Search Results for: chickenshack

Mellow Classics ~ Vol.18【CHICKENSHACK】

いつもご訪問ありがとうございます。
連日猛暑が続いておりますが、皆様お変わりありませんか。
明日辺りから、GWに続きまたまた長い「お盆休み」に入る方が大半かと思われます。
お休み中の後半には「台風10号」が接近との予報がでておりますので、遠方への移動を余儀なくされる方は、くれぐれもお気を付けください。
僕はといえば、このくそ暑い中で仕事がピークを迎えますので、できるだけ「涼しげ」で尚且つ「メロウ」な音楽でも厳選して、大嫌いな残りの夏を乗りこえようと、四苦八苦しているところであります。

 

 

さて、こんな酷暑の中で、COOL に決めたいと思うと、やはりこの人の「サキソフォン」の音色に適うアーティストは、国内ではほぼ見当たりません。国内の JAZZ/FUSION 畑の腕利きスタジオ・ミュージシャンが集結し1986年に結成され、今ではまさに「レジェンド」、そう「伝説のユニット」と語り草の『CHICKENSHACK』(チキンシャック)ですが、一度の解散を経た後、オリジナル・メンバーの土岐英史(Sax)、山岸潤史(Gt)、続木徹(Key)のお三方を中心に、約四半世紀ぶりに2013年に再結成されました。「Soul/R&B」を巧みに取り込んだ超洗練されたアーバン・フュージョン・サウンドで、1980年代後半~90年代初頭の国内ミュージック・シーンの頂点に立つバンドだったことは、当時を知る JAZZ/FUSION 好きの音楽ファンであれば、誰もが認めるところです。

 


Track 1: “Love Won’t Let Me Wait” (album: Loving Power – 1987)
Track 2: “Loretta” (album: CHICKENSHACK VI – 1990)
Track 3: “A Silent Love” (album: CHICKENSHACK II – 1986)

 
リユニオン後の『CHICKENSHACK』は、それぞれマイ・ペースで活動を継続されているようです。
サックス奏者でありリーダーの土岐さんのお嬢さんが『土岐麻子』さんのなのは、お二人名義でアルバムもリリースしてますので有名ですが、彼女の存在はもちろんのこと、産み出すポピュラー・ミュージックの数々も、国内のミュージック・シーンにおいては稀有な才能を持ちあわせた貴重な存在ですね。興味を持たれた方はぜひ過去記事などもご覧ください。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.72 【それぞれの音色 – Chickenshack / Takeshi Ito】

なんだか急にサックスの音色が、無性に聴きたくなる時があるんですよ。
皆さんもそういう時ってありませんか。なんか「ピアノ」が聴きたいとか、そういう瞬間ってきっと誰にでもあるはずです。

これまで国内外を問わずいろんなサックス・プレイヤーの作品を聴いてきましたが、今日はなんだか日本人のアーティストの音が聴きたくて、しかも特徴のある音色がいいかなと。

昨年奇跡の再結成を果たした Chickenshack のリーダーでもある土岐英史氏の艶があってむせび泣くよなソプラノ・サックスと、T-SQUARE の顔でもある伊東たけし氏のまるで歌うようにBlowする音色のアルト・サックスが、昔からかなりのお気に入りなのです。
さてそれでは大人のサウンド、聴いてみましょうか。

 

stay up II

Chickenshack / “LORETTA” (album: STAY UP II – 1992)

 

Double Circle

Takeshi Ito / “Quiet frequency” (album: Double Circle – 1999)

 

 

 

 

MellowなBalladでも【CHICKENSHACK】

6月に入りましたね。
ということは、今年になってすでにもう半年、つまり折り返し地点の月とも言えます。

いろいろとやらねばならぬことは多いのですが、焦らずしかし迅速に事を進めないといけませんね。もちろん、自分のペースで、ですが・・・

さて、「梅雨寒」という言葉がぴったりくるほどの、6月最初の日のお天気でしたが、ここまで涼しいと環境省が猛烈にPRしている「Super Cool Biz」とかいうやつも、なんだかなぁ・・といった感じですね。暑さ・寒さの感じ方は住む地域や環境によって千差万別・人それぞれであって、『せぇーの!』で何も国民全員がいっぺんにやるようなことではないんじゃないかと思いますが・・・
発想はもう少し柔軟でいいですよね。例えば今日みたいなお天気の日に、ホット珈琲を飲みたいと思う方もいれば、いやいやアイス珈琲がいいよと思う方がいるように。

