Search Results for: Have Yourself A Merry Little Christmas

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2018 Vol.1【Have Yourself A Merry Little Christmas】

いつもご訪問ありがとうございます。
いよいよ12月に入りました。今年もあと一か月足らずで終わってしまうかと思うと、改めて一年という月日の過ぎゆくスピードに驚かされます。

 

 

当ブログの冬の恒例企画となりました『Mellow なクリスマス・ソング』ですが、実店舗の『Mellows』OPEN当時の2011年から続く、今期で「8シーズン」目に突入する、ありがたくも世界各国から多くのアクセスを頂戴する「Holiday 企画」となっております。毎年のことですが、今年も11月に入って間もない時期から、既に世界各地からサーチ・エンジンによる検索結果から、当サイトへと導かれ訪問してくださる方が増えてきました。

頻繁に当サイトをご訪問くださる読者の方々はご存知とは思いますが、先月上旬に近親者が旅立ちました。「喪中」ということもあり、僕自身いろいろと思うところもあり、今年は敢えて選曲作業はせずに、過去の『Mellow なクリスマス・ソング』シリーズから、「ダイジェスト版」として編集した「プレイ・リスト」を幾つかUPすることにしました。楽しみにされていた方々には申し訳ないのですが、来シーズンにはまた少し違った内容のものをお届けできると思いますので、どうかご容赦ください。
そうは言っても、もとより「クリスマス・ソング」というものは、基本的にはスタンダード・ナンバーが主役と相場がきまっていますので、改めて聴いてみることでまた「新たな発見」があることも多いというのも、覆すことのできない事実でもあります。

 

 

そんなわけで、まずは第一弾として、2013~2015年の3シーズンに渡って特集しました『Have Yourself A Merry Little Christmas』のあらゆるカヴァー作品の数々を、ダイジェスト版でお届けします。
スタンダードなクリスマス・ソングは数あれど、過去にこの特別なシーズンに世界中でリリースされたそれはそれはあまたあるアーティストの『CHIRISTMAS ALUBUM』あるいは『HOLIDAY ALBUM』の中に、必ずといってよいほど収録される楽曲の一つが、『Have Yourself A Merry Little Christmas』であり、そしてまた同時に、僕の最も愛するクリスマス・スタンダード・ソングでもあります。

 

 

“Have Yourself A Merry Little Christmas”
[Mellow なクリスマス・ソング ~ 2013-2015 より]

 

『Have Yourself A Merry Little Christmas』は、まさに第二次世界大戦中の1944年に米国で製作されたミュージカル映画『MEET ME IN ST.LOUIS (邦題:若草の頃)』の挿入歌として Judy Garland(ジュディ・ガーランド)が歌い、その後クリスマス・ソングのスタンダードとなりました。実は本作品はすこしばかり悲しい内容の歌詞であふれ、「辛いこと、悲しいことを今だけはしばし忘れて、ささやかにクリスマスを祝いましょう..」と子役に歌い聞かせるその映画のワン・シーンには、当時の時代背景や歴史といったものが透けて見えてくるようです。
とはいえ、美しく儚く人々の心に響くその歌詞とメロディは、21世紀となった現代でも変わることなく、聴く者の感動を呼び起こすだけの「パワー」と「慈愛」に溢れています。

 

プレイ・リストですが、21曲ほど曲順を入れ替えて編集してあります。いずれかのカヴァー作品にご興味を持たれた方は、「こちら」の各曲紹介記事のリンクへどうぞ。

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2018 Vol.2【Last Christmas】

いつもご訪問ありがとうございます。
なんだかここ数日は「暖冬」を思わせるほどの「小春日和」ですが、例年の通り、12月に入ると「Holiday Season」突入ということで、当サイト上にも「雪」が降り始めました。
(申し訳ありませんが、メモリやリソースを消費する関係で、スマートフォンには未対応となっています。ごめんなさい)

 

 

