Slide #01
Slide #02
Slide #03
Slide #04
Slide #05
Slide #06
Slide #07
Slide #08
Slide #09
Slide #10
Slide #11
Slide #12
Slide #13
Slide #14
Slide #15
Slide #16
Slide #17
Slide #18
Slide #19
Slide #20
Slide #21
Slide #22
Slide #23
Slide #24
Slide #25
Slide #26
Slide #27
Slide #28
Slide #29
Slide #30
Slide #31
Slide #32
Slide #33

Mellow Classics ~ Vol.40【People Get Ready】

全米各地や香港などが騒然としている中、気付けばそろそろ国内では「梅雨の走り」あるいは「入梅」の季節に。日中はもう真夏日に達するほど、蒸し暑い日が続いたりと、なんだかお天気も忙しい。

 

 

世界中がまだコロナ禍から依然として平常時に戻れない中で、米国では一人の黒人男性「George Floyd」(ジョージ・フロイド)氏の死をきっかけとして、この事件に端を発した大小様々な抗議活動が、全米だけでなく世界の主要都市にまで波及している。
白人至上主義の現大統領の下、全米各地でのデモは一部過激さを見せてはいるものの、これまでのそれとは違った様子も窺える。「暴力だけに訴えても、何の解決にもならない」といった、一歩進んだ印象を、メディアによる報道のあちらこちらで感じ取ることができる。こういう時こそ、「SNS」の理想的な利用が望まれる。「fb」社のザッカーバーグ氏が言い逃れをするように、誰がその判定をするのかについてはまだまだ議論の余地があるけれど、過激で誤った使い方と判断されるアカウントや言動は、たとえそれが合衆国大統領のものであっても、日本国首相であっても、規制や削除されて然るべきだと思う。運営側には勇気をもって対応してもらいたい。

 

こんな時に脳裏をよぎるのが、「公民権運動」が活発だった頃より民衆に常に寄り添ってきた歌『People Get Ready』だ。作者の『Curtis Mayfield』(カーティス・メイフィールド)が在籍した「The Impressions」がオリジナルをリリースしヒットさせたのが1965年だから、世に出てすでに「55年」という途方もない月日が流れている。にも拘わらず、いまだその当時と変わらぬ黒人への人種差別が、米国の現代の日常に当たり前のように横たわっている。実にやるせない。
とはいえ、黒人アーティストだけでなく白人アーティストによるカヴァーも少なくない、人種を超えて多くの民衆に届くこの楽曲は、力強い希望に溢れたリリックとメロウなメロディと共に、これからも世紀や時代を超えて未来永劫歌われ続けていくのであろう。

 


“People Get Ready” (1965)
Track-1:  Curtis Mayfield
Track-2:  Seal
Track-3:  Marc Jordan

1965年にリリースされた、ゴスペルの影響が濃厚なこのスピリチュアルな楽曲は、信仰について歌ったというだけではなく、その当時の黒人の社会的地位向上を目的とした「公民権運動」と、切っても切れない関係となった。

“People Get Ready”
さあみんな 用意はできたかい。列車がやって来る。荷物も切符もいらない。神に感謝さえすれば、約束の地に連れて行ってもらえる。信仰心こそが扉の鍵。でも希望を持たない罪人に席はない。ただ主に感謝するだけ。

Lyric:

People get ready, there’s a train a comin’
You don’t need no baggage, you just get on board
All you need is faith to hear the diesels hummin’
Don’t need no ticket, you just thank the Lord

People get ready for the train to Jordan
It’s picking up passengers from coast to coast
Faith is the key, open the doors and board ‘em
There’s hope for all among those loved the most.

