blog slide 01
blog slide 02
blog slide 03
blog slide 04
blog slide 05
blog slide 06
blog slide 07
blog slide 08
blog slide 09
blog slide 10
blog slide 11
blog slide 12
blog slide 13
blog slide 14
blog slide 15
blog slide 16
blog slide 17
blog slide 18
blog slide 19
blog slide 20
blog slide 21
blog slide 22
blog slide 23
Slide #25 - blog slide 25
Slide #26 - blog slide 26

試食会

 

今日は、普段から仕事や部活で多忙で、また店舗と住まいが少し離れていることもあり、なかなか頻繁にお店に来れないウチの家族が、進捗状況を見にやってきました。
外構工事も最終段階に近づいている様子や、店内もようやく食器が片付いた様子を伺い、それぞれに感心しきりの様子でした。

 


「パウンドケーキ美味しいね」 by カミさん

 

最近は帰宅せずに、あれこれ泊り込みで準備作業に追われることも多かったので、子供たちの学校やサッカーの部活の様子などを見たり聞いたりしてあげられないのが、申し訳なく思っていましたが、カウンター越しに迎える家族と、店のマスターとして対面するのはちょっと気恥ずかしい感じでしたが、久しぶりにみんなでいろんな話もできて、とてもよい人生の一ページとなったような思いがしました。やっぱり、カウンターは取り入れて正解だったなと、改めて確信しました。

そんなわけでせっかく家族みんなが揃ったこともあり、急遽試作品の試食会となりました。
家族ならではの遠慮のない意見もありがたく頂戴し、今後に生かすよい機会となりました。

さあ、あと一踏ん張り。頑張りましょう。

 

 

今日も試作が続きます

 

今日は朝から天候が安定せず、いよい最終段階に差し掛かった外構工事も、雨交じりの突風で中止となりました。とにかくお天気にはかないません。

そんな中、僕は昨日から整理を始めた食器類との格闘後、これからお店で出す予定のスウィーツ類のレシピの確認をしながら試作が続きました。

 

少し大型のワッフル・メーカーはアメリカより個人輸入しました

英語のマニュアルは久しぶりで、会社員時代がちょっと懐かしい感じでした

 

クランベリー&ブルーベリーのWベリーのパウンドケーキを焼いてみました

 

『どうだ、どうなんだ』とばかりに焼いてみました

 

確認作業とはいえ、こうも甘い物を食べ続けると、そんな病名があるのかわかりませんが、急性糖尿病みたいなことにならないか心配になってきます。なので、時折顔をみせる工事業者の方や店舗の関係者の皆さんにお裾分けをしながら、珈琲についても同様に、あれこれと感想を収集しています。

珈琲については大変好評というか、高評価をいただいております。特に若い世代の方を中心に、やはり皆さんFC店で提供される深い焙煎のエスプレッソベースの珈琲豆の味に慣れてしまっているようで、今後カフェ・メロウズで提供する香り豊かなフルーツを思わせるような焙煎の珈琲を、普段飲む機会にほとんど恵まれていないようです。まあ、深煎りは時代の流れではありますが、そればかりが珈琲ではありませんから、二杯目の珈琲は割引で提供する予定ですので、当店ではいろいろなブレンドを試していただけると嬉しいです。

 

さてさて先週中に保健所の営業許可も下り、11/1のオープンに向け、「カフェ・メロウズ」では若干名のスタッフを募集しております。

募集条件・内容等詳細は、なるべく店舗近隣・近郊にお住まいの方の採用を考えているので、店舗予定地に告知してあります。ご興味のある方は、大変恐縮ですが直接ご覧にお越しいただくか、あるいはTOPページの右上のメールアドレス宛にご連絡ください。内容についてご説明させていただきます。

店舗の地図ですが、お店の “cafe Mellows” 公式ウェブ・サイト(右のコラム中の『お店のHPはこちら』をクリック)にUP済みですので、ご参照ください。

 

では。

 

“Mellows 計画” 進行中 ~ Vol.8 「食器」編

なんだか不安定な週末の空模様となりそうですね。気温や気圧も変動が大きい季節ですが、皆様お体ご自愛ください。
とは言ったものの、最近は無理な準備作業を心配して「ほどほどにして、睡眠はちゃんととった方がいいですよ」とか、状況をいつも見ている業者さんや関係者の方からよく言われます。どうやら、だいぶ疲れた表情をしているようです。いけませんねぇ、皆さんに癒しを提供していく立場の者がこれでは。反省・反省ですね。

