Search Results for: Howard Hewett

Mellow Tunes ~ Vol.161【Brian Culbertson ft. Howard Hewett】】

いつもご訪問ありがとうございます。
数日間暖かい日が続いたら、また冬へ逆戻り。文字通りの「三寒四温」を繰り返し、春を迎えるのは例年の習いですね。毎年この時期に感じることではありますが、地球と自然界のリズムとは、まるで機械仕掛けのように正確なのでは、ということです。
近隣の公園では、梅はもう八分咲きで、気の早い「河津桜」に至ってはもう満開です。自然の営みには、いつもびっくりさせられます。

 

 

当サイトでは、もう何度取り上げているか分からないほど、Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)という歴史的な大物プロデューサーが、20世紀における「BLACK MUSIC」(R&B/Soul/Funk/Jazz)のみならずポピュラー・ミュージックにも多大な影響を与えたのは、もはや説明は不要ですね。(ご興味のある方はリンクをご参照ください)
そのクインシーが、1989年にリリースした名盤『Back on the Block』に収録され、アルバムのラストを飾る『The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)』は、もはや Mellowness の究極のカタチと表現してまったく差し支えのない楽曲として、21世紀の現代でも燦然と光り輝く存在です。
下記の通り、ソング・ライティングはもちろんのこと、ヴォーカル・パフォーマンスを披露するメンバーのラインナップも尋常ではなく、それは当時のファースト・クラスのアーティストの面々が、御大クインシーの下に集い完成させるに至り、20世紀の世に出た「傑作」として今後も永久に語り継がれていくであろう楽曲です。作曲には、永らくクインシーの文字通り「右腕」だった、Rod Temperton の名前も当然の如くクレジットされています。

Personnel:

Songwriters:
Quincy Jones, Rod Temperton, Siedah Garrett and El DeBarge

Barry White – Lead Vocals
Al B. Sure! – Lead Vocals, Background Vocals
Siedah Garrett – Background Vocals
El DeBarge – Lead Vocals, Background Vocals
James Ingram – Lead Vocals
Jerry Hey – Arranger
Steve Lukather – Guitar
Neil Stubenhaus – Bass guitar
John Robinson – Drums
Bruce Swedien – Recording Engineer, Mixing, Kick & Snare Drums
Bill Summers — hindewhu
Greg Phillinganes – Fender Rhodes
Larry Williams – Keyboards, Synth Programming
Rod Temperton – Arranger
Quincy Jones – Arranger

 

いやはや恐ろしいくらいの陣容ですが、この作品のカヴァーに果敢にチャレンジしたのが、このサイトでも何度も取り上げている、スムーズ・ジャズ界きってのメロウなキーボーディストの「Brian Culbertson」です。元 SHALAMAR(シャラマー)のリーダー Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)をゲスト・ヴォーカリストに迎え、それはそれはクインシーのオリジナルに負けないくらいの、素晴らしく上質なカヴァーに仕上げました。
ブライアンの1999年にリリースされたアルバム「Somethin’ Bout Love」には、Instrumental のヴァージョンも併せて収録されております。どちらも、大変な力作のカヴァーとなっていますね。

 

Brian Culbertson ft. Howard Hewett – “The Secret Garden”
(album: Somethin’ Bout Love – 1999)
 

 

 

Quincy Jones のオリジナル・ヴァージョンはこちら。


“The Secret Garden” – Quincy Jones, Barry White, James Ingram,
Al B. Sure, El Debarge

(album: Back on the Block – 1989)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.152【Howard Hewett】

いつもご訪問ありがとうございます。
寒い日が続きますね。「大寒」に入ってからというもの、この冬は昔ながらの「暦」通りの気候となっています。極端な異常気象現象も困りますが、「地球温暖化阻止」が叫ばれる中、これは決して悪い傾向ではないのかもしれません。
関東地方でも、日陰の道などには、気温が低くて凍ったままの、先日の雪の名残りをあちこちでみつけることができます。

 

 

 

近隣の湖岸沿いの公園を夕暮れ時に散歩してみれば、いつも以上にきりっと冷えた真冬の北風が吹き、その強風に流されちぎれちぎれ足早に去ってゆく雲が織り成す真冬の空模様は、言葉では表現できない独特の美しさがあります。

 

 

こんな寒い日が続く時には、やはり一昔前の「Heart Warming」な「Slow Jam」なんかがうってつけです。先般「Mellow Tunes ~ Vol.149【Stanley Clarke】」の回に取り上げた、『Howard Hewett』(ハワード・ヒューイット)は、醸し出す「男の色気」だとか「メロウネス」という意味では、なかなかこの人に代わるようなタレントが、いまだ出現してこないような気がしています。1955年生まれで今年で63歳となるハワードは、80年代に Disco/Funk/R&B系の米国の超人気バンド「Shalamar」(シャラマー)のリーダーであり、Jody Watley(ジョディ・ワトリー)との男女混声ツイン・リード・ヴォーカルのスタイルで、まさに一時代を築いたヴォーカリストです。(詳細はこちらへ) 時代は2020年を間近に控えているというのに、ハワード以外のアーティストでは、こんな独自のヴォーカル・スタイルで歌う人はなかなか見つからず、まさに「One & Only」な稀有なヴォーカリストのひとりです。

