Search Results for: ROY HARGROVE

Mellow Tunes ~ Vol.223【Roy Hargrove Quintet】

いつもご訪問ありがとうございます。
サクラも散って、季節はあっという間に「春」というよりは、日によってはもうすでに「初夏」のような陽気ですね。季節の移ろいが、年齢を重ねるごとに、どんどん早くなるのを実感する今日この頃です。全国各地のブログ・リーダーの皆さまの地域では、どんな「春」を迎えてらっしゃるのでしょうか。

かねてよりお伝えしていますように、正直に申し上げて僕は「SNS」に向かないタイプでして、「Twitter」も「Instagram」とかのアカウントもありませんし、今後取得の予定もありません。かつての常連顧客の方々の勧めで仕方なしに始め、その後すぐに休止してしまったのですが、「休眠状態」の実店舗営業当時のアカウントを保持している関係で、「facebook」経由で「いいね」を頂戴することも多々あり、そんな皆様にはこの場を借りて、心よりお礼を申し上げます。最近は、なんだか北海道・東北方面、そして「京都」を拠点に活動されていらっしゃる多数の「JAZZミュージシャン」の方々に、当サイトへご訪問いただいているようです。実店舗のカフェの営業を終えてからは、完全な「音楽ブログ」になっており、もとより圧倒的にプロの音楽関係の方々のご訪問が多いようで、こんなただの音楽好きの素人の運営するサイトへわざわざお越しくださって、大変有難く思うのと同時に、とても恐縮しております。
どうぞ今後とも、気楽にふらっとお立ち寄りいただき、楽しんでいっていただけると幸いです。

 

 

 

当サイトでも何度か取り上げたことのある、不世出のジャズ・マンの一人「ロイ·ハーグローヴ」こと「Roy Anthony Hargrove」が、49歳という若さでJazzの都「New York」で他界したのは、昨年の秋が深まり始めた11月に入って間もない頃でした。

『The Roy Hargrove Quintet』『The Roy Hargrove Big Band』『The RH Factor』と三つのバンドを掛け持ちしたリーダーでもあった、彼の産み出す音楽には、スタンダードなジャズはもちろんのこと、ラテン、ファンク、ヒップ・ホップ、ソウル、ゴスペルに至るまで、それぞれのカテゴリーへの深い愛情とリスペクトを感じさせるに十分な魅力で溢れ、それはもう稀有なアーティストでした。変幻自在のロイの奏でる音楽の中でも、僕個人としては、「クインテット」で繰り広げられるオーセンティックなスタンダード作品がお気に入りで、彼の「フリューゲル・ホーン」から放たれる「音のつぶて」に、これでもかというくらいの黄昏時の「切なさ」や「哀愁」を感じてしまい、いつも目を閉じて聴き入ってしまうほどです。

 

Roy Hargrove Quintet “Rouge/You’re My Everything”
Live at Java Jazz Festival 2010

 

時が経てば経つほどに、現代のジャズ・シーンにおいて、これほどまでに才能豊かなアーティストを失ってしまったことが、悔やまれてなりません。
そういえば、「スーツにスニーカー」といういで立ちが似合うのは、「ロイ」と映画監督の「スパイク・リー」くらいのものです。

R.I.P. Roy …

 

追記:

やはり『The Roy Hargrove Quintet』としての最大の魅力は、ロイ自身の作曲で既にスタンダードになりつつある、クインテットを代表するマスターピース『Strasbourg/St-Denis』(ストラスブール=サン・ドニ)を取り上げないわけにはいきませんね。本当にカッコよくて「スゲェー!」と唸ってしまう楽曲ですね。まさにマイルス以来の「天才」でした。

 


The Roy Hargrove Quintet – “Strasbourg/St-Denis”
(Live at New Morning Club, Paris in 2007)

 

それから、大切なことを取り上げるのを忘れていました。上の動画のクインテットの中でピアノを担当していた「Gerald Clayton」(ジェラルド・クレイトン)が脱退した後に、クインテットに新加入したのは、NYに渡り若手ピアニストとして売り出し中の日本人ピアニスト『海野雅威』(うんのただたか)氏でした。海野さんは、ロイが亡くなるまでのほぼ2年間、『The Roy Hargrove Quintet』に正式に参加した唯一の日本人ジャズ・マンです。「マイルス」からの信頼も厚かった故「ハンク・ジョーンズ」の最後の愛弟子となった海野さんのピアノの音と演奏を聴いたロイが、惚れ込んでツアーに参加させるようになったというのは、かなり有名なエピソードです。
この記事をUPするにあたり、海野さんの「fb」を拝見したところ、ロイへの深い愛情と感謝の想いが綴られた記事を見つけました。英語ではありますが、分かりやすい表現で綴られた弔辞ともとれるトリビュートは、読む者の涙を禁じえません。文面の最後に、故マイケル・ジャクソンの名曲「Rock with You」の作者「ロッド・テンパートン」による、歌詞の一節を引用した言葉の数々は、急逝したロイへのあまりに慈愛に満ち溢れた内容なので、ここで紹介させてください。

