Search Results for: David Foster

Mellow Tunes ~ Vol.257【David Foster】

いつもご訪問ありがとうございます。
コロナ禍で世の中が騒然としているのとは裏腹に、ひとたび周囲を見回すと、季節も自然界も確実に時を刻んでいるのを感じます。

 

 

実店舗「Mellows」をCLOSEした後、再び組織の人間として働くようになった僕もそうなのですが、職種によっては在宅が許されず、不本意ながらもむしろ目に見えない敵の中に自らダイブしなければならない状況下にある方も、少なからず多いことと思います。長引く家籠りだけでなく、新たな規制やら不安を煽るニュースなどで、気持ちがささくれ立って、人が人を攻撃する光景を頻繁に見かけるようになりました。それもなぜだか、本来であれば分別がつくはずのご高齢の世代の人ばかり。非常時下において、心身を平静に保つことが、これほど困難なことなのかといったことを、世界中が突き付けられているような気がします。

 

 

地球上の人類がかつて経験したことのないような厳しい状況にある中で、僕が10代の頃から敬愛する音楽家の『David Foster』(デイヴィッド・フォスター) が、4月に入ってすぐに、ピアノによるインストゥルメンタル作品11曲を収録した、その名も『ELEVEN WORDS』というタイトルのアルバムをリリースいたしました。

Everlasting / Love / Eternity / Victorious / Elegant / Nobility / Wonderment / Orbiting / Romance / Dreams / Serenity

簡素な11の「単語」たちがタイトルとして与えられた作品を、全曲を通しで聴きましたが、本当にシンプルで親しみやすいメロディと美しいピアノの旋律に、心が静かにそして穏やかになっていくのを、聴いた誰もが感じ取れるような、そんなヒーリング効果が絶大なアルバムになっています。
もちろん、この時期に緊急リリースしたのには、彼なりの考えがあってのこと。ご本人のオフィシャルHPにメッセージがUPされてましたので、Google Translate で翻訳したリンクを、ぜひご覧ください。

新譜ですが有難いことに、デイヴィッドの公式YouTubeチャンネルにて、全曲をプレイ・リストで公開しています。
珈琲などお好みの飲み物でも用意して、渾身の「11曲」を、ごゆっくりと堪能されることをお薦めします。

 


David Foster’s 2020, 11-track piano solo album, “Eleven Words”
(album: “Eleven Words” – 4/3/2020 Released)

 

「David Foster」にご興味を持たれた方は、よろしければ 過去記事」などもご覧ください。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.258【Sumire Kuribayashi】

いつもご訪問ありがとうございます。
いつも通りならば、多くの人々があちこちへと移動を繰り返すような、大型連休の日々のはず。
まったく目に見えぬ敵と対峙するのには、もしかするとはっきりと認識できる対象物よりも、きっと神経をすり減らすのかもしれません。「五月晴れの空」であるとか「薫る風」、そしてときには「五月雨」であったりと、一年の中でも過ごしやすいといわれるこの国のこの時期特有の気候を、表現する言葉は決して少なくありません。

 

 

世界にも活躍の場を広げている、新進気鋭の女性「Jazz」ピアニストの『栗林すみれ』さんが、この春3月下旬に待望のソロ・ピアノによるニュー・アルバム 『Nameless Piano』(ネームレス・ピアノ)をリリースされました。
(栗林さん、いつも当サイトへのご訪問ありがとうございます)

前回の記事で『David Foster』(デイヴィッド・フォスター) のピアノ・ソロによる新譜をご紹介させていただきましたが、こちらの栗林さんの新譜も、「瑞々しさ」や「透明感」といった点でも、まったく負けていません。
コロナ禍によって、世界中がこれほどまでに厳しい状況下に置かれているこの時期、時には心を解放してあげなければいけない必要性を感じるタイミングで聴こえてくる、「ビル・エヴァンス」「キース・ジャレット」にも通ずる「リリシズム」に溢れた彼女の「ピアノの音色」は、いつまでもどこまでも、聴く人々に優しい。

(以下『栗林すみれ』Official Website より転記)

________________

 


