Daily Archives: 2019/11/14

AC Tunes ~ Vol.73【Michael Lington】

いつもご訪問ありがとうございます。そして更新がスロウでゴメンナサイ。
11月もすでに半ば。自然が豊かな公園を訪れる度、季節がいよいよ「冬」に向かって舵を切った様子が、そこかしこに見受けられる頃になってきました。銀杏のキイロも今が見頃でしょうか。

 

 

 

今年で50歳になった、北欧デンマークコペンハーゲン出身の 「Michael Lington」(マイケル・リントン)は、米国のいわゆるスムーズ・ジャズ界では、今もっとも人気のあるサックス・プレイヤーの一人です。4年以上前になりますが、過去にも一度「AC Tunes ~ Vol.32」で、このカテゴリー(Smooth Jazz)のアーティストからオファーが絶えることのない人気 Vocalist「Kenny Lattimore」(ケニー・ラティモア)をゲスト・ヴォーカリストに迎えたナンバー『Gonna Love You Tonite』を取り上げています。

今回は、それより少し遡って、2008年にリリースされた彼のリーダー・アルバム『Stay With Me』から、人気ギタリストの「Paul Jackson, Jr.」をフィーチャしたオリジナル作品の『Hey You (feat. Paul Jackson, Jr.)』と、あの「ポール・マッカートニー」「Paul McCartney and Wings」時代の1973年に放った、20世紀を代表するバラッドの名曲『My Love』の素晴らしいカヴァーをご紹介。
(参考までに、ポールのオリジナルは Mellows 営業当時のこちら記事へ)

 

Michael Lington
Track 1: Hey You (feat. Paul Jackson, Jr.)
Track 2: My Love (cover)
(album: Stay With Me – 2008)
 

以前も書きましたが、この人のアルトの音色は「スムーズでメロウで、本当によく泣くなぁ」というのを、聴く度に感じます。1960年代の JAZZ が全盛期の頃より、JAZZ に対する理解と許容力が尋常でない「北欧諸国」からは、カタチは聴きやすく耳触りのいい「Smooth Jazz」がメイン・ストリームとなった現代であっても、素晴らしいアーティストがどんどん出てくる印象が強くあります。「Jazzy, But Not Jazz」などとこの分野の音楽やアーティストを揶揄する向きもあるようですが、聴いた人が感動するのであれば、それは「Good Music」にほかならないのですから、なんら気にする必要はないと思いますね。かつて「FUSION」サウンドが世界中を席巻してた時代から比べると、「Smooth Jazz」というカテゴリーが確立されて以降、もともと「黒人音楽」に源流を持つ「JAZZ」と「SOUL」がより深く融合するようになって、僕のようなどちらも愛する愛好家にすれば、むしろ好都合ですし、ありがたいくらいなもんです。

また余談ですが、以前からずっと申し上げていますが、このカテゴリーは日本人のアーティストが世界と真っ向勝負できるフィールドなので、とにかく「中園さん」を筆頭に国内のアーティストにもぜひ頑張って欲しいところです。

秋から冬にかけて、サックスの音色がことのほか恋しくなるから、不思議なものです。