blog slide 01
blog slide 02
blog slide 03
blog slide 04
blog slide 05
blog slide 06
blog slide 07
blog slide 08
blog slide 09
blog slide 10
blog slide 11
blog slide 12
blog slide 13
blog slide 14
blog slide 15
blog slide 16
blog slide 17
blog slide 18
blog slide 19
blog slide 20
blog slide 21
blog slide 22
blog slide 23
Slide #24 - blog slide 24
Slide #25 - blog slide 25
Slide #26 - blog slide 26

Mellow Tunes ~ Vol.206【Roy Ayers】

なんだかひどく疲れた一日の終わりには、Mellowなヴィブラフォンの音色が、やけに優しい。

 

 

ロイ・エアーズ(Roy Ayers)“Warm Vibes”に感謝。

 

 

Roy Ayers – “Warm Vibes”
(album: Spoken Word – 1998)

 

 

AC Tunes ~ Vol.71【Jeff Lorber / The Jeff Lorber Fusion】

いつもご訪問ありがとうございます。
関東地方では、昨年末からかれこれ20日間近く雨が降っていません。空気が乾燥する季節とはいえ、これほどまでにお湿りがないのも困りものです。そのせいか、インフルエンザはじめウィルス性の疾患が流行のピークに差し掛かっているようですので、皆様どうかご自愛ください。

 

 

 

さて、2019年はこれまで更新がかなりマイペースだった、『大人が聴いてリラックスできる音楽』を標榜する『AC Tunes』のシリーズも、徐々に充実させていきたいところです。『FUSION』(Smooth Jazz)分野で活躍するアーティストたちに関しては、ヴォーカル抜きのインストルメンタルな楽曲が大半を占めることもあり、日本人アーティストがガチンコで世界の大物アーティストと真っ向勝負ができる、唯一のカテゴリーといってもいいかもしれません。アーティストの国内外を問わず、知りうる限りのいろんな方々を、もっともっとこのシリーズで取り上げてゆければと考えています。

この記事をUPする際、FUSION界の大御所である「彼」の名前を当サイト内で検索したら、なんと一度も取り上げておらず、正直自分でもびっくりでした。これはいけませんね。高校生の頃から40年近くも絶え間なく聴き続けているにも関わらず、一度も紹介していないとは反省の極みです。なんだかそんなアーティストがあまりに多すぎて、もう自己嫌悪に陥りそうです。お詫びのしるしに、初登場の今回は、「彼」こと『ジェフ・ローバー』(Jeff Lorber)、そして活動が長年に渡る自身のユニット『ジェフ・ローバー・フュージョン』(The Jeff Lorber Fusion)の作品群をプレイリストにてご紹介します。

僕らの息子の世代くらいの若いブログ・リーダーの方も増えてきていますので、取りあえず簡単な紹介をしておきます。

[Profile]
「ジェフ・ローバー」(Jeff Lorber、1952年11月4日 – 66歳)はペンシルベニア州フィラデルフィア出身のスムーズ・ジャズ/フュージョンのキーボーディストでプロデューサー、コンポーザー。ファンキーなサウンドと、斬新なコード進行が特徴。本人も、クールなコードチェンジを常に意識した曲作りをしていると語っている。古くから「スムーズ・ジャズの雛形」とでもいうべき音楽を演奏している。「ケニー・G」(当時はケニー・ゴーレリック名義で)や「デイヴ・コーズ」「アート・ポーター」などの人気サックス奏者が彼のグループから輩出された。
[Biography]
1952年生まれ。4歳よりクラシック・ピアノを演奏し始め、9歳よりジャズを演奏し始める。「バークリー音楽大学」に入学、卒業後の1977年に自己バンド「ジェフ・ローバー・フュージョン」を結成し、同名のアルバムでデビュー。1979年にアリスタ・レコードと契約し、「Water Sign」をリリース。1981年にグループ活動を休止、翌年に「It’s a Fact」でソロ・デビューをする。1986年にはワーナー・ブラザース・レコードと契約、「Private Passion」をリリース。このアルバムはヒットするが、レーベル側と彼の意向の不一致により、暫くリーダー作を出さず、プロデューサーやコンポーザーとして活躍する。
2010年には初期の自身のバンド「ジェフ・ローバー・フュージョン」を、ベース奏者「ジミー・ハスリップ」(Jimmy Haslip)の新加入、サックス奏者「エリック・マリエンサル」(Eric Marienthal)の参加によりリユニオンし、「Now Is the Time」をリリースした。グラミーでは過去に7度のノミネートがあるが、2017年リリースのアルバム「Prototype」で第60回グラミー賞「Best Contemporary Instrumental Album」を初受賞。
(出典: Wikipedia)

