Search Results for: Manhattan Transfer

Mellow Tunes ~ Vol.164【”The Manhattan Transfer” is Back !】

いつもご訪問ありがとうございます。
関東地方では雨が10日以上も降らないせいもあり、まだ4月に入ったばかりだというのにまるで初夏のような気温上昇も手伝い、早すぎた「サクラ」の開花だったとはいえ、例年以上に長く「お花見」を楽しむことができたようです。でもそろそろ、植物たちにとってはお湿りも必要な頃です。

 

 

「サクラ前線」が北上すると共に、こちらでは風に吹かれ地に舞い落ちる淡いピンク色の花びらたちが、寂しげに地面や道路を覆い始めました。

 

 

それにしても暑い。いきなり夏日は体に堪えるってもんです。何事も順序良く程々がよろしいかと。
気温が上昇した今日、湖岸沿いの水辺にある大きな総合公園では、「お花見」ついでに早くも「涼」を求める人たちがいっぱいで、皆気持ちよさそうに南風に吹かれていました。

 

 

“The Manhattan Transfer” is Back !
僕らの世代では、Jazz Vocal グループといえばこの人たちをおいて他には考えられない、あの「マントラ」こと「マンハッタン・トランスファー」が、3/30に米国内で待望の New Album 『THE JUNCTION』をリリースし、期待の大復活を遂げました。当ブログでも、過去に「The Manhattan Transfer」の記事を何度か取り上げてきました。2014年の10月に、グループの偉大なFounder であった「Tim Hauser」(ティム・ハウザー)氏が逝去して以来、新譜のリリースはありませんでした。ティムの後釜としてグループに加入した「Trist Curless」(トリスト・カーレス)を伴って、ここ数年は世界中で小規模なライブ活動を行っていたのは知ってはいたのですが、ならば「新譜」はいつ出すのだろうと、いつも気にはしていました。オリジナル・アルバムとしては、2009年にリリースの「The Chick Corea Songbook」以来なので、なんと9年振りの新作ですから、期待しないわけにはいきません。

 


The Manhattan Transfer – “Cantaloop (Flip Out!)”
(album: THE JUNCTION – 2018)

 

9年振りのニュー・アルバム「10曲」と厳選された作品群の1stトラックとして選ばれたのが、『Cantaloop (Flip Out!)』という作品。タイトルを見て「あれっ」と思われた往年のモダン・ジャズファンの方々もいらっしゃることでしょう。90年代初頭に英国・ロンドンで結成された「JAZZ HIP-HOP」ユニットである「US3」(アス・スリー)は、新たな時代のカテゴリーとしての「JAZZ」と「HIP-HOP」の融合にチャレンジする彼らを応援すべく、名門「Blue-Note」からレコードの音源を自由にサンプリングすることをオフィシャルに認められていました。彼ら「US3」の一枚目のアルバム「Hand on the Torch」(1992)にクレジットされた、Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)のアルバム『Empyrean Isles』に収録されたジャズの不朽の名作スタンダード『Cantaloupe Island』をサンプリングした『Cantaloop (Flip Fantasia)』は、まさに「JAZZ HIP-HOP」という新たな境地を産み、驚きと賞賛を持って時代に受け容れられ、当時世界中でヒットしました。

 

01 – US3 – Cantaloop (Flip Fantasia)
02 – Cantaloupe Island feat. Herbie Hancock / Blue Note Concert Live

 

今回、New Album の1stトラックとして「マントラ」がチョイスしたのが、その作品というから、二度びっくりといったところではありますが、「もうこれはスゴイ!」と手放しで絶賛するしかないほどの仕上がり振りに、正直参りました。約10年近いインターバルがあったのと、偉大なリーダーだったティム・ハウザー不在という一抹の不安は、この作品を一聴しただけで払拭されることでしょう。「マントラ」万歳、新加入のトリスト・カーレス氏は故人となったティムの大きな穴を埋めるだけの才能豊かなタレントであることは、もう十二分に証明されていますね。本当に嬉しい復活となりました。