There ain’t no room for the hopeless sinner
Who would hurt all mankind just to save his own
Have pity on those whose chances grow thinner
For there’s no hiding place against the Kingdom’s throne

So people get ready, there’s a train a comin’
You don’t need no baggage, you just get on board
All you need is faith to hear the diesels hummin’
Don’t need no ticket, you just thank the Lord

written by Curtis Mayfield

 

知っているご同輩の皆さんはもちろん、初めて触れた方も、『Someday We’ll All Be Free』と共に、ぜひあなたの大切な友人に教えてあげて欲しい。現実がそんな生易しいものではないのは分かっている。とはいえ、これらの作品を知っているかどうかということだけでも、人種差別撤廃に歩みを一歩進めることができるはずだから。

 

 

Coffee Break ~ Vol.13 「George Floyd ~ R.I.P.」

2020年5月25日にミネアポリス近郊で白人警察官に殺害された、善良な一市民であるアフリカ系アメリカ人男性「George Floyd」(ジョージ・フロイド)の死によって、コロナ禍の状況下であるにも関わらず、この事件に対する大規模な抗議活動が、ミネアポリスから全米中に広がりを見せている。

 

 

「公民権運動」からすでに半世紀が経過しているものの、この米国社会に根差した問題は、未だに解決策が見つからないでいる。
これまでも、ことあるごとに様々な記事の中でも触れてきたけれど、長い人生の中で「Soul / R&B / Gospel / Jazz」等々、黒人音楽に魅了されながら日々を生きていると、「なぜこんなにも心に響く音楽が生まれたのだろうか」と、必ずそんな疑問に出くわすタイミングがあるもの。少しずつ、すこしずつ、彼らの悲しい歴史を学ぶことから始めるのは、賢明な選択だと思う。そして、同じカテゴリーの音楽を愛する人々なら、きっと皆そうだと信じたい。

 


Peaceful George Floyd protests marred by bursts of violence | USA TODAY

 

33歳という若さで急逝した不世出のシンガー・ソングライター「Donny Hathaway」(ダニー・ハサウェイ)が、今よりずっと黒人への人種差別が激しかった時代に、「差別に怯えず、胸を張って生きよう。誇りを忘れずに日々を過ごそう。きちんとした毎日を過ごそう。そしていつか僕らみんな、自由になれる」といった、当時としては Super Positive な内容の、「ダニー」が娘の「Lalah」(レイラ)に捧げた希望溢れる作品が、言わずと知れた『Someday We’ll All Be Free』だ。
いま一度、噛みしめるように聴いてみたい。

 


『Someday We’ll All Be Free』(1973)
Track-1: Donny Hathaway (original)
Track-2: Bobby Womack feat. Wilton Felder
Track-3: Marcus Miller feat. Lalah Hathaway
Tarck-4: Alicia Keys (Live A Tribute To Heroes 911)

 
Lyrics:

Hang onto the world as it spins, around.
Just don’t let the spin get you down.
Things are moving fast.
Hold on tight and you will last.
Keep your self-respect your manly pride.
Get yourself in gear,
Keep your stride.
Never mind your fears.
Brighter days will soon be here.
Take it from me someday we’ll all be free
Keep on walking tall, hold you head up high.
Lay your dreams right up to the sky.
Sing your greatest song.
And you’ll keep, going, going on.
Just wait and see someday we’ll all be free.
Take it from me, someday we’ll all be free.
Take it from me someday we’ll all be free.
Take it from me, take it from me, take it from me.

Lyrics: Edward Howard
Song writing: Donny Hathaway

 

 

 

 

Coffee Break ~ Vol.12「Twitter」始めました

かねてよりご要望の多かった「SNS」への対応ですが、重い腰を上げもがきながらも、ようやく準備が整い、「Twitter」をスタートさせたことを、広くブログ・リーダーの皆さまへお伝えいたします。
「コロナ禍」による影響や不安がまだまだ続く国内外の状況ですが、日本全土が一旦「緊急事態宣言」が解除となったばかりのこのタイミングでのスタートとなりました。
導入当初は、なにかとリプライや反応が遅れがちになると思われますが、徐々に学んでいきますので、どうかお手柔らかに。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.263【Doc Powell / Sho Kamijo】

いつもご訪問ありがとうございます。
音楽プロデューサーの「松尾」さんが、ラジオの「メロ夜」の中の人気コーナー「Songs In The Attic」で、最近1980年代の音楽を特集してたりするので、今日帰宅してからアナログ盤が収納されているクローゼットの中のレコードラックを漁っていたら、80年代モノが出てくるわ出てくるわで、あれも聴きたいこれも聴きたいで、もう時間が取れなくて困ってしまいました。アナログ盤はですね、デジタルではないので、手の掛かる子供みたいなものなんです。

