『喫茶 こもれび』との出会い

今日は、この「地球」という水や自然に恵まれた惑星の中で、僕が最も愛するかけがえのない大切な場所を紹介したいと思います。先にお断りをしておきますが、それゆえ超長編になりそうですがしばしの間お付き合いを・・

『軽井沢』といえば、日本だけでなくもうすでに国際的にも認知された避暑地でありリゾートであることは、周知の通りなので、もはや余計な説明は要りませんね。

『喫茶 こもれび』は、軽井沢の南の端っこ「レイク・ニュータウン」にほど近い町道沿いの雑木林の中に、今から28年も前からそこに静かにそしてひっそりと佇んでいました。
お店に隣接して、『工房 こもれび』があり、民芸品やお店で使用する道具や置物などの木工製品も製作販売していました。

「あれっ、あんなところにお店なんてあったっけ・・」 店の前を車でいったん通り過ぎ途中で引き返して来て、「ガラガラ」と初めてそのお店のガラスの引き戸を開けてから、もうすでに25年以上の歳月が流れてしまったんですね・・・
とにかくお店の中に入ると、格子のガラス窓を通して敷地に隣接した池を臨むテラス席が目に飛び込んできたのを、今でもはっきりと思い出せます。ちょうど秋も深まりつつある頃で、あたりが少しずつ暮れ始めるような時間で少しだけ軽井沢名物の「霧」が出始めたような、ちょっとばかり幻想的なシチュエーションだったと記憶しています。
どうしてもテラスで珈琲がいただきたくなってしまった僕に対応して下さったマスターご夫妻やスタッフの方も、肌寒いのを気遣ってお客様用のブランケットや真っ赤なスウィング・トップを羽織るよう勧めてくださったりと、決しておしきせでないのにほっこりと温かいサービスに、その時初めて触れることができたのです。
それまで生きてきて、お客の立場としてほとんど遭遇することのなかった、お店が発している「温もり」のようなものを、当時店内にもあった薪ストーブのような暖かさと共に、ジワジワと感ることができました。

とにかくすべてに感動した僕は、その後周囲の友人・」知人に『こもれび』っていうすごい喫茶店が軽井沢にあるんだよと、ひっきりなしに語っていたものです。そしてそれからというもの、大学を卒業して社会人になってからもずっと、主に秋の紅葉が美しい時期を含め毎年一・二度は、その時の僕にとって大切な人や友人を連れだってお邪魔するようになっていくのでした。

でも僕はその頃の時点では、なりたての社会人で仕事を覚え先輩たちに付いていくのが精一杯の毎日だったので、そのとき自分の心の中にそっと埋め込まれたその『種』が一体何の種であるのかは、僕自身もまったく分かっていなかったようだ。

 

komorebi.jpg
開業初期の『こもれび』さんのテラスからの眺め

 

社会人となって二年目、当時新卒で入社した国内大手のエア・カーゴ(国際航空貨物輸送)の会社で、入社前から念願だった1年間限定の「海外研修生」を飛び越え、三年目からいきなりニューヨークに本部を置く米国の海外現地法人駐在の内辞を言い渡された。当時の僕の夢は、子どもの頃から「いつか外国で、できればアメリカの経済・文化の中心ニューヨークで働きたい」といったものだった。コネも何もないところからコツコツと自分なりに努力してきて、もうすぐ「夢が実現するんだ!」といった高揚感で溢れていた頃だった。

そしてその半年後、父親が急逝した。まだ54歳だった。厳しい人だったけど、人生においていつも折りに触れ大事なアドバイスをくれた人だっただけに、残念でならなかった。
一歳上の兄や母親に「今、外国なんかに行かれたら困る・・断れないものか・・」と懇願され正直かなり困惑した。当時の僕はまだ24歳で、五歳下の妹はまだ高校を卒業し短大に入学したばかりだった。当時の上司に事情を話し、大手町にある本社勤務から、実家から通勤できる埼玉に近い営業所に異動できないものかと相談した。「このままアメリカに行くか、会社を辞めるか、答えは二つに一つ。日本の企業はそんなに甘くないぞ。」と諭された。
そして僕は、その半年後の夏に会社を辞めた。と同時に、大きな喪失感と失望だけが僕の心の中に残った。

