Search Results for: Radka Toneff

Coffee Break ~ Vol.16【Radka Toneff / Steve Dobrogosz】

暑中お見舞い申し上げます。
毎年のことですが、大人になってから年々暑さが苦手になる僕ですが、8月になってようやく梅雨が明けた途端に襲いかかるこのうだるような暑気に、もう既に降参気味です。
とはいえ、公園の小さな滝を流れ落ちる水飛沫には、本格的な夏の到来を感じます。
コロナ禍における今年の夏は、これまで経験した夏とはだいぶ勝手が違いますが、とにかく早めの水分補給と休息を忘れぬよう、どうか皆さまご自愛ください。

 

 
さて、暑さで夏場のブログ更新が進まないのは例年のことですが、今年は「発信」のステージをこちらから「Twitter」へと移行しつつあり、更新が容易なため日々音楽関連の話題を Tweet しております。まだご登録でない方は、ブックマークするなり、既にアカウントをお持ちの方は、フォローしていただくようお願いいたします。これまでよりも頻度は緩やかになりますが、更新は必ずいたしますので、その旨ご了承ください。

「暑中見舞い」代わりといっては何ですが、こう暑いとどうしても涼しげな音を探しにいってしまうのが世の常といったところでしょう。

 

 

「Radka Toneff」(ラドカ・トネフ)は、この世に僅か「3枚」のアルバムを残し、30歳という若さで天に召された、北欧ノルウェーでは伝説的な存在となっている女性ジャズ・シンガーです。彼女の澄み切った歌声を堪能できる作品と、短かった彼女のキャリアをサポートした米国出身のピアニスト「Steve Dobrogosz」(スティーヴ・ドブロゴス)のピアノによるインストゥルメンタル作品を、3曲ほどプレイ・リストにしてみました。
「ラドカ」のイノセントで天使のような歌声と、「スティーヴ」のピュアで透明感のあるピアノの音色が紡ぎ出す「CHEMISTRY」をじっくりと味わってみてください。聴き終える頃には、すこし周辺の温度が下がったような錯覚を起こすかもしれません。

 


Track-1: Radka Toneff – The Moon’s a Harsh Mistress (1982)
Track-2: Steve Dobrogosz – Where You Belong (2018)
Track-3: Radka Toneff – Ballad of The Sad Young Men (1977)

 

「Radka Toneff」にご興味を持たれた方は、過去記事などもご覧ください。

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.52 【Radka Toneff】

いつもご訪問ありがとうございます。
当ブログでは、過去記事で何度か取り上げたこともあるのですが、Radka Toneff(ラドカ・トネフ)という名の歌手の名を聞いたことがありますか?
この世にわずか3枚のアルバムを残し、30歳という若さで天に召された北欧ノルウェーでは伝説的な存在となっている、女性ジャズ・シンガーです。本当に「イノセント」という言葉が適切な彼女の遺した作品群は、数が多くないだけにその分大変貴重なものです。

今回ご紹介する、ラドカ・トネフがしっとりと歌い上げる『The Moon Is a Harsh Mistress』という作品は、米国のソング・ライターのJimmy Webb(ジミー・ウェブ)が、1974年に書いた美しい楽曲です。元々は米国の作家である「ロバート・A・ハインライン」著の同タイトルのSF小説「The Moon Is a Harsh Mistress(邦題:月は無慈悲な夜の女王)」の「作品名」に感銘をうけたウェブ氏が、作者にタイトル使用の許可を得て書かれた楽曲と伝えられています。僕はまだ読んだことがありませんが、小説の内容は「地球の植民地である月が独立を目指して革命を起こす」ことについてであって、楽曲の詞の内容と小説の間には、それほど関連性はないようです。

さあそれでは、ちょっと疲れた大人の皆さん方への処方箋です。
頭と心を空っぽにして、聴いてみてください。

 


Radka Toneff – “The Moon’s a Harsh Mistress”
(album: Fairytales – 1979)

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.73 【My Funny Valentine ① / Radka Toneff】

あっという間に2月に入ってしまいました。
2月というと、別れと出会いのある3月や4月と比べると、「節分」くらいしかイベントもなく、一年でもっとも寒い時期でもあり人もモノもほとんど動かない「停滞時期」と言えます。まあ、元気がいいのはチョコの製造・販売をしているところくらいのものでしょうか。

そんなわけで、こじつけではありませんが、「2月の風物詩」でもある 『St. Valentine’s day』 に因んで、数年前からやろうと企画はしていたもののまだ実行できていなかった、1937年リチャード・ロジャース & ロレンツ・ハートにより生み出された超スタンダードな作品『My Funny Valentine』の特集をし、できれば5~6曲程度ご紹介していきたいと思います。

 

Fairytales

Radka Toneff / “My Funny Valentine” (album: Fairytales – 1979)

 

Radka Toneff昨年末のクリスマス・ソング特集で、沢山のアーティストによる『Have Yourself A Merry Little Christmas』を取り上げましたように、それらの素晴らしい古典的で偉大な作品をそれぞれのアーティストが違った解釈や表現で歌ったりプレイしたりするのを、『へぇ~、そうきたか』とか感じながら楽しむのが、個人的にとても好きなのです。たぶんクラシックやジャズが好きな人にはお分かりいただけると思います。
さきほどPCにストックしてあるiTunesでチェックしたら、『My Funny Valentine』絡みの曲だけで70曲以上もありましたので、絞り込み作業が困難を極めそうです。(汗)