 

 

今でもそうですが金銭的に余裕のない若い時分に買ったレコードというものは、ご同輩の皆さん同様に、50代後半になった今でも大切な宝物です。貧乏性の僕は、「レコ・ジャケ」が劣化するのが嫌で、当時「TOWER RECORDS」で入手した専用のラップ・カッターでそーっとシュリンク・ラップをカットしてから保管する、小心者のコレクターでしたので、ご覧の通り、1987年リリースのこちらのアルバムも、なんと「33年間」そんな状態を保っています。(ラップ上のシールはカビが生えてしまい少々お見苦しいですが..)

 

 

で、発見したのはこちら、『Doc Powell』(ドク・パウウェル)が過去にリリースしてきたアルバムの中でも、一番フェイヴァリットなソロ・デビュー・アルバムの『Love Is Where It’s At』。過去にも「メロウなギター弾き」のアーティストを数名取り上げてきましたが、まだまだ全然紹介しきれていないことに、改めて気付きました。因みにこちらは、1980年代後期のミュージック・シーンの特徴をよく語ることができる作品で、この頃は僕の大好物の「Jazz/Funk/Fusion/Soul/R&B/Black Contemporary」といったいわゆる黒人音楽に源流を持つカテゴリーのミュージシャンやアーティストが、いとも簡単にそのジャンルの垣根を越えて、文字通り「クロス・オーバー」していたとても興味深い時代でした。その証拠に、画像をご覧の通り、このアルバムには今は亡き「Luther Vandross」とそのツアーメンバーの「Lisa Fisher」「Kevin Owens」らががっちりとコーラスを固めていたり、もちろんルーサーの盟友「Marcus Miller」も参加と、それはそれは贅沢な内容のアルバムでした。
中でも「マーカス」ではなくて「トム・バーニー」のぶっ太いベースのイントロが鮮烈な『Bad Times』、そして『What’s Going On』のカヴァーは、世の中に星の数ほどあるインスト・カヴァー作品の中でも、いちばん好きなアレンジの作品です。

 


Track-1: Bad Times
Track-2: What’s Going On
(album:  Doc Powell – “Love Is Where It’s At” – 1987)

うーんメロウですねぇ。最高です。

 

そして、過去記事でも何度かご紹介させていただいた、3人のプロデューサー・チームによる Super なユニット『X-CHANGE』[Masaya Wada (vocal) / MANABOON (Keyboards) / Sho Kamijo (Guitar)] の、まだご紹介できていなかった「第3の男」、『上條頌』さんをご紹介しておきたいと思います。
上條さんはなんと、20歳の時に単身LAへ渡米し『Doc Powell』に師事した直系の愛弟子さんだそうです。よーく聴くと、確かにお二人にはサウンドやプレイ・スタイルに共通点が多く見受けられます。
昨年秋にリリースされた「CHEMISTRY」のアルバムに収録の、『X-CHANGE』名義でプロデュースした『Angel』の哀愁を帯びた印象的なギターのイントロで、多くのリスナーの心を掴んだのは記憶に新しいですね。
そんな上條さんですが、現在「長野市芸術館レジデントプロデューサー」といった肩書をお持ちのようで、Twitter を拝見しましたら、僕も個人的に縁が深い「長野市」、そして「長野市芸術館」のために最近制作されたという楽曲、『The Music Place』をお披露目されていました。
こちらは、80年代にFUSION音楽を聴きまくった世代の方にとっては、もう小躍りしてしまいそうなくらいのたまらないギター・フュージョン・サウンドの作品となっており、師匠の『Doc』さんと共に、どうしても紹介しておきたいと思いました。「和田」さんも「MANABOON」さんもマルチな才能をお持ちですが、「上條」さんのセンスも才能も尋常ではありませんね。『The Music Place』、みなさんも、ぜひ聴いてみてください。この極上の Groove と Cutting を体験しないのは、あまりにもったいない。

