Slide #01
Slide #02
Slide #03
Slide #04
Slide #05
Slide #06
Slide #07
Slide #08
Slide #09
Slide #10
Slide #11
Slide #12
Slide #13
Slide #14
Slide #15
Slide #16
Slide #17
Slide #18
Slide #19
Slide #20
Slide #21
Slide #22
Slide #23
Slide #24
Slide #25
Slide #26
Slide #27
Slide #28
Slide #29
Slide #30
Slide #31
Slide #32
Slide #33

Mellow Tunes ~ Vol.267【Roy Hargrove Quintet】

いつもご訪問ありがとうございます。
西日本方面を中心とした列島各地での大雨により、特に九州地方で被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。普段通りの日々が、一日でも早く戻ることを祈念しております。
7月も中盤に入り、関東地方でもそろそろ「梅雨明け」が気になる頃。とはいえ梅雨前線も消え去ることなく、しばらくの間停滞が続きそうな気配。梅雨明けは、例年よりもすこし先延ばしとなりそうです。
「雨の季節」の終わりが近付いてくると、風物詩でもある「紫陽花」の花々たちも、それぞれの鮮やかなその色合いにも少しずつ変化が訪れてきます。僕にとっては、それが季節が「夏」に切り替わるタイミングと、昔から心得ています。そろそろ、そんな時期。

 

 

その日の雨や前線の気圧配置によって、ここ数年この時期になると症状を自覚する機会が増える不快な耳鳴りに、聴く音楽を選択する際、極端な低音や高音の音楽から、耳を遠ざけたい日もあるものです。

そんな理由から、今日みたいな日には STAY HOME 状態で、秋が来ると天に召されて早二年が経つ、マイルス以来の天才トランぺッターと称賛された『Roy Hargrove』(ロイ・ハーグローヴ)が率いるクインテットによるこちらのアルバムなどは、そんなときの耳にはとても優しく、そして心地よい。やっぱり、「Jazz って優しいな」って感じるのは、自分が万全でないようなそんな時かも。

 

 

Roy Hargrove Quintet – “When we were one” (feat. Johnny Griffin)
(album: With The Tenors Of Our Time – 1994)

 

Roy Hargrove Quintet – “Never Let Me Go”
(album: With The Tenors Of Our Time – 1994)

 

『Roy Hargrove』に興味をもたれた方は、よろしければ過去の関連記事もどうぞ。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.266【Ralph Tresvant】

いつもご訪問ありがとうございます。
雨が降れば少し涼しくなっても、晴れた途端にもう真夏がすぐそこまで近づいて来ているのを感じつつある、梅雨も後半戦の今日この頃。
コロナ第2波とも思われる芳しくない状況下の中、都内では知事選のラスト・スパートで熱を帯びている様子。都民の皆さまにおかれましては、選挙当日は感染防止対策にも抜かりのないよう、他の道府県民にとっても大切な一票のため、どうか気をつけてお出かけください。

 

 

さて、お休みだった今日近隣の大きな公園の外周をウォーキングしながら、この時期の風物詩の数々を撮影していると、Twitter のフォロワーさんやフォローしている方々からの Tweet に、懐かしい名前を発見。こうしてブログ記事を書いてる最中にも、リスペクトする音楽ジャーナリストの「林 剛」さんも、さっそく話題にされていらっしゃるご様子。

そんな話題の主、『Ralph Tresvant』(ラルフ・トレスヴァント)は、今年で52歳になるようだけど、なんだか見た目は全く老化を感じさせない。相変わらずの細マッチョで「シュッ」とした美しい体型を維持していて、おそらく大変ストイックな努力家なのでしょう。
米国でも実に多数のイヴェントが中止となっていて、なかなか先が見通せない深刻なコロナ禍の下、本日リリースされた「ラルフ」の新曲(シングル)『All Mine』には、なんと盟友Johnny Gill」(ジョニー・ギル)も参加。これはもう、「New Edition」 をリアル・タイムで知る世代にとっては、もう堪らない共演。「ラルフ」と「ジョニー」は「NE」時代からそうですが、声質やヴォーカル・スタイルが被ることなく美しく調和することもあって、やっぱり今でもいい関係が続いているのでしょうか。歳を重ねても悪童のイメージが未だ払拭できない「ボビー・ブラウン」との人間関係とは、だいぶ事情が違うようです。もちろん、昔の「ボビー」の作品群は大好きですが。
(新曲『All Mine』の制作陣やインプレッションなどについては、林さんの情報を参考にしていただくのが間違いないので、ぜひそちらをチェックしてみてください。)

