Daily Archives: 2019/11/06

AC Tunes ~ Vol.72【Leon Ayers Jr.】

いつもご訪問ありがとうございます。
10日振りくらいに訪れたいつもの公園の樹々の変化を見てみると、なんだかあっという間に「晩秋」が迫ってきているような印象があります。冬の足音が聞こえてきそうなほど、めっきり朝夕は冷え込んでまいりましたので、皆様風邪など召されぬよう、くれぐれもご自愛ください。

 

 

さて、iPod/iPhone あるいは DAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー) などをシャッフル・モードで聴いていると、自分の記憶からほとんど消えかけていたような「アーティスト」や「楽曲」に、数年ぶりに再会することが多々あり、そんな瞬間が自分自身にとって、音楽を鑑賞する時の小さな楽しみになっています。管理しきれないほどの沢山の音源をお持ちの方であれば、「そうそう」と同意してくださる方も多いのでは。

仕事がお休みの今日、残り少ない「秋の風景」を切り取ろうと、イヤフォンで音楽を聴きながら写真を撮っていると、秋の風景に馴染む、ちょっと軽快でメロウな音が聴こえてきました。
久しぶりの更新となる『AC Tunes』シリーズの「Vol.72」は、米国の「Smooth Jazz」界では実力派で知られる『Leon Ayers Jr.』(レオン[リオン]エアーズ・ジュニア)という名前の、プロデューサーやコンポーザーとしても活躍している、キーボード・プレイヤーのご紹介です。
George Duke / Stevie Wonder / Oscar Peterson らに影響を受けたという彼の創り出す音楽を聴くと、「なるほど」と思わずうなずいてしまいます。名前の「Ayers」姓から、あの「Roy Ayers」との関連性が気になった方は、さすがの音楽通の方とお見受けしますが、彼の Official Bio によれば、特に身内ということはないようです。

 


Leon Ayers Jr. 
Track 1: “Blew Your Mind”
Track 2: “Get Into It”

(album: Here We Go – 2016)

 

※前回「AC Tunes ~ Vol.71」で取り上げた「ジェフ・ローバー」の特集の際に、次回は「日本のジェフ・ローバー」をご紹介予定としておりましたが、僕がそう思い込んでいる国内屈指の鍵盤奏者でありまた同時にアレンジャーでありプロデューサーでもある「安部潤」さんの、紹介したい楽曲の音源の数々が、YouTube からどんどん削除されてしまっており、どうご紹介したらいいかと悩んでいるところです。楽しみにしていらした方々には、本当に申し訳ありませんでした。音源の権利・管理や複雑な日本国内の規制により、一般視聴者からもっとも身近な動画サイトを通じて紹介できないのは、少々残念です。誰にとっても、有料の「Spotify」等のサブスクリプション (会員制の定額サービス) が身近にあるというわけではないので、国内のレコード会社ももう少し柔軟な発想でプロモーションや運営をできやしないかと、そんなことを思う今日この頃です。なんだか、音楽がかつてより身近でないところに離れて行ってしまうような感覚を持つことが、この頃よくあります。