Sumire Kuribayashi 『Nameless Piano』<DIGEST MOVIE>
栗林すみれ・ネームレスピアノ

 

2020.3.25 ON SALE!!
Sumire Kuribayashi 『Nameless Piano』 栗林すみれ『ネームレス・ピアノ』

【瑞々しい空気感と作曲力を存分に発揮する待望のソロピアノ】

ピアニスト栗林すみれ、5作目のリーダー作はその瑞々しい空気感と作曲力を存分に発揮する待望のソロピアノ。
穏やかで美しい中に、瑞々しさと緊張感を含んだ渾身の一枚。
マスタリングはECMサウンドも手掛けるイタリアのエンジニア、ステファノ・アメリオ。

CD発売記念コンサートが全て延期になりましたので
ご希望の方には栗林すみれサイン入りCDを
送料無料で販売しております。
コンタクトページよりお問い合わせください。

コンタクトページ → https://forms.gle/nnW685kAmmt1EaqU9

ご購入はこちら → https://diskunion.net/diw/ct/detail/1008066177

Order from outside Japan → https://www.cdjapan.co.jp/product/SCOL-ee5e9022649d61

■Track List
1.Nameless Piano
2.Cow Daisy
3.Believe, Beleft, Below
4.Nel col più non mi sento
5.I’ll Be Seeing You
6.Improvisation “Colored Woods”(inspired by Kaii Higashiyama)
7.Improvisation “Piangere
8.Ship
9.A Lovely Way To Spend An Evening
10.Edelweiss

■Personnel 栗林すみれ Sumire Kuribayashi -Piano,Voice

________________

 

また彼女が、ベテランのベース奏者の『金澤英明』氏と共に、2017年に北海道・蘭越の地で制作にあたった、デュオによるアルバム『二重奏』でのピュアな演奏も素晴らしい。
動画は、英国ロンドンでのツアーの際の貴重な映像。演奏曲は年配の方であれば誰もが知る日本の童謡、北原白秋作詞、山田耕筰作曲の『この道』。ぜひご覧ください。


Konomichi この道 – 栗林すみれ Sumire Kuribayashi, Hideaki Kanazawa, Jason Yarde, Mark Mondesir, London 2018

 

どれも素晴らしいのですが、「栗林すみれ」さんの音楽と、鬼才映画監督「高山康平」氏による初の映像コラボレーションが実現した、こちらの Music Video の美しい世界観は僕自身が探求し続けたそれに近く、言葉で伝えるのが難しいくらいですね。ロケーション映像が、実に美しい映像作品です。

 

栗林すみれ「Little Piece」FILM MUSIC Directed by 高山康平
(3RDアルバム『Pieces of Color』より)

アルバム『Pieces of Color』より、そのリリシズムを存分に発揮した楽曲<Little Piece>に、映画監督・高山康平が映像を施した、誰しもが心に秘める不安や希望、迷いと決断・・・様々な心のカケラを、音と映像で描き出す探求の物語。
 

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.11【Brandy】

いつもご訪問ありがとうございます。
「雨の季節」がやって来て、我が家の庭の片隅の「アジサイ」の色彩も、一雨ごとに色濃くなっていくようです。

 


 

「温故知新」をテーマに「メロウなクラシック・R&B/ソウル」作品群に光を当てようといった意図の新コーナー「Mellow Classics」シリーズですが、早いものでもう「Vol.11」となりました。

今回取り上げるのは、1994年に若干15歳でメジャーデビューを飾った『Brandy』(ブランディ)が、デビューから4年後の1998年にリリースされた2作目のアルバム「Never Say Never」に収録された、『Have You Ever?』というメロウなバラッド作品です。
同アルバムからは、同時期にデビューし二つ年下の『Monica』(モニカ)とのデュエット作品「The Boys Is Mine」が、既に「Billboard Hot 100」で13週連続1位という快挙を成し遂げ、結果グラミーまで受賞といった状況下でシングル・カットされたのが、『Have You Ever?』でした。