当ブログの冬の恒例企画となりました、「8シーズン」目を迎える『Mellow なクリスマス・ソング』ですが、前回お伝えしました通り訳ありまして、今年は敢えて選曲作業はせずに、過去の『Mellow なクリスマス・ソング』シリーズから、「ダイジェスト版」として編集した「プレイ・リスト」を幾つかUPすることにしました。

そんなわけで、まずは第一弾として、2013~2015年の3シーズンに渡って特集しました『Have Yourself A Merry Little Christmas』のあらゆるカヴァー作品の数々を、前回「ダイジェスト版」でお届けいたしました。皆さんにとって、初めて触れたカヴァーもあったのではないでしょうか。

 

 

第二弾となります「Vol.2」では、二年前(20016年)『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016』で特集を組みました『Last Christmas 』(ラスト・クリスマス)を、プレイ・リストにしてみました。
あらゆる世代にとって身近なクリスマス・ソングの比較的新しいスタンダード作品とも言える、Wham!(ワム!)時代の『George Michael』(ジョージ・マイケル)の作品『Last Christmas 』ですが、1984年にリリースされてから30数年が経過し、クリスマスが近づけば世界中の街角のあちこちからでも聴こえてくるほど、今ではポピュラーな「クリスマス・スタンダード」となっていて、プロ・アマ問わず、そしてジャンル・カテゴリー・国・言語をも飛び越え、本当に世界中の多くのアーティストたちによってカヴァーされ続けている、素晴らしい楽曲として、世界中の人々に認知されています。

 

『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016【Last Christmas】』

この年(2016年)の特集記事『Mellow なクリスマス・ソング』をUPし終えた直後の、クリスマスの当日(現地時間12/25)に、ソング・ライターである「ジョージ・マイケル」が53歳という若さで天に召されました。当時の記事を今になって読み返すと、あまりに突然の出来事で、とにかく僕自身の頭が混乱していたことがよく分かります。

クリスマスの季節がやってくるたびに、世界中の人々が「ジョージ」のことを懐かしく思い出す機会を持てるということが、多くのファンにとって唯一の慰めであり、また同時に彼へのリスペクトの想いがより一層強くなる気がしています。

 

※いずれかのカヴァー作品にご興味を持たれた方は、「こちら」の各曲紹介記事のリンクへどうぞ。

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2018 Vol.3【2017 総集編】

いつもご訪問ありがとうございます。
遠い海の向こうで発生した「エルニーニョ現象」の影響もあって、「今年は暖冬だろう」と勝手に思い込んでいた人々を裏切るかのような、今日あたりはそんな気温の冷え込み方でしたが、皆様風邪などお召しではありませんか。僕の周辺でも、風邪にインフルエンザと、体調を崩している方も多いようです。この時期は「多忙」な上に、いつも以上の「体調管理」を強いられるので、ほんとはクリスマス気分どころではないというのが、大方の大人の皆さまの現状ではないでしょうか。どうか皆様ご自愛ください。

 

 

まあ、そうはいっても年に一度の、空気が澄んでイルミネーションも美しい季節ですから、そんな忙しい時ほど、意図してゆったりと音楽などに身を委ねたいものです。もちろん傍らには美味しい珈琲でも、好きなお酒でも、それはそれぞれ皆さんのお好みでどうぞ。

 

 

さて今月に入ってすぐにUPさせていただいた、『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2018』ですが、冒頭でお知らせしましたように、先月上旬に近親者が旅立ちました。僕自身いろいろと思うところもあり、今年は敢えて選曲作業はせずに、過去の『Mellow なクリスマス・ソング』シリーズから、「ダイジェスト版」として編集した「プレイ・リスト」を幾つかUPすることにいたしました。
「Vol.1」では、2013~2015年の3シーズンに渡って特集しました『Have Yourself A Merry Little Christmas』のあらゆるカヴァー作品の数々を、ダイジェスト版でお届けしました。また「Vol.2」では、『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016』で特集を組みました『Last Christmas 』(ラスト・クリスマス)をプレイ・リストにしてみました。
そして今回最終となる「Vol.3」ですが、一昨年のクリスマス当日に天国に旅立った「George Michael」(ジョージ・マイケル)による、もう一つのクリスマス・ソング『December Song (I Dreamed of Christmas)』からスタートした、『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』【総集編】を、改めてUPいたします。

