado” by Glenn Frey】

一つ前の記事で書いた通り、Glenn Frey(グレン・フライ)が逝ってしまってから、約3週間が経とうとしている。いまだに僕の心の中にはぽっかりと大きな穴が空いたようで、通勤中の車の中でもベッドで眠りに落ちる前なども、彼の遺作となった『After Hours』を何度も何度も無意識にリプレイしている自分にハッと気づくほどだ。

 
Glenn-Frey-Piano-jpg世界中にあまりに大きな影響を与えたあの「イーグルス」の創始者なわけだから、大変な驚きと悲しみをもって彼の訃報をうまく受け入れられないでいるファンも、そりゃあもう大勢いることだろう。無論僕もその内の一人なわけだけれど。
どんな世界の分野の大物であれ身近な人であれ、その人の偉大さって失って改めて気付くことも多いもの。

 

Desperadoいまやスタンダードとして世界中のミュージシャンがこぞってカヴァーしたがるバラッドの名曲『Desperado』も、共作者のドン・ヘンリーがリードヴォーカルを務めたものが一般的に広く知られているけれど、甘くソウルフルに歌うグレンのヴァージョンもそれはそれで素晴らしいのをどれだけの人が知っているだろうか。グレンが奏でたこのバラッドのイントロが弾きたくて、ピアノを習い始める人が今でも世界中に沢山いると聞くほどに、一度聴いたら忘れられない印象が強く残る作品だと思う。ライブではオーディエンスといつも合唱になってしまうことでも有名だった。

 


Glenn Frey and Friends / “Desperado”

 

世界中のファン同様に、本当に彼の死が残念でならない。

心よりグレンのご冥福をお祈りしたい。

 

Mellow Tunes ~ Vol.97 【R.I.P. Glenn…】

なんという2016年の幕開けだろうか。
年が明けてすぐに、Natalie Cole(ナタリー・コール)、David Bowie(デヴィッド・ボウイ)の訃報が続いたかと思えば、なんと今度はイーグルス(The Eagles)の中核となるメンバーの Glenn Frey(グレン・フライ)が数日前に他界したとのニュースが世界を駆け巡った。リウマチ性関節炎や肺炎による合併症と闘った末の残念な結果ということだけど、僕には到底受け入れられないニュースだ。

Glenn Frey小学生の高学年の頃、国内のFM局だけでなく海の向こうの短波ラジオ放送から雑音混じりに聴こえてきたアメリカン・ロックのヒーロー「イーグルス」の二枚看板ヴォーカルの、上手いけどあくの強いドン・ヘンリーよりもデトロイト出身で黒人音楽に強く影響を受けたグレンのメロウで優しいヴォーカル・スタイルの方が、僕はずっと昔から好きだった。ソロになってから発表された「The One You Love」はもちろん、ロック色の強いメロディーよりもバラッドを歌わせたら、彼にかなうアーティストは、僕個人の中ではそれほど多くは存在しない。

glenn-frey-2016-billboard-650一念発起して独立開業した想いが沢山つまったお店「Mellows」を閉店した直後の辛くて悲しい時期を、そっと寄り添って付き合ってくれたのがグレンの今となっては遺作となってしまったスタンダード・ソングにチャレンジしたアルバム『After Hours』だった。一日にいったい何度このアルバムを聴いたことだろうか。今自分の命があるのも、このアルバムに救われたからといっても決して過言ではない。そして気が付けば、このブログをスタートしてから、過去記事でグレンの作品を無意識に何度も取り上げていた。やっぱり相当に影響を受けていたようだ。

近い将来いつかきっとリリースされるはずと、ずっと心待ちにしていた『After Hours – Part II 』は、やはりもう発表されることはないのだろうか..
『After Hours』製作時のトレイラーを見てたら、なんだか泣けてきた。

 


Glenn Frey – After Hours (Trailer) – 2012

 