ソング・ライティングは、前記事の『Taylor Dayne』の『Love Will Lead You Back』と同じく、「Diane Warren」(ダイアン・ウォーレン)で、作品のプロデューサーを務めるのはあの「Hit Man」こと「David Foster」(デイヴィッド・フォスター)という鉄壁の布陣によるものだけに、それは素晴らしくメロウなバラッドが世に放たれることになりました。もちろん「ブランディ」自身の人気・実力もあって、結果としてまたもや「Billboard Hot 100」を制覇することとなりました。

 


Brandy – “Have You Ever”
(album: Never Say Never – 1998)

 

「Diane Warren」(ダイアン・ウォーレン)は、カテゴリーに拘ることなく他の多くのアーティストにも楽曲を提供していますが、これまでチャートNo.1を獲得した作品群と比較すると、少し抑え気味な印象の本作品は、作曲家としての「ダイアン」の新たな魅力を再認識させる作品となったような気がしています。それにしても、「Love Song」を書かせたら天下一品、本当に美しい曲を書きますね、彼女。名実ともに、20世紀を代表する作曲家です。

 

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.2【Stevie Woods】

超大型連休を目前にして、気温が上昇傾向にあるようです。なんだか気象がやけに極端で、「ほどほど」がいちばんなのですが。

 

 
さて、先日新たにスタートしました『Mellow Classics』シリーズですが、割と評判がいいようで、アクセスも増加傾向にあります。「Vol.2」の今回も、思いつくままに、こんなアーティストの作品を取り上げてみようかと思います。

『Stevie Wods』 (スティーヴィー・ウッズ)は、1951年米国・ヴァージニア州出身の黒人男性シンガー。1980年代初頭に3年続けてリリースした3枚のアルバム、『Take Me To Your Heaven』(1981) / 『The Woman In My Life』(1982) / 『Attitude』(1983)がヒット。「R&B/Soul」のファン層というよりは、むしろ当時のメイン・ストリームでもあったカテゴリーの『A.O.R.』のファン層に大変強力に訴求した黒人アーティストだったといえるでしょう。
デビューアルバムにして既に「最高傑作」との評価が決定してしまったほどに話題をさらった、1stアルバム『Take Me To Your Heaven』は、1st Trackに収録された、Peter Allen / Carole Bayer Sager / David Foster らによる『Fly Away』で幕を開ける。元々は「Peter Allen」が自身のアルバムに収録したもので、「竹内まりや」が先にカヴァーしたことでも知られる作品Fly Away』も、スティーヴィーが歌うと、アレンジもさることながら、全く別の楽曲へと生まれ変わったように聴こえたものだった。

 


Stevie Woods / Fly Away
(album: Take Me To Your Heaven – 1981)

 

そして白眉はなんといっても、全米TOP25に食い込んだ『Steal The Night』「Les Thompson」の演奏する軽やかでいて哀愁を帯びたハーモニカのイントロから始まるこの楽曲を聴いて、『Fly Away』と同様に「深い夜」へ誘うようなそのムードに、当時心躍らぬ者はいなかったはず。

 


Stevie Woods / Steal The Night
(album: Take Me To Your Heaven – 1981)

 

アルバムのプロデューサーはドイツ人の「Jack White」。レコーディング参加メンバーは、当時として考えられる最高レヴェルのスタジオ・ミュージシャンが集結。なんとギタリストだけ見ても、Paul Jackson, Jr./ Ray Parker, Jr./ Steve Lukather を三つ揃えし、その他の楽器についても、当時の「FUSION」界の大物ミュージシャンが揃い踏みするような、下記の鉄壁の布陣を擁した。
Nathan East (b) / Clarence McDonald (key) / Michael Boddicker (key) / Ed Greene (ds) / James Gadson (ds) / Bill Reichenbach (tb) / Jerry Hey (tp) / Ernie Watts (s) / Bill Champlin (back vo), and etc.
相当な制作費がかかったと予想され、これでは質の悪いものができるわけない。

大きな成功を収めた後に、活動の場を欧州・ドイツに移した「スティーヴィー」は、5年前の2014年1月に、糖尿病の合併症によりベルリンで帰らぬ人となった。(享年62歳)

 

R.I.P. Stevie …

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.151【Switch / DeBarge / After 7】