ところで、今日ようやく発注していた食器類が届きました。これでほぼ、厨房機器類やら食器類は揃い踏みといった状況となりました。食器やカトラリーは、遠く岐阜県は『美濃焼』の一大生産地の土岐市の和食器問屋さんより、やってきました。

 

 

カフェ・メロウズでは、珈琲などのドリンクは当然のことですが、スウィーツなどのデザートをはじめ、ほとんどのメニューを和食器でご提供させていただきます。

これは、僕の以前からの考えで、もう25年以上のお付き合いになる軽井沢の老舗喫茶『ばおばぶ』さんの影響がとても大きいと言えます。『ばおばぶ』さんについては、説明が長くなるので、過去記事をご参照ください。

和食器ってなんか癒されるんですよね。特にカフェとかで遭遇したりすると、なんだかほっこりとあったかい気持ちになるんですね、僕の場合。なので、そこにはこだわりを通すことにしました。幸いなことに、カフェ開業を目指すスクールの仲間より、現地の問屋さんを紹介していただくことができ、今回格安での購入の運びとなりました。

 

いやあ、壮観ですね  珈琲カップは5種類用意しております  来店ごとに違う器の楽しみも

 

美濃焼ってよいですね   価格的にも高価ではないので、ほんとにありがたいです

 

どうしてもこだわって揃えた『木の葉』の珈琲カップ・三兄弟です

当店の顔となりますので、どうぞよろしくお願いします

 

というわけで、荷解きしてたらまた深夜...

そろそろ帰りますか。 お次はまた明日。

準備はひたすら続くのであった...

 

 

 

 

“Mellows 計画” 進行中 ~ Vol.7 「試作」編

 

ブログも一定期間休んだり、あまり「たいへんだ」とか「忙しい」とか言い過ぎると、周りの方々がやたらと心配してくださるようなので、やはりある程度の頻度でUPしないといけませんね。
大丈夫です。生きてますよ。(笑) 確かに多忙ではありますが、その中でやれることをすこしずつ着々と進めています。

 

ちょっと大き目のワッフルです

 

「キッシュ・ロレーヌ」 なかなかおいしく焼けました    奥に見えるはココア・シフォン

 

おきまりですが、「もみじ」をパチリ

 

僕のブログはなぜ長いのか

 

カフェ開業に向け、ラストスパート中の Master です。

なんだかんだで以前のFC2さんで運用していた頃からですから、僕のブログ生活も早いもので、退職直前の昨年の12月からなので、まもなく一年を迎えようとしています。もともとは、会社を辞めた自分のことを心配してくださる友人や知人の皆さん(中には遠方や外国に住んでいる方もいらっしゃるので)への近況報告に利用しようという目的が一つと、約半世紀近く生きてきた自分が組織を離れ、日々何かを書き綴ることを通して、これからどこに向かい何をしようとしているのかを、迷ったり困難にぶちあたった時にいつでも振り返ったり、初心に戻れたりできるようにとの意図がありました。

 

     「メロウズ」流 活け花?です(笑)     もみじのように生きたいです

 

皆さんお気づきのように、僕のブログは文字数も言葉数もかなり多いんです。普段からマンガばかり読んで読書をする習慣のない人などからは、あからさまに『長すぎて読む気にならない』『目が疲れて眠くなりそう..』などなど、いろいろ指摘をうけることもしばしばです。でもぼくにはそんなこと一切関係ないんです。なぜなら、こんなブログでも自分の人生の一部であるわけで、明日自分の身に何かあっても、あの日あの時この人はこんなことを思い、考え、生きていたんだなと、家族や身近な人が感じてくれればいいんです。つまりは大袈裟なようですが、「生きた証」みたいなものです。

僕は社会に出て2年目で、家族にとって大切な父親を亡くしました。平均余命の伸びた現代であれば「アクティブ・シニア」などと呼ばれる世代の方々より若い、たった54年で人生の幕を閉じました。
そのとき思ったのが、「もう少しいろんなことを話したかったなぁ」とか「親父はいったいそれまで何を考え、何を思い、何に希望を見出して生きていたんだろう..」と、そんなことを自問自答する日々がその後ずっと続いてきました。日記などをつける習慣はなかったので、あれこれと記憶を辿り想像するのが精一杯でした。
自分が父親となった今では、なおさらそれを強く感じていますし、あの時代にブログでもあればよかったのになどと思うこともあります。