 

海野さんが加入後の、新生『The Roy Hargrove Quintet』による「Strasbourg/St-Denis」を、LAの「Catalina Jazz Club」で演奏する貴重な動画が、YouTubeにUPされていました。前任者の「ジェラルド」とは違った魅力に溢れた、素晴らしいアドリブによるGroovyなソロを聴かせてくれます。なによりも、リーダーのロイはもちろん、百戦錬磨のヴェテラン・メンバー全員が、海野さんのプレイに「Wow!」の表情を見せているのが印象的であり、メンバーに受け入れられたことを観客も知らされる、貴重な動画ですね。もはや「New Standard」と評価されるこの楽曲の大半を、挨拶代わりの「ピアノ・ソロ」で、オーディエンスだけでなくメンバーさえも圧倒してしまったようにさえ感じ取れる海野さんの度胸にも称賛を贈りたいくらいです。何はともあれ、観客のリアクションがすべてを物語っていますね。


Roy Hargrove Quintet – “Strasbourg/St. Denis”
@ Catalina Jazz Club, Los Angeles 6/3/2017

 
尚、日本が世界に誇るジャズ・ピアニストとして現在もNYで活動中の「海野さん」については、実店舗『Mellows』を開業する際に、音楽面で多くの貴重なアドヴァイスを頂戴した、長野県小布施にあるJazz喫茶『BUD』さんのマスターのブログに、多くの紹介記事がUPされておりますので、ぜひそちらもご覧ください。
 

 

そしてこちらは、長いキャリアで世界的人気を誇るオランダ人女性サックス・プレイヤー『Candy Dulfer』(キャンディ・ダルファー)が、フリューゲルホーン奏者の「Jan Van Duikeren」(ヤン・ヴァン・ダウケレン)と共にカヴァーした、ちょっと洗練されたヴァージョンの『Strasbourg/St-Denis』。これはこれで、素晴らしい。世界中のJAZZ-MENがこぞってプレイしたいと望むほど、既にスタンダードな楽曲に成長しつつありますね。そう考えると、若すぎたロイの逝去は、残念としか言いようがありません。

 

Candy Dulfer – “Strasbourg/St-Denis”
(Live at ’30. Leverkusener Jazztage’ 2009/11/12)

 

久々に長編記事となってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.198 【Roy Hargrove ~ R.I.P.】

ここ日本でもそろそろ「冬の足音」が聞こえてくるような、JAZZが似合う季節の入り口の11月2日、ジャズ・トランペット・プレイヤー『Roy Hargrove』(ロイ・ハーグローヴ)の訃報が、世界を駆け巡った。患っていた病気の治療中に、心不全のため米ニューヨークの病院にて逝去したという。享年49歳、またもや「天才」と謳われて久しい一人の「JAZZ MAN」が、若くしてこの世を去ってしまった。

 

 

米国南部のテキサス出身ではあるけれど、1980年代後半から「NY」を拠点とした、ビバップの伝統を継承する正統派プレイヤーとして活動する「Roy Hargroove Quintet」とシンクロしながら、一方では「The RH Factor」名義での「JAZZ」と「HIP-HOP」そして「R&B」との融合を成し遂げたパイオニア的存在でもあり、卓越した技巧も含め、現代のジャズ・シーンの中で最も抜きんでたトランペット奏者だったと、僕自身は認識している。
僕が「ロイ」の「艶」と「色気」のあるホーンの音色に遭遇したのは、若い頃より愛聴し続けている「Boz Scaggs」が2001年にリリースした『Dig』 というアルバムに収められた、それはとてもJazzy & Bluesyな楽曲『Miss Riddle』でのプレイだった。まさに「枯れてゆく男のダンディズムの極致」を表現したイントロそしてソロで聴ける彼のホーンの音色はそれまで聴いたことのあるどのホーン奏者のそれよりも、恐ろしいほどに「Sexy」で「Silky」で衝撃的であり、全身に鳥肌が立ったのを、今でもよく記憶している。(詳しくは過去の関連記事をご覧ください)

 


Boz Scaggs – “Miss Riddle” (ft. Roy Hargrove)
(album: Dig – 2001)

 


Roy Hargroove Quintet – “When we were one” (feat. Johnny Griffin)
(album:  With The Tenors Of Our Time – 1994)

 

自分が生きているうちに、いつかまたJAZZの本場「NY」で演奏を観たいと思える、そんなジャズ・プレイヤーの一人、それが「ロイ・ハーグローヴ」だった。それも叶わぬ夢となってしまい、本当に残念でならない。

 

Rest In Pease, Roy..
どうか安らかに眠れ..