ここ数日間は、心の中にぽっかりと大きな穴が空いたようで、この喪失感をどう表現すればよいのか分からないでいる。第二次大戦後の1945年以降に生まれたベビー・ブーマー世代には、音楽に限らずどの分野にも偉大なアーティストが多く存在するけれど、そういった人たちに関する悲しい知らせも増えてくる時代にいよいよ突入したことを実感する今日この頃だ。

 

Glenn_Frey_-_After_Hours

Glenn Frey / “Here’s To Life” (album: After Hours -2012)

Shirley Horn(シャーリー・ホーン)の代表作として知られる、ジャズのスタンダードとしては比較的新しい作品『Here’s To Life』だけど、個人的には傷心の中でどれほど癒され勇気を与えられたか分からないくらいの、グレン流の「人生の賛歌」となっている気がしてならない。
ああ、もうこれ以上は語るまい。もうキリがない。とにかく、残念でしかたがない。

Rest In Peace, Glenn..          合掌

 

“Here’s to Life”    (Artie Butler, Phyllis Molinary)

No complaints
And no regrets
I still believe in chasing dreams
And placing bets
But I have learned
That all you give
Is all you get
So give it all you’ve got

I had my share
I drank my fill
And even though I’m satisfied
I’m hungry still
To see what’s down another road
Beyond the hill
And do it all again

So here’s to life
And every joy it brings
So here’s to life
To dreamers and their dreams

Funny how the time just flies
How love can go
From warm hellos
To sad goodbyes
And leave you with the memories
You’ve memorized
To keep your winters warm

For there’s no yes in yesterday
And who knows what tomorrow brings
Or takes away
As long as I’m still in the game
I want to play
For laughs
For life
For love

So here’s to life
And every joy it brings
Here’s to life
For dreamers and their dreams

May all your storms be weathered
And all that’s good get better
Here’s to life
Here’s to love
Here’s to you

May all your storms be weathered
And all that’s good get better
Here’s to life
Here’s to love
Here’s to you

 

人生に不満もなければ
後悔もしていない
いまだ私は
夢を追い求め
そしてそれに賭けることを
誇りに思っている
私がこれまで
学んだことは
与えたものが
自分に返ってくるということ
そう、つまり
全力を尽くせということ

分け前を手に入れ
さんざん飲み明かしもした
そしてたとえ満足していても
私は尚も自分を満たしたく
丘の向こうにある別の道を眺めては
歩んでみたいと切望する

人生を一から
やり直してみたいと
人生に乾杯
そしてすべての喜びに祝杯を
だから人生に乾杯
夢追い人とその夢に幸あれ

おかしなほど
どうしてこんなにも時は はやく過ぎ去り
愛はあたたかな出会いから
悲しい別れへと変わってしまうのだろう
寒い冬を温めるための

幸せな記憶だけを人々に残して
去りし日に確かな答えは
見つけられない
明日という日に何がもたらされ、何を失うかなど
誰も知る由はない
だから人生というゲームが
続く限り
私は笑い、楽しみ
愛に生きたい

人生に乾杯
そしてすべての喜びに祝杯を
人生に乾杯
夢追い人とその夢に幸あれ

(日本語訳詞: 東エミ)

 

Mellow Tunes ~ Vol.126【Toots Thielemans】

暑い日が続いた中、なんだかまるでエア・ポケットに入ったかのような、最高気温が20度台の今日一日でした。列島の遥か南方に発生した複数の台風と気圧配置や前線による、複雑な相関関係から生じた、なんだか夏が一休みした一日となりました。こんな日には、なぜだか北の方角から湖面を渡ってひんやりとした風が吹いてきます。ブログを何年か継続してると、サボりがちな夏季の記事更新が、必ずと言っていいくらい、こんな日にされているから、自分でも不思議なものです。

 

 

「ハモニカおじさん」として世界中の人々から慕われた偉大なジャズ・ハーモニカ奏者の Toots Thielemansトゥーツ ・シールマンス)が亡くなって、この夏(8/22)で一年が経とうとしています。一年が巡るのは本当に早いものです。
こんな涼しい日の夕方にでも聴きたくなるのが、哀愁を帯びたトゥーツのハーモニカだったりするものです。

