Search Results for: ami nakazono

Mellow Tunes ~ Vol.230【Ami Nakazono】

いつもご訪問ありがとうございます。
連日の猛暑で、仕事の方もお休みの方も、皆さんおつかれさまです。
今年は例年より開花が少し遅かった印象のある、愛らしい「蓮」の花もそろそろ見納めの頃。照り付ける夏の暑い日差しの中で、「凛」と佇むその姿には、なんだか意志の強さだとか時には気高さまで感じることも。

 

 

都会の人々が、涼を求めて避暑地へと足が赴くように、こう暑いと聴く音楽もできれば Cool な音色を求めたくなるもの。

今回は以前に「Mellow Tunes ~ Vol.201」でもご紹介したことのある、当サイトにおいて絶賛応援中の、国内の「Smooth Jazz」シーンでは、圧倒的な実力派サックス・プレイヤーの「中園亜美」さんの再登場。男性・女性プレイヤーを問わず、彼女の「ソプラノ・サックス」から奏でられるその音色は、実に「Silky & Smooth」でいて、そして時にはソプラノとは思えないような「Funky」な演奏も彼女の魅力ですね。もちろん「アルト」に持ち替えたときもしかり。できるだけ早い時期に、またプロデューサーとしてベスト・パートナーだと思える「安部潤」さんと組んだ、新譜を聴いてみたいものです。そして、ぜひ世界を舞台に活躍して欲しい期待の存在です。

曲のタイトルは『December』2010年にリリースされたシングルですね。前回取り上げた『CHICKENSHACK』の「土岐英史」氏のソプラノ・サックスの音色とは、また違った魅力に溢れています。クールな音色で、なんだか部屋の気温がすこしだけ下がったような気がしませんか。

 


Ami Nakazono – “December” (2010)

 


Ami Nakazono – “World Connection” (2016)

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.201【Ami Nakazono】

いつもご訪問ありがとうございます。
12月に入ってあっという間に1/3が過ぎ去ってしまいました。「暖冬」と予想されたこの冬の気候も、ここ数日に限って言えば「この冬でいちばんの冷え込み」のニュースが列島の各地から届いています。でも、12月生まれの僕にとっては、こんなキリッとした冬らしい空気感は、むしろ嫌いではありません。見るもの、そして聴くもの全てが、他の季節よりも明らかに五感に訴えてくるからかもしれません。

 

 

さて、「クリスマス・ソング特集」を早々と終えましたところで、そろそろ普段のペースに戻ろうかと思います。当サイトのレギュラー企画である『Mellow Tunes』シリーズも、11月下旬に「Vol.200」を数え、今回「Vol.201」を迎えるにあたり、女性JAZZサキソフォン・プレイヤーの「中園亜美」さんをご紹介しようかと思います。以前に、若い頃からよく聴いていた「Candy Dulfer」(キャンディ・ダルファー)を取り上げようとして結局まだ取り上げていなかったので、おそらく女性のサックス奏者としては、この方が初めてのご登場ということになります。
所属先 (VEGA Music Entertainment)による、彼女のプロフィールは下記の通り。

中園亜美 Pprofile:
1986年長崎生まれ鹿児島育ち。福岡第一高等学校音楽科卒業。
洗足学園音楽大学Jazz科からBerklee音楽大学へ編入。サックスをWalter Beasleyらに師事。
2009年卒業後、N.Y.を拠点にアメリカ、ヨーロッパでサポート・ミュージシャンとして活動。
2014年より東京に拠点を移し、ソロとしての活動を本格的にスタートさせる。
2015年10月サウンド・プロデューサーに「安部潤」を迎え、VEGA Music Entertainmentよりアルバム『Make It Happen!』を発売。タイのHitman Jazzからも同時リリースを行い、同年バンコクやチェンマイとジャズフェスへも参加する。
2016年8月には世界配信シングル「She’s Home」と「World Connection」をリリース。2017年4月米・ワシントンDCにある老舗ジャズクラブBlues Alleyでの単独ライブを成功させる。クラシックのバック・グラウンドと本場アメリカNYで磨いたセンスの二つを持ち合わせソプラノ・サックスをメインとした次世代を担うサックス・プレイヤーの一人として日本のみならず世界で活動中。

プロフィール中にもありますが、彼女が主として扱う「ソプラノ・サックス」の音色は、実に「Silky」であると同時に「Sensual」で美しい響きを感じます。そしてスピード感のある楽曲の時に「アルト」で聴かせる「Funky」な音色には、米国滞在中に師事していたという「Walter Beasley」の姿が目に浮かぶよう。また、女性プレイヤーによるアルトの演奏で、10代の頃から長らく敬愛する「David Sanborn」(デヴィッド・サンボーン)の「音色」を意識させてくれたのは、おそらく僕にとっては彼女が初めてで、とても嬉しい体験でした。

