Daily Archives: 2019/05/02

Mellow Classics ~ Vol.4【Maxwell】

いつもご訪問ありがとうございます。
そろそろ連休も折り返したところですが、訊けばやはり「10連休中」という方が大半を占めるようで、どこへ行っても人混みは避けられないでしょうから、こんな時はちょっと懐かしめの音楽に、久しぶりに浸るのも悪くはない選択ですよ。

 

 
さて「新元号」の時代に突入したとはいうものの、「温故知新」をテーマに「メロウなクラシック・R&B/ソウル」作品群に光を当てようといった意図の新コーナー「Mellow Classics」ですが、第4弾目となる今回は、お待ちかね(かどうかは分かりませんが)の、『Maxwell』(マックスウェル)を取り上げます。

『Maxwell』(マックスウェル)は、1990年代後期の大きなムーブメントといっても過言ではない「ネオ・ソウル」、後に日本国内では独自に「ニュー・クラシック・ソウル」と称されるカテゴリーに於いて、一足先にアルバム『Brown Sugar』で衝撃のデビューを飾った『D’Angelo』(ディアンジェロ)や、「マックスウェル」の後にデビューすることになる「Erykah Badu」(エリカ・バドゥ)らと共に、あの時代の「R&B」の潮流を大きく変えていくほどの影響力を持った活動を展開していました。

「マックスウェル」はそんな「ネオ・ソウル」系アーティストの中でも「魁」であると同時に、破格の存在感を見せつけました。1996年にリリースされたデビューアルバム『Maxwell’s Urban Hang Suite』は、美しいメロディセンスと卓越したファルセットをを武器に、あの『SADE』を率いる「ステュアート・マシューマン」を中心に据えたプロデュース力と鉄壁のアレンジ/サウンドで、その洗練されたイメージが圧倒的に支持され、「デビュー作にして最高傑作」と言わしめた同アルバムは世界中で200万枚を超えるセールスを記録。その快進撃振りが、後のグラミー受賞へと繋がっていったのは、この種のサウンドがお好きな方なら既にご存知の通り。

 

Track#1 – “Ascension (Don’t Ever Wonder)”
Track#2 – “Sumthin’ Sumthin'”
Track#3 – “Whenever Wherever Whatever”
(album: Maxwell’s Urban Hang Suite – 1996)
 

もともとスロウ・ペースで寡作なタイプの「マックスウェル」ですが、2009年に8年ぶりにリリースした『BLACKsummers’night』、更にそれから7年後の2016年にリリースの『blackSUMMERS’night』ときて、いよいよ10年後の今年2019年、「3部作」の完結編となる『NIGHT』が、ようやくリリースされることが発表されています。先行シングルもすでにリリースされていますが、さてどんな内容となるのでしょうか。期待して待ちたいところです。