Mellow Tunes ~ Vol.274【Best Mellow Tunes – 2021】

いつもご訪問ありがとうございます。
手軽さゆえに「Twitter」では、ご紹介したい音楽やまあまあよく撮れた風景写真と共に、日常的に随時 Tweet してはいるのですが、ブログを楽しみにしていてくださる方々には、更新のタイミングがスロウな現状で申し訳ありません。音楽を欲している方は、ぜひ「Twitter」をフォローなりチェックしてくださるようお願いいたします。

 

 

さて2021年を振り返りますと、二年越しとなる今尚長引くコロナ禍での日々の生活で、昨年以上に心神を疲弊された方も少なくなかったことでしょう。収束の兆しが見えたかと思えば、新たな変異株の出現の繰り返しで、行く先々で手指をアルコール消毒したりする光景ばかりが目に付き、ここぞという時に握手もままならないような状況では、なかなか気持ちが休まる暇もありません。
そんなフラストレーションが鬱積しがちな一年でしたが、「仕事」に「家事」に「学業」に、みなさま本当にお疲れさまでした。かつての実店舗「Mellows」のOPEN準備期間(2010年末)より継続している音楽主体の当ウェブサイトですが、ご存知の方が殆どだと思われますが、コロナ禍の訪れとともに情報発信のステージをSNSに移す流れとなりました。「Twitter」でフォロワーさんが増えるに従い、興味をお持ちになった音楽好きのご同輩の多くの方が、過去記事を閲覧するために、当ブログへと逆流・還流するといった現象は以前よりも増加傾向にあり、翻訳アプリを利用して容易に記事が読める時代になりましたので、海外のアーティスト自身やマネジメント事務所の方々からの、Twitter 経由での反響も少なくありません。当ブログ並びに昨年から始めた「Twitter」のアカウントへも、懲りずに定期的なご訪問、本当にありがとうございました。

 

 

そんなわけで、コロナ禍も二年目となり、あらゆる生活様式の変化への対応に慣れてきたことから、一時は「不要不急」と納得のいかない扱いを受けたエンタテイメント界の各分野でも、とりわけ「音楽界」でも関係者の皆さんのあらゆる対策を実施することで、可能となる Live や公演が徐々に復活してきたのは朗報です。おうち時間が長くなる昨今のプライベートな時間帯はもちろん、移動中の電車・バス・クルマの中等々あらゆる日常のステージで、聴く人々の心を満たしてくれる音楽の存在感は、これまで以上にその存在価値を高めた結果となったのではないでしょうか。「僕らは日頃、どれだけ音楽に助けられていたのだろう」。そんなシンプルな感謝の想いが、常に去来してくるこの約二年間でした。

 

ここ数年の年末の恒例企画ですが、昨年からは「Twitter」または当サイトにてご紹介したアーティストや作品の中から、【Best Mellow Tunes】として発表、そしてプレイリストも公開しています。選考基準は「僕自身が聴いて、メロウと感じた」今年一年間にリリースされたアーティストの楽曲から選出しています。(また、シングル・リリースは昨年でも、該当楽曲が収録されたアルバム・リリースは今年、という作品も含みます)

昨年 Spotify を導入と同時に「Twitter」を始めたことで、決して少なくはない国内のアーティストの方々とも直接コンタクトを取れる状況が生まれており、欧米のアーティストによる作品群とまったく違和感なく共存できるような、国内アーティストによる素晴らしい作品群も PICK-UPさせていただきました。

昨年に引き続き、コロナ禍の環境下でも、アーティストの皆さんの情熱が新たな作品に吹き込まれることで、沢山の素晴らしい作品が、「国内外を問わず」リリースされた印象が強い一年でした。個人的には、「もう久々にCD買っちゃったヨ!」と興奮気味の大人たちを世界中で増殖させたに違いない「Silk Sonic」の登場は、音楽史に刻まれる事件であり出来事でした。彼らが巻き起こした、回顧主義的な美しいメロディやコーラスを大切にする、70-80年代を席巻したスウィート・ソウル・ミュージックへの甘い甘い誘いが、ほぞを噛んでじっとタイミングを伺っていた「歌心ならまかせとけ」といったベテラン・アーティスト勢が復活の狼煙を上げたり、再びスポット・ライトを浴びる機会を得たことは、僕自身にとっては、「今年も豊作だった」という結果以上に、実に嬉しく楽しい2021年の音楽シーンでした。

いつも申し上げていることですが、いずれにしても、あくまで僕自身の感性で選曲した極々「私的でメロウなBEST」であり、順位等もございませんので、誤解なきようご了承ください。

以下、昨年に引き続き今年も、【Global Ver.】海外拠点アーティスト部門(20曲)、そして【Domestic Ver.】国内拠点アーティスト部門(14/15曲)、とに分けて選ばせていただきました。

 


Best Mellow Tunes of 2021 [GLOBAL Ver.]

 

 

Best Mellow Tunes of 2021 [GLOBAL Ver.]

 

Music Video の出来次第で、楽曲の配信・DL回数そして売上げが左右される現代でもあります。「プレイ・リスト」の編集上、基本的には「YouTube」に動画がUPされてる作品を選んでいますが、一部の作品 (*国内編の1曲目) に関しては、動画が「YouTube Premium」加入者にしか視聴できない作品も含まれています。また「Spotify」にも同時に公開しておりますので、ご都合のよろしい方で、お楽しみください。

 


Best Mellow Tunes of 2021 [Domestic Ver.]

 


Best Mellow Tunes of 2021 [Domestic Ver.]

 

繰り返し申し上げますが、あくまで極々「私的なBEST」です。その点はどうぞご了承ください。また、ご意見・ご感想などは、Twitter」の方へお寄せくださると幸いです。

 

 

いつもと変わることなく、今年も暮れてゆこうとしています。
まだまだ寒い日が続きます。

それでは皆さま、よいお年をお迎えください。

 

Mellows より