blog slide 01
blog slide 02
blog slide 03
blog slide 04
blog slide 05
blog slide 06
blog slide 07
blog slide 08
blog slide 09
blog slide 10
blog slide 11
blog slide 12
blog slide 13
blog slide 14
blog slide 15
blog slide 16
blog slide 17
blog slide 18
blog slide 19
blog slide 20
blog slide 21
blog slide 22
blog slide 23
Slide #25 - blog slide 25
Slide #26 - blog slide 26

Mellow Classics ~ Vol.10【Taylor Dayne】

いつもご訪問ありがとうございます。
気付けばあっという間の「6月」。そろそろ「雨の季節」の到来。
不快な湿気だとかいろいろありますが、僕は子供の頃から、この国特有の「雨の季節」が嫌いではありません。

 

 

理由としてはいくつかありますが、まずは好きな植物の代表格の「紫陽花」「花菖蒲」といった梅雨時に美しく咲き誇る花々を、雨の降る中ぼーっと眺めているのが、幼少の頃よりとても好きで、そんな時間は自分にとって、本当に愛おしい時間なのです。そして、傍らには好きな「音楽たち」と、「梅雨寒」にすこしばかり感謝したくなるような「一杯の温かい珈琲」があれば、そこは至極の空間となります。きっとお分かりいただける方も多いのでは。

さて、5/27と6/3と二週に渡りON-AIRとなりました、「山下達郎」氏がゲストに招かれた『松尾潔のメロウな夜』ですが、日本中の多くの音楽好きな方々がお聴きになられたことと思います。
旧知の仲であるお二人のトークは、終始和やかであり、松尾さんの「音楽ライター」時代に磨き上げられた天才的な「インタヴュー」の手法が、普段は聞けないような「達郎さん」の貴重なエピソード等を引き出しており、「さすがだな」と、唸ってしまう2回の放送でした。本当に貴重なお話が聴けて嬉しかったです。

そんな、リスペクトするお二人に敬意を表して、放送が終了するまでの間、しばらく更新をストップしておりましたが、そろそろ再開いたしましょう。

今回で早「Vol.10」となる『Mellow Classics』シリーズですが、いつもは黒人アーティスト・作品の紹介が多いのですが、今回は白人のアーティストのご紹介です。

『Taylor Dayne』(テイラー・デイン)は、僕と同世代の1962年生まれの、米国ニューヨーク・ロングアイランド出身の、1980年代後半から90年代にかけて活躍した、女性ポップシンガー。女優としての活動経験もある「テイラー」ですが、ラジオ等でヴォーカルだけを一聴すると、そのハスキーでソウルフルな声に、黒人女性シンガーだと感じることになんら不思議なことはありません。MVを視聴して初めて、「えっ、白人シンガーなの」と、認識を新たにすることがあってもおかしくありませんね。

そんな彼女が、1990年に放った「全米チャート1位」を記録したシングル『Love Will Lead You Back』ですが、作品のリリースから30年が経過した現在、改めて聴けば聴くほどに、美しいバラッドなのを痛感します。現代では、こういったスケール感の大きい楽曲がヒットしたりラジオなどから流れてくることがほとんどなくなってきているのが少々残念ですが、音楽とは「時代を映す鏡」みたいなものなので、それも仕方のないことなのでしょう。

 


Taylor Dayne – “Love Will Lead You Back”
(album: Can’t Fight Fate – 1989)

 

女性の立場でのロマンティックで切なく、そして壮大なバラッドを書かせたら誰にも負けない、本作品のソング・ライターである「Diane Warren」(ダイアン・ウォーレン)は、もともと同じ「Arista」レーヴェルで売り出し中だった「ホイットニー・ヒューストン」を想定して書いた作品だったという、その後のこぼれ話は有名です。当時の社長「Clive Davis」(クライブ・デイヴィス)の、「『テイラー』がレコーディングすべき作品」との英断により、結果として「テイラー」としてもアルバム『Can’t Fight Fate』からの、彼女自身としても「全米チャートを制覇した」最大のヒット作品として、POPS史に名を刻むことになりました。

 

 

 

【お知らせ】6/3は「山下達郎と語る平成のR&Bパート2」

いつもご訪問ありがとうございます。
急に猛暑がやって来て、ほんとにびっくりな先週末でした。
体調の管理が難しい時期ですが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

 

 

しばらく告知をさせて頂いておりましたが、皆さま5/27(月)放送『松尾潔のメロウな夜』をお聴きになりましたでしょうか?

