Category Archives: “Mellow Classics” series

Mellow Classics ~ Vol.2【Stevie Woods】

超大型連休を目前にして、気温が上昇傾向にあるようです。なんだか気象がやけに極端で、「ほどほど」がいちばんなのですが。

 

 
さて、先日新たにスタートしました『Mellow Classics』シリーズですが、割と評判がいいようで、アクセスも増加傾向にあります。「Vol.2」の今回も、思いつくままに、こんなアーティストの作品を取り上げてみようかと思います。

『Stevie Wods』 (スティーヴィー・ウッズ)は、1951年米国・ヴァージニア州出身の黒人男性シンガー。1980年代初頭に3年続けてリリースした3枚のアルバム、『Take Me To Your Heaven』(1981) / 『The Woman In My Life』(1982) / 『Attitude』(1983)がヒット。「R&B/Soul」のファン層というよりは、むしろ当時のメイン・ストリームでもあったカテゴリーの『A.O.R.』のファン層に大変強力に訴求した黒人アーティストだったといえるでしょう。
デビューアルバムにして既に「最高傑作」との評価が決定してしまったほどに話題をさらった、1stアルバム『Take Me To Your Heaven』は、1st Trackに収録された、Peter Allen / Carole Bayer Sager / David Foster らによる『Fly Away』で幕を開ける。元々は「Peter Allen」が自身のアルバムに収録したもので、「竹内まりや」が先にカヴァーしたことでも知られる作品Fly Away』も、スティーヴィーが歌うと、アレンジもさることながら、全く別の楽曲へと生まれ変わったように聴こえたものだった。

 


Stevie Woods / Fly Away
(album: Take Me To Your Heaven – 1981)

 

そして白眉はなんといっても、全米TOP25に食い込んだ『Steal The Night』「Les Thompson」の演奏する軽やかでいて哀愁を帯びたハーモニカのイントロから始まるこの楽曲を聴いて、『Fly Away』と同様に「深い夜」へ誘うようなそのムードに、当時心躍らぬ者はいなかったはず。

 


Stevie Woods / Steal The Night
(album: Take Me To Your Heaven – 1981)

 

アルバムのプロデューサーはドイツ人の「Jack White」。レコーディング参加メンバーは、当時として考えられる最高レヴェルのスタジオ・ミュージシャンが集結。なんとギタリストだけ見ても、Paul Jackson, Jr./ Ray Parker, Jr./ Steve Lukather を三つ揃えし、その他の楽器についても、当時の「FUSION」界の大物ミュージシャンが揃い踏みするような、下記の鉄壁の布陣を擁した。
Nathan East (b) / Clarence McDonald (key) / Michael Boddicker (key) / Ed Greene (ds) / James Gadson (ds) / Bill Reichenbach (tb) / Jerry Hey (tp) / Ernie Watts (s) / Bill Champlin (back vo), and etc.
相当な制作費がかかったと予想され、これでは質の悪いものができるわけない。

大きな成功を収めた後に、活動の場を欧州・ドイツに移した「スティーヴィー」は、5年前の2014年1月に、糖尿病の合併症によりベルリンで帰らぬ人となった。(享年62歳)

 

R.I.P. Stevie …

 

 

Mellow Classics ~ Vol.1【Chanté Moore】

いつもご訪問ありがとうございます。
「サクラ」の鑑賞も、関東地方の各地ではそろそろ終盤ですね。毎年、それ以前に気象面で何があろうとも「機械仕掛け」のように、この時期になるときっちりと日本の風景を彩る「サクラ」の樹々には、いつものことながら感心させらます。「泰然自若」という言葉の意味を噛みしめながら、そうあやかりたいものです。

 

 

さて、昨日ですが、サーバー運営元による数年振りの大規模メンテナンスが無事に完了しました。サイト内データのストレージもメモリも増強され、以前よりは読み込みが早くなっているはずです。ご訪問者の皆さんのアクセスが、少しでも快適になれば幸いです。

これも何かの契機と思い、以前から別途で設置しようと思案中だった、少し懐かしい音楽作品を取り上げる新シリーズ(新コーナー)として、『Mellow Classics』を新たに用意いたしました。「クラッシック」というからには、当然懐かしいアーティストによる作品であるとか、既に「スタンダード」化しているような作品なども含め、勝手気ままに取り上げてご紹介していこうと考えています。
まめにご訪問くださっている方はご存知のように、ここのところ数か月間に渡り、僕自身が影響を受けた1980年代の作品をあれこれとUPしてみたのですが、『温故知新』という言葉があるように、国内外も含めた当サイトへのアクセス状況・反響なども考慮し、「古き良き時代の作品群を取り上げていくのも大切だ」と、改めて感じた次第です。
いずれにしても、あくまで「メロウ」な路線への拘りはこれまで通りで、「ミッド~スロウ」テンポのものはもちろん、「Dance/Disco」チューン等アップ・テンポであっても、僕自身が「メロウ」と感じる作品群、いわゆる『Old School』(オールド・スクール  / 「古いけどいまだ魅力的」というニュアンス) な、1970年代後半から1980年代にかけて世界中を席巻した「Black Contemporary Music」(ブラック・コンテンポラリー) を中心に、1990年代(2,000年以前)まで、つまりは前世紀(20世紀)までにリリースされたちょっと懐かしい作品群に、スポット・ライトを当ててゆきたいと思っています。

そんなわけで、記念すべき『Mellow Classics』第一弾は、「文字通り」の「Old School」『Chanté Moore』(シャンテ・ムーア) のこちらの作品をご紹介。当ブログでは過去に何度か取り上げたこともある「Kenny Lattimore」(ケニー・ラティモア) と一時期は婚姻関係にあり、その後離別するまでにDuetアルバムを2枚ほどリリースしているのですが、それはまた別の機会にでも取り上げるとしましょう。
1992年のデビュー以来、コンスタントにアルバムをリリースし、52歳となった現在でもR&Bの最前線で活躍を維持できているのは、彼女の衰えぬルックスもそうですが、大変な努力家なのではないでしょうか。

 


Chanté Moore – “Old School Lovin'”
(album: 『A Love Supreme』1994)

 

現代のレコーディングの場面で、意図的によく採られる手法とはいえ、「レコード」(アナログ盤)に針を落とした途端にノイズが聴こえてきて、「これからイントロが始まるぞ」といったあの「高揚感」というのは、「ターン・テーブル」(レコード・プレイヤー)と向き合った、あの時代に育った人々の「大切で美しい記憶」です。