でもなぜか僕はいつも仲間に救われきたような気がする。というのも、「送別会をお前の好きなところでやろうよ」と、入社時から仲がよく独身寮で同じ釜の飯を食べてきた同期の連中が申し出てくれた。もちろん、「じゃあ軽井沢でもいいかな・・」と提案したのは当然の流れだった。約10名ほどの同期・後輩たちとプリンス・コテージで夜遅くまで飲み大いに語り合った。そして、最後は『こもれび』さんで最高の場所と時間を提供していただいた。あのとき過ごした時間のことは、いまだに付き合いのある古い友人たちもしっかりと覚えているという。そんなところが、『こもれび』さんのすごいところなんだと思う。その際、当時工房で仕事をしていたYさん(現在のマスター)とマスターの粋な計らいで焼いてくれた仲間たちのメッセージ入りマグ・カップは、今ではすっかり変色してしまったけれど、ずっと僕の大切な宝物となっています。

そんな仲間たちと同様に、それからもずっと、心がポッキリと折れそうになったときに必ずといっていいほど、『こもれび』さんは僕の傍でそっと支えてくれました。当時のマスターSさんだけでなくその親友で現在のマスターYさんのお二人には、いくら感謝してもし足りないほどです。本当にありがとうございます。

 

2011-02-11 00.29.40
これがその大切な、だいぶ色褪せてしまった「寄せ書き マグカップ」  なんとも懐かしい

 

いつか文字にしてみたいとなんとなく思っていたせいか、身の上話が長くなってしまいました。なんだか、こうすることでやっと吹っ切れたような気がするのは気のせいだろうか。まっ、自分のブログだからいいか・・」
『喫茶 こもれび』さんは、その後マスターのご家族が都内に移り住むことになったのを機に、店名を『ばおばぶ』と変え、お店の経営は一時的に、僕には面識がまったくなかった、マスターの知人の方に移ることになりました。

その後の展開は、また次回に。

 

注: 記事にするにあたりGoogleで検索しましたら、現在同名のお店が静岡県島田市に存在するようですが、そちらとは一切関係がございません。

家族からの贈り物

退職後の社会保険・年金・年金基金やらハローワークだのと、バタバタと各種手続きをやっている間に2月に入ってあっという間に10日が過ぎてしまった。時間がたっぷりとありそうでそうでもない、なんだか妙にせわしない感じだ。

先日退職にあたり、家族みんなからの温かいメッセージと共に送られたプレゼントのことについて、少し触れておこうと思う。

ご覧の画像はなんだかお分かりでしょうか。ちなみに、チノパンとかズボンではありませんよ(笑
そう、いわゆる『カフェ・エプロン』と呼ばれるものです。よくカフェとか喫茶店でマスターや店員さんが、さりげなく身に着けてるあのちょっとかっこいいタイプのエプロンです。それも、ブラックとカーキの色違いで二枚も。男物のようなので少し丈が長めのこの贈り物は、僕にとっては正直メチャクチャ嬉しかったです。

そろそろこのブログも本題に入っていかねばならないタイミングなので、ついにカミングアウトしますが、そうなんです僕の目指す道とは、実は『カフェのオーナー』であり『マスター』という職業だったのです。
決してもったいぶるようなことではなかったのですが、なにせいわゆる「ペンション・オーナー」とかの職業と同列の扱いというか、一言発しようものなら誰しも真っ先に『脱サラの典型でもっとも失敗するパターン』だとかいう印象を抱かれやすいと思ったからです。たとえ退職前であっても、もちろん堂々とそれを宣言するのも潔い感じがしてよかったのかもしれませんが、僕の場合は「仕事に嫌気がさしたので会社辞めてカフェでもやろうかな・・・」とかいうような『単なる思いつき』で始めるものでは決してないからなのです。ずっとずっと25年以上も前から、つまり社会人として働き始める前からの『自分なりの想い』があるからこそ、簡単に言い出せるような次元の話ではなかったのです。

思えば今から25年ほど前、当時大学4年生で長い就職活動を終えた僕は、「ちょっとゆっくりしたいな・・」と思い立ち、秋晴れのある日一人でふらっとドライブに出かけたのでした。子どもの頃から度々訪れていた軽井沢の南の端っこに位置するその地で、その後の僕の人生においてとても大きなウェイトを占めるほどの、大きな大きなそして大切な「運命的な出会い」をすることになったのでした。