ざっくりとですが、こんな多彩な音楽家の方ですね。また、80年代には後にビッグ・アーティストに成長した「キャリン・ホワイト」(Karyn White)「エリック・ベネイ」(Eric Benét)も、ジェフに見出されたヴォーカリストとして有名です。前出の3名の大物サックス奏者、「ケニー・G」「デイヴ・コーズ」そして「アート・ポーター(故人)」等も、彼の元から巣立ったことで知られるように、ジャズ界の帝王「マイルス・デイヴィス」に劣らぬほどの、まさに目利きの音楽家であり素晴らしい育成者であることに間違いありません。

 

Jeff Lorber / The Jeff Lorber Fusion – Hit Medley
 

ジェフ・ローバーの創り出す作品群には、「美しいソウル・ミュージック」として米国の「Black Music」史に燦然と輝く「フィリー・ソウル」(フィラデルフィア・ソウル)というカテゴリーが誕生した「フィラデルフィア」の出身だけに、一聴すればお分かりの通り、『ダリル・ホール&ジョン・オーツ』(Daryl Hall & John Oates)らと同様に、『SOUL MUSIC』からの強い影響であるとか「愛情」を感じさせる作品が目立ちます。
いやぁ、改めてこの記事をUPするにあたり、過去の作品からほぼ全作のアルバムを聴きましたが、この人の才能は枯渇することが無いようです。2010年の「ジェフ・ローバー・フュージョン」リユニオンの際に加入した、かつてフュージョン・ミュージック全盛期に良きライヴァルでもあった元「イエロージャケッツ」(The Yellowjackets)の核となるベーシストの「ジミー・ハスリップ」(Jimmy Haslip)の参加により、これまでの以上にリズム隊に厚みが出て、相乗効果が計り知れないほどで、サウンド面でのオプションが増えてきているような印象を受けます。過去の作品よりも、明らかに「グルーヴ感」増幅されてきていますね。その一方で、重鎮「ジミー」の後釜に就いた新ベーシストの「フェリックス・パストリアス」(かの天才ベーシスト「ジャコ・パストリアス」の息子が加入した「イエロージャケッツ」は、方向性が定まらず未だにうまくいっていないとの噂が絶えないようです。
それにしても、「ジェフ」「ジミー」共に60代半ばを過ぎて尚、いまだに時代と共に「進化」し続けているところが凄いですね。まだまだ頑張ってもらいたい、そんなファースト・クラスの鍵盤奏者レジェンドの一人「ジェフ・ローバー」のご紹介でした。

さて、今回の特集はいかがでしたでしょうか。次回の『AC Tunes』では、日本の「ジェフ・ローバー」(Jeff Lorber)と表現したいくらいのアーティストをご紹介予定です。乞うご期待。

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.70【Ole Børud】

いつもご訪問ありがとうございます。
年が明けて4日目ともなると、ようやく世の中にも普段の動きが戻ってくるものです。
皆様におかれましては、年末年始をいかがお過ごしでしたか。

 

 
当サイトの名物シリーズ『Mellow Tunes』から遅れること数年、5年ほど前(2014年)からスタートした『AC Tunes』のシリーズでは、『大人が聴いてリラックスできる音楽』を、1970年代後半から90年代あたりのアーティストや作品をはじめ、その頃の時代の『サウンド』を現代でも再現しているアーティストなども、これまで取り上げてきました。いつも『Mellow Tunes』で取り上げるようなメロウな作品に限らず、『AC』つまり『Adult Contemporary Music』(アダルト・コンテンポラリー・ミュージック)として括られるような、また違ったカテゴリーのアーティストや作品を、折に触れご紹介できたらと考えています。かつての実店舗の経営方針と同様に、『お子様はお帰りください』的な、コーナーと言って差し支えありません。(笑

