Search Results for: Rick Braun

AC Tunes ~ Vol.26【Rick Braun】

9月に入ってからというもの、一雨ごとにどんどん季節が秋に向かっていくようで、なんとも嬉しいことです。昔から、これからは何をやっても「いい季節」と言われますが、僕自身としては最近「秋空」とかばかりだったので、そろそろ違う対象の写真なども撮りはじめたいものです。そういえば、「MOMIJI通信」もそろそろUPしないといけません。

Rick Braunさて今回の「AC Tunes」ですが、前回に続き Smooth Jazz系のアーティストのご紹介です。
Rick Braun(リック・ブラウン)は米国はペンシルヴェニア出身の、トランペット/フリューゲルホーン奏者でありながら、多くの音楽作品のコンポーザー/プロデューサーとしてもその活躍が知られています。来年は還暦らしいので、リリースしているアルバムも本人名義のものと『BWB』というユニット(Kirk Whalum/Sax, Norman Brown/Guiter)での作品なども含めると、もう20作品ほどを発表しているベテラン・アーティストの一人です。
プレイスタイルはやはりR&Bの影響を強く受けた傾向の、なかなかCoolでアーバンな印象の作品が多く見受けられます。ライブでは右手だけでラッパを吹くパフォーマンスがよく見られる、結構技巧派なミュージシャンでもあります。

2001年にリリースされた本人名義としては8作目にあたる“Kisses in the Rain”は、全体的にとてもよくまとまった印象を受けるアルバムで、中でも現代のFusion/Smooth Jazzの基礎を築いたと賞賛される今は亡き偉大なSAX奏者の Grover Washington, Jr.(グローヴァー・ワシントン・ジュニア)へのオマージュともいえる、『Grover’s Groove』(Johnny Brittのcover)の出来は素晴らしいものがあります。

 


Rick Braun / “Grover’s Groove” (album: Kisses in the Rain – 2001)

 

もう他界してから15年が経つ Grover Washington, Jr.(グローヴァー・ワシントン・ジュニア)のことを知らない世代の人たちも多いと思うので、伝説的なVocalist の Bill Withers(ビル・ウィザース)を起用しグローヴァー自身の最大のヒットとなった作品『Just the two of us』(邦題:『クリスタルの恋人たち』)もUPしておきましょうか。国内アーティストでは実力派の久保田利伸氏がカヴァーしていたりしますので、聴いたことある方も多いことでしょう。

 


Grover Washington Jr. / “Just the two of us”  (album: Winelight – 1982)

 

これからの本格的な秋の深まりに寄り添うように、すこしずつですが年代にとらわれることなく、mellow な音楽作品をご紹介していければと考えています。
では次回に乞うご期待。

 

Mellow Tunes ~ Vol.163【Lindsey Webster】

いつもご訪問ありがとうございます。
暖かい陽気が続いていることもあって、僕の居住する地域でも、今「桜」の花が満開を迎えています。
一年の内のほとんどを「幹」と「枝」ばかりを眺めるしかない「桜」の木々ですが、長くもったところでせいぜい二週間程度しか拝むことのできない可憐な花々は、この国で生活する人々にとって、特に年齢を重ねれば重ねるほど、その存在に対する「愛おしさ」が増してくるものだから不思議です。ふんわりと丸みを帯びたその愛らしさといったら、言葉で表現するのがとても難しいくらいです。

 

 

 

 
これまで何度も取り上げねばと思っていたものの、なかなかチャンスがなく、今回ようやくご紹介する「Lindsey Webster」(リンジー・ウェブスター)ですが、米国は N.Y. をベースに活躍中の「コンテンポラリー・ジャズ」のみならず「R&B」界にまで新風を巻き起こしている、世界中から注目を集めているアーティストです。

最近活動再開が大きなニュースとなった、80年代後半から90年代に世界中の人々を魅了した「Quiet Storm」というカテゴリーの代表的なアーティストといえる、あの「SADE」(シャーデー)と、世界中の音楽評論家の方々から比較されるケースが、なんだか目立つようです。僕自身としては、彼女(リンジー)のデビューアルバムから、今月リリースされたばかりの4枚目オリジナルアルバム「Love Inside」まで聴いてきた上で言わせてもらえば、あまり比較の対象とはならないような気がしています。「SADE」の持つ「無国籍」で「普遍的」な世界観については、やはり「唯一無二」のものだと思うので。そしてリンジーには彼女なりの、個性溢れるヴォーカル・スタイルが備わっており、まだまだ若いですから、これからがますます楽しみなアーティストであることは、間違いありません。

Smooth Jazz界では大物アーティストで知られるトランペッターの Rick Braun(リック・ブラウン)やギタリストの Norman Brown(ノーマン・ブラウン)も参加した、今回取り上げる最新アルバム「Love Inside」からの一曲は、こちらの『Don’t Give Up On Me』という作品です。リンジーの作品群は基本的には「JAZZY」で変調が豊かな作品が多いとはいえ、「Smooth Jazz」「Neo Soul」そして「AOR」的なアプローチのサウンドまでこなすキャパシティの広さには、正直とても驚かされます。キャッチーでメロディックな『Don’t Give Up On Me』は、彼女のこれからの大きな可能性を感じさせてくれる、そんな楽曲となっています。

 

 

ご興味を持たれた方は、こちらの Official へどうぞ。