Daily Archives: 2019/05/10

Mellow Classics ~ Vol.8【Vanessa Williams】

いつもご訪問ありがとうございます。
クルマで走っていると、力強い「新緑」があちこちから視界に飛び込んでくるような、そんな季節になりました。

 

 

 
『Vanessa Williams』(ヴァネッサ・ウィリアムス) は、奇遇にも僕と同年(1963年)生まれの、米国はNY出身の、「R&B/Soul」 だけでなく「JAZZ/FUSION/GOSPEL」はもちろん、「POP」カテゴリーまで影響が波及するくらいの、米国を代表する女性シンガーの一人。

現代ではいろいろと存在価値そのものが問題視されているとはいえ、伝統的な「ミス・コンテスト」において、1984年に「Afro American」(アフリカ系アメリカ人)として米国史上初の「ミス・アメリカ」に輝いた経歴は、僕らの世代にとってはまだまだ記憶に新しい。そしてなによりも米国の歴史の暗部において、永らく人種差別を余儀なくされていた彼らにとって、「黒人女性初のミス・アメリカ」の誕生は、社会的な見地から見ても「期待の象徴」となったことに、とてつもなく大きな意義があったように思う。米国歴史上初の黒人大統領「バラク・オバマ 第44代アメリカ合衆国大統領」の就任はそれから「25年後」の2009年であり、全く立場は違えども、多民族国家である米国に居住する「アフリカ系アメリカ人」にとって「ヴァネッサ」の存在は、永らく「希望の象徴」であったことは否定できない事実であろう。
マルチなタレントに恵まれた「ヴァネッサ」はシンガーだけでなく、映画やTVでの女優としての活動歴も長い。

沢山あるヒット作品の中でも、彼女の新たな魅力を開拓した Super Producer『Babyface』(ベイビー・フェイス) によるプロデュース作品は、それまでの彼女の作品群とは一線を画す。


ヴァネッサにとって3枚目のスタジオ録音アルバム『The Sweetest Days』(1994年リリース) に収録された、『Babyface』の控えめなコーラスが際立つ『You Can’t Run』は、グラミーへのノミネートを果たした。

 


Vanessa Williams – “You Can’t Run” [Produced by Bbayface]
(album: The Sweetest Days – 1994)

 

そしてそれから時が流れること「15年」。大人が更に成熟するのには十分すぎる時間が、また新たな名曲を生むことになる。15年後に、同じアーティストとプロデューサーが創り上げた楽曲は、大人の「魅力」と「余裕」で溢れんばかりだった。

 


Vanessa Williams – “Just Friends” [Produced by Bbayface]
(album: The Real Thing – 2009)