で、初回の今日は、若くして自ら天に召されていったノルウェイの伝説的な歌姫 Radka Toneff (ラドカ・トネフ)による『My Funny Valentine』で幕を開けたいと思います。
目を閉じてじっくりと味わうように聴いてみるのがよろしいかもしれませんね。

彼女の歌声に興味をもたれた方は、ぜひ過去記事もご覧ください。

 

心が洗われるような Fairy Voice【Radka Toneff】

今日は、これまでの「 優しい Voice 」つながりということで、優しいだけでなく、まるで心が洗われるような歌声を持った女性シンガーを紹介します。

Radka Toneff (ラドカ・トネフ という名前を聞いたことがありますか?
この世にわずか3枚のアルバムを残し、若くして天に召された北欧ノルウェーでは伝説的な存在となっている、女性ジャズ・シンガーです。

僕は先に紹介済みの、Boz Scaggs の2枚目の Jazz スタンダードアルバム “Speak Low” に収められた、 ” Ballad of The Sad Young Men “ という曲を二年前に初めて聴いたときに、鳥肌が立つくらい感動したのを鮮明に覚えています。
あまりに美しい旋律と優しさを持ったこの曲を、過去多くのJazz界の大物たちが取り上げてるのでは思い、あちこち検索しいろいろ聴いて、もっとも感動的だったのが、彼女のライブ映像でした。

古くはブロードウェイ・ミュージカルで歌われた曲だと聞いていますが、BOZの解釈もすばらしいのだけれど、彼女の情感溢れる中にも、「妖精」と呼ばれただけのはかなくも美しい Fairy Voice に、ライブを見守る聴衆も涙を禁じえません。こんな歌を聴かせてくれるアーティストは、僕の人生の記憶の中でもそう多くはありません。

どうかこの機会に知っておいてください。

どうか安らかに….

 

Radka Toneff / “Ballad of The Sad Young Men”
[Hosted by YouTube]

 

 

 

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.15【美しく涼しい音色】

「千年猛暑」などと、昨年同様まあとにかく「雨の降らない酷暑」に見舞われた日本列島ですが、今晩はようやく『恵の雨』となりました。
あまりに厳しい夏なので、なにか皆さんに紹介できそうな「涼し気な音」を、自己所有の『iTunes』やヨーロッパを中心とした海外のサイトなどを、時間を見つけては探求しておりました。

国別閲覧統計左記の統計は、僕のブログへのアクセス解析をするために2ヶ月前くらいに導入したプラグインですが、ご覧の通り日本国内とアメリカ・カナダからのアクセスがかなり近い数字となっております。特に気になるのがやはりロシア周辺の旧東欧と呼ばれた国々やスウェーデンなど北欧諸国からのアクセスも多いんですね。昔からそうですが、とにかく欧州でのJAZZの人気は僕らアジア地域に住む人間の想像を遥かに超越しているようで、彼らの関心の高さが窺い知れます。まあ、もはや「カフェ・ブログ」ではなく「音楽ブログ」ですから、世界中から沢山の訪問者がアクセスしてくれて嬉しい反面、若干のプレッシャーも感じないわけではありません。ネット時代による技術革新の恩恵で、それぞれの国の言語に自動翻訳され、自分の記事が読まれるというのはなんだか、すごく不思議な感覚です。

まあそれはそれとして、今回はポーランド出身のピアノ・トリオを紹介したいと思います。皆さん知っての通り、ポーランドは「ソ連崩壊」以前まではその周辺共産主義諸国と同様に「東欧」と呼ばれた国の一つであり、戦時中は数奇な運命に翻弄され、近年ようやく民主化を成し遂げたことで知られています。Wikipediaではないので、政治的な話題は割愛するといたしましょう。

『100年に一人出るかどうかの天才』と、ドイツを中心とした欧州でその才能を高く評価されているポーランド人ピアニスト、Marcin Wasilewski (マルチン・ボシレフスキ – 写真中央)が率いるのが Marcin Wasilewski Trioです。

 

Marcin Wasilewski Trio

小難しい評論はプロの批評家の先生たちにお任せするとして、僕自身の聴いた印象は、とにかく高い技術とその静寂さにまずは驚き、とにかくCool で美しいピアノの音色に心奪われます。オリジナルの曲はもちろん、スタンダードにおける彼らなりの感性による解釈でプレイするその出来映えは、とにかく美しいの一言に尽きます。彼らの3作目のオリジナルアルバム『Faithful』から、スタンダードなバラッドとしては取り上げるアーティストも少なくない『Ballad Of The Sad Young Men』をご紹介しましょう。

 


Marcin Wasilewski Trio /  “Ballad Of The Sad Young Men”  (album: Faithful – 2011 )

 

こんなピアノの音色を聴いてると、なんだか美味しい珈琲を飲みたくなってきちゃいますね。

 

『Ballad Of The Sad Young Men』については、過去記事で取り上げたことのある、若くして天に召されたノルウェーの妖精 Radka Toneff (ラドカ・トネフ)も、素晴らしいカヴァーを世に残してくれました。米国に起源を持つJAZZとはいえ、やはりクラシック音楽の基礎がある欧州のミュージシャンやアーティストの楽曲に対する感性の鋭敏さは、長く育まれた音楽の歴史や土壌に起因するものなんでしょうか。それくらい若手の魅力あるアーティストが、欧州より次から次へと輩出されてきていますね。これからが更に楽しみです。

おっとそういえば、この曲に関しては、こんな過去記事もありました。相当好きみたいです。(笑)