 

 

 

そんなわけで、なんともラッキーなことに、今週・来週と二週に渡って、「山下達郎と語る平成のR&B」という大変興味深いテーマの「パート2」6/3(月)にも聴けることになりました。ありがたいことです。

達郎さんのプライベートな音楽の収集の仕方や楽しみ方など、本当に貴重なお話を聴くことができました。僕としては、達郎さんが最初の選曲で取り上げた「R. Kelly」のメロウな作品「Your Body’s Callin’」に、とても意義深いものを感じました。プライベートでは色々問題ありな「R. Kelly」ですが、1994年辺りを境に「R&B」の潮流を大きく変えたアーティストなのは疑う余地はありません。米国内では彼の作品をラジオ局でプレイしない、「Mute R. Kelly」なんてムーブメントが続いている中での、「メロ夜」でのOn-Airだったので、達郎さんなりの見解を表明してくれたような気がしました。「Keith Sweat」の「Nobody」を一日100回以上聴いたなんて話題も、すごく興味深かったです。

来週6/3(月)は『山下達郎と語る平成のR&Bパート2』のON- AIRです。
乞うご期待!

尚、放送後の松尾さんのコラムメロウな徒然草は必見ですよ。ぜひご覧ください。

 

番組へのLinkはこちらへ

NHK-FM  https://www4.nhk.or.jp/mellow/
radiko      http://radiko.jp/#!/ts/JOAK-FM/20190603230000

[※radiko タイムフリーには対応していません]

「山下達郎と語る平成のR&Bパート2」(6月3日放送分)
※再放送は、6月10日午前10:00(FM)、午後4:05(AM-ラジオ第1)

 

 

【雑記】SNS について

いつもご訪問ありがとうございます。
ここ数日間の、異常ともいえる猛暑もようやく収まって、ホッと一息ついている方が多いんじゃないでしょうか。

 

 

さてここのところ、山下達郎さんがゲスト出演されているNHK-FMラジオ番組「松尾潔のメロウな夜」の番組宣伝活動の一環で、当サイトの訪問者の方々へ「情報の拡散」をお願いしていることもあり、かつて実店舗営業当時、一時的に利用していた「現在休眠中」の「facebook」のアカウントへ、「いいね」同様「友達リクエスト」等を頂戴することが、最近増えてまいりました。お気持ち、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

当ブログへの訪問者も年々増えてきており、「どうして【fb】も【Twitter】も【インスタ】もやらないんですか?」と、『SNS非対応』に関する質問を受ける機会が以前よりも多くなってきましたので、いい機会なのでその理由を説明させていただきますね。

僕は、あることをきっかけに、かつての実店舗「Mellows」の情報提供を目的として始めた「facebook」を、数か月で止めてしまいました。その理由とは、お店の一番大切な約束事だった「心のこもった珈琲」が提供できなくなってしまったからでした。同業の方なら皆さんご承知の通り、「ハンド・ドリップ」で淹れる珈琲にとって、蒸らしからドリップに移行する時間というのは、とても繊細なタイミングが要求されるのですが、ある日カウンターに座られた常連のお客様から「マスター、ブレンドの豆変えました?」と突然尋ねられたのです。ちょうどその頃は、「fb」を始めたばかりで、数分おきに鳴るスマホに気を取られることが多々あり、絶好のドリップのタイミングを逸することが何度かあったのを、自分でも自覚していました。小さな店とはいえ、週末と繁忙時間帯以外は基本一人で店を切り盛りしていたので、役割分担などはなく、雑多な一つ一つの業務を無駄なくスムーズにこなさねばならないワンマン・オーナーにとっては、「SNS」の着信音ほど迷惑なものはないと、徐々に意識するようになっていきました。器用な方であれば、「それは、それ」とうまく切り離すことができのかもしれませんが、僕には無理な注文でした。
閉店した今でも、SNSに対する苦手意識は変わらずで、「瞬発力」を求められ、よく考えずに世界に向けて「つぶやく」なんてことは、やはり正直なところ性に合っていないのです。先般来日した、SNSが大好きな米国大統領の様子などを見るにつけ、「責任感」という単語や概念は、「思い付き」とか「瞬発力」を第一義とする彼のボキャブラリーには、一切存在しないのだろうと確信したところです。

