Category Archives: “優しい音色” series

優しい音色 Vol.27 【最終章へ】

先週末の「夜CAFE」のイベントが無事に終わり、なんだかすこし脱力感に襲われながらも、最後の営業となる今週末に向けて、いつもと変わらずあれこれと準備をしています。

 

カウンター越しに見える葉っぱの色付いた「カクレミノ」

 

毎日珈琲を淹れながらぼんやりと眺めた、カウンター越しの風景もいよいよ見納めとなりますね。

そして、しばらく続いたこの「優しい音色」を紹介してきたシリーズも、そろそろ一旦区切りをつけるためにこれを最終UPDATEにしようかと思います。

 

最後の一枚となりました

 

これまで店内に額装してディスプレイしてあるアルバムから、何かしら一曲は紹介してきました。今日は、最後の10枚目のアルバムとなる J.D.Souther (J.D.サウザー)『You’re Only Lonely』 から、【The Last In Love】という曲を紹介したいと思います。

40代後半より上の世代の方なら、一度は夢中になったことがあると思いますが、70年代から80年代にかけて一世を風靡した米国は西海岸発の West Coast Sound の中でも、とりわけ有名なのが THE EAGLES(イーグルス)ですが、また彼らをサポートしていた有能な数多くのミュージシャンの一人が、今回紹介する J.D.Souther でした。イーグルスの「6番目のメンバー」とまで言われたこの人の生み出す作品は、ロック色の強いものからバラッドに至るまで、それはシンプルで心を打つ曲が多かったと思います。日本国内でも主に80年代に大変なムーブメントとなった A.O.R.(Adult Oriented Rock)という「大人向けの洗練されたROCK」の路線を打ち出しリリースされた数多くのアーティストのアルバムの中でも、本作はその最高傑作などとよく紹介されているようですが、多くの僕と同世代の方が感じているように、実際聴いてみるとA.O.Rというよりは、ストレートでシンプルな West Coast 的な ROCK のアルバムだと言えます。

この曲を初めて聴いたのが、高校二年生の修学旅行で、新幹線で山口県の萩に向かう車中のことでした。当時仲のよかったちょっとボンボンの友達が自慢げに持参した、あの世界を驚かせた発売当初のカセットテープ式のSONY初代WALKMANに、このアルバムが収めてありました。一曲目のアルバムタイトル曲の楽曲の出来もさることながら、初めて耳にしたそのヘッドフォンを通して聴く「クリアな音」に驚愕したのを、今でもはっきりと記憶しています。そして、ものすごいスピードで消え去っていく車窓からの風景が、まるでスローモーションのように感じられるほど、美しくもはかない、でもとびきり優しいバラッド。それが【The Last In Love】でした。
ソングライティングは、本人と盟友イーグルスの Glenn Frey(グレン・フライ)との共作です。
心にじわじわと染み入るような Vocal は、「いいものは、いつの時代も変わらない」といった、不変のダンディズムを感じてなりません。

 
jds

J.D.Souther / “The Last In Love” (album: You’re Only Lonely – 1979)

 

※ cafe Mellows の営業は、11/25までの金・土・日の週末となります。ご来店の際は、ご注意くださいませ。

優しい音色 Vol.26 【晩秋の気配】

昨夜から降り続いた雨も、午後になりようやく上がりそうな気配。
雨降りは風情があって子供の頃から嫌いじゃないけど、酷暑を乗り越えて頑張って残った「もみじ」の葉っぱたちを散らしてしまうんじゃないかと、なんだか気持ちが落ち着かない。

 

秋の窓辺から

 

ようやく色づいてきました

 

今日から、そろそろイベントに向けてちょっとずつ準備をしないと。
そんなわけで、今日はCLOSE中のお店のキッチンであれこれと作業中。

作業中の今、ちょっと大き目の音量で流しているのは、ここ最近帰宅後に眠りに落ちる頃にiPodから掛かっている、世界的なチェリストの Yo-Yo Ma (ヨーヨー・マ)が演奏する Ennio Morricone (エンニオ・モリコーネ)作品を集めたアルバム。コッポラ監督の映画『ゴッド・ファーザー』の『愛のテーマ』で有名なニーノ・ロータなどもそうですが、モリコーネらイタリア人の偉大な作曲家が紡ぎだす音楽は絵画的でもあり、こんな秋も深まった頃に、聴く者の心にしみじみと優しく響いてきます。
昨日の夕べ降り出したばかりの雨の中飛び込んでいらした、モリコーネが大好きだとおっしゃるご常連の写真家の先生と、そんな他愛もない話を短い時間でしたが、語り合いました。モリコーネを iPod で聴きながらシャッターを切ることも多いそうで、改めてフォト・ブログを拝見していくと「なるほど、どおりで」と納得でした。