ちょうど4年ほど前に「AC Tunes ~ Vol.30」でご紹介したことのある、遠く北欧はノルウェー出身で、極めてクォリティの高いAORを聴かせてくれるアーティストとして世界中から注目を集めている『OLE BØRUD(オーレ・ブールード)ですが、前回の記事をUPした以降、アルバムのリリースがしばらくなく、どうしているものかと思いあちこちWebを駆使して調べましたところ、どうやらレーヴェルの移籍等が影響したのか、作品のリリースが遅れているような様子でした。嬉しいことに、昨年11月中旬に新たな契約先と思われる「Naxos Sweden – Linx」というスウェーデンのレーヴェルより、シングルがリリースされていました。そしてこれがまたいいじゃないですか。

 


Ole Børud – “Good Time” (Radio Edit) – 2018

 

故郷のノルウェーでは有名なミュージシャンの父「Arnold Børud」のいる家庭環境だとか、また北欧の若者のすべてがそうであるように、英国・米国のあらゆるカテゴリーの音楽を聴いて育ったという、現在42歳の彼の創り出すどこか回顧的なサウンドの特徴については、本人曰く特に珍しいことではないと、インタヴューに答えているようです。
僕らのように若い頃から、欧米発信の「1970~80年代のPOPS/ROCK」などを聴いて育った世代からすれば、HIP-HOP系ばかりのサウンドが食傷気味に蔓延している近年の米国辺りでは、もう「宝探し」に近いようなずっと探していたあの時代のサウンドが、遠くスカンディナヴィアの国々からこの時代に発信されてくることが、ちょっと不思議な感覚であり、それよりなによりも「まだここにあったのか!」「よくぞ生きててくれた!」という喜びの方が数百倍というのが本音です。

 


Track#1  “Driving” (album: Stepping Up – 2014)
Track#2  “Broken People” (album: Keep Movin – 2011)

Track#3  “Maybe” (album: Stepping Up – 2014)
Track#4  “One More Try” (album: SHAKIN’ THE GROUND – 2008)
Track#5  Keep Movin (Live @ Parkteateret 2016)

 

それにしても、『オーレ・ブールード』が数年前に来日した際も『ノルウェー王国大使館』が後援していましたが、北欧のミュージック・シーンは熱いですね。昔から米国出身の多くのジャズ・ミュージシャンたちが、北欧の国々を終の棲家に選んだのが、よく分かるような気がします。スカンディナヴィア諸国では、クラシック音楽を愛するのと同様に、その他のカテゴリーの音楽を受け入れるその「懐の深さ」は、世界中のどの地域よりも高水準と言われる、国民の教育水準をはじめ幸福度や福祉の充実ぶりと、おそらく無関係ではないのでしょう。我が国も見習うべきことが、沢山あるような気がしてなりません。
 

2019年の、『大人が聴いてリラックスできる音楽』を標榜する『AC Tunes』のシリーズでは、僕も若い頃から大好きでそれこそ夢中になって聴いた、『FUSION』(Smooth Jazz)分野で活躍するアーティストたちに関しても、もっともっと取り上げていきたいと考えています。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.205【Friday Night Plans】

新年明けましておめでとうございます。
いつもご訪問ありがとうございます。今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。

賀状を毎年くださる旧来からの知人の皆さま、毎年ご丁寧にありがとうございます。実店舗をCLOSE後は、年末年始が多忙な組織に属していることもあり、誠に恐縮ではございますが、ここ数年は知人の皆様への賀状でのご挨拶は遠慮させていただいております。この場をお借りして、年末・年頭のご挨拶と代えさせていただいておりますので、どうぞご了承くださいませ。

 

 

