Search Results for: Ronald Isley

Mellow Tunes ~ Vol.212【R. Kelly】

「米R&B歌手のR・ケリー容疑者が、加重性的虐待10件の罪で、起訴された」

「そう遠くはないだろう」というおぼろげな憶測はあったけれど、今日になってWebのニュースが、その事実を伝えていた。

 

 

「R&B」を聴き始めて間もない若い世代の人たちにはあまりピンと来ないかもしれないけれど、1993年にアルバム『12 Play』でソロデビューして以来、90年代中期~2000年代前半にかけての全盛期はもちろんのこと、「R. Kelly」というシカゴ出身の男が「R&B/Soul」といった「Black Music」というカテゴリーに与えた影響は甚大であり、その功績は本当に計り知れない。そう、彼は稀代のメロディ・メーカーであり、また同時に偉大なプロデューサーでもあり、紛れもない「天才」アーティストの一人であることに、疑う余地はまったくない。

起訴された内容がセンシティブな案件だけに、どうコメントしていいのか、逡巡を繰り返すのみだ。
ただ一つだけはっきりと言えることは、彼によってこの世に放たれた多くの偉大な音楽作品たち、それは本人名義の作品であれ、彼がプロデュースにあたった他の多くのアーティストの作品であれ、「楽曲や作品に罪はない」と、僕自身としては、罪とは切り離して考えたいし、またそうあるべきだと思っている。それは今は亡き「Michael Jackson」(マイケル・ジャクソン)の、一連の騒動のときもそうだった。

10年以上前のことだけれど、R&B界のボス「Ronald Isley」(ロナルド・アイズレー)が脱税の罪で投獄され、3年ほど服役したことがあった。愛すべき「ロン」が出所するまでの間、ずっと彼の音楽を聴き続けひたすら新譜のリリースを待ったファンたちが、自分を含め世界中に沢山いたはずだ。その溢れ出る才能ゆえ、「ロナルド」の後継者の筆頭として常に名前が挙がる「R. Kelly」だけに、国家法に基づく社会的な制裁は免れることはできないだろうし、また罪は償わなければならない。とはいえ、彼の「音楽」そのものや「功績」を否定したり、プロデュースをしてもらった恩義を忘れ、自らの保身だけを考え、大衆に迎合するかのようなコメントを出しているような姑息なアーティストたちには、正直なところあまりシンパシーを感じることはない。インターネットや携帯端末の普及に伴うSNSの隆盛を見るにつけ、いつのまにかとても「窮屈な時代」になったものだと思う。

彼がいつの日か、また世の人々を圧倒するような「美しいメロディ」で溢れた作品をリリースしてくれることを、僕自身は心より期待している。なぜなら、彼の創り出すメロウな作品群が、ただ好きだから。

 


R.kelly – “For you”
(album: 12 Play – 1993)

 


Ronald Isley – “I Need You”
(album: Mr. I – 2010)

 

 

 

MOMIJI 通信 ~ Vol.2【2018】

いつもご訪問ありがとうございます。
今日は少し暖かい「小春日和」でしたが、朝晩と日中の寒暖差は、もう「初冬」を思わせる11月の終わりですね。今年もあと一ヶ月だなんて、時間が過ぎ去るのが早すぎます。

さて、四日ほど前にUPした今年最初で最後の「MOMIJI 通信【2018】」でしたが、ここ数日の寒暖差で、また一段と我が家のモミジたちの紅葉が進み、さらに紅い衣装を纏った「Mellows」のシンボル・ツリーの「ヤマモミジ」が、あんまりにもキレイに紅く染まったので、『MOMIJI 通信 Vo.2』の更新となりました。結果としては、昨年と遜色ない紅葉ぶりで、おそらくこの2~3日が美しさのピークだと思われます。

 

 

「モミジ」たちの紅葉するのを毎年楽しみにしているウチの息子たちですが、この春から離れた土地で教員生活を送っている長男は、社会人一年生で忙しくなかなか帰って来れないので、「MOMIJI Gallery」をUPしてみました。珈琲でも淹れて、一息入れてくださいな。

 

久保田利伸 『So Beautiful』Short Ver.
(コーセー「エスプリーク 赤の季節」篇CMソング )
 

曲は11/28にCDがリリースされる、敬愛する「久保田利伸」氏のニューシングル『So Beautiful』
久々の本格的なバラッドで、R&B界の重鎮Ronald Isley (ロナルド・アイズレー)が歌っても何の違和感も感じないほどの、「Isley Manner」で満たされた美しさの際立つ仕上がりで、流石の域の仕事ぶりです。[Full Ver. はこちらの Official Site へ]

