Search Results for: Will Downing

Mellow Tunes ~ Vol.226【Will Downing】

いつもご訪問ありがとうございます。
「雨の季節」に入り、例年のように「降ったり」「晴れたり」と、忙しい空模様です。

 

 

小さい頃からそうなのですが、雨が降っていると、なぜだか僕にとっては不思議と五感が冴え渡り、同じ音楽がいつも以上によく聴こえてくるのを感じることが、しばしばあります。例えば「メロウ」な楽曲であれば、普段よりも「メロウ」の度合いが増幅されて聴こえてくるのだから、不思議なものです。もしかしたらそんな理由から、「雨の季節」が嫌いではないのかもしれません。

ここのところずっと新シリーズの「Mellow Classics」ばかりUPしていたので、定番の「Mellow Tunes」の方は、久しぶりの更新となります。今回で「Vol.226」となる「Mellow Tunes」シリーズですが、思い起こせば初回の「Vol.1」で取り上げたのが、今日また改めてご紹介する「Will Downing」(ウィル・ダウニング) の作品でした。

以降幾度となく彼の作品群については折に触れ取り上げてきてましたが、しばしば「ヴェルヴェット・ヴォイス」と評される「ウィル」のアダルトなヴォーカルは、なんだかこんな「雨の季節」に似合う気がしてなりません。ちょうど3年前の「雨の季節」にも一度紹介しているのですが、『Everytime It Rains』という、「遠雷」と「雨音」のSEから始まるこの大人のムード溢れる「Super Mellow」な楽曲は、例えば雨の降る日に、部屋やクルマから窓越しの「雨の風景」でも眺めながら、しみじみと聴き入るのにはうってつけの作品です。

「ウィル」のお薦めの作品を、プレイリストにしてみましたので、珈琲でも片手にまったりとしてみてはいかがでしょうか。

 


Track#1 – “Everytime It Rains” (album: All The Man You Need – 2000)
Track#2 – “A Million Ways” (album: Emotions – 2003)
Track#3 – Brian Culbertson / “It’s On Tonight”(feat. Will Downing)
(album: It’s On Tonight – 2005)

 

なかなか日本国内での認知度が上がらない印象のアーティストですが、興味を持たれた方はどうぞ過去記事などもご覧ください。

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.62【Brian Culbertson】

ここ10年くらいになりますか、「秋」がすっぽり抜け落ち、夏の終わりから一足飛びに「冬」がやってくるような、そんな印象が年々強くなってきています。国際社会が本気で足並みを揃えて「温暖化対策」に本腰を入れて掛からないと、日本の美しい四季もとても曖昧なのになりかねません。モミジを愛でることのできるこの国の「秋」は、未来永劫守ってゆきたいものです。

 

 

 

 

さて、はっと気付けばもう「X’mas」のディスプレイやイルミネーションをあちこちで見かける季節となってきました。ということは、2011年の実店舗OPEN時から継続中の恒例の企画、「Mellow なクリスマス・ソング」のシーズン到来ということになりますが、次回あたりから回数限定で記事をUPしていく予定です。現在思案中ですので、もうしばらくお待ちください。

例年このシーズンはクリスマス・ソングの連続投稿になってしまうので、その前にしばらくUPしていなかった Adult Contemporary な作品をご紹介している「AC Tunes」シリーズの更新です。

Brian Culbertson は米国はイリノイ州出身の現在44歳になる、いわゆる「Smooth Jazz」と呼ばれるカテゴリーにおいて、とても人気のあるキーボーディストとして知られています。父親もミュージシャンでトランペッターだった背景から、幼少の頃よりピアノだけでなくトロンボーン・ドラムス・ベース等の楽器に触れ、後に黒人音楽である「Jazz/R&B/Funk」に傾倒し、白人でありながらもそれはそれは「Mellow & Funky」な鍵盤演奏スタイルなのが特徴のアーティストです。唯一やらないのが「VOCAL」くらいのもので、昨年逝去した「PRINCE」同様に、大変器用なマルチ・ミュージシャンのブライアンです。