しかしこうして改めて現時点での「マントラ」のメンバーの積み重ねてきた長いキャリアに裏打ちされた、コーラスの厚みであるとかスキャットのテクニックを目の当たりにすると、若手ア・カペラ・コーラス・グループで人気上昇中の「Pentatonix」(ペンタトニックス)なども、もう太刀打ちできるレヴェルではないほどの、大人の貫禄に降参するしかありませんね。いやあ、すごいカヴァーとなりました。

 

 

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017 Vol.12【The Manhattan Transfer】

いよいよ「クリスマス寒波」と呼ぶに相応しい、寒波がやってきました。
今年はカレンダーの関係で、今週末にイベントやらパーティが集中してるのではないでしょうか。まあ、オジサンになるともうあまり関係のないことではありますが。

 

 

さて今夜で第12夜となる『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』ですが、いよいよ次回で最終回となる予定です。Last-2の今回は、20世紀を代表するJAZZコーラス・グループであった「The Manhatten Transfer」の作品を取り上げますが、過去にも何度も記事をUPしているほど、僕自身にとっては10代の頃からのアイドル的なコーラス・グループです。(過去記事参照)

1972年に男女混声のコーラス・グループを結成してから、その後頂点に上り詰めるまで、偉大なリーダーシップでグループを牽引してきた創始者である「Tim Hauser」(ティム・ハウザー)が、残念なことに3年前の秋に他界してしまいました。今後どうなるのかと心配しましたが、新たな男性ヴォーカリストの「Trist Curless」(トリスト・カーレス)を迎え、現在も世界中をツアーしているようです。日本国内でも今年6月に、Billboard Live TOKYO で公演があったようなので、一安心といったところです。

過去にも「Mellow なクリスマス・ソング」特集で二度ほど紹介している、彼らの1992年にリリースされ、現在でも大変評価の高い Holiday Album 「The Christmas Album」から、『A Christmas Love Song』をPICK-UPしました。
Johnny Mandel (作曲)Alan & Marilyn Bergman (作詞)による、スケール感のある叙情的なバラッドが、実力派の「マントラ」のメンバーの美しいハーモニーによって、更に楽曲を神聖で印象深いものへと昇華させています。

 


The Manhattan Transfer – “A Christmas Love Song”
(album: The Christmas Album – 1992)

 

いよいよ次回で、『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』の特集も最終回となる予定です。

 

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow Tunes ~ Vol.86【訃報 – Tim Hauser】

「なんで・・」  「またかよ・・」
この二言しか言葉が出てこなかった。
またもや偉大なアーティスト・ミュージシャン・ヴォーカリストである、あの The Manhattan Transfer(ザ・マンハッタン・トランスファー)の 創始者でありリーダーのTim Hauser(ティム・ハウザー)氏が、10/16に遠く米国はペンシルヴェニアの病院で静かに息を引き取ったとのニュースが届いた。死因は肺炎による心肺停止程度の発表しかないようで、詳細はわからない。72歳だったそうだ。そういえば、ここ5年ほどアルバムのリリースもなかったみたいだ。
(彼らのグループ名は、ジョン・R・ドス・パンスの1925年の小説「Manhattan Transfer(マンハッタン乗換駅)」に由来)

 

article of Tim Hauser

 

先月、ジョー・サンプルの訃報の記事を書いたばかりだっただけに、こうも若い頃に大きな影響を受けたアーティストが次から次へと夜空の星となっていくことに、仕方のないこととはいえど彼らの死をなかなか簡単に受け入れることができないでいる、どこか分からず屋の自分がいるようでならない。

通称『マントラ』を聴いて、「アメリカにはアカペラですごいコーラスを聴かせるグループがいるんだ」と認識した10代の僕は、一時期相当彼らのアルバムを聴きこんだものだった。20代半ばでNYマンハッタン島の地を初めて踏んだ時には、24時間運行する地下鉄を乗り換えて(Manhattan Transfer )、夜な夜な Village 周辺の Jazz Club をハシゴして、滞在中は本場のJazzにどっぷりと浸った。インターネットもパソコンもスマホもない時代、『Village Voice』紙面のライブ情報だけが唯一の頼りだった。もちろん『マントラ』のライブも探したけれど、残念ながら見つけることはできなかった。どうしてもライブで観たいヴォーカル・グループであったことは言うまでもない。もちろんこのブログ内でも何度か記事で取り上げてもいる。