本題から少し逸れましたが、ブログであれ何であれ、自分が何かを外に向けて発信し、見知らぬ誰かがそれを見たときのことを想定し、『きちんと、しっかりと誤解のないように、思いや考えを伝えたい』というのを基準にしているだけなんですね。
それゆえ、どうしても「文字」も多くなり、長くなりがちなんです。僕の大好きな『天声人語』の編集委員さんのように、限られた字数の中で、うまく伝えることができるような芸当でもあればいいんですが、残念ながらそれは厳しいですから。(笑)

それでも、今回の独立にあたり、取引をする企業の社長さんや従業員の方々がこんなブログを熱心に訪れてくださり、『応援してますよ!』ってメールくださったり、おかげで交渉がスムーズに運んだり、好条件のオファーをくださったりと、日々嘘を言わず真っ直ぐにまじめにコツコツと、一期一会を大切に今日までやってきたからなんだと信じています。

こんな男ですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。

 

“Mellows 計画” 進行中 ~ Vol.6 「看板」編

 

連日、外構工事に入っていただいている「Woody Garden」さんに、本日バックヤード周りのフェンスを造作してもらいました。
位置と仕上がりの雰囲気が、このままではもったいないという気持ちになり、思い切って2枚の看板の内の1枚をそこに取り付けてもらいました。枠のつくりも普通じゃ面白くないと、四隅を互い違いに組む複雑な仕様に。このあたりの柔軟な発想が、青木氏のタダモノではない感性を物語っています。

この看板は、先月の台風による熊野川の氾濫で大きな被害を被った、和歌山県の新宮市にある看板専門店の『ライトビコー』さんより製作し輸送してもらいました。電話も機械も使用できない状況が長く続いたにも関わらず、皆さんが不眠不休で用意してくださった看板ですが、ようやく多くの人々の目に触れることとなりました。営業の谷口さんはじめスタッフのみなさん、被災後で仕事どころでなかった状況下で製作してくれた、いわくつきのど根性看板として大切にしていきたいと思います。

あるデザイナーの方とのWeb上での運命的な出会いをしたことにより、この世に生まれ出ることになった、看板をはじめとするロゴ・デザインについてはまた後日別に記事をUPしたいと思います。

 

無事に取り付けが済みほっとする、Woody Garden 率いる青木氏

 

細かい部分まで丁寧な仕事を心がける、職人・川田氏

 

すこしずつ すこしずつ

プロの職人さんたちの力を借りて

開業まであと少しのところまでやってきました

頑張らねば。

 

“Mellows 計画” 進行中 ~ Vol.5

 

昨日はえらく肌寒くて、ケーキなどの試作用の食材を仕入れに行ったら「おでん」とか「鍋」のコーナーについつい引き寄せられちゃいました。
そうかと思えば、昨日の大雨から一転夏日の復活と、まったくもって忙しい秋の日々です。

先日の画像記事をUPしてからというもの、アクセス数もうなぎ上りで、オープンがまだならもっと進展状況見せてくれというご意見を沢山頂戴しておりますので、僕のお店もそうなのですが、今回お店のウッドデッキをはじめステップ等の外構工事を一手に引き受けてくださっている『Woody Garden』さんの仕事ぶりを紹介させてください。『お店も住宅も外で印象が決まってしまうんです!』と日頃から主張を繰り返す社長の青木マコト氏の言うことは、「なるほどなぁ~」と画像を見れば一目瞭然です。

『お店作りは、少しずつでいいんだよ..』と皆さんおっしゃってくれますが、僕より勢いが強い人たちに支えられそして尻を叩かれ、カフェ・メロウズはオープンに向け進化中です。

 

「コキア(ほうき草)」でちょっと演出してみました  「緑」は「茶色」と相性がいいですね

 

崩れた大谷石を再利用  一部は震災で被災したものも混じっているようです

2011年を、いろんな意味で忘れない年としたいところです

 

テラス側です

 

すごいところは、どちら側のデッキもそれぞれが単体として『自立』しているところです

トレーラーハウスの設置基準で、本体への固定は好ましくありませんので、創意工夫が求められます

 

 

なんだか偶然西陽が差し込んできてアートな雰囲気に  う~んいいじゃないですか(自画自賛)

 

こちらは『Woody Garden』さんの看板犬『フー』ちゃんです

こんな男らしい凛々しい表情をしたかと思うと

 

いつものご主人様待機モードに    かわいいねぇ、フーちゃん