 

どれも素晴らしいのですが、僕にとっては思い出深いセルジオ・レオーネ監督の映画『Once Upon A Time In America』の中から、『Deborah’s Theme』を紹介します。


Yo-Yo Ma & Ennio Morricone / “Deborah’s Theme”
(album: Yo-Yo Ma Plays Ennnio Morricone – 2003)

ひたひたと、晩秋の気配が

※ cafe Mellows の営業は、11/25までの金・土・日の週末となります。ご来店の際は、ご注意くださいませ。

 

 

優しい音色 Vol.25 【レコジャケに魅せられて】

今日はなんだかちょっと暖かな日でした。

明日・金曜日からの週末営業に向けて、ベイクドチーズケーキの焼き上がりを待ちながら、店内の壁にディスプレイしてあるレコードジャケットをぼんやりと眺めていました。

「あっ、そういえばハービーの紹介してなかったっけ…」とちょっと焦りました。
これまで音楽ネタ記事内で、OPEN 当初より変わることなく額装して飾ってある作品については、ほとんど紹介したつもりでしたが、改めて確認するとこちらを含めて二人のアーティストの作品がまだだったのに、今頃になって気付きました。

 

店内でいつも夕日に映える美しいジャケットが印象的でした
モデルがハービーご夫妻本人というのがまた素晴らしい

 

そんなわけで、今回はレコード・ジャケットと同様に内容も素晴らしい作品、Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)の1968年にリリースされた彼の代表作、“Speak Like a Child” を紹介します。

この作品やアルバムについての論評は、評論家の皆さんにおまかせするとして、僕自身はこの時代に彼のやった音作りが、後の Steely Dan (スティーリー・ダン)や Donald Fagen (ドナルド・フェイゲン)らRock系アーティストのJazz 寄りの作品において、ホーン・セクションの使い方などがはっきりとしたカタチで影響を及ぼしているのが、とても印象的に思っています。ハービーのピアノを引き立てるためのホーンセクションであり、ソロをとらないところなど、そこが凄いと、いつも聴くたびに感心してしまいます。僕はどっちかというと、彼のもう一つの代表作である『Maiden Voyage (邦題:処女航海)』よりも、こっちの方がが好きですねぇ。

 


Herbie Hancock / “Speak Like a Child” (album: “Speak Like a Child” – 1968)

 

※ cafe Mellows の営業は、11/25までの金・土・日の週末となります。ご来店の際は、ご注意くださいませ。

 

 

優しい音色 Vol.24 【マフィンを焼きながら】

今日は朝から秋の冷たい雨が降り続いています。
よく考えたら、しばらく振りの雨なのかな、たぶん...

 

November Rain

 

11月になって月曜から木曜までお休みをいただいているので、今日は午後からお店に入り、せっせせっせと今度のイベントで唯一ご提供予定のスウィーツ『Mellows 特製マフィン』の試作品を焼いております。ご自分でお菓子作りをする人ならご存知だと思いますが、マフィンの生地っていうのはかなりしっかりしてて重さがあって、こねるのに結構大変なんです。なので、痛めている指や手首に負担が掛かるという理由で、ここ数ヶ月お店で提供できなかったわけです。楽しみにご来店いただいたお客様には申し訳ありませんでした。

マフィンが焼けるのを待ちながら久々に聴く Billy Joel(ビリー・ジョエル)は、ブラインド越しに見える雨の風景と相まって、ちょっと郷愁を感じちゃいますね。

 

『Just The Way You Are(邦題:素顔のままで)』

そう、何も変える必要なんてない  そのままで そのままで  自分らしく ありのままで

中学生の時からずっと自分を支え続けてくれた大切な曲。
やっぱり、いいものは永久に不滅。Mellows も、せめて記憶の中ではそうあり続けたい。


Billy Joel / Just The Way You Are (album: The Stranger – 1977)

