Daily Archives: 2019/04/30

Mellow Tunes ~ Vol.224【Kejam】

いつもご訪問ありがとうございます。
いよいよ今日で、「平成」ともお別れですね。平成最後の今日は、ちょっと冷たい「雨」の一日でした。

 

 

思い返せば、平成22年(2010年)の暮れから、『Mellows』のOPENに向けてスタートした当ブログですが、気がつけばあっという間の10年目に突入で、時の流れのスピードに改めて驚きを隠せません。
開設以来、当サイトの中心的なシリーズとして、皆さんから育てていただいた『Mellow Tunes』も、「平成」の時代としてはこれが最後なりますね。
さてそして今日ご紹介するのは、これまであまり紹介してこなかった英国発の「UK Soul」のアーティストの作品を取り上げます。

『Kejam』(ケイジャム)は、英国発のソウル・シーンで活躍するプロデューサーの一人です。
UKソウル・シーンといえば昔から、「Quiet Storm」ブームの中心的な存在で、もはや伝説になりつつあるバンド『SADE』や、「グランド・ビート」を世に広めるきっかけともなった大所帯のソウル・バンド『Soul II Soul』であるとか、なにせ「洗練されたサウンド」といった印象が非常に強いのが特徴です。
先日の松尾潔さんの「メロウな夜」の放送の中で、松尾さんとゲストの平井堅さんが、「ロンドン・レコーディング」の際に感じた印象を語っていましたけれども、「UK」にせよ「その他の欧州各国」にせよ、R/Bの出自である「米国」の流行を取り入れつつ、自分たちなりに咀嚼して、結果として導き出されてきたサウンドは、洗練されたアレンジが施されたりして、付加価値が更に高まった上で、アウト・プットされてくるようなところがありますね。

『Terry Harris』(テリー・ハリス) / 『Lisa Taylor』(リサ・テイラー) / 『Juanita Wynn』(ワニータ・ウィン)等々、UKソウル・シーンに限らず注目の実力派シンガーを「featuring Artist」として配置した、近年によく見られる、有能なプロデューサーやアーティストが採択する手法で、『Kejam』は作品をリリースしています。最終的に「いいもの」が出来上がるのであれば、今後もこういった「分業制」の流れというのは、悪い傾向ではないと思います。
(参考までに、プレイ・リストのTrack#1KEJAM – “LET IT GO” feat. Juanita Wynn』は、リリースされて間もないのですが、早くも4/25付けの「UK Soul Chart」で2位まで上昇中)

 


Track#1 – KEJAM – “LET IT GO” feat. Juanita Wynn (2019)
Track#2 – KEJAM – “2 Can Play” feat. Terry Harris (2017)
Track#3 – KEJAM – “Can You Feel the Love” feat. Lisa Taylor (2015)

 

「配信」や「ストリーミング」の時代となった現代、「アルバム」単位でアーティストや作品を評価するのが難しくなってきている以上、ある意味「切り売り」するには都合がいいのかもしれません。個人的にはちょっと寂しい傾向なんですけどね。そういった「音楽の聴き方」そのものに大きな変化が訪れたのが、僕個人にとっては最も大きな「事件」でもあり、「平成」という時代における「音楽」を取り巻く環境の大変化でした。
さて、今後はどんな風に変わっていくのか、想像もつきませんが、いつの時代においても「いいものしか残らない」という「真理」は変わらないのでしょう。