さて、なんだか今年の「R&B」シーンは、従来「Black Music」(黒人音楽)のルーツとなっていた、アーティスト自身のオリジン(出自)を「アフリカ」に持たない人たちによる、ジャンル(カテゴリー)の形成がこれまで以上に進化していくような、そんな兆候を強く感じます。この件については、昨年末の『松尾潔のメロウな夜』の番組の中で松尾さんが「鋭い指摘」をされていました。

事実、本家の米国では、英国出身の『Ella Mai』(エラ・メイ)や新たに『H.E.R.』のアーティスト・ネームでシーン躍り出た「Gabi Wilson」(ギャビー・ウィルソン)、そして極めつけは今や超BIGな存在となった『Bruno Mars』(ブルーノ・マーズ)など、直接的な出自をアフリカに持たないアーティストが増えてきました。世代交代が進めば当然といえばその通りなのですが、かつて「SOUL」と呼ばれたカテゴリーの呼称が「R&B」と呼ばれるようになって久しいですが、いよいよこのカテゴリーもアーティストの「多国籍化」が本格的に進んできているようです。
かねてより申し上げていますが、正直なところ僕は体質が合わないので、極端に「HIP-HOP」然としたアーティストやその作品群を好んで聴くことはほとんどありません。敢えてここで詳しくは言及しませんが、聴かない理由は、かつて「Quincy Jones」や「Jam & Lewis」といった「Black Music」の一時代を築き上げたプロデューサーたちが「HIP-HOP」に対して抱いていた感覚と同様のものです。とはいえ、現代(いま)の音楽を目の前にした際、ある程度「HIP-HOP」の要素が入っているのは時代の潮流であり、メロディアスあるいはメロディックに処理された楽曲の中には、好意的に受け取ることができるアーティストや作品が、明らかに増えてきているのは間違いないようです。

さて前置きが長くなりましたが、2019年最初の「Mellow Tunes」の今回は、昨年末に駆け込みでご紹介した、『Friday Night Plans』を改めて取り上げます。
僕が彼女の存在を知ったのは、「松尾潔」さんのTwitterで紹介されていた「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」のカヴァーがきっかけだと、以前の記事でお伝えした通り。また、数日前の晦日に放送された「山下達郎」さんのFM番組「サンデー・ソング・ブック」の中で、年末恒例のゲスト出演中の奥方「竹内まりや」さんと共に、「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」の話題に触れ、優れたカヴァーの2作品を紹介するとして、今月下旬より配信される予定の『tofubeats』によるカヴァーと共に、『Friday Night Plans』によるカヴァーもOn-Airされました。特に『Friday Night Plans』のカヴァーに関しては、「まりや」さん本人が「すごく素敵な声」と絶賛されていました。

『Friday Night Plans』は、東京都出身、今年で23才になるアーティスト。日本人の父とフィリピン人でシンガーの母を両親に持つ、そんな彼女が昨年6月にLA滞在中、現地で制作された作品(全4曲)を収録したEP『LOCATION – Los Angeles』から2曲ほどご紹介。
UPなものもBalladもどちらも素晴らしい出来で、彼女の才能の片鱗を否応なく感じ取ることができるでしょう。今後も要注目ですね。

 


Meet Us In The Park We Used To Play.
(EP: “LOCATION – Los Angeles” – 2018)

 


Fall In Love With You In Every 4AM.
(EP: “LOCATION – Los Angeles” – 2018)

 

先の話題に戻るようですが、『H.E.R.』こと「Gabi Wilson」(ギャビー・ウィルソン)、『Bruno Mars』(ブルーノ・マーズ)、そして『Friday Night Plans』と、これらの三人に共通するのが、母親がフィリピンの方であるという事実なんですね。これは単なる偶然ではなく、きっと必然であって、母国語と同様に英語を話す環境が、「世界」というステージ(舞台)を視野に入れたとき、我々日本人とはその差が、大きなアドヴァンテージとなって出てくるのではないかと、そんなことを強く意識した昨今の「R&B」シーンです。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.204【Best Mellow Tunes – 2018】

いつもご訪問ありがとうございます。
毎年のことですが、クリスマスが終わると年末に向けて、その後の日々の過ぎ去るスピードが一段と加速するような気がしてなりません。それも年を追うごとに。冬季特有の早い日没の夕空を眺める時間くらい、取りたいものですが、なかなかそうもいきませんね。