当サイトでも常にサポートさせていただいている、音楽プロデューサー「松尾潔」さんの中学時代の同級生でいらっしゃる、キーボード・プレイヤーであり音楽プロデューサーである「安部潤」さんをサウンド・プロデューサーに迎え、2016年8月に世界配信されたシングルの『World Connection』は、彼女の作品の中でも僕の最もフェイヴァリットな、それはもう「Super Mellow」な作品です。ぜひお聴きください。Live Ver.の安部さん(Key)のソロ・パートも、なんともクールでカッコイイ。ライヴならではの演奏の魅力です。

 


Track-1: Ami Nakazono – “World Connection”
Composed by Ami Nakazono,Jun Abe
Ami Nakazono(Soprano Saxophone),Jun Abe(keyb,bass,progaramming),
(Single Released: 2016.08.12)
Track-2: “World Connection” Live at Blues Alley Japan in 2017

 

そして、2015年にリリースされたデビュー・アルバム『Make It Happen!』に続き、こちらが今年2018年4月にリリースされた2作目の、『The Real』からのアルバムタイトル作品とトレイラーです。今年中に取り上げねばと思っていて、このタイミングとなってしまいましたが、「いい音楽に出逢うのに、早いも遅いもありません」。出逢ったこと自体が、人生を豊かにしてくれるものです。

 


Ami Nakazono | The Real -Short Ver.- (Official Music Video)
Ami Nakazono “The Real | Album Digest” (Official Video)
(Album Released: 2018.04.25)

 

中園さんですが、いちばん直近のお仕事では、先日リリースされた「松尾さん」プロデュースによる「JUJU」のジャズ・アルバム『DELICIOUS~JUJU’s JAZZ 3rd Dish〜』の「I Didn’t Know What Time It Was」の曲中で、ソプラノ・サックスでのソロパート任されています。
尚、彼女のアルバム2作品で共同プロデューサーを務める「安部潤」さんについては、また別の機会にご紹介するつもりです。そうそう、「菊池成孔」さんのプロデュースで新境地を開拓した「市川愛」さんもですが、この方も含めまだまだ紹介できていないアーティストが沢山いらっしゃって、少々反省気味の2018年の暮れです。

それではまた、次回にお会いしましょう。

 

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.74【Jun Abe】

いつもご訪問ありがとうございます。
冬の足音がひたひたと近づいてくるのが、聞こえてくるようです。そしてこんな時期の夕暮れ時には、いつにも増して言葉を失いそうなくらいの「Magic Hour」が訪れることがあります。
数日前に、少し遠くまでドライブをして、時おり訪れる撮影スポットで、そんな時間をしばらくの間、音楽を聴きながら待っていました。
雲一つない秋晴れの黄昏時の空間の南西150km先に、美しい日本を象徴するシルエットが浮かび上がりました。呆気にとられるほどの美しさに、痛く感動しました。重いのがネックなので、一眼や高価なコンデジも使わず、いつも愛用してるFUJIのごく普通のコンデジで、露出とホワイトバランスを調整しただけの一枚です。

 

 

さて今回の「AC Tunes」では、これまでもずっと取り上げてみたかった、日本を代表する鍵盤奏者であり、また同時にアレンジャーでありプロデューサーでもある、「安部潤」さんをご紹介させてください。とはいっても、あまりにマルチなご活躍ゆえに、活動のほんの一部しか紹介できませんが、ここ数年は多くの著名な国内アーティストのプロデュースやアレンジャーとしての活動に軸足を置いていらっしゃるようです。ご自身のバンドを率いたソロ活動のアルバムのリリースも待たれるところではありますが、僕個人としては、同郷福岡の同級生でもある「松尾潔」さんのプロデュースされるアーティストの作品におけるアレンジ、例えば「鈴木雅之」氏の Super Mellow な傑作バラッド『53F』などに見られるその「メロウネス」に、ひたすら酔いしれてしまうリスナーの一人だということを告白いたします。

ファーストクラスのキーボード奏者であると同時にメロウな楽曲のプロデュースに長じた「安部潤」さんに絶大な信頼を寄せて制作された、僕が若い頃より敬愛するサックス奏者で、「T-SQUARE」「伊東たけし」氏のソロ・アルバム『Mellow Madness』の完成度は、世界的にもとても高い評価を得ていることで知られています。2000年にリリースされた『Mellow Madness』には、Soul/R&B ミュージックをこよなく愛する伊東氏の選りすぐりの、Stevie Wonder / Marvin Gaye / Quincy Jones といった大物アーティストのスタンダード・ナンバーの多くが収録され、なかでもアルバムのラストを飾る「Bill Withers」のバラッドの名曲『Hello Like Before』における、安部さんの編曲の凄さには、もう最上級の賛辞しかありません。この楽曲は世界中でこれまで多くのアーティストがカヴァーしていますが、ヴォーカルがないのにも関わらず、世界一のカヴァーだと、僕自身は感じています。この作品をずっとずっとWeb上で探し続けてましたが、ようやく数日前に英国・ロンドンに拠点を置く『Mixcloud』で一曲通しで聴けるストリーミング音源を見つけましたので、まだ聴かれたことのない方にやっとお届けできることを、嬉しく思います。

