Mellow Tunes ~ Vol.167【DOUBLE】

いつもご訪問ありがとうございます。
個人的には例年のこととはいえ、とても慌しい「GW」もようやく過ぎ、平穏な日常が戻りつつあります。自然界も日に日に変化していて、連休中のまるで真夏のような日が続いたかと思えば、今日は温かい珈琲が欲しくなるようなちょっと肌寒い気候と、なんだか忙しい感じです。
湖を北に見下ろすエリアに位置する我が家のご近所では、連休中に咲き出した「ヤマボウシ」の可憐な花々が目立つ、そんな季節になりました。

 

 

 

 

2010年から始まった当ブログとほぼ時を同じくしてスタートした、僕の敬愛する音楽プロデューサーの「松尾潔」さんのFMラジオ・プログラム『松尾潔のメロウな夜』ですが、以前に番組のエンディングでリクエストを取り上げていただいたのに続き、昨晩のON-AIRでは嬉しいことにオープニングで、リクエストにお応えいただきました。松尾さんはじめ「メロ夜」スタッフの皆さん、いつも有難うございます。

Vol.167となる今回の「Mellow Tunes」で取り上げるのは、昨晩リクエストにもお応えいただきましたが、現在病気で療養中の日本が誇る女性R&Bシンガー『DOUBLE』のTAKAKOさんの作品『ストレンジャー』です。昨晩の松尾さんの番組中で、作品についての紹介がありましたが、8年前の2010年4月にリリースされた「DOUBLE」によるその名も『Ballad Collection Mellow』に1stトラックとして収録された本作品は、作曲/川口大輔・作詞/松尾潔、そしてプロデュースはもちろん松尾さんご自身によるものです。松尾さんプロデュース作品群の中でも最も本楽曲を偏愛するが故に、実店舗の『Mellows』営業当時もよくこの作品を店内で流していたのですが、そんな時に限って偶然若いカップルのお客様が来店されることも多く、切ない詞の内容から慌てて曲を替えたことが何度かあったのも、今となっては懐かしい少しばかり甘酸っぱい記憶です。

 

【PV】ストレンジャー / DOUBLE
(album: Ballad Collection Mellow – 2010)
 

ご存知の方も多いと思われますが、もともと「DOUBLE」は1998年に「SACHIKO」「TAKAKO」の姉妹によるR&Bデュオとしてデビューしましたが、翌年の1999年に姉の「SACHIKO」がくも膜下出血のため25歳で急逝。しばしの活動休止を経て、以降は「DOUBLE」の名はそのままに、「TAKAKO」のソロ・プロジェクトとなっています。姉妹で活動していた頃から、『DOUBLE』といえば、もっとFunkyでGroovyなアップ・テンポな作品を想像するリスナーも多いかとは思いますが、僕個人としては彼女(彼女ら)の「スロウ・ミディアム」な作品群に心を奪われることが多いのです。
そんな彼女(彼女ら)の切ないバラッド集『Mellow』には、じっくりとしんみりと聴き込むだけの、文字通り「Mellow」な作品がぎっしりと詰まっています。生前の「SACHIKO」のコーラスも聴くことのできるチャカ・カーンの名作バラッド「Through The Fire」のカヴァーも然り、敬虔な「祈り」を表現しきった『Angel』など、これだけ情感豊かに表現できる日本人アーティストは稀有と断言できます。「DOUBLE」のデビュー当初よりブレーンとして関わってきた松尾さんがプロデュースする世界観は、活動再開を遂げ間もなくNew Album のリリースが予定されている、現在進行形の『CHEMISTRY』にも相通ずるところが多々あるように感じますね。
 


DOUBLE / “Angel”
(album: Ballad Collection Mellow – 2010)
 

僕が松尾さんの番組へ感想とリクエストをメールしたのが2月半ばで、「DOUBLE」TAKAKOさんがご自身のブログ上で「乳癌で手術の予定」と公表したのがそのちょうど一ヵ月後の3月中旬でした。そんな事情も知らず、「なんだかあまりよくないタイミングでリクエストしてしまった」と少々後悔しつつ、その後の彼女の病状を心配しておりましたが、3月末には手術が無事に終わり自宅にて療養中の記事が、公式ブログに早咲きの「桜」の写真とともにUPされていたので一安心。焦らせるつもりは毛頭ありませんが、一日も早い現場復帰を祈っております。

松尾さんも花粉症からくる喉・声の不調に煩わされいるとのことですが、どうかご自愛ください。僕も事故による若干の後遺症とまだ抜けきらない花粉症といまだ闘っております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です