 


“The Shadow Of Your Smile”  –  Toots Thielemans

 

「The Shadow of Your Smile」 は、1965年の映画『いそしぎ』 (原題:“The Sandpiper”)のテーマ曲として書かれた美しい楽曲として有名で、それはもう沢山のジャズ系のアーティストによるカヴァーがあります。そうですね、最近ではやはり昨年他界した「イーグルス」の Glenn Frey (グレン・フライ)のカヴァーが、個人的にはお気に入りでしょうか。
それにしても、こうして過去記事を見てみると、本当に2016年には多くの大物アーティストが夜空の星となっていきました。ブログ内に新たなカテゴリーRest In Peace [安らかに眠れ]を用意せねばいけないくらいの勢いでした。その点に於いては、「BAD NEWS」に関してですが、今年は少し落ち着いているような気がします。

 

 

AC Tunes ~ Vol.41【Jeffery Smith】

春がもうすぐそこまでやって来てるんですね。南風が吹き込む昨日今日の週末は、日本全国各地で「春一番」が吹き荒れたようです。「三寒四温」を経ていよいよ春の到来でしょうか。

ここのところ、過去記事の通り、年が明けてからずっと海外の大物ミュージシャンの訃報続きで、ちょっと気が滅入っておりました。今では音楽を主体に扱う当ブログでは、そんな訃報記事をUPせざるを得ない状況が、今後もこれまで以上に出てくるのかなと思われますが、それはいたしかたないことなのでその都度、「偉人たちの軌跡」をリスペクトを持って振り返らせてもらおうかと考えています。

またすぐ明日には真冬に逆戻りのお天気らしいですが(花粉の飛散は許せませんが)、久々に体感する南からの風はやっぱりなんだか嬉しいものです。肌触りがちがうというか、なんかそんな感じがします。
少し傷心がちだった気持ちを治癒に向かわせるのは、春風もそうかもしれませんが「やっぱりどこかメロウで優しいサウンドなんだよな..」と思いを新たにしたのが、この作品でした。

 

Lost Rhythm 2Jeffery Smith(ジェフリー・スミス)は以前にAC Tunes ~ Vol.21でも一度紹介したことのある、僕のお気に入りのメロウなギター弾きであり、自ら歌える貴重な Smooth Jazz 系のギタリストです。詳しくは過去記事をご参照して頂くとして、この人は日本国内においてはまず知名度はゼロに近いかもしれません。
つい最近、アーティスト名でGoogleで検索してみたら、自分の書いたブログ記事以外で珍しく日本語での検索結果がヒットしたので、該当ブログを覗いてみたら、なんと僕の記事の丸写しでした。こういった記事盗作は正直これが初めてではありませんが、他人が書いた記事をコピペした挙句、最後に自分の感想を一言だけでは、あまりに陳腐な行為といえないでしょうか。読む人が読めば、言葉の言い回しや温度感で分かってしまうものですよ。盗作は。おそらく一つや二つどころではなさそうな印象を持ったので、ブログ運営元の「Yahoo Blog」には違反告知を伝えたところ、あっという間に記事は削除されてましたが、なんだか後味の悪さが残りました。ついでに言えば海外のサイトなどはもっと悪質で、当ブログまるごと翻訳COPYしてたサイトもあったくらいですから、便利なようで困った時代なのかもしれません。

少々脱線してしまいましたが、Jeffery Smith(ジェフリー・スミス)が2002年にリリースした活動初期のアルバム『Lost Rhythm』に収録された『18 Days』ですが、なんだか心のささくれを取り除いてくれそうなほどに優しく心地よいリズムとメロディーに、実に癒される思いです。インストゥルメンタルなので曲のタイトル『18 Days』にどんな意味があるのかは分からないけれど、前出の故人となってしまった Glenn Frey(グレン・フライ)が天に召されたのが1月18日でした。新しい年を迎えての18日間、きっと懸命に病魔と闘ったグレンを偲びながら、僕はこの作品をこのごろ頻繁に聴いています。