 


『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』【総集編】

 

本総集編の中には、プレイ・リスト編集以前にもう既に「故人」となっていたアーティストも存在しましたが、残念ながら今年になって他界されたアーティストもいらっしゃいます。総集編プレイ・リストの2曲目に登場する『Soul Holidays』で圧巻のヴォーカル・パフォーマンスを女性リード・ヴォーカリスト「アン・ネズビー」と共に繰り広げる、大所帯の『Sounds Of Blackness』を事実上率いていた立場にあった、「ビッグ・ジム」こと「ジェームズ・ライト」(James “Big Jim” Wright)が、その人です。
当ブログではいったい何度名前を挙げたかわからないほど、僕も敬愛する大物プロデュサー・コンビの「Jimmy Jam & Terry Lewis」(ジミー・ジャム&テリー・ルイス)の下で才能を開花させた「ビッグ・ジム」は、90年代からマイケルそしてジャネットとジャクソン兄妹やマライア・キャリーを筆頭に、アレサ・フランクリン、ルーサー・ヴァンドロス、パティ・ラベル、チャカ・カーン等々、それはそれは多くの大物アーティストのプロデュースに関わっていました。近年活動が停滞気味だった『Sounds Of Blackness』の新作のリリースに向けて「アン・ネズビー」と共に復帰が期待されていただけに、往年のファンにとっては、なんとも残念で悲しい知らせとなってしまいました。
追悼記事をUPする機会を失ったままでしたので、これを機に改めて哀悼の意を表したいと思います。  R.I.P. Big Jim …

 

「Vol.3」の今回をもちまして、今シーズンの『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2018』は終了とさせていただきます。今年は事情により「過去の総集編」といった内容になってしまいましたが、来季はまた違ったカタチで特集を組めたらと思っています。尚、今年も例年同様に、世界各地より多くのアクセスを頂戴しておりまして、ご訪問くださった方々に心より感謝申し上げます。皆様、どうかよいクリスマスをお過ごしください。

 

※『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』【総集編】で気になるアーティストがいましたら、どうぞこちらの「個別記事」も併せてご覧ください。

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016 Vol.8

George Michael(ジョージ・マイケル)の不朽のクリスマス・ソング『Last Christmas (ラスト・クリスマス)』のカヴァー作品を取り上げご紹介している、今年の冬の恒例企画『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016』の第夜です。

クリスマスももうそこまでやってきました。あっという間ですね。
さて、今回で8回目となる『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016』ですが、そろそろ次回あたりで完結となりそうです。
前回に引き続き、また英国出身のアーティストによるカヴァー作品となります。
Bethは自身のYouTubeチャンネルをベースに、2011年より世界中のPOPSのカヴァー・ヴァージョンをたくさん発表してきている、現在23歳の女性シンガーです。あくまで現段階でいえば、カヴァーに特化したアーティストといって差し支えないかもしれません。

UPテンポなものではなく、スロウな楽曲をソロ・ピアノだけあるいは本当に数少ない楽器の伴奏によるアレンジでカヴァーするのが、どうやら彼女の流儀のようです。この「Last Christmas」のカヴァーもピアノ伴奏をベースにしたアレンジで、とにかくシンプルかつピュアに表現しているところに好感が持てます。

 