今宵は、彼らの名演と評価されて久しい2曲のアカペラによる作品を聴きながら、ティムさんのことをひとり静かに追悼しようと思う。

 


The Manhattan Transfer / “A Nightingale Sang In Berkley Square”
(album: Mecca for Moderns – 1981)

 


The Manhattan Transfer / “The night that Monk returned to Heaven”
(album: Bodies And Souls – 1983)

 

セロニアス・モンクに捧げたこの曲も、今となってはティム・ハウザー氏自身がその立場になるなんて、この時点では夢にも思わなかったことでしょう。

 

合掌

 

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2013 Vol.8

ご存知のように、今シーズンはクリスマス・ソングのスタンダード、『Have Yourself A Merry Little Christmas』にフォーカスして、多くのアーティストたちのカヴァーをご紹介しています。

Vol.8の今回は、米国のベテランコーラスグループの Manhattan Transfer(マンハッタン・トランスファー)によるカヴァー作品です。
昨年もこちらのアルバムから一曲ご紹介してますが、やっぱり冬に聴く「マン・トラ」の大人の極上のハーモニーは格別です。

 

The Christmas Album by The Manhattan Transfer

Manhattan Transfer / “Have Yourself A Merry Little Christmas”
(album: The Christmas Album – 1992)

 

Mellow Tunes ~ Vol.56【Rod Temperton – 5】

今日は文字通りの「猛暑日」でした。今日からお盆休みという方も多いことでしょうが、皆様どうか水分補給はこまめにお願いいたします。

ジョージ・デュークの急な訃報で一旦中断いたしましたが、Rod Temperton(ロッド・テンパートン)が彼の全盛期に関ったかつての Mellow な作品を取り上げご紹介している、夏の特別企画の第五夜ですが、まだまだご紹介したい作品も多数あるのですが、同じアーティストの作品ばかり取り上げているわけにもいきませんので、今回を最終回といたします。

これまでのラインナップでは、巨匠クインシー・ジョーンズがプロデュースし、作曲・編曲をロッド・テンパートンが担当するコラボレーション作品を取り上げてきましたが、1982年のマイケル・ジャクソンのモンスター・アルバム『スリラー』の大成功後、徐々にクインシーから少し距離を置きながら、ロッド・テンパートンは新たなアーティストへの楽曲の提供を続けていきました。

 


The Manhattan Transfer / “MYSTERY” (album: Bodies And Souls – 1983)

 

彼の手掛けた作品の中でも、僕個人としては、マイケル・ジャクソンの『Rock With You』と同じくらい好きなのが、80~90年代に大変な人気を博したそれはそれは大人の4人組のヴォーカル・グループ『The Manhattan Transfer』が1983年にリリースして大変なセールスを記録したアルバム『Bodies And Souls』に収録された、“Mystery” という作品です。この曲が収録されたアルバムは、捨て曲のない非常にバランスの取れた作品であったため、後にグラミーを獲得しています。また素晴らしくメロウな作品 “Mystery” は、この数年後にQuiet Storm(クワイエット・ストーム)と呼ばれる大人向けのアーバン・ソウルあるいはジャズのテイストの香るカテゴリーの代表的な女性アーティストとして大ブレイクする、アニタ・ベイカーの代表作『Rapture』にもカヴァー収録され、周囲に楽曲の出来の良さを再認識させることとなります。

 

余談となりますが、ロッド・テンパートンはその他、79~80年にかけてレコーディングされたカーペンターズカレンのソロアルバムのために、彼女の生存時に2曲ほど楽曲を提供しており、カレンの没後に発表されたアルバムにも、素敵な作品が収録されています。あの偉大な作曲家のバート・バカラックを手元に擁していたカーペンターズでさえ、ロッド・テンパートンの作品を歌いたかったということですから、いかにその時代に必要とされた優れたメロディ・メイカーであったかを証明しています。
ご存知の方もそうでない方も、ぜひ聴いてみてください。


Karen Carpenter / “If We Try” (album: Karen Carpenter – 1996)

 

:)