 


Jeffery Smith / “18 Days” (album: Lost Rhythm – 2002)

 

Jeffery Smith(ジェフリー・スミス)。もっと認知され売れていいアーティストだと思いますね。

 

もうすぐ「梅雨入り」

4月・5月と更新をお休みしておりましたが、気がつけばあっという間の6月で、「梅雨入り」も秒読みの時期となり、車を走らせていると、車窓越しに多種多様な沢山のアジサイが目に飛び込んでくるようになってきました。
いつの時代も湿気と暑さには閉口しますが、梅雨時の樹木や花々の濡れた葉っぱたちの輝き方は、一年を通していちばん美しい時期なのは否定できません。ふと庭に目をやれば、我が家の「ガクアジサイ」がそっと咲き始めました。Mellows のモミジたちも、今年もしっかりと青々とした沢山の葉を身にまとっています。季節は確実に巡るものだと、なんだか妙に感心してしまいます。

 

アジサイ

「ガクアジサイ」と「根曲がりのモミジ(コハウチワカエデ)」

 

イロハモミジ 2015

イロハモミジ

 

コカ・コーラ社の「ボトル化100周年記念事業」とかいう位置付けで、グリーン・ラベルのCoca-Cola Lifeの販売が世界中で(国内ではこの春から)始まったようです。スーパーなどあちこちで目にするにつけ、どうもあの抹茶系のちょっとくすんだ色彩のグリーンラベルが 「う~ん、なんだか Mellows のロゴに似てるぞ‥」と異常なまでの親近感を覚えて、先日ようやく購入してみました。ちょっと葉っぱのカタチが青モミジにも似た植物の「ステビア」が自然由来の甘味料となっていて、飲んでみると「赤ラベル」を飲み慣れた人たちにはちょっと物足りないかもしれませんが、健康に関心のある世代の方々にとっては「優しい飲み口」の印象の「ライフ」は世界的にも受け入れられるのではないでしょうか。なんだか見た目の「大人の印象」ってのが、いいじゃありませんか。

 

Coca-Cola Life

Mellows のモミジと「Coca-Cola Life」   なんだか妙にマッチする気が・・

 

900 x 200 Peaceful Life Logo

 

まあそれはそれとして、ブログのお休み中に沢山の友人・知人はじめ各方面よりメールを中心にご連絡を頂戴しました。いろいろ気を遣っていただきまして感謝・感謝です。気がつけばいつの間にかこんなブログの世界中からのアクセス数が24万を、PV(ページ・ビュー)に至っては400万PVを超えてしまいました。一時期は「某国立TOKYO大学」のとある研究室からものすごいアクセスがあったりなんかして、「はて、何が面白くてこんなブログに?」と不思議な現象などもありましたが、各方面からの「早く再開して」とのお声に応えるべく、とはいえあくまでマイ・ペースでユルユルとやっていく所存ですので、どうか懲りずにお付き合いください。

 

さてさて久しぶりの音楽紹介は、以前に過去記事で何度か取り上げている若い頃から好きなイーグルスの Glenn Frey(グレン・フライ)が、2012年にリリースしたJazzを中心に選りすぐりのアメリカン・スタンダード・ソングをカヴァーしたアルバム『After Hours』から、ドゥ・ワップで知られる「The Orioles」の名曲『It’s Too Soon To Know』などいかがでしょうか。

 

Glenn Frey / “It’s Too Soon To Know”
(album: After Hours -2012)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.42【青もみじに想う】

なんだかまた冬に逆戻りしたようなお天気の週末となりましたね。
このところの寒暖の差で、体調を崩されていらっしゃるかたも少なくないようです。
ブログ読者の皆さんも、くれぐれもご自愛ください。