 


【MV】Sho Kamijo / Love U Love U
(album: Let’s Go Together – 2015)

そしてこちらのメロウなMVのバンドメンバーには、エロピに「MANABOON」さん、ドラムスは若手#1のT-SQUAREの「坂東慧」さん、そしてコーラスにはNY「アポロ」のアマチュア・ナイトでファイナリストとなった「高橋あず美」さん、ですね。国内屈指のこれだけの実力派アーティストが揃うと、実に壮観です。

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.39【Keith Sweat】

いつもご訪問ありがとうございます。
ここ数日間、気温の低い雨模様のお天気が続いています。
一都三県を除き、緊急事態宣言が解除されたからといって、一度変更を余儀なくされた新たな生活様式が急に過去のそれに戻るわけでもなく、いやでも神経を擦り減らす日々が続きます。
来週早々には、残る首都圏に於いても状況が改善され、多くの規制が解除される方向に向かうことを、心より祈念しております。

 

 

雨降りが続くからといっても、外に出たい気持ちを抑えるのは難しいもの。
スロウ・ジャムの名曲『In The Rain』の中で「I wanna go outside in the rain …」と朗々と謳いあげるのは「Keith Sweat」ですが、リリースされた33年前から何度も何度も繰り返し聴いた作品ですが、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。
そういえば「キース」をしみじみと聴くのも、2月17日開催の「松尾潔」さん主催の第4回『松尾潔のメロウな夜間授業』〜R&Bの愉しみ〜『キース・スウェットと「ニュー・ジャック・スウィング」』以来かもしれません。「成功者はなぜか、派手なセーターを着ている」という、松尾さんなりの仮説を披露されたとても楽しかった授業でしたが、あの夜のことがなぜだかもうずいぶん昔の出来事のように感じてしまうのは、それだけインパクトのある状況が地球上で起こったからに他なりません。計10回(+1)の授業が予定されていますが、この非常事態が去って落ち着いた頃には、いつか再開してくれるものと願います。
もちろん、多くのアーティストの皆さんの、中止や延期を余儀なくされている大切なライブや公演も含めて、文化的な催しが一つでも多く再び開催できる日がやって来ることを、心より祈っています。

 


Keith Sweat – “In the Rain”
(album: Make It Last Forever – 1987)

 

どうやら、週末の前半も雨模様らしい。なんだかもう「梅雨の走り」なのだろうか。

 

海外アーティストはさておき、国内アーティストの記事をUPした際は、可能な限りアーティストの方やマネジメント事務所宛てにメールで、記事内容に間違いや修正すべき点がないかどうかを確認していただくようにしているのですが、最近はほとんどのアーティストの方への連絡手段がメールではなく、「Twitter」のDMや各種SNSに変わってきていて、僕の場合普段使いのLINE以外に「SNS」のアカウントを所持していないことで、何かと不都合が生じるようになってきています。これまでは色々と考えるところがあって、敢えて「SNS」には対応してこなかったのですが、ブログ・リーダーの皆さんからも、「ぜひSNS対応を」とのお声を多数頂戴しております。音楽家の方々からは「Twitter」を、写真家の方々からは「Instagram」をと、正直なところそんなご要望が少なくありません。時代と共にコミュニケーションの手段が変化していくのは当然といえば当然なので、あくまでブログ記事の更新通知のような補完機能的な位置付けで、まずは「Twitter」のアカウントを準備しようかと思案中です。そんな訳で、少しお時間をくださいね。準備が整い次第、当サイト上でお知らせいたします。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.262【Keith Jarrett】

いくら天気がいいとはいっても、五月上旬の急な「夏日」の連続では、身も心もまだまだ準備が整っていないもの。ましてや、こんな状況下では、尚更のこと。自然の営みのように、何事も「程々」が有難く思える今日この頃。

 

 

5/8で75歳を迎えた Jazz ピアニストの『Keith Jarrett』(キース・ジャレット)が、ちょうど4年程前の2016年3月7日に、ハンガリーの首都ブダペストの国立ホールで行ったコンサートのライヴ音源の未発表曲『Answer Me』を、自身の誕生日に配信リリースした。