Last Christmas – Wham cover – Beth

YouTube で曲を発表して世界中の人々に作品を視聴してもらった後に、iTunes/Google Play/Amazon MP3/Spotify 等で音源の販売に繋げるといった手法は、彼女だけでなくもはや現代に生きる世界中のアーティストの標準仕様になってきているのを実感します。そう、まさに日本が誇る「PPAP」のピコ太郎氏のように。

実は、昨年以前と同様に『Have Yourself a Merry Little Christmas』のカヴァーを今年も取り上げるならば、彼女のカヴァーを入れるつもりでした。ピアノだけの伴奏によるシンプルなアレンジがとてもいい感じです。ついでに動画を貼り付けておきますので、ぜひご視聴ください。

 

Have Yourself a Merry Little Christmas cover – Beth

 

繰り返しになりますが、やはり英国のアーティストはちと表現方法になにか違いがありますね。アーティストそれぞれの個性が浮き彫りになっているのが、不思議でありまた同時に魅力となっていますね。

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016 Vol.5

George Michael(ジョージ・マイケル)の不朽のクリスマス・ソング『Last Christmas (ラスト・クリスマス)』のカヴァー作品を取り上げご紹介している、今年の冬の恒例企画『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016』の第五夜です。

wilde_winter_songbook_deluxe_edition今回ご紹介する Kim Wilde(キム・ワイルド)は、1980-90年代にかけて活躍した英国はロンドン出身の女性シンガーです。当時はマイケル・ジャクソンに代表されるように、「MTV」が大流行していて、世界中の多くのアーティストたちがこぞってオリジナリティの高いプロモーション・ビデオ(PV)を発表し、その出来・不出来によってレコードやCDの売り上げが決まってしまうくらいの、アーティストにとっては非常に重要な販促ツールでした。現代のようなYouTubeはじめSNSはもちろん、個人使用のPCもインターネットの存在さえない時代ですから、プロでないアマチュア・ミュージシャンが自作品を世界に広めるなどという術など、当然どこにもありませんでした。
うまくMTV時代の潮流に乗ったキム・ワイルドは、「ホール&オーツ」「フィル・コリンズ」「ビリー・ジョエル」ら当時のBIG NAMEたちも(あくまでいい意味で)リサイクルしたモータウン(Motown)サウンドのリバイバル・ブームにあやかって、The Supremes のヒット曲 “You Keep Me Hangin’ On” をカヴァーして世界的なヒットにつなげることに成功しました。
 

そんな彼女が、一度2013年にリリースしたホリデイ・アルバム『Wilde Winter Songbook』に6曲ほど追加収録した『Wilde Winter Songbook (Deluxe Edition)』を昨年(2015年)再リリースし、その中に『Last Christmas』のカヴァーが収録されています。かつては故マイケル・ジャクソンの欧州ツアー時のオープニング・アクトを任されていたほどの実力派ですから、原曲をあまりいじらずシンプルなアレンジで安定感のあるパフォーマンスを披露してくれています。

 


Kim Wilde – Last Christmas (2015)

 

また、本アルバムには昨年までこのコーナーでフォーカスしていた『Have Yourself a Merry Little Christmas』も漏れなく収録していまして、そのカヴァーの出来といいアニメのOfficial PV がなんともいい味を出しているので、おまけでUPしておきます。

 


Kim Wilde – Have Yourself A Merry Little Christmas (Official Video)

 

キム・ワイルド、この方も僕と同年代の人ですが、大人が聴いて魅力のある作品を今後も期待したいところです。うまく表現できないのですが、他の国々のアーティストたちと比較すると、英国のアーティストはやはり「何かが、どこかが」決定的に違うんですよね。それは「THE BEATLES」はじめ偉大なアーティストたちを輩出してきた、「土壌」に他ならないのかもしれません。