そのお店の名は『喫茶こもれび』といい、南軽井沢のレイク・ニュータウンという別荘地近くの雑木林の中に静かにそしてひっそりと佇んでいたのでした。なんだか当時を思い出し、目頭が熱くなってきちゃいました・・」
25年分の沢山の素晴らしい思い出や想いが積み重なっているので、簡単に紹介ができません。
なので、続きはまた明日以降にたっぷりとご紹介させていただくことにします。

 

2011-02-10 11.19.33
家族からのプレゼント。 ずっと大切に使わせてもらいます。ありがとう。

 

雪模様

昨晩の天気予報どおり、夜中に少し雪が降ったものの、早朝からは一時雨に変わった。
退職に伴いシフト勤務から開放されたので、今月からはフツウの人と同様の早起きの生活をしている。特にここ1・2年は遅番勤務に特化していたので、ずっと昼夜逆転の生活が続いていたわけだ。そんな事情なので、まだ体が早起きのサイクルに慣れていない感じだけど、今は僕の毎朝の日課となっている愛犬ピッチの散歩をきっかけに、少しずつ調整中というところ。
まだまだ自然が残る住宅地周辺を約3キロほど、愛犬と一緒に歩くのだけど、9時ごろからまた雪が降り始め、ちょっと今朝は行けそうにない。超短足のミニチュア・ダックスは、天気の悪い日の散歩後が大変なので・・・

ようやく午後になって降った雪も全部溶けお日様も顔を出してきたので、夕方から愛犬と散歩に出かけることに。
歩きながら周囲を見渡すと、周辺の杉や檜の林がまっ茶色になっているのが見てとれる。これは今年の花粉は噂通り相当手ごわいかも。
花粉症の一家にはキツイ春の到来です・・・

大切な仲間たち

今日、退社日から少し遅れて、ありがたいことに僕の送別会をやっていただきました。
二週間ぶりとはいえ、久々に訪れた成田の街並みも、いざ会社を退職した後では、見えてくる風景や印象がなぜか少し違うように感じるのは、きっと気のせいではないと思う。不思議なもので、やはり組織を離れたことによって、物の見え方や感じ方が、明らかにに違ってきているせいなんだと思う。うまくは説明できないのだけれど、たぶんそうなんだろう。
思えばこの街に18年程前に都内からの異動に伴い移り住んで、この土地で長男が生まれたり、夫婦共々沢山のいい思い出が詰まった場所であるのは間違いない。

土日も夜も昼も関係のない国際空港でのシフト勤務では、出席してくださるメンバーのスケジュールの調整がかなり難しく、例年の忘年会なども開催する際は、たいへんな困難が伴うものだ。事実自分一人が抜けただけでもシフトのやりくりが大変だというのに、そんな中でこんな自分のために、部署や会社を越えて今日も多くの同僚や関連会社の皆さんにお集まりいただき、本当に申し訳ないやら有難い気持ちで一杯でした。

同僚や協力会社の友人たちにいつも助けられ、その結果として今の自分が存在するんだということを、今日になって改めて痛感しました。人は人を想い、そして助け助けられ… きっと、そんな温かい繋がりのおかげで日常を生きているのだということを、強く感じた一日でした。

宿泊先の駅前のホテルに戻り、帰り際に有難く頂戴した贈り物をそっと開けてみました。
同僚のYさんを中心に準備してくれた、これからの僕の挑戦を熱く鼓舞する力強いメッセージと共に、ペアの益子焼のコーヒーカップのセットが、そこにはありました。またそれと一緒に、かつて協力会社で一緒に働いたことのある女性からも、ちょっと高級そうな珈琲豆とチョコのセットを戴いてしまいました。ありがとうございます。
どうやらこれから僕の進むべき方向を、しっかりと暗示しているようですね。さすがです。
でも本当に皆さんに気を遣わせてしまって恐縮しています。

そんな皆さんの応援やサポートに応えられるよう、焦ることなく一歩一歩しっかりと夢を実現できるよう、これからも日々精進していきたいと思います。

そしていつか必ず、皆さんに僕なりのカタチで恩返しができたらいいなと思っています。
それまで皆さんもお体に気をつけて、会社での仕事に頑張ってください。

 

2011-02-07 00.57.57
素敵な益子焼のペア・カップ 大切に使わせていただきます。珈琲豆もありがとう。

 

2011-02-07 00.59.11
熱く力強くそして温かいメッセージ… 感謝・感謝であります

 

いよいよ..