 

 

※ cafe Mellows の営業は、11/25までの金・土・日の週末となります。ご来店の際は、ご注意くださいませ。

 

優しい音色 Vol.23 【lyricalな響き】

「優しい音色」シリーズも、過去に大変お世話になった方にご不幸があった直後から一度も更新ができずにいましたが、季節も移ろい少し気持ちに整理がつきましたので再開します。

 

The Melody At Night With you

“The Melody At Night, With You”

 

先日、おひとりでよくお店にいらっしゃる写真家の先生と、Keith Jarrett(キース・ジャレット)と Bill Evans(ビル・エヴァンス)のことですこし話をしました。先生もご自身のブログで時折触れていらっしゃいますが、その際話題となった沢山発表されているキースのアルバムのなかでも、シンプルでいてナチュラルなピアノソロ作品『The Melody At Night, With You』から、多くのアーティストが取り上げてきたスタンダード・ナンバーで『I Loves you Pogy』を紹介したいと思います。

参考までに、なぜ「Love」ではなく「Loves」と「s」が付くのかには諸説あるようで、ひとつにはこの曲が書かれたジョージ・ガーシュイン作の『ポーギーとベス』(Porgy and Bess)のキャスト全員が黒人によるフォーク・オペラであり、1920年代初頭の米国において好景気に沸く生活とは無縁の南部の黒人居住区に住む貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いた作品であったため、教育の機会を与えられなかった黒人たちの日常会話をリアルに再現するための表現方法だったとの説があるようです。

まあそんなことよりも、この楽曲もそうですがジョージ・ガーシュイン作曲の作品にしばしば見ることができるあまりに lyrical(叙情的)な響きと美しさは、ピアノ・ソロで最大の魅力を発揮することを、キース・ジャレットの演奏を通して再認識することができます。
『The Melody At Night, With You』は、 キースが慢性疲労症候群という病気でしばらく活動を休止してからの1998年にリリースされた復活作であり、看病にあたった最愛の妻へ向けた、自宅で録音した珠玉のバラッド集として有名です。ぜひアルバムを通して聴いていただきたい作品です。

 


Keith Jarrett / I loves you, Porgy (album: The Melody At Night, With You – 1998)

 

そして、僕の大好きな Bill Evans がトリオで演奏している作品も素晴らしいので、二人のピアニストの表現の違いなどを聴き比べてみるのもいいかもしれません。

Complete Village Vanguard Recordings 1961


Bill Evans Trio / Porgy (I Loves You, Porgy)   (album: Complete Village Vanguard Recordings 1961)

 

※ cafe Mellows の営業は、11/25までの金・土・日の週末となります。ご来店の際は、ご注意くださいませ。

 

 

優しい音色 Vol.22【秋の夜風編】

日中はまだまだ厳しい残暑が続いていますが、日も暮れて夜風が吹き出す頃になれば、もうすぐそこに初秋の気配が。

夏が好きな皆さんには申し訳ないですが、自分が大の夏嫌いということもあり、これほど暑さに苦しめられた季節のことはもう忘れたいので、今日はまるで秋風のような優しい音色のギター弾きの一曲をご紹介します。

Norman Brown (ノーマン・ブラウン) は以前にも一度紹介していますが、彼はジョージ・ベンソンのフォロアーとして最も世界的にも有名な、メロウなギター弾きです。残念ですが、米国内ではビッグ・ネームですが、日本ではほとんど無名に近い存在といえます。
今日紹介するのは、こちら “Let’s Wait Awhile” 。オリジナルはあの Janet Jackson (ジャネット・ジャクソン)の3rdアルバム「Control」(1986)に収録されてますが、リリース以降楽曲の良さからカテゴリーを問わず、たいへん多くのアーティストによってカヴァーされている曲ですね。ノーマンは原曲以上に mellow に仕上げているのが、これからの季節にぴったりなイメージです。オリジナルのソングライティングとプロデュースは、当時泣く子も黙る勢いの「Jam and Lewis」でした。



Norman Brown / Let’s Wait Awhile (album: “Just chillin'” – 2002)

 

ジャネットのオリジナルが1986年発表と結構古いので、初めて耳にするお若い読者の方もいるかもしれないので、一応原曲のリンクも貼っておきます。