Mellow Tunes ~ Vol.172【Masayoshi Takanaka】

いつもご訪問ありがとうございます。
日本列島は「晴れたり、曇ったり、降ったり」と慌しい気候「梅雨」の真っ只中ですが、遥か海の向こうの北の大陸では、「FIFA WORLD CUP RUSSIA 2018」がいよいよ昨日から開催となりました。やはり自国開催というのは、モチベーションに想像以上のパワーが加わるのか、開催国「ロシア」の5-0での勝利には、驚きが隠せませんでした。「SAMURAI BLUE」日本代表チームには、メディアは色々と書き立てますが、とにかく持てる力をすべて注ぎ込んで、悔いの残らぬ戦いをして欲しいと願っています。

 

 

クルマを走らせていると、いたるところで多種多様な「アジサイ」の花々を車窓から見かける、いつの間にかそんな季節になりました。それにしても、あれほど「雨」が似合う植物が他にあるでしょうか。それほどに、わが国における「梅雨の風物詩」の「アジサイ」の愛らしい姿は、この時期の空模様が人々にもたらす少しばかり沈みがちな気持ちへの、優しい「処方箋」のような気がしてなりません。そしてこの季節は、何度も繰り返しになりますが、「Mellow」な音楽ととても相性がいいのも事実なんですね。

 

 

さて今回の「Mellow Tunes ~ Vol.172」で取り上げる作品は、前回の「AC Tunes」でご紹介したスーパー・パーカッショニスト「斉藤ノヴ」さんが末永くサポートする、日本が世界に誇る Super Guitarist 「高中正義」氏の『雨』にまつわる美しく儚いインストゥルメンタルなバラッド、『雨の景』をご紹介します。

 


Masayoshi Takanaka – 「雨の景」 (2013)

 

雨天のライブで、主役でギターの高中氏だけでなく、バンド・メンバー全員がしみじみと慈しむようにプレイする本作品には、とてもとても癒されますね。
作品が収録されたアルバム『Takanaka Sings』リリース時の雑誌のインタビューによれば、
『オリジナルは3曲あって、まず僕の曲で「雨の景」。我ながら気持ちいいバラードが出来たと悦に入っている(笑) 最初は「雨の情景」というタイトルだったんだけど、吉田拓郎の曲で同じ曲名があったので変更したんだ。』とのこと。

「軽井沢」での暮らしがもう永い高中氏だけに、テラスから見る「雨の森の情景」が目に浮んできそうなくらい。テイク・アウトのすこしばかり冷めかけた HOT COFFEE を片手に、この曲をヘッドフォンで聴きながら「雨に煙る景色」をぼーっと眺めていたいと、そんな気にさせるメロウな楽曲です。そしてまたしてもここで、斉藤ノヴさんのプレイする「マラカス」の刻む正確なリズムが、静寂の中でひときわエモーショナルな印象を色濃くしているような気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です