PCモードで閲覧されていれば、右側のウィジェット部に貼り付けてますが、ゲスト・ヴォーカリストに「Will Downing」(ウィル・ダウニング) を迎え、2005年に彼がリリースした Super Mellow な作品「It’ On Tonight」は、言ってみれば本ブログのテーマ曲のような位置付けといって構いません。プレイ・スタイルはとびきり「メロウ」で「エモーショナル」で「スムーズ」で、そして黒人ミュージシャンの面々が腰を抜かす程に本領発揮のFUNKチューンといい、本当に引き出しの多い才能溢れるアーティストだと思います。
そんなブライアンが、キャリア初期の1997年にリリースしたアルバム「Secrets」から、彼の創り出すサウンドの特徴がよく表れている、『You’ll Never Find』をご紹介します。

 


Brian Culbertson – “You’ll Never Find”
(album: Secrets – 1997)

 

ブライアンのサウンドが肌に合うと感じた方は、よろしければ過去記事もご覧ください。また、来年早々2/14「Valentine’s Day」に New Album 『Colors of Love』のリリースが予定されています。乞うご期待。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.103 【Everytime It Rains】

2016年が始まってからというもの、愛するアーティストの相次ぐ訃報に伴う記事のUPが続いたりで、なかなか思うように記事が書けないというかそんな気分になれない状況が続いており、そうこうしているうちにあっという間の「梅雨入り」のニュースが…

 

アジサイ

[2015年撮影]

 
 

will_downing2010-bw-against-wall-large2012年2月に「Mellow Tunes~Vol.1」で紹介したWill Downing / “A Million Ways”から早いのか遅いのか分かりませんが、今回で「Vol.103」となります。
梅雨入りの季節にマッチした作品をと考えましたところ、不思議な縁でまたウィル・ダウニング(Will Downing)のこんな楽曲を再発見しました。このブログ内でも「梅雨時」や「雨」にまつわる記事をずいぶんと書いてきた記憶がありますが、幼少の頃から「雨にまつわる記憶」って、なぜかその後何十年経ってもひときわ鮮明な印象が残っていることって多くあるものです。『Everytime It Rains』とは、誰にでもあるそんな雨降りのシーン(瞬間)を思い起こすような、キー・ワードなのかもしれません。
 


Will Downing / “Everytime It Rains” (album: All The Man You Need – 2000)

 

さて、「梅雨入り」のタイミングとこの作品の紹介を持ちまして、しばらくブログの更新をお休みすることにいたします。気が向きましたら、また戻ってこようかと。
ブログ・リーダーの皆様におかれましても、体調を崩しやすい時期ですのでくれぐれも御自愛の程を。それでは。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.100 【Euge Groove】

都内からは桜の開花が伝えられたように、日を追う毎に日中はだいぶ気温が上昇するような日も多くなってきました。

少し前になりますが、東北をはじめ多くの被災地では大震災から五年の月日が経過しました。被災されてご家族をなくされたりした関係者の方々には、謹んで哀悼の意をお伝えしたと思います。
震災の年に開業した実店舗の『cafe Mellows』も、営業を維持できていれば五年目を迎えているところですが、ご承知の通り諸般の事情により今現在は存在しておりません。
とはいえ、被災地へ旅立った僕の大事な「相棒」であり店舗であったトレーラーハウスの「メロウズ号」は、被災地の宮城県東松島で第二の人生というかお役目を立派に果たしているようです。皆さんに愛されているみたいで、ほんとによかった。出会いと別れの季節の象徴である「桜」の花が咲く頃になると、なんだか不意に愛おしさを伴って思い出すから、不思議なものです。

 

mellows-009

 

「Mellows」の開店準備期間から始めた当ブログの中では、これまでおそらく500~600を越えるそれは沢山のメロウな音楽作品をご紹介してきました。紹介していくうちにシリーズ化された「Mellow Tunes」ですが、2012年2月にVol.1で紹介したWill Downing / “A Million Ways”から、早いもので4年が経過し、今回でようやく100回目を迎えることとなりました。ただ単純に自分が「これはメロウだな..」と思える作品をカテゴリーに囚われることなく、記事とともにUPしてきただけなのですが、改めて作品毎に聴いてみるとやっぱり自分の大好きな作品の「プレイ・リスト」になっているのがよく理解できます。