1950年代のスタンダード作品『Answer Me』は、古くは「ナット・キング・コール」のカヴァーで広く世に知られるようになり、その後も多くのアーティストによるカヴァーが発表されたそうだ。バックグラウンドはどうであれ、自分自身としては初めて聴く『Answer Me』は、キースが「ECM」レーベルから過去にリリースした多くの美しいバラッドたちと同様に、ピアノの最初の一音が鳴った瞬間に、あっという間にキース独自の世界観へと誘われてゆくようだ。

 


Keith Jarrett / Answer Me (Live from Budapest – 2016)
Released on: 2020-05-08
Producer: Manfred Eicher
Producer, Associated Performer, Piano: Keith Jarrett
Studio Personnel, Recording Engineer: Martin Pearson
Studio Personnel, Mastering Engineer: Christoph Stickel
Composer Lyricist: Fred Rauch
Composer Lyricist: Gerhard Winkler
Composer Lyricist: Carl Sigman

 

こんな状況下での、優しい音色を奏でる楽曲のリリースは、本当に有難い。
思えば、キースの音楽には、困難な時期をいつも救ってもらっている気がする。

『Keith Jarrett』に関する過去記事はこちらへ。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.261【Sala Kurokawa】

いつもご訪問ありがとうございます。
相変わらずの「Stay Home」が叫ばれる中、季節はいつのまにか、日中などは初夏を意識せざるを得ないほどの「夏日」の連続。連休中に咲き出した「皐月」や「躑躅」の紅い色が、日増しに濃くなってくるのを感じます。

 

 

仕事柄「テレ・ワーク」とは無縁の状況にあるのですが、それでも仕事がOFFの日には、ほとんど家にいるわけで、自ずと技術革新と光回線の恩恵で、普段あまり触れることのなかったアーティストを発見したりする機会が多くなってきています。
数日前に当サイトのアクセス数が、いつのまにか「420万」を超えていて、実店舗営業前後を含めたブログを開設以来「足掛け10年」の重みを、そこはかとなく感じています。今では全ての記事を削除してしまった営業当時の「fb」の休眠アカウントがまだ残っている関係で、記事をシェアしてくれたり「いいね」を頂くと「fb」運営サイドから「お友達かも」とメールが頻繁に届くのですが、普段から国内外を問わず音楽関係の方の訪問が多いのは意識してたものの、やはりここ2~3ヶ月程はいつも以上に沢山のプロの音楽家の方々(特にJazz界の方が圧倒的多数)の訪問が多く、正直なところとても恐縮しております。暇を見つけては、ご訪問くださった皆さんの音楽を自分なりに聴きながら、少しずつ記事にしていければと考えています。しばし、お待ちください。

 

さて今回初めてご紹介するアーティスト、シンガー・ソングライター/ピアニストの『黒川沙良』さんですが、以前に何度かご紹介しました「和田昌哉」さんを中心とした日本が世界に誇る3人のプロデューサー・チームによるユニット『X-CHANGE』[Masaya Wada (vocal) / MANABOON (Keyboards) / Sho Kamijo (Guitar)] の、「MNABOON」さんと「和田」さんによるサポートを受け、5/9に配信リリースされた彼女の新曲『ブリコー』が素晴らしい。