 


Howard Hewett – “Show Me”
(album: Howard Hewett – 1990)

 

誰でもそうですが、加齢と共に押し寄せるウェイト・オーヴァーが気になりますが、現在もハワードはライブを中心に活動を続けていて、また「Smooth Jazz」系のアーティストからの客演の依頼が相変わらず多いんでしょうか、最近ではこんなサックス奏者とのコラボなどもこなしているようです。
かつては「FUSION」と呼ばれていたカテゴリーのミュージシャンにとっては、決して出しゃばらずに「花を添える」ようなハワードのヴォーカルは、多くのインストゥルメンタルな楽曲を扱うアーティストにとって、とても頼り甲斐のあるヴォーカリストなんでしょうね。前回の記事で紹介したスタンリー・クラークも、そんなことを動画の中で語ってました。「メロウネス」には更に磨きがかかり、「やっぱり凄いわ、この人」と思わず唸ってしまいます。まだまだ後継者が見つかっていないと思うので、ぜひとも現役を続けて欲しいものです。

 

Hulon ft. Howard Hewett – “Two In The Morning”
(album: After Hours – 2012)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.149【Stanley Clarke】

新年が明け、帰省ピークの直後で、早すぎる「成人の日」に合わせた三連休の到来で、いまだに仕事モードへ戻れない方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。「成人の日」は一月の真ん中と、体に染み付いた年代層の僕などは、政府の祝日制定に対してもう疑問だらけです。
さて、日本国民の民族大移動も終わり、いよいよ学校が再開されると、きまって「流感」のシーズン到来です。皆様におかれましても、どうぞお身体ご自愛ください。

2018年になって最初の「Mellow Tunes」となる今回ですが、今年もこれまで同様に時代やリリース時期、そしてカテゴリーにも一切囚われることのない自由気ままな選曲で、ゆるゆるとやっていこうと思っていますので、そのつもりで皆さんお付き合いください。

 

1951年生まれで現在66歳の Stanley Clarke(スタンリー・クラーク)ですが、1970年代になって世に出た当初は、「FUSION」というカテゴリーの呼称がまだ一般的でなく『クロス・オーヴァー』なんて表現されていた時代、Chick Corea (チック・コリア)と組んだバンド「Return To Forever」で世界中にいわゆる「FUSION」ブームを巻き起こした張本人でもあります。いまや世界一のベーシストと称される、早熟な天才 Marcus Miller(マーカス・ミラー)が台頭してくる、少し前の時代の話ですね。ウッド・ベースによるスタンダードなJAZZはもちろん、エレキ・ベースに持ち替えれば、早い時期からのスラップ奏法やギターのようなコード・ストロークが持ち味で、とにかく当時は「斬新」という表現がぴったりのベース職人でした。後にコンビを組むことになる故人の George Duke(ジョージ・デューク)とは、“Clarke/Duke Project” として、1980-90年代にかけて3作ほどアルバムをリリースし、リリースの度に世界中のFUSIONファンに話題を提供し続けたものでした。

今回ご紹介する『Heaven Sent You』は、スタンリーが絶頂期の1984年にリリースしたアルバム「Time Exposure」からの代表作で、ゲスト・ヴォーカリストには当時やはり大人気だった SHALAMAR(シャラマー)のリーダー Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)を起用した、 Mellow Funk な大人の雰囲気が香り漂う名曲です。

 

 


Stanley Clarke – “Heaven Sent” (Ft.Howard Hewitt & George Duke)
(album: Time Exposure -1984)

 

そしてこちらは、スタンリー/ジョージ/ハワードが三人揃って久々にチャンレンジした同作品ですが、2013年に逝去したジョージとだいぶウェイトが増加してしまったハワードの様子から、おそらく5~6年前に収録された映像ではないかと思われます。演奏後に「俺たちまだやれるぜ」と語り合い互いをリスペクトする様子が、今となっては大変貴重な映像です。いつも思うのですが、やはり一時代を築いたアーティストとは、そういうものなんだと、改めて見直すことが多々あります。

 


George Duke, Stanley Clarke and Howard Hewett – Heaven Sent You

 

「34年も前」の作品ですが、今の時代に聴いても、とても新鮮に聴こえませんか。こういった大人向けの音楽は、現代ではなかなか耳にする機会が本当に少なくなりました。
そんな価値ある作品群を、今年もいろいろと掘り起こしながらご紹介していければと考えています。