 

mellows-023

 

「時」というのは黙っていても残酷なまでに刻々と過ぎていくもので、あれからなかなか前進できない自分自身に腹が立ったり嫌気がさしてみたり、うまく表現することができませんが、心身共にけっこうしんどい時期がずっと続いているような感じでしょうか。そんな時に、いつも助けてもらっているのが好きな「音楽」であることは、今更ながら言うまでもないことです。そんな訳で、Vol.100では最近聴く機会が最も多かった作品を紹介することにいたしました。

Euge Groove (ユージ・グルーヴ / 本名:Steven Eugene Grove)は、米国ではかなり名の知れたサックス・プレイヤーで、主に Smooth JAZZ のカテゴリーを中心に活躍しています。一時期は米国西海岸をベースにメンバーを幾度も入れ替えながら存続しているホーン・セクションによる大型バンド「Tower of Power」に在籍していましたので、実力は申し分のないアーティストです。年齢も自分と同世代なので、おそらく影響を受けた音楽とかがとても近いのかなと思われます。
今回記念すべき「Mellow Tunes Vol.100」で取り上げる本作品『Slow Jam』も、なんだか気持ちがひどく落ち込んだときとかに聴くと勇気付けられるような、むせび泣くメロウなテナー・サキソフォンがハートにグッとくる素晴らしい楽曲です。

 
groove_header1

 

興味を持たれた方は、YouTubeでライブなども見ることができますので、ぜひともご鑑賞ください。
 

 

 

2013年を振り返って

寒い日が続きますね。皆さんもお忙しい師走の日々を過ごされていることと思います。

DSC_0563

UPで撮るとまるで林檎のような「南天」

 

総括するには少々早い気もしますが、僕自身にとってはまさに激動の一年となった2013年も、早いものであと数日で暮れようとしています。
ブログをやっているとこんな時期に備忘録としてとても有効で、確認すると、「メロウズ号」が被災地に旅立ったのがちょうど一年前でした。
今日でちょうど50という人生の節目を迎え、そしてあれから一年が経過し、良きにせよ悪しきにせよ改めて「人の人生はまったく先が読めないもの」だと強く感じています。

きわめて個人的なことではありますが、この一年の間実行できなかったことがいくつかありました。
いろいろと思うところがあり、今年一年間はまったく「カフェ」や「喫茶」といった場所には一度も出入りしませんでした。(もちろん、自宅ではそれなりにドリップしてますが・・)そして、あれほど好きで年に一度は必ず訪れていた「信州」の地を一歩も踏まなかったこと。
どちらも自分にとってはある意味大きな出来事でした。来年は行けるような状況になるといいのですが。

嬬恋方面から望む冬の浅間

ばおばぶ 凍る万葉池

「ふりこ茶房」の窓辺の景色もこんな時期でしょうか

 

一方、知人の造園屋さんのご協力で、ようやく我が家の小さな庭に Mellows にあった計3本の大事にしていたモミジを迎え入れることができたことは、いい意味での大きな出来事でした。
それから、今年の終盤で心温まる小説に出逢えたことも、嬉しい出来事でした。

 

DSC_0573

「第三のモミジ」もやってきました

 

皆さんにとっての2013年は充実した一年となりましたか?そうだった方もそうではなかった方も、、皆前を向いて進む以外ありませんので、ゆっくりでも自分のスピード・リズムで歩いていきましょうね。

もはや『音楽ブログ』といっても差し支えない当ブログですが、ちなみにこの一年間で再生された楽曲のNo.1は、Mellow Tunes ~ Vol.34【smooth & mellow】でご紹介した、圧倒的なアクセスのこちらの作品でした。
いやぁ、皆さん分かってらっしゃる。やはり嗜好の近い方のブログ訪問が多い証拠ともいえますね。

 

It's On Time


Brian Culbertson / “It’s On Tonight”(feat. Will Downing)
(album: It’s On Tonight – 2005)

 

せわしい日々がもう少し続きますが、風邪など召されぬよう、くれぐれもご自愛ください。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.34【smooth & mellow】