 

Mellow Tunes ~ Vol.78 【花冷え】

アクセス・カウンタが今日になって『20万』を超えました。プラグインなどにより統計にバラつきはあるものの、一日あたりのPV(ページ・ビュー)であれば、最近1,000~3,000PV程度が普通になっています。特に北欧・中欧やドイツ・ロシアなど欧州方面からのアクセスがかなり伸びており、皆様それぞれの言語に翻訳してご覧いただいているのだとは思いますが、なにはともあれいろんな方の日頃のご訪問・ご愛読に感謝いたします。

さて、せっかく「桜」が満開となった関東地方も、文字通りの『花冷え』なお天気となりましたね。
何の木だろう・・」と思っていた木や並木が、突然この時期に「パッ」と華やいだ表情になって初めて、「ああ、桜の木だったんだ」って気付くことってありませんか?
数日前、交差点の信号待ちで青になったのに気づかず満開のサクラに見とれていたら、後続車に『プップ~』とやられてしまいました。(泣)
年に一度のことなので、せめてもう少しの間、サクラの花びらたちには、風雨に負けることなく頑張ってもらいたいものです。

なかなか「お花見」に出かける機会もないので、「WEB」上で大好きな京都の桜を満喫してみました。京都・祇園白川沿いの夜桜ですが、日本人の琴線に触れるなんとも美しいこの季節特有の風景ですね。(こちらの「風景壁紙」フリーサイトよりDLできます)

 

祇園の夜桜京都・祇園は白川沿いの夜桜   (出典:『風景壁紙.com』)

 

“Mellow Tunes” の久々のUPですが、温かい珈琲が欲しくなるよなちょっと花冷えな日には、mellow なJazzのスタンダード “When We Were One” などいかがでしょう。

 


Roy Hargrove Quintet / “When We Were One”
(album: With the Tenors of Our Time – 1994)

 

Roy Hargrove(ロイ・ハーグローヴ)に興味をもたれた方は、過去記事もどうぞ。

 

 

 

枯れてゆく魅力と、理想のブレンドと

理想のブレンド珈琲を探し続けて、もう何ヶ月になるだろうか・・・
しかし『珈琲』の世界とは、うまく例えようもないけれど、一見すると透明に見えて、でも深遠で底の見えない、まるで地底湖のような気がしてならない・・・ そして誰が言ったのか、『珈琲は嗜好品』『いちばんおいしい淹れ方など存在しない』『ブレンドには正解はない』等々、その深い世界観はとどまる所を知らない・・・ その類の多くの書物にも最後に結論付けられているのは、『自分がそれを好きかどうか』に尽きると。うーん、ますますわからなくなってくる・・

つい先日、遠く九州にあるロースターさんから、数種類のブレンド珈琲のサンプル豆を送っていただきました。
どれも美味しく戴いたのですが、その中に1位落札ではないのですが、 “COE”(Cup Of Excellence)を受賞した豆をベースにしたブレンドがありました。世界的な珈琲豆のコンテストで、カッピング(試飲)等の厳正な審査を経て落札されていく、あの最高級の品質を誇ると言われる品評会で入賞した豆が入っているわけです。いわゆる「スペシャルティ」とか「スペシャリティ」とも表現される、世界で僅か2~3%程度しか流通していないレベルの、まるで黒いダイヤのような珈琲豆のことです。

 

10AnniversaryLogo.jpg

 

未だかつて嗅いだことのないフルーツのようなアロマが、ネルで蒸らしている段階からドリップに移行した瞬間に、また別のフルーツの香りに変化していく。ある意味、衝撃的な出会いでした。恥ずかしながら、”COE”というクラスの豆を自分で挽いてドリップする機会がこれまでなかったので、『これはただ事ではない』というのが実感でした。
品種によっては、国際的なオークションで国内の一部のグループによる無謀とも取られかねない買付けなどもあるようですが、何も”COE”の1位受賞のものでなくとも、品評会に出品されてくる段階で、それなりどころか相当の品質の高さが保証されているのだと思います。それはともかくとして、びっくりするほどの初めての”COE”豆の味わいでした。やっぱり格別に美味しい珈琲には、それなりに円熟した大人の音楽が似合います。少々こじつけですが・・(笑)

album-dig.jpg時々紹介しますが、Boz Scaggs というミュージシャンは、まさにその見本のような人です。
今回紹介するのは、2001年にリリースされた “Dig” というアルバムからのとてもJazzy & Bluesyな一曲です。このアルバムに収められたこの“Miss Riddle”という作品からその2年後に、BOZJazzスタンダードアルバムを発表するに至るわけで、まさにそのきっかけともなった作品とも思えます。
途中で聴ける ROY HARGROVE のトランペットのソロは、恐ろしいほどのセクシーさです。抑え気味のスタイルで謳い上げる BOZ のヴォーカルも Roy のラッパの音も、枯れてゆく男のダンディズムの極致といえるでしょう。
ぜひとも、極上のブレンドとともにじっくりと味わいたい一曲です。

 


Boz Scaggs / “Miss Riddle” from the album “Dig”