六十数年ぶりとかいろいろな観測基準があるようですが、「大雪」に見舞われスタートした今週ですが、「二十四節気」の最後の24番目となる「大寒」らしい季節となりました。
通勤・通学に大変だったことと思われますが、インフルエンザも猛威を振るっているようですので、どうぞご自愛ください。

 

 
Holiday Season 恒例の「Mellowなクリスマス・ソング」の特集が終わると、当ブログにおきましては、更新がいつものスロウ・ペースに戻り、ゆるゆると展開していきますので、どうかそのおつもりでお付き合いください。

 

 

さて「Vol.151」となる今回の「Mellow Tunes」ですが、米国はマンスフィールド (オハイオ州)で1975年に結成された R&B/funk バンドの『Switch』により、1979年にリリースされた懐かしい「Soul Classics」とも言える作品をご紹介します。寒い季節は特に、暖かいイメージの「Soul Classics」が最高のご馳走かもしれません。

『Switch』はもともと1975年にデビュー・アルバムをRCAから、1977年には二枚目のアルバムをPOLYDORからリリースをしていましたが、実質的なメジャー・デビューは「MOTOWN RECORDS」の名物創設者である「Berry Gordy Jr.」が持つサブ・レーヴェルの「Gordy」より1978年にリリースした、自らのグループ名を冠したアルバム『Switch』と捉えられています。そして彼らをモータウンへの移籍・契約に尽力したのが、なんと「マイケル・ジャクソン」の兄の「Jermaine Jackson」(ジャーメイン・ジャクソン)であったというのは、有名なお話です。

『Switch』の創設者であり、ソング・ライティングを担当するリーダーの「Gregory Williams」よりも、主要なリード・ヴォーカリストでもある「Bobby DeBarge」とベース担当の「Tommy DeBarge」兄弟の存在感が大きかったのは事実でした。またグループ内には「クインシー・ジョーンズ」の寵愛を受けた「ジェームス・イングラム」の弟の「フィリップ・イングラム」が在籍していたりと、何かと話題に事欠かないバンドでした。「Bobby & Tommy DeBarge」に関しては、後に自分たちの兄弟によるグループの『DeBarge』へと活動の場を移すこととなりますが、同時期に活動を開始した『DeBarge』はリードを取る「エル」の人気上昇とともに、その後は「The Jackson 5」の再現を目論んだ「MOTOWN」帝国の中で、一時代を築き上げることになっていくわけです。
米国デトロイトを拠点とする同じ「MOTOWN RECORDS」に於いて、時既に時代と世界を席巻していた「The Jackson 5」もそうでしたが、この「デバージ兄弟」の声質は極めて似通っていて、非常にレンジの広い声質で得意のハイ・トーンからファルセットまで自由自在に扱えるテクニックを持っており、その卓越したヴォーカリストの家族代表と言っても差し支えないのが、誰あろう「Bobby DeBarge」でした。
相変わらず前置きと解説が長くなりましたが、今回ご紹介する「Switch」の最大セールスを記録した1979年リリースの「Switch II」に収録された、『I Call Your Name』(US R&B Chart 8位)をお聴きください。僕は個人的に、この70年代末から80年代末にかけての時代の「Old School」なメロウ極まりないサウンドが、雪を眺めながら浸かる露天風呂のようで、いちばん心地よく感じますね。

 


Switch – “I Call Your Name”
(album: Switch II – 1979)

 

