Mellow Tunes ~ Vol.165【Nils】

いつもご訪問ありがとうございます。
当サイトを日々訪れてくださるブログ・リーダーの皆様におかれましても、新年度や新生活が始まってようやく迎える週末ですが、予想外の夏日が続いてみたり、急な天候の変化も相まって、体調管理が難しい時期ですね。くれぐれもご自愛ください。

今日は朝から「春の嵐」のようで、いよいよ「サクラ」の花も散り際となりました。また来年ですね。
我が家の小さな庭のモミジたちも、急な気温上昇によって例年より10日ほど早く、青々とした葉っぱたちが大きく葉を広げ始めました。こちらはまた後日画像をUPすることにいたします。

 

 

 

ちょっとお疲れ気味のときにゆったりと聴くのにうってつけの、僕のお気に入りの「Mellowなギター弾き」のひとり、『Nils』(ニルス)こと「Nils Jiptner」ですが、先月中旬に9枚目となるアルバム『Play』をめでたくリリースいたしました。
ドイツ・ミュンヘン出身の彼が米国に移住したのが1980年代で、以来米国の西海岸を基点に、数多くの第一線級のアーティストたちのサポートをしながら、自身のアルバムをコンスタントにリリースしてきました。Smooth Jazz ファンの間では、大変人気・評価共に高いアーティストです。特筆すべきは、欧州ドイツの人ながらも、おそらく愛してやまないと容易に想像できる「Soul/R&B/Funk」への理解と傾倒ぶりには、誰も異論はないでしょう。

New Album「Play」からは、彼がもっとも輝きを魅せる80年代の OLD SCHOOL でソウルフルなミッド・チューンであり、ベスト・トラックと言っても決して大袈裟ではない『Sway』を。また他のアーティストによる名曲の数々のカヴァーも、この人の大きな魅力となっていますが、過去のアルバムから、「Hall & Oates」『Sara Smile』、そして泣きのギターの御大「Carlos Santana」『Europa』(哀愁のヨーロッパ)も、「Nils」がプレイするとまた一味違った魅力が加わるから不思議です。まさに大人の鑑賞に堪え得るだけの、大人の「Mellowなギター弾き」のひとりです。

 

 

「Nils」にご興味を持たれた方は、どうぞ過去記事もご参照ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です