MANABOON

楽曲のプロデュースと編曲はMNABOONさん、作曲はご本人、作詞は「CHEMISTRY」はじめ多くのアーティストを手がける和田昌哉さんとの共作、そしてボーカル・ディレクションに「Mico」さんと、国内のMUSICシーンを見回しても、「POP Music」でありながらも、これほど「R&B」にとって必要なファクターを包括したテイストの作品には、なかなか出逢えないかもしれません。彼女の過去の作品も聴いてみましたが、Lyricにあるような大人の男女のやるせない心象風景の描写と相まって、過去作品と比較すると明らかに「毒気」も伴う「艶」を纏ったと思われる大人の「ヴォーカル」への進化ぶりには、ゾクッとさせられます。
「二度とそのツラみせないで」「最後の最後までクソ野郎」といったヴィジュアルからはにわかに想像できないフレーズや、曲の終わりには「出口のないパラディソ(楽園)」が「今日からあなたは愛の迷子」へと立場が逆転して、自立してゆく凛とした大人の女性の佇まいを見せるように変遷してゆく過程が、見事に描かれている。わずか3分台で完結する楽曲の中で、ここまで「R&B」を表現しきれるのは、凄い才能としか言いようがありません。
いずれにせよ、彼女のその隠れていた才能と魅力の側面を引き出したのは、「MNABOONさん/和田さん」のお二人による卓越したプロデュース・ワークの賜物の一言に尽きると思います。
『黒川沙良』。今後の活躍に、目が離せない存在となりそうです。

 

Track-1 「ブリコー」
Track-2 「イイネシナイデ 」
Lyrics : Sala Kurokawa (Track-1: with Masaya Wada)
Music : Sala Kurokawa
Sound Produced : MANABOON

各種配信リンクはこちらへ ↓
https://big-up.style/iZXvyqN8Uv
YouTube Channel -> https://www.youtube.com/channel/UCVSozbSxH_OQZbVin3ZzQ6Q

 

あちこちで多くのブログ・リーダーの方々に記事をシェアしていただいているうちに、プロデューサーの「MANABOON」さん、そして「黒川沙良」さんご本人からも、当記事をお二人の「Twitter」でもシェアしていただいていました。嬉しいコメントもありがとうございました。
また、TwitterはじめSNSをやっていないので、投稿記事について連絡ができずにゴメンナサイ。
 

 

 

 

 

 

【Don’t Stop Music ! 】#音楽を止めるな

当ウェブサイトでは、「J-WAVE」がスタートさせた、「#音楽を止めるな」プロジェクトに強く賛同いたします。
 

「#音楽を止めるな」プロジェクトがスタート

J-WAVEでは、新型コロナウイルスの影響で多くのライブイベントが中止となる中、「大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい」そのような想いから、「#音楽を止めるな」プロジェクトをスタートさせました。

「#音楽を止めるな」はJ-WAVEの気持ちそのものです。
音楽産業が危機的状況にある今、J-WAVEに出来ることを、アツい気持ちそのままにお届けします。

※プロジェクト、番組の情報はこちらから!
https://www.j-wave.co.jp/topics/2004_ongaku.htm

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.260【Kiana Lede】

各人の業種やテレ・ワークなど、置かれている状況によってそれぞれだと思うけれど、ようやく長い連休が終わって、一息ついている。例年とは全く違う環境とはいえど、当たり前のこととはいえ、楽な仕事などありはしない。
連休中の数日前、仕事からの帰宅時、いつもの通勤途上で見かける結構流行っていた居酒屋が、まさに取り壊しの最中だった。信号待ちでその様子を見ていたら、急に目頭に熱いものが込み上げてきて、フロントガラスが見えなくなった。後続車からクラクションを鳴らされ我に返り、後ろ髪を引かれる思いでその場から走り去った。「Mellows」を閉めたあの日の記憶が、否が応でも蘇ってきた。さぞ、無念な想いだろう。
世界中のどの国も大変な状況だけれど、お国の一大事だというこの時期に、列島各地から選出された国会議員たちは、皆本気で地元とその地域の住人の為に汗をかいているのだろうか。誰に選出されて国会に自身の席が設けられているのかを、真剣に考えてもらいたい。待ったなしの地方自治に対して、「国」がただケチをつけているだけでは、何の進展も見られない。

 

 

季節はめぐり、例年通りに植物たちは自らのサイクルを頑固なまでに守っている。そう、自分や自分の身の回りの人たちを守ること「Protection」は、大切なこと。

 


 
4月に待望の1stソロアルバムがリリースされたばかりの、アリゾナ出身で現在はL.Aを拠点に活動するR&B界大注目のシンガー・ソングライター、『Kiana Lede』(キアナ・レデ)のデビュー・アルバム『KIKI』から、ぐっと心を鷲掴みされた楽曲『Protection』をご紹介。「H.E.R.」「エラ・メイ」「スノウ・アレグラ」など現代女流R&Bの、まさにメイン・ストリームを行くような作品。