人には「向き」「不向き」がありますからね、誰しも自分に合ったやりかたで情報を発信していけばいいのではないでしょうか。そんなわけで、今後もこのスタイルで継続していく予定ですので、何卒ご理解いただけると幸いです。

 

 

 

 

【お知らせ】5/27の「メロウな夜」に「山下達郎」氏がゲスト出演

5月も下旬になると、日によってはまるで「初夏」を感じさせますね。公園の植物や樹々たちも、一気に「緑」の濃さが増してきています。
今週は後半にかけて徐々に気温が上昇し、全国各地で「夏日」となるようです。まだまだ体が暑さに慣れてませんから、皆さまどうか「水分補給」には気を配ってください。

 

 
さて、今回は重大な告知がございます。
当サイトでも、ずっと応援しております音楽プロデューサー「松尾潔」氏が「大人のリスナー」に向け発信を続けている、NHK-FMラジオプログラム『松尾潔のメロウな夜』ですが、来週5/27(月)の放送に、日本のミュージック・シーンの先頭を常に走り続けてきた『山下達郎』氏が、10年目を迎えた番組を記念して、なんと8年ぶりにゲスト出演いたします。

 

海外・国内のミュージック・シーンだけに留まらず、目まぐるしく変貌を遂げる音楽産業の現在から未来まで、非常に価値のある対談の実現が期待されます。音楽好きの人は、とにかくお聴き逃しのないように。
5/27(月) 23:00 には、ラジオの前に全員集合‼
無理な人は、エア・チェック (<- 録音のこと)必至ですよ。

かつて「達郎」さんの音楽を聴いて育った世代の方々も、「今はもう、昔みたいにあまり音楽を聴くことがなくなった」と感じている僕と同世代の方々も、もう一度ご自身の好きな音楽との付き合い方を思い直す、良い機会となるかもしれません。あいにく僕は「SNS」をやりませんが、皆さんのご友人・知人の方へもどうぞ広く情報を拡散してください。こんな機会に放送を聴かないのは、あまりにもったいない。

 


Tatsuro Yamashita – いつか

 

番組へのLinkはこちらへ

NHK-FM  https://www4.nhk.or.jp/mellow/
radiko      http://radiko.jp/#!/ts/JOAK-FM/20190527230000

[※radiko タイムフリーには対応していません]

「山下達郎と語る平成のR&Bパート1」(5月27日放送分)
※再放送は、6月3日午前10:00(FM)、午後4:05(AM-ラジオ第1)

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.9【Melvin Edmonds ~ R.I.P.】

帰宅してすぐに、先週お休みだった松尾さんの「メロウな夜」が今日は聴けてうれしいなと、番組の内容はどんな感じだろうかと思い、放送前の松尾さんの Twitter を拝見したら、まさかの『Melvin Edmonds』(メルヴィン・エドモンズ) の「訃報」で、しばし絶句してしまった...

【Melvin Edmonds Of After 7 Has Passed Away at age 65】

気を取り直すも慌てて海外の「R&B」系統のウェブサイトを見て回れば、そんな見出しで溢れているじゃないか...