 

 

かつての実店舗「Mellows」のOPEN準備期間(2010年末)より継続している音楽主体の当ウェブサイトですが、今年も変わらず定期的なご訪問、皆様ありがとうございました。そろそろ2018年「平成最後の年の瀬」も間もなく暮れようとしていますが、今年は皆さんにとってどんな一年だったのでしょうか。

さてさてここ数年の年末の恒例企画ですが、当サイトにてその年にご紹介したアーティストや作品の中から、【Best Mellow Tunes】として、作品のリリース時期に一切関係なく、その時点でよいと感じた「アーティスト」であり「作品」を、時代やカテゴリーに拘ることなく選択しています。新しいものだけがよいと言うのは大間違いで、残念なことに出逢う機会がないままに、自分の中で過去に流されていった作品の中に、キラッと光るダイヤのような作品と、長い時間を経てめぐり逢うことは、決して少なくありません。大抵の音楽好きの方であれば、容易にご理解いただけると思いますが、あくまで「私的なBEST」ですので、誤解なきようご了承ください。

 

 

Best Mellow Tunes 2018 [New Wave ~ R&B]

 


Best Mellow Tunes 2018 [Veteran’s Return ~ R&B]

 


Best Mellow Tunes 2018 [Smooth Jazz/Fusion]

 


Best Mellow Tunes 2018 [Domestic]

 

今年も敢えて順位などはつけませんが、必然的に新しい作品が大半を占めるとはいえ、今年2018年中に初めて出逢ったり、過去の作品群を掘り起こし作業中に再会したりした中で、『Mellow Tunes 』『AC Tunes』シリーズの記事としてUPした中からの、「アーティスト」や「楽曲」のご紹介となりました。(但し今年に限っては、多忙さゆえに記事をUPできなかったアーティストの作品も一部含まれていますことを、ご理解くださいませ。)
お気付きの方もいらっしゃるように、今回は、敢えて「カテゴリー」を分けて選出してみましたので、年末年始のお時間の許す限り、ゆっくりとお楽しみいただけたら幸いです。
また余談ですが、今年出逢ったアーティスト・作品の中で、最も感銘を受けたのは、数日前にリリースされたばかりの、【Domestic】(国内部門)リストの最後の作品でした。

 

それでは皆様、「よいお年を」お迎えください。

 

Bon Voyage, Mitsuo

親愛なる鹿島アントラーズの闘将、「小笠原満男」がついにスパイクを脱ぐ時が来てしまった。
残念だけれど、現役選手にとっては遅かれ早かれ、いつかはやってくる日。

 

 

 

あなたのおかげで、これまで何度も優勝の瞬間に立ち会うことができた。冬の海風が強く吹き荒れる鹿島スタジアムで、そして元日の国立競技場でも。

 

 

17年前の「2001 SUNTRY CHAMPIONSHIP 第2戦 鹿島vs磐田」で、あなたの右足から放たれた、J-League史上最も美しいFKからのGOALを、僕らは絶対に忘れない。

 

 2001.12.08  SUNTRY CHAMPIONSHIP 第2戦 鹿島vs磐田

 

今日までお疲れさまでした。そして、ありがとう満男。
これから始まるあなたの新しい旅路に向けて、良き船出となるよう、心より祈っています。

 

Merry Christmas ~ 2018

 

Merry Christmas


“Have Yourself a Merry Little Christmas” by Wells Cathedral Choir (U.K.)

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.203【Friday Night Plans】

いつもご訪問ありがとうございます。
三連休も終わり今日がクリスマスですが、暦の関係で世の中は早くも年末ムードにシフト・チェンジしたような印象ですね。平成最後の今年もあと少し。頑張りましょう。

おっとそういえば、クリスマス当日の今日は「George Michael」(ジョージ・マイケル)の命日でしたね。あなたの遺した「Last Christmas」が世界中の街角から聴こえてきます。
Rest In Pease, George…

 