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2016 Vol.1

師走に突入し、日を追う毎に日が昇るのは遅く、あっという間に日が暮れてしまう季節になってきました。「クリスマスも近いな」と感じる今日この頃です。

実店舗営業当時に「HOLIDAY企画」としてなんとなく始めた『Mellow なクリスマス・ソング ~ 』のシリーズですが、気がつけば今年で6シーズン目を迎えることになってしまいました。2013~2015年と3年続けて、個人的に愛して止まないクリスマス・ソングのスタンダード、『Have Yourself A Merry Little Christmas』という素敵な作品のみを取り上げてきました。
2016年が明けてすぐに、ナタリー・コールの訃報から始まり、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、モーリス・ホワイト、プリンス、トゥ-ツ・シールマンス、ロッド・テンパートン、カシーフそしてレオン・ラッセルと、ジャンルは違えども若い頃からいろんな意味で影響を受けた偉大なアーティストたちが次々と夜空の星となっていった、今まで経験したことのないような物悲しい一年でした。

whamそんなこともあり、今回は気分を一新して、あらゆる世代にとって身近なクリスマス・ソングの比較的新しいスタンダード作品とも言える、Wham!(ワム!)時代の George Michael(ジョージ・マイケル)の作品Last Christmas (ラスト・クリスマス)』を取り上げることにしました。
ジョージ・マイケルは当ブログでも何度も取り上げているくらい、僕にとってはとてもフェイバリットなアーティストで、ヴォーカリストとしてもソング・ライターとしても大変豊かな才能に恵まれた稀有な存在です。(ぜひとも過去記事をご参照ください)

1984年にリリースされてから30数年が経過し、クリスマスが近づけば世界中の街角のあちこちからでも聴こえてくるほど、今ではポピュラーな『Last Christmas』ですが、プロ・アマ問わず、そしてジャンル・カテゴリー・国・言語をも飛び越え、本当に世界中の多くのアーティストたちによってカヴァーされ続けているのは皆さんもよくご存知だと思います。[懐かしのオリジナルPVはこちら]
クラシック然り、JAZZなどの「スタンダード」と称される作品群がそうであるように、オリジナル(原曲)の持つ素晴らしさがあってこそ、後世に残り歌い継がれてゆくわけですね。さて、今年はどの程度のカヴァー作品をご紹介できるか分かりませんが、クリスマスまでの期間限定ではございますが、温かい珈琲でも片手にごゆるりとお楽しみください。

では初回の『Last Christmas』Vol.1では、ジョージ・マイケル氏と同じ英国出身の男性シンガー Olly Murs(オリー・マーズ)による、大人っぽい落ち着いた印象のカヴァーをご紹介。
英国で大人気の新人発掘オーディションTV番組『The X Factor』で見出され、後にプロデビューした32歳。独特の声質とテクニックで一度聴いたらまた聴きたくなるような、安定感のあるヴォーカルが魅力的です。

 


Olly Murs – Last Christmas (Wham Cover) | Live

 

さて、次回以降も世界各地からのカヴァー・ヴァージョンをご紹介の予定です。乞うご期待。

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2015 Vol.5

なだかんだであっという間のクリスマス・イヴで、今年もあと残すところ一週間ですね。
もう今年で5年目を迎える Holiday Season 企画となってしまった、『Mellow なクリスマス・ソング』のコーナーですが、二年前からはクリスマス・ソングのスタンダード『Have Yourself A Merry Little Christmas』にフォーカスして、世界中の多くのアーティストたちのカヴァーを取り上げています。
個人的に厳選したものを取り上げてきた今年の特集も、いよいよ今回のVol.5が最終回となります。
 

Cover_i_will_follow-2015さて今年ご紹介する最後のカヴァー作品となりますが、Jeremy Camp(ジェレミー・キャンプ)は米国内でいわゆる「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック」と呼ばれるカテゴリーのロック分野で活躍するアーティストです。
いくらクリスマスの行事が世界的になった現代とはいえ、もともと宗教的な文化圏が異なる日本やアジア圏内においては、とても馴染みの薄いある意味限定的な音楽カテゴリーの一種といえるかもしれません。SOUL/R&B/BLUES等の黒人音楽の延長線上にある「ゴスペル・ミュージック」などは、日本においても意外と身近であったりするものの、反面キリスト教信仰に関係した事柄や歌詞に重点を置いたポピュラー音楽の分野でありながらも「クリスチャン・ポップ・ロック」は、ほとんど日本国内においては知られることは稀でしょう。