 

 

『Melvin Edmonds』
R&Bが好きな人であれば知らぬ人はいないグループ『After 7』の、弟『Kevon Edmonds』と共にグループを立ち上げた設立者であり、初代メンバーの一人だ。「メルヴィン」「ケヴォン」も言わずと知れたあの超大物プロデューサー『Babyface』(ベイビー・フェイス) こと『Kenneth “Babyface” Edmonds』の実兄なのは、敢えて語るのも野暮なくらいだ。二人の友人である『Keith Mitchell』(キース・ミッチェル) を加えて結成された3人組のグループ『After 7』は、実弟の「Babyface」と相方の「Antonio “L.A.” Reid」による時代を席巻したプロデュース・チームの力添えもあり、キャッチーなメロディに美しいハーモニーとコーラスで、1989年のメジャー・デビュー後、たちまち世界中の人々を魅了していった。

 


After 7 – “One Night”
(album: After 7 – 1989)

 


After 7 – “Till You Do Me Right”
(album: Reflections – 1995)

 

『Edmonds Brothers』というよりは『Edmonds Family』と表現するほうが、より適切な時代になってきているのは、もはや異論の余地はないだろう。「メルヴィン」にとっては「復帰作」であったのと同時に、今となっては「遺作」となってしまった、2016年にリリースされたアルバム『Timeless』から翌年シングル・カットされた『Too Late』のMusic Video に登場する、『Edmonds Family』の面々の絆と結束の固さを、Videoを通して僕らファンは垣間見ることができる。
そして、父「メルヴィン」の闘病中からメンバーに加わり、『After 7』を解散させることなく父の代役を立派に務め上げ、そしてその意思を継承してゆこうという気概を感じさせる、誰あろう「メルヴィンの息子」『Jason Edmonds』(ジェイソン)の「歌声」に、僕は感動を禁じ得ない。だいぶやせ細ってしまった様子だったけれど、儚くも美しいスロウ・ジャム『Too Late』の Music Video の中で、ファミリーに囲まれて実に楽しそうに歌う「メルヴィン」特有の、「松尾さん流」に言うところのあの「塩辛声」もしっかり聴くことができる。特別出演となった「Babyface」とフィーチャリング・ヴォーカリストとして招かれた「Kevon」の甥っ子「David Edmonds」(デイヴィッド) の歌声を一聴すれば、このファミリーに神から与えられた「GIFT」の存在を無視することは、とてもとても難しい。

 


After 7 – “TOO LATE” Featuring David Edmonds & Kenny “Babyface” Edmonds
(album: Timeless – 2016)

 

以前にこの作品を過去記事で取り上げた際にも触れたけど、いつも「松尾さん」が言及してるように、こと「R&B / Soul / Jazz」をはじめとする「Black Music」の世界では、『Bloodline』(血統)の濃さは未来永劫継承されてゆくものなのだと、改めて痛感してしまう。「メルヴィン」の存在した時代の『After 7』における最期のアルバム『Timeless』は、文字通り僕らファンにとってはこれからも、永遠に「タイムレス」な存在であり続けるに違いない。

まだ社会人として「駆け出し」の青臭い20代だったあの頃、仕事や人間関係で躓いたりして上手くいかない自分を、いつも励まし、そして癒してくれた、そんなスーパー・メロウなコーラス・グループだった。
自分にとっての「メロウな夜」というラジオ番組がそうであるように、彼らの音楽の「優しさ」であり「励まし」は、昔も今も、そしてこれからも一向に変わることはない。
今夜は、ラジオを聴き終えたらば、彼らの作品をまとめて聴こうかな。

ありがとう、メルヴィン...

Rest In Peace, Melvin …

 

そして、その息子「ジェイソン」よ、ありがとう。『After 7』のハーモニーはいつだって「Ever Green」なのだから。

 

After 7 “I Want You” Live @ SiriusXM // Heart & Soul
 

天国の「マーヴィン・ゲイ」も唸る、「リオン・ウェア」作曲の本家「I Want You」のイントロのサンプリングから始まる「After 7」「I Want You」の熱演は、聴く者の心を熱くする。頑張れ「ジェイソン」。

 

※「Babyface」関連記事はこちら

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.226【Marc Jordan】

いつもご訪問ありがとうございます。
五月も後半入り、日中は気温の上がる日が続いています。そうこうしているうちに、「梅雨入り」の季節の足音さえ聞こえてきそうです。

 