Kiana Ledé – Protection. (Lyric Video)
(album: Kiki – 2020)

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.259【KEM】

いつもご訪問ありがとうございます。
今日は「こどもの日」ですが、おそらくいま現代に生きている人々が初めて体験するような、祝日となりました。本来であれば郊外や田舎でよく見られるはずの、五月晴れの大空に泳ぐ勇壮な「鯉のぼり」を、今年に限ってはあまり見かけることがありません。「緊急事態宣言」延長が発表されたばかりの列島各地でも、同様のことが起きているのでしょうか。

 

 

すでに「産業革命」という言葉が世界中のメディアからは聞こえてきますが、地球規模での社会のスキームが一変するタイミングを迎えているのは、否定できないような状況です。どうせ変わるのであれば、これからの未来を託される子供たちや若年層にとって、希望が持てる仕組みになって欲しいと切に願います。まずは、古い体制にしがみついてばかりいて、すべての決定がスロウで他人事な政治家たちの入れ替えから始めねばなりません。この国の将来を託すべき政治家や政党を選出するためにも、これまで政治に関心がないと言ってうそぶいてきた大人たちはもちろん、参政権を手にして間もない若い人たちにも、次の総選挙には必ず足を運んでもらう必要があります。

さて、在宅を余儀なくされる生活スタイルが定着するにつれ、以前にも増して「ラジオ」を聴く機会が増えてきてる方も多いのではないでしょうか。「TV」や「動画サイト」と違って、聴いている人の「手」「体」「視界」を邪魔をしない「ラジオ」の存在価値が、改めてクローズ・アップされてきてるのかなと、幼少の頃よりラジオとの付き合いが長い僕などは、そんな印象を持っています。
そんな中、番組放送開始から11年目を迎えた、当サイトでもずっと応援している音楽プロデューサーの「松尾潔」さんが MC を務める、大人のためのラジオ・ミュージック・プログラム『松尾潔のメロウな夜』ですが、昨日5月4日の放送分より、僕自身も全国の多くのリスナーの皆さんも待望の『聴き逃し』サービスが、NHKラジオらじる☆らじる』でスタートいたしました。放送直後から「一週間」とはいえど、何度も聴く機会が持てるのは、大変喜ばしく有難い決定ですね。当サイト内のウィジェット部に『らじる☆らじる 聴き逃し』のリンクを用意いたしましたので、ぜひアクセスしてみてください。(尚、『聴き逃し』サービス開始にあたって、これまでの2回の再放送がどう変更となるのかは現在確認中です)

 

そして昨晩(5/4)放送分のレギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」から、コロナ禍を忘れさせてくれるような、Sweet  / Smooth / Groovy / Authentic / Old-school 等々すべての形容詞が相応しく、とにかく Super Mellow な、『KEM』(ケム)の新曲『Lie To Me』を、こちらでもご紹介。
「KEM」の才能はもちろんのこと、松尾さんの選曲センスにはもう脱帽です。

「これからもR&Bを中心に良質の音楽だけを発信していきます。心ある大人たちのたまり場をどうか末永くご贔屓に。」

との有難いコメントも。『心ある大人たちのたまり場』。素敵な表現ですね。少なくとも、ここが踏ん張り時の我々にとっても、有難くかけがえのない存在の番組です。

 


Kem – Lie To Me (Lyric Video) – 2020

KEM wrote the song with Anthony Hamilton, Salam Remi, and James Poyser and produced it with Derek “DOA” Allen.

