Mellow Tunes ~ Vol.226【Marc Jordan】

いつもご訪問ありがとうございます。
五月も後半入り、日中は気温の上がる日が続いています。そうこうしているうちに、「梅雨入り」の季節の足音さえ聞こえてきそうです。

 

 
仕事がお休みの今日は、よく訪れる近隣の公園で、珈琲を片手に南風に吹かれ、ぼーっと湖面の様子を眺めながら、若い頃に浴びるほど聴いた、大好きだったアーティストの新作を、イヤフォン越しに聴いてました。
1970~80年代にピークを迎えていた「AOR」シーンの真っ只中にいた世代の人ならば、嫌いな人はまずいないだろうと思われる、『Marc Jordan』(マーク・ジョーダン)が先月末にリリースしたのは、なんとジャズ・スタンダードをはじめ、流麗なストリングスをバックに配した、いわゆる「American Song Book」的な内容の新譜。
感想はといえば、なんとも「素晴らしい」の一言。

僕は残念ながら参戦のチャンスがなかったけれど、現在来日ツアー中の「ボズ・スキャッグス」にしても、「ロッド・スチュワート」にしても、「ポール・マッカートニー」も、また3年前に他界した「グレン・フライ」もしかり、皆キャリアの最終期に入った頃合いを見て、「ジャズ」をはじめ「スタンダーズ」にチャレンジしてますね。
加齢によって声域に限界が出てきたりといった事情もあるとは思うけれど、多くの経験を積み重ねそれなりに熟成された世代の、元トップ・アーティスト達の歌うそれらの作品群は、僕にとってはとても愛おしい存在なのです。

 


Track#1 – “Nearness of you”
Track#2 – “He’s Going To Break Your Heart”
Track#3 – “People Get Ready”

(album: Both Sides – 2019)

 

今年で71歳となった「マーク」のヴォーカルは、まさに「いぶし銀」としか例えようがない。「なんて表現力なんだ」と驚きを隠すことができない。一曲一曲が、心に染み入るようだ。こんな味わいのアルバムは久しぶりだ。

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.8【Vanessa Williams】
Mellow Classics ~ Vol.9【Melvin Edmonds ~ R.I.P.】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です