 
仕事がお休みの今日は、よく訪れる近隣の公園で、珈琲を片手に南風に吹かれ、ぼーっと湖面の様子を眺めながら、若い頃に浴びるほど聴いた、大好きだったアーティストの新作を、イヤフォン越しに聴いてました。
1970~80年代にピークを迎えていた「AOR」シーンの真っ只中にいた世代の人ならば、嫌いな人はまずいないだろうと思われる、『Marc Jordan』(マーク・ジョーダン)が先月末にリリースしたのは、なんとジャズ・スタンダードをはじめ、流麗なストリングスをバックに配した、いわゆる「American Song Book」的な内容の新譜。
感想はといえば、なんとも「素晴らしい」の一言。

僕は残念ながら参戦のチャンスがなかったけれど、現在来日ツアー中の「ボズ・スキャッグス」にしても、「ロッド・スチュワート」にしても、「ポール・マッカートニー」も、また3年前に他界した「グレン・フライ」もしかり、皆キャリアの最終期に入った頃合いを見て、「ジャズ」をはじめ「スタンダーズ」にチャレンジしてますね。
加齢によって声域に限界が出てきたりといった事情もあるとは思うけれど、多くの経験を積み重ねそれなりに熟成された世代の、元トップ・アーティスト達の歌うそれらの作品群は、僕にとってはとても愛おしい存在なのです。

 


Track#1 – “Nearness of you”
Track#2 – “He’s Going To Break Your Heart”
Track#3 – “People Get Ready”

(album: Both Sides – 2019)

 

今年で71歳となった「マーク」のヴォーカルは、まさに「いぶし銀」としか例えようがない。「なんて表現力なんだ」と驚きを隠すことができない。一曲一曲が、心に染み入るようだ。こんな味わいのアルバムは久しぶりだ。

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.8【Vanessa Williams】

いつもご訪問ありがとうございます。
クルマで走っていると、力強い「新緑」があちこちから視界に飛び込んでくるような、そんな季節になりました。

 

 

 
『Vanessa Williams』(ヴァネッサ・ウィリアムス) は、奇遇にも僕と同年(1963年)生まれの、米国はNY出身の、「R&B/Soul」 だけでなく「JAZZ/FUSION/GOSPEL」はもちろん、「POP」カテゴリーまで影響が波及するくらいの、米国を代表する女性シンガーの一人。

現代ではいろいろと存在価値そのものが問題視されているとはいえ、伝統的な「ミス・コンテスト」において、1984年に「Afro American」(アフリカ系アメリカ人)として米国史上初の「ミス・アメリカ」に輝いた経歴は、僕らの世代にとってはまだまだ記憶に新しい。そしてなによりも米国の歴史の暗部において、永らく人種差別を余儀なくされていた彼らにとって、「黒人女性初のミス・アメリカ」の誕生は、社会的な見地から見ても「期待の象徴」となったことに、とてつもなく大きな意義があったように思う。米国歴史上初の黒人大統領「バラク・オバマ 第44代アメリカ合衆国大統領」の就任はそれから「25年後」の2009年であり、全く立場は違えども、多民族国家である米国に居住する「アフリカ系アメリカ人」にとって「ヴァネッサ」の存在は、永らく「希望の象徴」であったことは否定できない事実であろう。
マルチなタレントに恵まれた「ヴァネッサ」はシンガーだけでなく、映画やTVでの女優としての活動歴も長い。

沢山あるヒット作品の中でも、彼女の新たな魅力を開拓した Super Producer『Babyface』(ベイビー・フェイス) によるプロデュース作品は、それまでの彼女の作品群とは一線を画す。


ヴァネッサにとって3枚目のスタジオ録音アルバム『The Sweetest Days』(1994年リリース) に収録された、『Babyface』の控えめなコーラスが際立つ『You Can’t Run』は、グラミーへのノミネートを果たした。

 


Vanessa Williams – “You Can’t Run” [Produced by Bbayface]
(album: The Sweetest Days – 1994)

 

そしてそれから時が流れること「15年」。大人が更に成熟するのには十分すぎる時間が、また新たな名曲を生むことになる。15年後に、同じアーティストとプロデューサーが創り上げた楽曲は、大人の「魅力」と「余裕」で溢れんばかりだった。

 


Vanessa Williams – “Just Friends” [Produced by Bbayface]
(album: The Real Thing – 2009)