Daily Archives: 2020/06/02

Coffee Break ~ Vol.13 「George Floyd ~ R.I.P.」

2020年5月25日にミネアポリス近郊で白人警察官に殺害された、善良な一市民であるアフリカ系アメリカ人男性「George Floyd」(ジョージ・フロイド)の死によって、コロナ禍の状況下であるにも関わらず、この事件に対する大規模な抗議活動が、ミネアポリスから全米中に広がりを見せている。

 

 

「公民権運動」からすでに半世紀が経過しているものの、この米国社会に根差した問題は、未だに解決策が見つからないでいる。
これまでも、ことあるごとに様々な記事の中でも触れてきたけれど、長い人生の中で「Soul / R&B / Gospel / Jazz」等々、黒人音楽に魅了されながら日々を生きていると、「なぜこんなにも心に響く音楽が生まれたのだろうか」と、必ずそんな疑問に出くわすタイミングがあるもの。少しずつ、すこしずつ、彼らの悲しい歴史を学ぶことから始めるのは、賢明な選択だと思う。そして、同じカテゴリーの音楽を愛する人々なら、きっと皆そうだと信じたい。

 


Peaceful George Floyd protests marred by bursts of violence | USA TODAY

 

33歳という若さで急逝した不世出のシンガー・ソングライター「Donny Hathaway」(ダニー・ハサウェイ)が、今よりずっと黒人への人種差別が激しかった時代に、「差別に怯えず、胸を張って生きよう。誇りを忘れずに日々を過ごそう。きちんとした毎日を過ごそう。そしていつか僕らみんな、自由になれる」といった、当時としては Super Positive な内容の、「ダニー」が娘の「Lalah」(レイラ)に捧げた希望溢れる作品が、言わずと知れた『Someday We’ll All Be Free』だ。
いま一度、噛みしめるように聴いてみたい。

 


『Someday We’ll All Be Free』(1973)
Track-1: Donny Hathaway (original)
Track-2: Bobby Womack feat. Wilton Felder
Track-3: Marcus Miller feat. Lalah Hathaway
Tarck-4: Alicia Keys (Live A Tribute To Heroes 911)

 
Lyrics:

Hang onto the world as it spins, around.
Just don’t let the spin get you down.
Things are moving fast.
Hold on tight and you will last.
Keep your self-respect your manly pride.
Get yourself in gear,
Keep your stride.
Never mind your fears.
Brighter days will soon be here.
Take it from me someday we’ll all be free
Keep on walking tall, hold you head up high.
Lay your dreams right up to the sky.
Sing your greatest song.
And you’ll keep, going, going on.
Just wait and see someday we’ll all be free.
Take it from me, someday we’ll all be free.
Take it from me someday we’ll all be free.
Take it from me, take it from me, take it from me.

Lyrics: Edward Howard
Song writing: Donny Hathaway