さてここでちょっとしたご報告がございます。
以前に過去記事でもお伝えいたしましたが、実店舗に通っていただいた沢山のお客様より、店舗であった「メロウズ号」同様に可愛がっていただいておりました敷地内の「もみじ」たちですが、越冬や自宅に受け入れる準備が整わず、その後は開業時からお世話になっている「ひたち野うしくガーデン(細谷造園)さんに仮移植されました。
今日所用があってつくば市内に出かけた帰りに、数ヶ月ぶりにその「もみじ」たちと再会して来ました。
久しぶりにお会いした若社長のケンちゃんによれば、厳しい冬を越えて、5月以降には沢山の葉を身にまとう準備段階に入っているらしく、「みんな元気で過ごしてますよ」という言葉をかけてもらい、なんともありがたく嬉しい気持ちで一杯になりました。相変わらず、優しい癒しオーラ全開のケンちゃんでした。

20130420_152605

お店のシンボル・ツリーだったもみじ

20130420_152557

希少な「六株立ち」のもみじなんです

20130420_152651

ちょっとわかりにくいですが、こちらは大人気だったコーナー席横のもみじ

mellows-009

エントランスの屋根付きデッキはというと…

20130420_155323

「ひたち野うしくガーデン」さんの、お客様用の「憩いのスペース」として生まれ変わりました

20130420_165154

僕はといえば、とりあえず数枚の「青もみじ」を連れて帰りました

久しぶりに再会した「もみじ」を始めとする樹木たちは、真冬の閉店時の葉を無くした寂しげな裸木ではなく、それはそれは新しい生命力でみなぎった、青々とした沢山の葉っぱを身にまとった元気な姿を見せてくれました。これだから、木や花をはじめ「自然って素晴らしい」と感動しきり。
僕もいろいろと厳しい状況が続きますが、「青もみじ」たちからパワーを分けてもらい、「頑張らねば」と勇気付けられました。

そして帰宅途中の車の iPod からは、この曲が。

After Hours

Glenn Frey / “The Shadow Of Your Smile” (album: After Hours -2012)

 

樹木も人も、枯れたら枯れたでそれなりの魅力を持ち合わせているもの。
Glenn Frey(グレン・フライ)がしっとりと歌い上げるこのスタンダード・ナンバーも、そんなことを教えてくれるほんの一例ですね。

 

Mellow Tunes ~ Vol.29 【春まだ遠し】

昨日は2月というのに突然春のような陽気でした。
一転して今日は、強く冷たい北風が吹く寒い一日となりました。これからは、そんな『三寒四温』の一進一退を繰り返しながら、日一日と春がやってくるのでしょう。
暖かくなるのはいいのですが、昨年の夏が雨の殆どない酷暑だったので、住まいのある近隣の平地林を見ても平年以上に濃い茶色に染まったスギ・ヒノキが目立ちます。花粉症の僕にとってはちょっと恐ろしい春となりそうな気配。まだ発症していない皆さんも、今春は本当に要注意ですよ。

 

candle

 

さて今日は、春まだ遠しといった感じから、前回紹介しました Glenn Frey (グレン・フライ) のアルバム『After Hours』から、また有名なスタンダード作品をもう一曲取り上げてみます。

『Caroline No』という楽曲は、僕より上の世代の方なら皆さんご存知の通り、 The Beach Boys (ビーチ・ボーイズ)のブライアン・ウィルソンによる作品で、1965年リリースの彼らの傑作とされるアルバム「Pet Sounds」に収録された、それは美しくも切ない稀有な Ballad として広く知られています。洋の東西を問わず、ベビー・ブーマー世代のミュージシャンで、彼らの影響を受けたアーティストは少なくなかったのではないでしょうか。

 

After Hours

Glenn Frey / “Caroline No” (album: After Hours – 2012)

 

ブライアン・ウィルソンが切々と歌う原曲とも、またこれまで数多くのアーティストが発表してきたカヴァーとも違った、枯れた大人の魅力で満たされたグレンの「キャロライン・ノー」も、儚くそして切なく響く素晴らしいヴァージョンであることは間違いありません。きっと、ずっと歌いたかったんですね。そんな想いが伝わってくるのは自分だけではないはず。