 
「Plastic Love」(プラスティック・ラブ)といえば、僕ら50代以上の世代の人たちにとっては周知の、「竹内まりや」さんの1984年にリリースされた通算6枚目のアルバム『VARIETY』(ヴァラエティ)に収録された、国内POPS史に燦然と輝く名曲です。作詞作曲はご本人、編曲・アレンジ・プロデュースはご主人の「山下達郎」氏なのは、当ブログを訪問される方々であれば、もはや説明は不要かと思われます。

僕も『Plastic Love』には並々ならぬ想い入れがあり、本楽曲中まりやさん本人と一緒にバック・コーラスを担当し、圧倒的な存在感を放っている「大貫妙子」さんの大ファンでもあったので、この作品が世に出たときは本当にエキサイトしたのをよく覚えています。アルバム発売の翌年1985年(33年前)には、当時流行していた「45回転12インチシングル盤」も追加リリースされました。山下達郎氏ががっぷり四つで取り組んだ12インチシングル盤の「B面」には新たに施された「New Re-Mix Ver.」が、そして「A面」には9分を超える「Extended Club Mix」が収録され、NY辺りの街中のSE(効果音)なども散りばめられており、よく都内のClubやDiscoで耳にする機会も多かった、非常に優れたマスタリングが施された素晴らしい音質の12インチシングル盤でした。限定何枚プレスされたのかちょっとわからないのですが、とにかく当時入手できた人は大変少なくて、僕の周りの音楽好きの連中も手に入れられなかった人たちがほとんどでした。僕はといえば、当時大学の帰りに寄るのが日課だった、今はなき宇田川町のタワー・レコード渋谷店の馴染みの店員さんに頼んでキープしてもらい、発売当日に速攻で購入した記憶があります。

 

 

Track 01: Mariya Takeuchi “Plastic Love” (original) 1984
Track 02: Mariya Takeuchi “Plastic Love” (Extended Club Mix) 1985
 

間もなく2019年とあれから35年近くが経過する現在でも、僕のターン・テーブルに乗るアナログ盤としては、「”Never Too Much” – Luther Vandoross」「”The Nightfly” – Donald Fagen」に次ぐ頻度といえるくらい、今でもよく聴いてますね。とにかくですね、マスタリングされた音質が素晴らしいんですよ。さすが音職人でもある「達郎」さんの仕事ぶりです。なので、現在では海外からの入手を希望するマニアも多くて、オークションでも程度のいいものはかなりの値がついているそうです。もちろん、僕は誰にも譲りませんよ。悪しからず。
オリジナルの楽曲のリリースから35年近くが経過した現在、『Plastic Love』は国内はもとより、海外での評価も日を追うごとに上昇し続けていて、YouTubeを筆頭に各種動画サイトでも大変な再生回数がカウントされているようです。

さてさてご紹介が遅れてしまいましたが、そんな状況の中で、先日音楽プロデューサーの「松尾潔」さんが自身のTwitterで紹介していたのが、こちらのアーティスト、『Friday Night Plans』です。(多忙で記事更新の時間が取れず、取りあえずPCモードで閲覧すれば見られるように、右側ウィジェットに動画だけは貼付けておいたので、視聴された方も多いかと思います)

「Friday Night Plansが、竹内まりやの名曲「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」のカバーをリリースした。」
(詳細については、こちらの音楽レビューサイト【Real Sound】をご覧ください)

 

Friday Night Plans – ‘Plastic Love’ – 2018
Cover Version (Original Song by Mariya Takeuchi)
 

「2018年にこの楽曲が録音されていたとしたら」という視点から制作した、というプロデュースを担当した「Tepppei」氏が語るように、原曲へのリスペクトから楽曲のテイストを変えず、実にクールに響く彼女のヴォーカルの魅力を最大限に引き出すことに成功しています。
前述の「松尾潔」さんが昨晩の「メロウな夜」の番組中で言及してらっしゃいましたが、ここ数年で世界中を席巻する勢いの、「次世代R&B」アーティストの筆頭と言われて久しい『Ella Mai』『H.E.R.』と同様に、「アフリカン・アメリカン」ではない有望なアーティストの登場に、今後も要注目ですね。

Friday Night Plans」の新旧リリース楽曲については「SOUNDCLOUD」へGo