話をアーティストに戻しますが、現在この音楽カテゴリーの総本山的エリアとなっている米国テネシー州ナッシュヴィルをベースに活動中のジェレミーですが、現在37歳になるシンガー・ソングライターでありながら俳優もこなすなかなかのイケメンです。(ちなみに実父は牧師さんだそうです。)

 

Jeremy Camp - JC_Christmas_Cover
彼が3年前の2012年にリリースしたジャケット写真も素晴らしいクリスマス・アルバム『Christmas: God With Us』に収録された『Have Yourself A Merry Little Christmas』は、リリース当時YouTubeで初めて聴いた際とても感銘を受け「紹介しなくちゃ・・」と思いながらも、当時は Mellows (店舗)をCLOSEした直後でやらなければならない事後処理が山積していたこともあり、残念ながら紹介できずにおりました。

 


Jeremy Camp / “Have Yourself A Merry Little Christmas”
(album: Christmas: God With Us – 2012)

 

弦楽器を中心とした穏やかで静かなアレンジの中に感じさせる荘厳な雰囲気は、さすがにこの分野のアーティストならではの説得力というか訴求力を感じざるを得ません。

それでは、皆さんに MERRY CHRISTMAS !

 

Xmas-card
 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2015 Vol.4

ここ数日の寒波到来で、なんだか急に真冬らしくなってきた日本列島です。
さて、5シーズン目の企画となった『Mellow なクリスマス・ソング』のコーナーですが、二年前からはクリスマス・ソングのスタンダード『Have Yourself A Merry Little Christmas』にフォーカスして、世界中の多くのアーティストたちのカヴァーを取り上げています。
今年のVol.4となるカヴァー作品は、英国からのご紹介です。
 

40代後半から50代の洋楽好きの方であればご存知だと思いますが、Tracey Thorn(トレイシー・ソーン)は相方の Ben Watt(ベン・ワット)とコンビを組んでいた『Everything But the Girl』(エヴリシング・バット・ザ・ガール:EBTG)のヴォーカリストとして広く知られています。EBTGの主な活動期間は1982~2000年頃で、デビュー当時は母国UKをはじめ欧州でジワジワと人気が上昇傾向にあった、「ネオ・アコースティック」と総称されるカテゴリーを代表するデュオ・グループでした。彼らの生み出すシンプルで繊細なアコースティックサウンドへの人気は凄まじく、僕個人も想い入れが大きく当ブログ内でも幾つかの記事と楽曲の紹介をしています。
 
グループ解散後の二人は、デビュー当時のサウンドとはまったく異なった方向性に活路を見出し、活動中期頃から徐々に僕個人としてはちょっと苦手なエレクトロ・ポップ~ラウンジ・ミュージックへと、足場を移していくのでした。
再結成や過去の路線の復活をノスタルジックに期待するファンも多いなか、「以前からクリスマス・アルバムをリリースしたかった」というトレイシーが、3年前(2012年)に突如発表したのが『Tinsel And Lights (ティンセル・アンド・ライツ)』です。

 

Tracey Thorn Tinsel And Lights small


Tracey Thorn / “Have Yourself A Merry Little Christmas”
(album: Tinsel And Lights – 2012)

アルバム中で、いわゆるクリスマス・スタンダードと呼べる目立った作品は「Have Yourself A Merry Little Christmas」くらいのもので、やはりトレイシーほどのアーティストでもこの作品を歌ってみたかったのかと思うと、なぜだか妙に納得がいく気がします。それだけシンプルで美しい楽曲だということなんでしょう。