タイトルからずいぶん離れてしまいましたが、今日はちょっと古いですがかつて1980年代後半に活躍していた『Chickenshack(チキンシャック)』という、Jazz/Blues系の腕利きスタジオ・ミュージシャンによって結成されたグループの一曲を紹介します。sax奏者でリーダーの土岐英史を始め、山岸潤史(guitar)、続木徹(piano/key)のメンバーを中心に、アルバムごとに多くの内外のミュージシャンを招いて、1990年頃までは当時の日本の音楽シーンの中ではひときわ際立つクオリティのサウンドやグルーブを作り出しており、ミュージシャンの為のミュージシャンのような位置付けにあったグループでした。その彼らがシカゴからR&Bw」ボーカルグループの『CHI-LITES』を迎え録音した名曲が、”Love Will Find A Way”です。作曲はギター担当の山岸潤史ですが、曲の中盤から聴ける彼のギター・ソロと、土岐氏のむせび泣くようなSAXソロは涙なしには聴けません。まさに素晴らしいコラボレーションの見本のような、Chickenshack とCHI-LITESです。

土岐氏はいまだにあちこちで精力的にライブをやっていらっしゃるようですし、山岸氏はグループ解散後米国に渡り、今では黒人音楽のルーツとも言えるニューオーリンズでアグレッシブな活動を続けられているそうです。
解散してしまったのは残念ですが、こんなにも美しいSuper Mellow な Balladを世に送り出してくれたことに、本当に感謝感謝です。もう、鳥肌ものです。

 

chickenshack II

CHICKENSHACK / “Love Will Find A Way”
from the album “CHICKENSHACK II”

Mellow Tunes ~ Vol.230【Ami Nakazono】

いつもご訪問ありがとうございます。
連日の猛暑で、仕事の方もお休みの方も、皆さんおつかれさまです。
今年は例年より開花が少し遅かった印象のある、愛らしい「蓮」の花もそろそろ見納めの頃。照り付ける夏の暑い日差しの中で、「凛」と佇むその姿には、なんだか意志の強さだとか時には気高さまで感じることも。

 

 

都会の人々が、涼を求めて避暑地へと足が赴くように、こう暑いと聴く音楽もできれば Cool な音色を求めたくなるもの。

今回は以前に「Mellow Tunes ~ Vol.201」でもご紹介したことのある、当サイトにおいて絶賛応援中の、国内の「Smooth Jazz」シーンでは、圧倒的な実力派サックス・プレイヤーの「中園亜美」さんの再登場。男性・女性プレイヤーを問わず、彼女の「ソプラノ・サックス」から奏でられるその音色は、実に「Silky & Smooth」でいて、そして時にはソプラノとは思えないような「Funky」な演奏も彼女の魅力ですね。もちろん「アルト」に持ち替えたときもしかり。できるだけ早い時期に、またプロデューサーとしてベスト・パートナーだと思える「安部潤」さんと組んだ、新譜を聴いてみたいものです。そして、ぜひ世界を舞台に活躍して欲しい期待の存在です。

曲のタイトルは『December』2010年にリリースされたシングルですね。前回取り上げた『CHICKENSHACK』の「土岐英史」氏のソプラノ・サックスの音色とは、また違った魅力に溢れています。クールな音色で、なんだか部屋の気温がすこしだけ下がったような気がしませんか。

 


Ami Nakazono – “December” (2010)

 


Ami Nakazono – “World Connection” (2016)

 

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.37【土岐麻子 ~ Shalamar】

あまりいい表現ではありませんが、「なんだよこのクソ暑さは‥」と毎日無意識にボヤいているうちに、暦はあっという間に【8月】に突入してしまいました。ついこのあいだ年が明けたかと思えば、もう今年も残すところ5ヶ月をきってしまったわけです。どんどん時の経過が早くなっていくと感じるのは、「やっぱり歳を取ったから」と、同年代の皆さんは口を揃えてそう言います。確かに70~80年代のサウンドがやけに恋しくなるのも、もしかしたらどこかそれと似たような感覚なのかもしれません。

