Mellow Tunes ~ Vol.111 【Bruno Mars】

グラミー賞を過去7度も獲得し、文字通り Jazz Vocalist の伝説となった、アル・ジャロウ(Al Jarreau)の訃報が伝えられる中、現地時間2/12に執り行われた2017第59回グラミー賞授賞式は、英国人アーティストの「Adele(アデル)」が主要部門を総なめするといった結果で、音楽の夢の祭典は幕を閉じた。

 

毎年気にしているわけではないけれど、トランプ氏が大統領になって最初のグラミー賞授賞式ということもあって、自分も含め世界中から大きな注目を集めていたのは間違いない事実であろう。多くの参加・受賞アーティストからも「人種」「国籍」にまつわる「偏見や差別」を否定する類のメッセージが、これほど目立ったグラミーも珍しかったのではないだろうか。
結果として多くの部門でのグラミーを受賞した「白人」アーティストである「アデル」から、さながら一騎打ちの様相を呈していた「黒人」アーティストである「ビヨンセ」への感動的なメッセージが発せられたのも、今の国際社会で問題視されている合衆国大統領へのシニカルなメッセージと捉えられなくもない。少し前に行われたスーパーボウルのハーフ・タイム・ショーで、大観衆に同様のメッセージを送った「レディ・ガガ」のパーフォーマンスも、大々的に世界に向けて発信されていたのも記憶に新しい。

 

今回取り上げる『Bruno Mars』は、世界的規模で大変なセンセーションと売上等あらゆる記録を更新中の New Album 『24K Magic』が、アルバムの発売時期が2017年度のグラミーのノミネートから外れていて来年2018年度の審査対象となることから、今回は客演といったかたちで、授賞式を大いに盛り上げたようだ。

もうすでにYouTubeなど多くの動画サイトにUPされているように、昨年亡くなったPrince(プリンス)を追悼するトリビュート・コーナーで、映画「PURPLE RAIN」でもお馴染みのかつてのプリンスの盟友「Morris Day(モリス・デイ)」率いる「The Time」と競演を果たした。紫のスーツと映画の中で使用された白いエレキ・ギターを携え、名曲「Let’s Go Crazy」をプリンスと縁の深いミュージシャンたちと演奏する様は、まさに現代を代表するスターそのものだった。圧巻のラストのギターソロもそうだが、幼い頃からマイケル・ジャクソンプリンスがアイドルだった現在31歳となったブルーノは、故プリンス同様に歌だけでなく、ドラム等多くの楽器もすごいレヴェルで演奏してしまう。もっとも一番飛び抜けているのは、復活させた1980-90年代のサウンドとその圧倒的なダンス・パフォーマンスに他ならない。

ブルーノのおかげで、『メロディ』『グルーヴ』が大事にされていた時代の音楽が、現代に戻ってきたのは間違いのない事実であって、あの『New Edition』の復活等、80年-90年代に活躍した世代のアーティストが世界的にも見直されてきているムードが充満しているように感じるのは、かつての全盛時を知る者なら誰も否定しないであろう。ブルーノによるこの功績は、本当に大きい。ある意味ノーベル賞モノといってもいいくらいだ。Babyface がソング・ライティングとプロデュースに協力した「To Good To Say GoodBye」など、メロディやコーラスを大切にした作品にはとても好感が持てるし、ブルーノのように影響力を持ったアーティストが、こういった傾向を前面に押し出していくことは、大変有意義なチャレンジであり、個人的にもこのサイトを利用して全面的に応援したい。

 

Bruno Mars : To Good To Say GoodBye [24K MAGIC]

 

 

Bruno Mars – 24K Magic [American Music Awards Performance]

 

 
プエルトリコ人の父とフィリピン人の母親の間に生まれ、マイケルやプリンスに憧れてハワイで育ったブルーノの存在を見ても、「米国」という国の持つその多様性がこれだけのアーティストを育んだ、ひとつの答えではないだろうか。「移民」がとか「人種」がとか、自分の国の歴史を否定しかねないことになりやしませんか。どこかの国の首脳と、のんきにゴルフなんかやってる場合じゃないだろうに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です