 

 

Ralph Tresvant feat. Johnny Gill – All Mine
(Released on: 2020-07-03)
 

元々甘く細い声質を持つ「ラルフ」ですが、さすがに声に年相応の大人の色気が加わってきたような印象があります。とはいえ、「ラルフ」の見た目のカッコよさはほとんど変わらない。ファンはどんどんおじさん・おばさんになっているというのに。
過去の「NE」時代からソロになるまで、3曲だけプレイ・リストにしてみました。よろしければご覧ください。3曲とも、当時は鉄壁の制作布陣『Jimmy Jam & Terry Lewis』(ジャム&ルイス)によるものですね。やっぱり今この時代に聴いても、スゴイとしか言えません。完璧。

 

Track 1: New Edition – “If It Isn’t Love” (1988)
Track 2: Ralph Tresvant – “Sensitivity” (1990)
Track 3: Ralph Tresvant – “When I Need Somebody” (1994)

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.265【Luther Vandross ~ Tribute】

いつもご訪問ありがとうございます。
毎年、「紫陽花」や「睡蓮」など雨が似合う植物が見頃の「梅雨」の真っ只中、7月に切り替わったばかりのカレンダーが、愛すべき「Luther Vandross」(ルーサー・ヴァンドロス)の命日がやってきたことを告げてくれる。

 

 

コロナ禍で在宅時間が増えたことなど、その他いくつかの要素が重なったことで、5月末に始めたばかりの「Twitter」では、「ルーサー」愛に溢れた世界中の人々の Tweet で溢れかえっていた。政治的な利用などよりも、僕個人としてはこんな「音楽愛」に満ち溢れた利用の仕方に、賛成票を投じたい。

「ルーサー」が、2005年に天に召されてから、早いもので15年もの月日が経過した。いつもブログの其処彼処で独り言のように呟いているけれど、たぶん熱心なルーサー・ファンの皆さんと同様に、彼に代わる存在を見つけることができないままでいる。「唯一無二」である稀代の「シンガー」だけに、仕方のないことと諦めてもいる。R&B/Soul Music ライターの「林 剛」さんが Tweet されていたように、「ルーサー・フォロワー」と呼べるアーティストは存在しないと。本当にその通り。ただただ納得する以外ない。

 


Luther Vandross – “Dance With My Father”

 

そんな「ルーサー」の「没後15年」となる節目の2020年、個人的に敬愛している「松尾潔」さん・「林 剛」さんよりもずっと早い時期から、「Soul Music」をはじめとする「黒人音楽」全般に関して、日本国内での普及に長年務められてこられた音楽評論家の『吉岡正晴』さんが、過去から取材を積み重ねてこられた膨大な記事の数々を再編集・追記なさった「ルーサー 追悼・特集記事」Part 1Part 2に分けて、『note』上で公開されました。
大変読み応えのある入魂の記事であるとともに、とりわけ晩年に「ルーサー」の代表曲となった『ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー』誕生おけるバック・グラウンド・ストーリーの紹介など、ファンであれば涙腺崩壊のエピソードの数々も。どうかこの機会に、ぜひご覧ください。
また、アーティストと同様に、「音楽ジャーナリスト」の方々に価値ある記事を継続して提供して戴けるよう、皆様からのサポートも併せてお願いいたします。

 


 


 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.264【Brian McKnight】

いつもご訪問ありがとうございます。
梅雨も中盤の今日この頃ですが、ブログ・リーダーの皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

もしコロナ禍の影響がなかったら、6月末から7月初旬に来日公演が予定されていた「Brian McKnight」(ブライアン・マックナイト)ですが、スタジオ録音アルバムとしては16枚目となる、約3年ぶりの新譜『Exodus』が本日リリースされ、各方面で話題となっています。「脱出・移住・移動」などの意があるワードの、アルバム・タイトル『Exodus』ですが、さて内容は如何に。

