Mellow Classics ~ Vol.29【Blackstreet】

いつもご訪問ありがとうございます。
冬の寒さもピークの二月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウィルスやインフルエンザと、なにかとネガティブな話題のニュースばかりですが、せっかくご訪問いただいたからには、しばしの間「メロウな音楽」で心を開放してみてはいかがでしょうか。

 

 

1980年~90年代に世界を席巻した感のあった、その当時の「R&B/Soul」ミュージックのサウンドが近年リヴァイヴァル・ブームとなってから久しいですが、このムーブメントの傾向はどうやら本物のようです。
「メロディ」や「グルーヴ」がとても大切にされていた印象の強かったその時代のサウンドを、リアルタイムで体験してきた僕らの世代にとっては、とても懐かしくまた歓迎すべきトレンドで、なんだか理由もなくニヤついてしまうような気分です。ご同輩の皆様にはご理解いただけることと思います。

世界的な「Disco/Funk」ブームからより洗練されたアーバンな「ブラック・コンテンポラリー・ミュージック」の盛り上がりの余波を受けつつ、「ブラック・ミュージック」全般の人気が全盛期を迎える準備が整ったタイミングともいえる80年代後半に、彗星の如く登場したのが「Teddy Riley」(テディー・ライリー) でした。彼が先駆者として世に広めていった、それまでの「Soul Music」とは一線を画す斬新な「R&B」のカタチである、『New jack swing』(ニュー・ジャックス・ウィング)と呼ばれるそのサウンドは、瞬く間に当時の若者たちを中心に時代を飲み込んでいきました。後に「Hip-Hop」が勃興してくるきっかけにも繋がる、まさに「Big Wave」と呼ぶべき現象でした。
そんな天才アーティストの「テディ」がグループのメンバーとして在籍していた『Guy』の活動終了に伴い、90年代に入って新たに編成したグループが『Blackstreet』でした。『New jack swing』は典型的な打ち込みのシャッフル・ビート(スウィング・ビート)と重厚なグルーヴで成り立つサウンドであったものの、そのカテゴリーのパイオニア的存在であった「テディ」の創造するサウンドには、それらと相反するような「極上のスロウ・ジャム」作品も存在していたのが、他の模倣的なアーティストとは決定的な違いでした。2020年になった現代において、レジェンドとして再評価をされるというのは、その辺りにも理由があるのだと思います。

リリースされた4作のアルバムの中でも、1stアルバムの後半に配置されたメロディックなトラック群の中でも、ひと際キラリと光る存在の「スロウ・ジャム」が、今回取り上げる『Tonight’s The Night』です。

 


“Tonight’s The Night” – Blackstreet ft.Tammy Lucas
(album: Blackstreet -1994)

オリジナル・ヴァージョンのリリース以降、多くの Remix ヴァージョンがこれまで出てきているようですが、やはりオリジナルがいちばん好きですね。さりげないホーンの入り方なんかにしても、もう鳥肌もののJazz のエッセンスを感じます。やはり奥が深いですよ、この方の創造する音楽は。

 
そんなテディが4月に来日し、『Billboard Live』の大阪・東京・横浜の3か所で、今回はなんと「New Jack Swing All Hits from Guy and Blackstreet」と銘打ち彼が生み出した名曲の数々を惜しみなく披露してくれる、とのこと。
 
その【来日直前特別講習】として、現在『日比谷ビルボード夜間授業』の一環として開催中の『松尾潔のメロウな夜間授業 〜R&Bの愉しみ〜』の特別講座、『テディ・ライリーと「ニュー・ジャック・スウィング」』の開催が、来る4/6に予定されています。チケットはもう残り少ないようですが、興味のある方はぜひご参加されてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です