「赤の季節」。なんだか、いい表現ですね。『So Beautiful』でルージュにも負けない「紅い」モミジは、また来年に期待しましょう。

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017 Vol.6【R. Kelly】

世界の各地から、沢山の方々のご訪問ありがとうございます。
北半球にお住まいの方々におかれましては、寒い季節の到来ですので、お体ご自愛ください。一方、南半球の方々にとっては「真夏のクリスマス」なんですね。経験したことがないので、ちょっと不思議な感じですが。

ここ日本では「暦」の「二十四節気」の二十一番目、「大雪」も過ぎ、本格的な冬が近づいてきました。だからという理由ではありませんが、小生不摂生がたたり風邪をこじらせてしまい、なかなか重い咳が抜けずに参りました。こんな時こそ、上質の温かい処方箋 (音楽) が必要というものです。

 

 

冬の特別企画「Mellow なクリスマス・ソング」第六夜となる今回は、90年代のR&B界を席巻し、現在でもその影響力は増すばかりの、もはや現代の「King of R&B」と呼ばれるのに相応しい域まで達してしまった「R. Kelly」(アール・ケリー)の作品を取り上げます。R&BやSoulが好きな方なら、「R. Kelly」についての説明は敢えてする必要もないくらいの実績を積み上げてきているので、詳細については割愛いたします。ただひとつだけ断言できるのは、SOUL/R&B界における生きるレジェンドのひとりでもある「Ronald Isley」(ロナルド・アイズレー)の、正統な後継者と成り得るのは、やはりこの人しかいないだろうということです。この点については、もはや疑う余地もないでしょう。

そんな R. Kelly が昨年(2016年)にリリースした Holiday Album「12 Nights of Christmas」から、『Home For Christmas』をPick-Upしました。では、お楽しみください。

 


R. Kelly – “Home For Christmas” (Lyric Video)
(album: 12 Nights of Christmas – 2016)

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

MOMIJI 通信 【2016】

日一日と冬の足音が迫ってくるような季節となりました。
Mellows 店舗跡地から我が家の庭に移植した三本のモミジたちも、4年目の紅葉のシーズンを迎えており、なんとか少しずつですが成長しているような印象です。最低気温が10度を切るようになると、一気に色付きが進み、その後はあっという間に落葉してしまうので、ちょうど今が見頃となってきました。

 

05-momiji-2016

 

営業当時より大変気に掛けてくださっているお客様も多く、今年最初で最後の「MOMIJI 通信 – 2016」のご案内です。昨シーズンは病気にやられてしまって葉の形もよくなく、多くの葉が早い段階で枯れ落ちてしまうなどという状況にありました。今年は春が来る前に、お店のシンボルツリーだった六株立ちの「ヤマモミジ」と「コーナー席横にあった「コハウチワカエデ」の枯れてしまった枝の多くを思い切って剪定したこともあり、昨年よりは少し安定してきた様子が伺えます。枝が減った分だけ葉っぱの数も減ってしまったので、決して枝振りがよいとはいえないのですが、まずはちゃんと紅葉してくれて一安心といったところです。やはり、来期までにはプロに一度診てもらわないといけませんね。素人判断には限界ってものがあります。実在しないとはいえど、Mellows にとっても僕自身にとっても欠かすことのできないものですから。

 

13-momiji-2016

 

15-momiji-2016

 

 

ファイルが少々重いですが「ギャラリー」にしてみましたので、現在75歳となるR&B界の重鎮Ronald Isley (ロナルド・アイズレー)が69歳で発表したソロ・アルバム「Mr. I」より、とびきり Mellow な『I Need You』でも聴きながら、お楽しみください。
 
悲しいニュースの多かった2016年でしたが、Ronさんにはいつまでも頑張っていただきたいと切に願います。

 

Ronald Isley / “I Need You” (album: Mr. I – 2010)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.12 【比較論】

※久々に長編の音楽ネタとなりますので、ご注意下さい。 遠慮なく読み飛ばしていただいていいんですよ。(笑)

今年でもう84歳と、齢を重ねた天才メロディ・メーカーの Burt Bacharach(バート・バカラック)は、POPS はもちろん JAZZ のカテゴリーでも、ものすごい実績を持つ非常に稀有な音楽家(作曲家、編曲家、プロデュサー等々)として知られているのは、もはや有名なお話。そうですね、身近なアーティストで言えば、The Carpenters (カーペンターズ)なども取り上げたあの名曲「(They Long to Be) Close to You」の作曲者といえば分かりやすいでしょうか。

バカラックの作品は、世界的に見てもどの楽曲も普遍的な「スタンダード」なナンバーとして昇華しており、彼の音楽をカテゴライズ、つまりジャンル分けする際、POPS とも JAZZ とも区別できない、いわゆる「バカラックのメロディ」としか形容できない作品が多いと、僕自身は考えています。

そんな彼が次々に産み出した多くの名曲の中に、「The Look of Love」という作品があります。もともとは、英国出身の白人女性ソウルシンガーである Dusty Springfield (ダスティ・スプリングフィールド)に書き下ろした曲だとされていますが、現在に至るまで、どちらかというと Jazz のフィールドの多くのアーティストたちに、数え切れないほどカヴァーされ続けている楽曲です。