 
Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)がスタンリーのアルバムへ客演したものには、こんな作品もありましたね。ハワードのヴォーカル・スタイルと声質に起因するところが大ですが、その「mellowness」ぶりには脱帽ものです。


Stanley Clarke – “Fantasy Love” (Ft.Howard Hewitt)
(album: East River Drive – 1993)

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

AC Tunes ~ Vol.37【土岐麻子 ~ Shalamar】

あまりいい表現ではありませんが、「なんだよこのクソ暑さは‥」と毎日無意識にボヤいているうちに、暦はあっという間に【8月】に突入してしまいました。ついこのあいだ年が明けたかと思えば、もう今年も残すところ5ヶ月をきってしまったわけです。どんどん時の経過が早くなっていくと感じるのは、「やっぱり歳を取ったから」と、同年代の皆さんは口を揃えてそう言います。確かに70~80年代のサウンドがやけに恋しくなるのも、もしかしたらどこかそれと似たような感覚なのかもしれません。

 

toki asako現代の大人の国内女性シンガー代表と言ってもよい「土岐麻子」さんの7/29にリリースされたばかりの新曲『セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~』が、この頃よくFMラジオでかかっているのを耳にする機会が多くなってきました。今年で39歳になる彼女の声質やヴォーカル・スタイルに完璧にマッチした80年代をモチーフにした本作品は、なんだかとても懐かしさと愛おしさを憶えるサウンドで満たされており、彼女の作品をすべて聴いているわけではないとはいえ、おそらく今後彼女の代表作として永遠に語り継がれていくのだろうと思えるほどの素晴らしい作品となっています。そしてこの暑い季節に聴く彼女の声は、一服の清涼剤のようでとても心地よく耳に届きます。
PVが所属のavexから公開されており、二人の「オネエ」を両脇に携え歌い踊るPVの内容もとても良い出来で、歌詞にも登場する「今宵リクエストは、シャラマー(Shalamar)」という一節に、80年代当時の音楽ムーブメントを知る世代にとっては涙モンのキー・ワードも多数挿入されており、「ウーン、よく分かってるな~この人」と唸ってしまいそうになります。

まあまずはとにかく、その心地よい80’sの世界にどうぞ。何度もリプレイしてしまうかも。

 


土岐麻子 / 「セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~」PV from avex

 

ちなみに彼女のお父上は、当ブログ記事でも何度か取り上げたこともある国内では屈指のSAX奏者であり、日本が世界に誇ったあの伝説のFUSIONバンド『Chickenshack(チキン・シャック)』 のリーダーでもある「土岐英史」氏であることは、よく知られた事実です。興味のある方はぜひ過去記事をご覧ください。親子でJAZZのアルバムもリリースしてますが、やはり血は水より濃いということなのでしょう。

そして歌詞に登場する「シャラマー(Shalamar)」ですが、主に80年代世界中を席巻したDisco/Funk/R&B系の米国の超人気バンドでありました。Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)と Jody Watley(ジョディ・ワトリー)の男女ツイン・ヴォーカルにダンサー兼コーラスの Jeffrey Daniel(ジェフリー・ダニエル)による3人のグループ構成で、ジョディとジェフリーはもともとはあの有名なブラック・ミュージック専門番組『Soul Train』のレギュラー・ダンサーであったこともあり、ユニットとしてのパフォーマンスには大変評価が高かった印象があります。
解散後はそれぞれソロでも大成功を収めていて、特にダンサーのジェフリーはあのマイケル・ジャクソン「MOON WALK」をはじめ多くのダンス技術を伝授し、後のマイケルのダンス・パフォーマンスだけでなく、手袋・ジャケット等の衣装などにも多大な影響を与えた天才ダンサーとして、マイケル亡き後も語り継がれています。「Beat It / Bad /  Smooth Criminal」等マイケルの伝説のPVの数々に、振付師兼ダンサーとして自らも出演しているのは言うまでもありません。

ではそんな「シャラマー(Shalamar)」による、多くのカヴァーを生んだ伝説的ダンス・クラッシック作品の『A Night To Remember』をご紹介しましょう。土岐さんの『セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~』の中で出てくる「Get Ready Tonight」だとか「待っているわ、私がいちばん輝ける曲よ」「大人の女は惑うことなく踊れるキラー・チューン」と歌っているのが、そうこの曲であることはほぼ間違いないでしょう。(後日歌詞を確認したところ、この曲のタイトル歌ってましたね。これは失礼しました)

 


Shalamar / “A Night To Remember” (album: Friends – 1982)

 

そしておまけは、ダンサーのジェフリーがマイケルにどれだけの影響を与えたかを比較編集した動画を投稿してる方がいましたので、そちらもどうぞ。どれもジェフリーが既にやっていたという事実は、大変興味深いものがありますよ。


Jeffrey Daniel & Michael Jackson