 

toki asako現代の大人の国内女性シンガー代表と言ってもよい「土岐麻子」さんの7/29にリリースされたばかりの新曲『セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~』が、この頃よくFMラジオでかかっているのを耳にする機会が多くなってきました。今年で39歳になる彼女の声質やヴォーカル・スタイルに完璧にマッチした80年代をモチーフにした本作品は、なんだかとても懐かしさと愛おしさを憶えるサウンドで満たされており、彼女の作品をすべて聴いているわけではないとはいえ、おそらく今後彼女の代表作として永遠に語り継がれていくのだろうと思えるほどの素晴らしい作品となっています。そしてこの暑い季節に聴く彼女の声は、一服の清涼剤のようでとても心地よく耳に届きます。
PVが所属のavexから公開されており、二人の「オネエ」を両脇に携え歌い踊るPVの内容もとても良い出来で、歌詞にも登場する「今宵リクエストは、シャラマー(Shalamar)」という一節に、80年代当時の音楽ムーブメントを知る世代にとっては涙モンのキー・ワードも多数挿入されており、「ウーン、よく分かってるな~この人」と唸ってしまいそうになります。

まあまずはとにかく、その心地よい80’sの世界にどうぞ。何度もリプレイしてしまうかも。

 


土岐麻子 / 「セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~」PV from avex

 

ちなみに彼女のお父上は、当ブログ記事でも何度か取り上げたこともある国内では屈指のSAX奏者であり、日本が世界に誇ったあの伝説のFUSIONバンド『Chickenshack(チキン・シャック)』 のリーダーでもある「土岐英史」氏であることは、よく知られた事実です。興味のある方はぜひ過去記事をご覧ください。親子でJAZZのアルバムもリリースしてますが、やはり血は水より濃いということなのでしょう。

そして歌詞に登場する「シャラマー(Shalamar)」ですが、主に80年代世界中を席巻したDisco/Funk/R&B系の米国の超人気バンドでありました。Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)と Jody Watley(ジョディ・ワトリー)の男女ツイン・ヴォーカルにダンサー兼コーラスの Jeffrey Daniel(ジェフリー・ダニエル)による3人のグループ構成で、ジョディとジェフリーはもともとはあの有名なブラック・ミュージック専門番組『Soul Train』のレギュラー・ダンサーであったこともあり、ユニットとしてのパフォーマンスには大変評価が高かった印象があります。
解散後はそれぞれソロでも大成功を収めていて、特にダンサーのジェフリーはあのマイケル・ジャクソン「MOON WALK」をはじめ多くのダンス技術を伝授し、後のマイケルのダンス・パフォーマンスだけでなく、手袋・ジャケット等の衣装などにも多大な影響を与えた天才ダンサーとして、マイケル亡き後も語り継がれています。「Beat It / Bad /  Smooth Criminal」等マイケルの伝説のPVの数々に、振付師兼ダンサーとして自らも出演しているのは言うまでもありません。

ではそんな「シャラマー(Shalamar)」による、多くのカヴァーを生んだ伝説的ダンス・クラッシック作品の『A Night To Remember』をご紹介しましょう。土岐さんの『セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~』の中で出てくる「Get Ready Tonight」だとか「待っているわ、私がいちばん輝ける曲よ」「大人の女は惑うことなく踊れるキラー・チューン」と歌っているのが、そうこの曲であることはほぼ間違いないでしょう。(後日歌詞を確認したところ、この曲のタイトル歌ってましたね。これは失礼しました)

 


Shalamar / “A Night To Remember” (album: Friends – 1982)

 

そしておまけは、ダンサーのジェフリーがマイケルにどれだけの影響を与えたかを比較編集した動画を投稿してる方がいましたので、そちらもどうぞ。どれもジェフリーが既にやっていたという事実は、大変興味深いものがありますよ。


Jeffrey Daniel & Michael Jackson