Slide #01
Slide #02
Slide #03
Slide #04
Slide #05
Slide #06
Slide #07
Slide #08
Slide #09
Slide #10
Slide #11
Slide #12
Slide #13
Slide #14
Slide #15
Slide #16
Slide #17
Slide #18
Slide #19
Slide #20
Slide #21
Slide #22
Slide #23
Slide #24
Slide #25
Slide #26
Slide #27
Slide #28
Slide #29
Slide #30
Slide #31
Slide #32
Slide #33

【雑記】Coffee Break ~ Vol.8「ラジオのある時間」

気温差の激しいここ数日だけれども、かえってそれが「サクラ」の開花を刺激しているよう。

 

 

いつもと変わらぬスタンスで、そっと傍らに座っているような「ラジオ番組」のおかげで、ただでさえ気持ちが沈みがちな「ブルーな Monday」も、いつのまにか「メロウな Monday」に。

 

 

こんな時こそ、「ラジオのある幸せ」を実感。

『松尾潔のメロウな夜』こちらから。

 

 

AC Tunes ~ Vol.76【Jonathan Fritzen】

いつもご訪問ありがとうございます。
コロナ・ウィルス関連のニュースで、すべてのトピックが占拠されたような印象の地球上ですが、どんな状況下でも確実に季節は巡ってきます。
数日前に公園に立ち寄ってみたら、陽気に誘われて咲き出した花々だけでなく、これまで見たこともないような、多くの子ども同士のグループやファミリーを見かけました。運動不足や閉塞感から解放されたからなのか、皆一様に明るい表情だったのが、植物たちと同様に印象的でした。こんな時こそ、傍らにはそれぞれの大好きな音楽を。

 

 

 

北欧はスウェーデン出身、米国の「Smooth Jazz」界で活躍する『Jonathan Fritzen』(ジョナサン・フリッツェン)の、春の「雪解け」をイメージさせる一曲『Melting』を改めてご紹介。

 


Jonathan Fritzen [Feat.Alex Crown] – “Melting”
(album: Diamonds – 2010)
 

こちらの美しくメロウな楽曲は、実店舗営業当時のちょうど8年前のこの時期に『Mellow Tunes Vol.5』で取り上げており、詳細についてはそちらをご覧くださると幸いです。
「ジョナサン」の奥様が、時折サイトを訪れて、「facebook」経由で記事をシェアしていただいているようで、なんだか恐縮しております。

 

 

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.75【Boney James】

ここ数日の暖かな陽気のせいで、早咲きの「サクラ」も、車窓からチラホラと見かけるようになってきた。そうかと思えば、今日のような「霙混じり」の真冬の天気へと逆戻りしてみたり。一進一退を余儀なくされる、さながら地球上の現状のようでもある。
いずれは、いずれは、穏やかな日々が訪れることを願い、今はただ好きな音楽に身を任せるとしよう。そうでもしなきゃ、お互い身が持ちませんて。

 

 

2020年最初の『AC Tunes』シリーズは、メロウなSAXプレイヤーBoney James(ボニー・ジェイムズ)の 4/17 にリリース予定のニュー・アルバム『Solid』から、タイトル・トラック『Solid』、そして「Kenny Lattimore」(ケニー・ラティモア)をゲスト・ヴォーカルに招聘した『Be Here』を。

 

Track-1: “Solid”
Track-2: “Be Here” ft. Kenny Lattimore
Boney James New Album ‘Solid’ will be released on April 17th
Pre-order ‘Solid’ – https://found.ee/BoneyJamesSolid

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.254【Tower of Power】

いつもご訪問ありがとうございます。
花粉の時期とはいえ、せっかくの「春」の訪れだというのに、連日のコロナ・ウィルス関連のニュースで、今まさに地球上の誰もが、気持ちが沈みがちなこの数か月。
クルマを走らせていると、いたるところで鮮やかな「菜の花」のキイロ、が目に飛び込んでくるような時期になりました。どんな状況下でも、季節は必ず巡ってくるという、普遍的で大切なことを、自然は教えてくれているような気がします。

 

 

こんな時こそ、このサイトの存在意義を強く感じます。常日頃から国内外を問わず、音楽を生業とされている、それは沢山の音楽家の皆さんにご訪問いただいておりますが、多くのアーティストの皆さんの予定されていた公演が次から次へと中止になり、その忸怩たる思いに強く共感するところです。「終息」の時期は遅かれ早かれ、必ずやってくるはずです。アーティストの皆さんが、晴れの舞台でより一層輝ける日が、一日でも早く訪れるよう、願わずにはいられません。

 

最強 FUNK バンド『Tower Of Power』が結成「50周年」の節目となる2018年、満を持してリリースされた『Soul Side Of Town』は、彼らのオリジナル・アルバムとしては実に15年振りの作品となりました。
中でも9曲目に配置された『Let It Go』は、70年代の「フィリー・ソウル」のエッセンスで満たされた、ヴォーカル/女性バック・コーラス/ホーン・セクション/ソロ・プレイそして管楽器が多いので控え目に彩りを添える流麗なストリングスと、全ての楽器と人の声のバランスが極度に高い次元で成立していて、ある意味「完璧」な楽曲といって差し支えないでしょう。こんな「フィリー・ソウル」サウンドを、21世紀になったこの時代に聴けるなんて、感謝以外にありません。

 

Tower of Power – “Let It Go”
(album: Soul Side of Town – 2018)
 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.253【Fixional Cities feat. Masaya Wada】

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

先日の松尾さんの「夜間授業」で、盟友「川口大輔」さんのピアノ伴奏で、「キース・スウェット」の名曲「Make It Last Forever」を披露し、観衆から大喝采を浴びた「和田昌哉」さんの、『X-Change』に続く新たなユニットとしての活動がスタートしたばかりの【Fixional Cities】をご紹介します。
いよいよ、日付が変わった数分前より、新曲というよりは「デビュー曲」という位置付けになる『Till the morning』が、配信スタートいたしました。あの日本を代表する大人のための音楽ユニット『paris match』の元メンバーの、『Tai Furusawa』(古澤 辰勲)氏と組んだ【Fixional Cities】(フィクショナル・シティーズ)は、和田さんの魅力と才能を更に昇華させることになるでしょう。

僕は先ほど「Amazon」から早速DLして、3回ほど聴いて今記事をしたためているのですが、先日立ち話をした際に「今度は歌詞が日本語なんですよ」と仰っていたので、仕上がりがどんな感じになるのか正直なところ想像ができませんでした。失望感で満ち溢れた「真夏の深夜から夜明けに至るまでの、アンニュイな大人の恋愛模様」を、日本語によるリリックで、これほどまでに圧倒的に「アンヴィエント」で「スムーズ」で「マチュア」な表現を可能とするヴォーカリストを、僕は和田さん以外に知りません。「CHEMISTRY」のヴォーカル・プロデュースを、「松尾潔」さんから全面的に任されているのが容易に理解できる高次元な「ヴォーカル・ワーク」に、ただただ納得の作品となり、個人的にもとてもうれしく思います。おそらく和田さんのことですから、Global な展開も視野に入れていると思われるので、やはりこの作品には「English Ver.」が必要ではないかと。ぜひ「英語版」リリースを期待します。
『X-Change』同様に、今後の活動が楽しみですね。
以上、多分一番早い新着レビューでした。

 


Fixional Cities / Till the morning (Official Music Video)
(Released on 03/04/2020)

 

 

Fixional Cities / Till the morning (Lyrics Video)
『Till the morning』リリックビデオが公開されました。

 

 ※各種DLリンクは「こちら」へどうぞ。