 

(MCの後に続くプレイリストの一曲目に『Hello Like Before』が収録されています)

 

そして、僕個人としても国内サックス・プレイヤーとして一番期待を寄せる『中園亜美』さんのアルバムのプロデュースにおいては、安部さんはまるで「ジェフ・ローバー」(Jeff Lorber)と、姿が重なり合います。

 


Track 1: Give Me A Sign / Jun Abe & J – Jazz Super Band
Track 2: World Connection / Ami Nakazono

 


(作詞: 葛谷葉子・松尾潔 / 作曲: 葛谷葉子 / 編曲: 安部潤)


(album: Walk Around – 2012)

 

これは安部さんの作品に限ったことではなくて、できればもっと多くの楽曲を紹介したいと思っても、音楽を取り巻く総合的な環境だとかレーヴェルの統廃合や再編等もあり、また最も守られねばならないアーティストの方々の著作権の保護という観点からも、とりわけ身近な「YouTube」からは、国内はもちろん国際的にも大手の「Sony」系列所属のアーティストの作品群は、どんどん削除されているようです。「Amazon」「Apple」「Spotify」等、「配信」または「サブスクリプション」で、真っ先に購入するのを厭わない熱心な音楽ファンばかりならば、アーティストはじめ制作側にとって一番有難いのは間違いありません。もちろんそれがいちばん理想的なんですが、このサイトを訪問してくださる方々は、年齢・性別・国籍・言語に至るまで多種多様であり、まずは作品に触れてみてもらうのが「第一義」として捉えております。少し高価な美味しい食べ物だって「試食」して初めて、納得した上で財布の紐が緩むもの。このサイトを通じて知り得たアーティストの「一曲」が、やがて「アルバム」購入となり、そして「公演」参加に繋がってくれたら、僕としては本望です。その辺りをご理解いただけると幸いです。

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.73【Michael Lington】

いつもご訪問ありがとうございます。そして更新がスロウでゴメンナサイ。
11月もすでに半ば。自然が豊かな公園を訪れる度、季節がいよいよ「冬」に向かって舵を切った様子が、そこかしこに見受けられる頃になってきました。銀杏のキイロも今が見頃でしょうか。

 

 

 

今年で50歳になった、北欧デンマークコペンハーゲン出身の 「Michael Lington」(マイケル・リントン)は、米国のいわゆるスムーズ・ジャズ界では、今もっとも人気のあるサックス・プレイヤーの一人です。4年以上前になりますが、過去にも一度「AC Tunes ~ Vol.32」で、このカテゴリー(Smooth Jazz)のアーティストからオファーが絶えることのない人気 Vocalist「Kenny Lattimore」(ケニー・ラティモア)をゲスト・ヴォーカリストに迎えたナンバー『Gonna Love You Tonite』を取り上げています。

今回は、それより少し遡って、2008年にリリースされた彼のリーダー・アルバム『Stay With Me』から、人気ギタリストの「Paul Jackson, Jr.」をフィーチャしたオリジナル作品の『Hey You (feat. Paul Jackson, Jr.)』と、あの「ポール・マッカートニー」「Paul McCartney and Wings」時代の1973年に放った、20世紀を代表するバラッドの名曲『My Love』の素晴らしいカヴァーをご紹介。
(参考までに、ポールのオリジナルは Mellows 営業当時のこちら記事へ)

 

Michael Lington
Track 1: Hey You (feat. Paul Jackson, Jr.)
Track 2: My Love (cover)
(album: Stay With Me – 2008)
 

以前も書きましたが、この人のアルトの音色は「スムーズでメロウで、本当によく泣くなぁ」というのを、聴く度に感じます。1960年代の JAZZ が全盛期の頃より、JAZZ に対する理解と許容力が尋常でない「北欧諸国」からは、カタチは聴きやすく耳触りのいい「Smooth Jazz」がメイン・ストリームとなった現代であっても、素晴らしいアーティストがどんどん出てくる印象が強くあります。「Jazzy, But Not Jazz」などとこの分野の音楽やアーティストを揶揄する向きもあるようですが、聴いた人が感動するのであれば、それは「Good Music」にほかならないのですから、なんら気にする必要はないと思いますね。かつて「FUSION」サウンドが世界中を席巻してた時代から比べると、「Smooth Jazz」というカテゴリーが確立されて以降、もともと「黒人音楽」に源流を持つ「JAZZ」と「SOUL」がより深く融合するようになって、僕のようなどちらも愛する愛好家にすれば、むしろ好都合ですし、ありがたいくらいなもんです。

また余談ですが、以前からずっと申し上げていますが、このカテゴリーは日本人のアーティストが世界と真っ向勝負できるフィールドなので、とにかく「中園さん」を筆頭に国内のアーティストにもぜひ頑張って欲しいところです。

秋から冬にかけて、サックスの音色がことのほか恋しくなるから、不思議なものです。