まだまだ寒さが続いていますが、皆さん風邪など召されぬよう、くれぐれもご自愛ください。

さて先日、当ブログにおいて Brian Culbertson (ブライアン・カルバートソン)の紹介を初めてしたのですが、アクセス解析によればなかなか反響があるようなので、今日は引き続き第2弾として、彼の作品の中からやはり smooth & mellow な一曲をご紹介します。

 

It's On Time


Brian Culbertson / “It’s On Tonight”(feat. Will Downing)
(album: It’s On Tonight – 2005)

 

『It’s On Tonight』は2005年にリリースされた彼の8作目のオリジナルアルバムで、幼い頃から親しみ並々ならぬ影響を受けたと言われるFUNKやR&Bの分野から、多くの有能なミュージシャンやアーティストをゲストに迎えています。中でもアルバム・タイトルチューンの “It’s On Tonight” は、以前に過去記事でも取り上げたように、ルーサー・ヴァンドロス亡き後のスペースを埋めるのは彼しかいないと僕が勝手に主張している Will Downing (ウィル・ダウニング)がゲスト・ヴォーカリストとしてフィーチャされています。ブライアンの甘美でcoolでメロディアスなピアノとウィルのシルキー・ヴォイスで創造された、極上の mellow な世界を堪能できる至福のコラボレーション作品と言えるでしょう。

今チェックしてみて気が付いたのですが、今回で Vol.34 となる “Mellow Tunes” シリーズも、記念すべき Vol.1 がやはり Will Downing の紹介でした。しかもちょうど一年ほど前に始まったわけで、なんだか月日の過ぎるのが早すぎる感じがしてなりません。
 
「大人向けの音楽」をどんどん紹介して欲しいといったメールやコメントをよく頂戴しておりますので、相も変わらず僕の独断と偏見でのチョイスですが、今後もゆったりと楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.1

日曜日の営業を終え、ようやくお店の一週間が終わりました。
とはいうものの、火曜日以降の仕込みなどが山積みなので、あいかわらずの午前様ですがようやく先ほどなんとか目処がついたところです。なので、やっとの思いで今PCの前に座ったところです。

本来であれば、話題が多岐に渡るブログとして運営してきましたが、なにせお店のすべてを独りであれこれ切り盛りしている関係上、今となってはブログのトピックを探すだけも、かなりの労力を要するのが実情であります。ところが、こと話題が好きな音楽となると、これまでの自分の中の蓄積も手伝ってか、ほとんど苦にならないのです。そんな理由から、「カフェ」のブログというよりは、最近はまるで『音楽』ブログのような形態になってきていますが、基本的には一カフェのマスターの個人的なものなので、どうかご容赦ください。

さてさて、しばらく続けていた『優しい音色』のシリーズですが、先日記事をUPしたホイットニー・ヒューストンの死から、それ以来なぜだかなかなか頭に浮かんでこないのです。そんな事情なので、このシリーズはしばらくの間ちょっと寝かせておいて、僕の得意な分野のメロウなサウンドの数々を、『Mellow Tunes』シリーズとして、これから少しずつご紹介させていただこくことにしました。

 


Will Downing / “A Million Ways” (album: Emotions – 2003)

 

シリーズ初回の今日は、米国ではJazz, Smooth Jazz, Fusion 等のフィールドで多岐に渡り活躍している Will Downing(ウィル・ダウニング)の super mellow tune である『A Million Ways』を紹介します。お店でもよくプレイしてますので、もしかしたら耳にされた方も多いかもしれません。
日本ではあまり馴染みのないアーティストですが、どんなカテゴリーの曲でも歌いこなしてしまう器用さから、あらゆるフィールドのミュージシャンからゲスト・ボーカリストとして招かれることも頻繁にあるようです。
僕の中では、ルーサー・ヴァンドロス亡き後の現在のブラック・ミュージック界においては、彼同様の Silky Voice を持ち合わせているのは、この人くらいしか見当たりません。なので、もう少し日本も含め米国外でも認知度がUPして欲しいアーティストのひとりです。余談ですが、そういえばこの人も僕と同じ歳でした。