昨日で、約25年間続けた会社員生活にピリオドを打ち、今日2011年2月1日、いよいよ職業欄『無職』という状況を迎えることになりました。なんだか非常に宙ぶらりんな感じがしなくもない。そして、この状況を歓迎すべきか否か…
当然喜ぶべき状況と捉えるべきなのは言うまでもない。なぜなら、本当に自分のやりたいことを推し進められる環境が手に入ったわけなのだから。無論、これからは大小幾多の困難が待ち受けているに違いないけれど、とにかく前向きにポジティブに事に当たってゆこうと、決意を新たにしました。

さっそく、今朝役所の国民年金課を訪れ「厚生年金」から「国民年金」への切り替えの手続きをしてきた。
25年もそれなりに『会社』という名のいくつかの組織のために働いてきたわけだけれど、その切り替え作業はあっという間の「10分間」という短時間の手続きで終了した。別に何の悪気もないんだけれど、「やけにアッサリと終わっちゃうんだなぁ..」と妙な感想を持った。

とにもかくにも、今日からは一個人事業主を目指して奮闘する日々がいよいよ始まるわけだ。社会からの一抹の疎外感も手伝ってか、なんだか武者震いがするような心境だ。

まずは、計画ありき。どんなことをするにも、何よりも重要なことですね。
そこで、創業までのスケジュールをつい最近DLしたフリーソフトで、ここ数日間「ああでもない、こうでもない」と独り言を呟きながら、ガント・チャートを作成してみた。例の工事現場とかでよく見かけるようないわゆる『工程表』のようなものだ。

最近のフリーソフトの出来はどれもすばらしく、どうしてこんないいモノをタダで公開できるんだろうと、その筋の理工系出身のプログラマーの皆さんに対して尊敬の念を抱かざるを得ない。自分にはそんな才能も心意気もないので、こういうものをタダで利用させてもらう度に、『エライよなぁ…』と感心するばかり。いつかは自分も、また違ったカタチで社会に対して何かを還元できたらいいなと思う。それがどんなカタチであれ。

さあ、いよいよ出発だ。気を引き締めて、しかし自分のスピードで確実にじっくりと進めてゆくことにしよう。

 

2011-02-01+21_42_15_convert_20110201215250.jpg
果たして計画通りに事は進むのか… とにかく自分のスピードで。それが大事。

 

The Best Duo

今日も音楽ネタをひとつ。

こう寒くなってくると、やっぱり恋しくなるのが、あったかくておいしいコーヒーと優しいサウンドって思うのは、僕だけではないはず。

“Everything But The Girl”、略して “EBTG” と呼ばれたりもします。
英国出身の彼らのデュオを超えるものは、彼らのデビューから30年を経た現在でも、いまのところ僕の中には存在しません。トレイシー・ソーン(女性)とベン・ワット(男性)という本当に繊細な感覚と神経の持ち主の二人だからこそ成し得た、まさに奇跡のデュオといえるでしょう。残念ながら、その後徐々に打ち込み主体のエレクトロPOP路線に移行していき、2006年以降もうしばらく作品はリリースされていませんし、すでに解散したのか休止中なのかも見当がつきません。繊細で華奢なベンが病気療養中との噂もあるようです。
いつの日かまた、彼らの現在の声を聴いてみたいと願ってやみませんが、それまではこれまで残してくれた素晴らしい作品を大切に聴き続けていきたいと思っています。

1990年にリリースされ米国進出を試みた際に、プロデューサーに大物トミー・リピューマを起用し、当時アメリカ本土でも大変な話題作となったアルバム “The Language of Life” ですが、英国人であり繊細な彼らには、やはりアメリカという国の文化は受け入れるにはちょっと難しかったような印象がありました。とはいえ、このアルバムのクオリティは他作品と比較しても群を抜いた贅沢な音作りになっています。その中から、アルバムタイトルでもある “The Language of Life” のJazzyでMellowな音を味わってみてください。また、同アルバムより “Letting Love Go” もお楽しみ下さい。こちらも素晴らしいハーモニーが味わえます。

[YouTube からの音声データのみを、SoundZit というサイトを経由して再生するシステムにしていたのですが、トラフィックが混む時間帯やメンテナンス等でうまく再生ができないときがありましたので、すべて YouTube からのダイレクト音源に修正しました。]

 

EBTG.jpg


Everything But The Girl / “The Language of Life”
[Hosted by YouTube]


Everything But The Girl / “Letting Love Go”
[Hosted by YouTube]