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.258【Sumire Kuribayashi】

いつもご訪問ありがとうございます。
いつも通りならば、多くの人々があちこちへと移動を繰り返すような、大型連休の日々のはず。
まったく目に見えぬ敵と対峙するのには、もしかするとはっきりと認識できる対象物よりも、きっと神経をすり減らすのかもしれません。「五月晴れの空」であるとか「薫る風」、そしてときには「五月雨」であったりと、一年の中でも過ごしやすいといわれるこの国のこの時期特有の気候を、表現する言葉は決して少なくありません。

 

 

世界にも活躍の場を広げている、新進気鋭の女性「Jazz」ピアニストの『栗林すみれ』さんが、この春3月下旬に待望のソロ・ピアノによるニュー・アルバム 『Nameless Piano』(ネームレス・ピアノ)をリリースされました。
(栗林さん、いつも当サイトへのご訪問ありがとうございます)

前回の記事で『David Foster』(デイヴィッド・フォスター) のピアノ・ソロによる新譜をご紹介させていただきましたが、こちらの栗林さんの新譜も、「瑞々しさ」や「透明感」といった点でも、まったく負けていません。
コロナ禍によって、世界中がこれほどまでに厳しい状況下に置かれているこの時期、時には心を解放してあげなければいけない必要性を感じるタイミングで聴こえてくる、「ビル・エヴァンス」「キース・ジャレット」にも通ずる「リリシズム」に溢れた彼女の「ピアノの音色」は、いつまでもどこまでも、聴く人々に優しい。

(以下『栗林すみれ』Official Website より転記)

________________

 


Sumire Kuribayashi 『Nameless Piano』<DIGEST MOVIE>
栗林すみれ・ネームレスピアノ

 

2020.3.25 ON SALE!!
Sumire Kuribayashi 『Nameless Piano』 栗林すみれ『ネームレス・ピアノ』

【瑞々しい空気感と作曲力を存分に発揮する待望のソロピアノ】

ピアニスト栗林すみれ、5作目のリーダー作はその瑞々しい空気感と作曲力を存分に発揮する待望のソロピアノ。
穏やかで美しい中に、瑞々しさと緊張感を含んだ渾身の一枚。
マスタリングはECMサウンドも手掛けるイタリアのエンジニア、ステファノ・アメリオ。

CD発売記念コンサートが全て延期になりましたので
ご希望の方には栗林すみれサイン入りCDを
送料無料で販売しております。
コンタクトページよりお問い合わせください。

コンタクトページ → https://forms.gle/nnW685kAmmt1EaqU9

ご購入はこちら → https://diskunion.net/diw/ct/detail/1008066177

Order from outside Japan → https://www.cdjapan.co.jp/product/SCOL-ee5e9022649d61

■Track List
1.Nameless Piano
2.Cow Daisy
3.Believe, Beleft, Below
4.Nel col più non mi sento
5.I’ll Be Seeing You
6.Improvisation “Colored Woods”(inspired by Kaii Higashiyama)
7.Improvisation “Piangere
8.Ship
9.A Lovely Way To Spend An Evening
10.Edelweiss

■Personnel 栗林すみれ Sumire Kuribayashi -Piano,Voice

________________

 

また彼女が、ベテランのベース奏者の『金澤英明』氏と共に、2017年に北海道・蘭越の地で制作にあたった、デュオによるアルバム『二重奏』でのピュアな演奏も素晴らしい。
動画は、英国ロンドンでのツアーの際の貴重な映像。演奏曲は年配の方であれば誰もが知る日本の童謡、北原白秋作詞、山田耕筰作曲の『この道』。ぜひご覧ください。


Konomichi この道 – 栗林すみれ Sumire Kuribayashi, Hideaki Kanazawa, Jason Yarde, Mark Mondesir, London 2018

 

どれも素晴らしいのですが、「栗林すみれ」さんの音楽と、鬼才映画監督「高山康平」氏による初の映像コラボレーションが実現した、こちらの Music Video の美しい世界観は僕自身が探求し続けたそれに近く、言葉で伝えるのが難しいくらいですね。ロケーション映像が、実に美しい映像作品です。

 

栗林すみれ「Little Piece」FILM MUSIC Directed by 高山康平
(3RDアルバム『Pieces of Color』より)

アルバム『Pieces of Color』より、そのリリシズムを存分に発揮した楽曲<Little Piece>に、映画監督・高山康平が映像を施した、誰しもが心に秘める不安や希望、迷いと決断・・・様々な心のカケラを、音と映像で描き出す探求の物語。