今回、三組のアーティストによる、それぞれの解釈でアレンジされた「The Look of Love」を、比較しながら聴いてもらいたいと思っています。

まずは正統派で、ルックス、ヴォーカル、ピアノのテクニックに至るまで非の打ちどころがないと言われる現代の JAZZ の歌姫、「Diana Krall (ダイアナ・クラール)」の、とっても Jazzy で大人な編曲の作品です。彼女のご主人があの「エルビス・コステロ」であることは有名ですが、先日ポール・マッカートニーが世に送り出した話題の JAZZ アルバム作品『Kisses On The Bottom』でも、彼女がピアノとバック・コーラスで参加していたことでもわかるように、その実力は折り紙つきです。僕は数年前に、彼女のアルバムを会社の後輩から教えてもらい、「ジュリー・ロンドンの生まれ変わりじゃないか!」と思わず叫んだくらい、ジュリー以来のハスキーな魅惑的なヴォーカルに驚いたことをはっきりと憶えています。


Diana Krall / “The Look of Love” (album: The Look of Love – 2001)

 

さてお次は、以前にもブログで一度紹介したことのある 「Chris Botti (クリス・ボッティ)」というジャズ・トランペッターがいますが、彼が2009年にボストンで行った、それはそれは錚々たる超大物ゲスト・ミュージシャンの数々とコラボレーションした一夜限りのライブの中で披露された、「The Look of Love」です。実は彼はこの楽曲をたいそう好んでいるようで、過去にも数人のゲストを招いてアルバムに残しているくらいなんですね。そして今回のゲスト・ヴォーカリストとして迎えられたのは、「Sy Smith (サイ・スミス)」という R&B 黒人女性シンガーでした。彼女は、過去に 「The Brand New Heavies」というグループに参加していた時期もあるので、声に聴き覚えのある方もいるかもしれません。
とにもかくにも、R&B系のアーティストが演じるとこうなるといった、まったく印象の異なる作品へと変貌を遂げているのが興味をそそられます。途中、スキャットでクリスのホーンとの掛け合いを演じますが、タイトなリズムとグルーブ感といい、その様が圧巻です。さすがのバカラックも、これには驚いたかもしれません。
参考までに、この曲以外にも素晴らしいコラボレーションの演奏がもうてんこ盛りですので、CDとDVDがセットになってるものもありますので、ぜひこのライブ作品はお手にとってご覧になっていただきたいものです。


Chris Botti (feat. Sy Smith) / “The Look of Love” (album: Chris Botti in Boston – 2009)

 

そして最後にご紹介するのが、バート・バカラック本人と、あの Soul / R&B 界の重鎮、Isley Brothers の Ronald Isley (ロナルド・アイズレー)がコラボレーションして世に送り出された奇跡のアルバム、「Here I Am: Ron Isley Sings Burt Bacharach」から、バカラック本人がピアノを弾き、ロンがバカラック・メロディの数々を切々と謳い上げるといった、まさにお宝的な内容のアルバムとなっております。この作品に中では、前述の The Carpenters (カーペンターズ)なども取り上げたあの名曲「(They Long to Be) Close to You」なども演じておりますので、要チェックですよ。
しかしまあ、シルクのような肌触りとでも表現するしかないような、Smooth なヴォーカルと編曲に脱帽ものです。本当に「宝物」のような二人です。


Ronald Isley/Burt Bacharach / “The Look of Love”
(album: Here I Am: Ron Isley Sings Burt Bacharach – 2003)

さてさて、久々に長編の Mellow Tunes でしたが、どんなに忙しくても、やっぱり音楽ネタは別なんですねぇ。
好きこそ物の何とやらとは言いますが、そんなものなのかもしれません。

※コメントなど頂戴できると嬉しく思います。よろしくお願いします。

 

寒い夜にはこれなんか

ブログ開設以来、旅日記をまとめるのにやたらと時間が掛かってしまい、肝心の音楽の紹介をするのがすっかり遅れてしまいました。

今日は、記念すべき第一弾として、現在最も好んで聞いている Mellow な1曲を紹介します。

もう Soul や R&B 好きの方には説明不要だと思いますが、息の長いグループ ” The Isley Brothers featuring Ronald Isley ” が2006年に Release した ” Baby Makin’ Music ” から、メロウなバラッド ” Just Came Here to Chill ” を紹介します。

この寒い季節にはぴったりの、心がほっこりと暖かくなってくる美しいハーモニーを、温かい飲み物でもお酒でも楽しみながら、ゆったりと聞いていただきたいものです。

 

51kyFSWBdkL__SL500_AA300_.jpg


The Isley Brothers feat. Ronald Isley / “Just Came Here to Chill”
[Hosted by YouTube]