新しいパートナーとの生活がスタートしてからのリリースとなった、ニュー・アルバム『Exodus』ですが、彼らしい美しくも儚げなメロディとリリックで溢れた、特にこの2作品に耳が反応しました。『When I’m Gone』はリリックの冒頭に「Tokyo in spring, There’s no sleep without you..」のフレーズがあり、憶測ですが過去の東京公演時に書かれた作品かもしれません。一方『Neva Get Enuf Of U』は、昨年「Mellow Tunes ~ Vol.241」で一度紹介済みで、どちらもすでにシングルとしてリリースされている作品ですが、「大人による大人のための Love Song」 といったところでしょうか。これらの作品の醸し出す大人の落ち着き感が、なんだかとても有難く感じるのは僕だけではないはず。ぜひ、お手に取るなり配信で、熟成された作品群の数々を味わってみてください。

 


Brian McKnight
Track-1: When I’m Gone
Track-2: Neva Get Enuf Of U
(album: Exodus – 2020)

 

Twitter「Mellows Annex」を始めてからちょうど一ヶ月ほど。もとよりブログを直接訪問してくださる方々にとっては、ご訪問者の年齢層による影響もあるのか、なかなかSNSへの移行がスムーズには行われていないような印象です。休眠中の「facebook」のアカウントの方を確認すると、ブログ記事UPを促すような動きが増えているようで、やはり「プラット・フォーム」による読者層やフォロワー層の違いが、顕著に表れているような気がしています。実際のところ始めてみると、Twitter は限られた時間の中で即時に発信したいことをUPするにはとても便利・有効で、スピード感においては現存するSNSの中では飛び抜けている印象です。ただ、字数制限で一見無駄と思える「枝葉」の部分を切り落とされてしまうため、やはり考えの一部しか伝えることが難しく、ブログとSNSは使い分けが必至なのだと、そんな思いを強くしております。まあ、もとから「マイ・ペース」で、目障りで邪魔な広告を排除するため、誰からもどこからも制約されない自身のレンタルサーバー上で、ずっとスポンサー抜きでやってきたブログですから、これからも自由気ままに更新していくつもりですので、どうかよろしくお付き合いください。

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.42【The Gentle Rain】

本格的な「雨の季節」の訪れとともに、クルマを走らせているといつもの見慣れた窓越しの風景が、すこしばかり違ったものに見えてくるから、梅雨時というのは毎年のことながら不思議な感覚があるものです。我が家の庭の片隅の「青モミジ」と「紫陽花」の共演が見られるのも、この時期特有の風景だったりします。

 

 
こんな雨の季節の風景には、穏かなボサ・ノヴァがよく似合います。『The Gentle Rain』というタイトルのとても抒情的な作品は、既に Jazz/Bossa のスタンダードになっているのは皆さんよくご存じだと思います。
SAX奏者である夫『Jim Tomlinson』(ジム・トムリンソン)のアルバム『Brazilian Sketches』に収録された同楽曲は、妻である人気 Jazzシンガーの『Stacey Kent』(ステイシー・ケント)とのコラボレーションによるもので、ステイシーの鼻に掛かったような独特のヴォーカルとアレンジの巧みさによって、とても洗練された雰囲気の楽曲に変貌しています。

 


Jim Tomlinson Feat. Stacey Kent – “The Gentle Rain”
(album: Brazilian Sketches – 2002)

 

一方、「アントニオ・カルロス・ジョビン」と共に、ボサノヴァの創始者と言われる「ジョアン・ジルベルト」の前妻としても知られる、『アストラッド・ジルベルト』によるシンプルな歌唱と時代を反映したゴージャスなストリングスによるヴァージョンも、やはり捨てがたい魅力で溢れんばかりです。

 


Astrud Gilberto / The Gentle Rain
(album: The Shadow of Your Smile – 1965)

 

「梅雨時」は、何かと体調管理の難しい時期でもあります。「いい音楽」も、ある意味「処方箋」。うまく乗り切っていきましょう。