Bobby DeBarge

「MOTOWN」の戦略通り1980年代になって売れに売れた『DeBarge』のリード・ヴォーカルは、兄の「Bobby」とルックスも声もそっくりな弟の「エル」こと「El (Eldra) DeBarge」が、既にグループ内で圧倒的な人気を不動のものとしていました。にも拘らず、「The Jackson 5」における「マイケル」がそうであったように、「MOTOWN」は「エル」をソロ・デビューさせるに至りました。絶対的な存在だった「エル」不在の『DeBarge』には、結果として『Switch』を脱退した二人の兄「Bobby & Tommy DeBarge」が合流するという運びとなり、新生『DeBarge』の運命は兄「Bobby」へと託されていくわけですが、これぞまさに「血統」の成せる離れ業と言えましょう。もう恐ろしいくらいに、二人とも声質が同じですね。
その後「Bobby」は残念なことに、1995年にHIVが原因で帰らぬ人となりました。「Bobby」が闘病中の1989年に活動を停止した『DeBarge』ですが、再結成はもうないのでしょうか。期待したいところではありますが。
参考動画の美しいバラッド“Who’s Holding Donna Now”は、当時音楽のカテゴリーを超越して辣腕ぶりを発揮していた「David Foster & Jay Graydon」のSUPER PRODUCERコンビ + 「Randy Goodrum」らによる作品。当時デイヴィッド・フォスターが関わると、こうなりますよ」という方程式通りの売れるアレンジが施された本作は、それまでの Super Hit 作品「I like It」と同様に、世界中でもの凄いヒットとなりましたね。「エル」の人気を決定付けると同時に、後のグループからの脱退を急がせた作品となった記憶があります。


DeBarge – “Who’s holding Donna now”
(album: Rhythm of the Night – 1985)

 

余談ですが現代で例えるならば、『Babyface』 (Kenneth Brian Edmonds)を筆頭に、兄弟・甥で構成された『After 7』を擁する「Edmonds ファミリー」のイメージと被りますね。この人たちも、ルックスだけでなく「歌声」がもうそのファミリー特有のものになっています。日本が世界に誇る伝統芸能である「歌舞伎」の世界がそうであるように、「Bloodline」(血統)とは本当に想像を超えるほどのものがあると、米国の Black Music 界を俯瞰しただけでも、そんな想いが強くなるのを、今回の記事を書きながら大いに感じました。


After 7 – “TOO LATE”
Featuring David Edmonds & Kenny “Babyface” Edmonds
(album: TIMELESS – 2016)

 

最初に取り上げた『Switch』の楽曲はもう「40年」も前の作品ではありますが、僕にとってはちっとも古いとは感じられません。国内の邦楽もそうですが、先人たちが切り拓いた道というものは、改めてゆっくりと歩くことで、その周辺の草木の匂いであるとかを敏感に感じ取ることで、多くの再発見があるものです。新しい作品もよいですが、その音楽が生まれたその時代の空気感や背景にある歴史みたいなものに、ちょっとだけ触れながら鑑賞してみるというのは、録音された時点から時代が進んだことによってもたらされる、「恩恵」といっても過言ではありません。
当サイトでは、そんな素晴らしい音楽たちに最大限のリスペクトを込めて、今後も紹介してゆこうと考えております。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.124【Can’t Hide Love】

いつもご訪問ありがとうございます。
7月に入ってからというもの、なんだかんだと慌しい日々が続き、今月になって初めての更新です。たいへんお待たせをいたしました。
先般実施された都議選で、僕が20歳で参政権を手にして以来一度も投票したことのない政権与党が、良識ある都民の皆さんの選択で、歴史的な惨敗を喫しました。いい気味です。国民の感情をないがしろにし、弱い立場の者の気持ちが分からぬ連中に、おおよそまともな政治ができるわけがありません。お坊ちゃま育ちのトップが身内にだけ異常なまでに甘く、国民に何を批判されているかさえも判断できない、学歴だけが自慢の議員ばかり集めていれば、遅かれ早かれこんな事態になるのは、容易に想像できていました。
自分は決して左寄りとかいうことではなく、その時代の与党の暴走を監視させるために、敢えてどこかの野党に大切な一票を投じることに決めています。参政権を手中にした若い世代の皆さんが、その貴重な一票で、政治が変えられるということを忘れないでいて欲しいと思います。なのでこの国を変えたいと思う人は、ちゃんと選挙に行きましょう。
かといってあまたある野党がちゃんとしているかといえば、そうでもありません。先進国家に見られるような「二大政党」による熱い戦いが、自分の生きている間に見られるのか甚だ疑問ではありますが、いつかそんな国家に育ってくれたらいいなと思うこの頃です。

 

 

さて連日真夏のような酷暑が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。時折訪れる近隣のいくつかの公園でも、木々の緑の濃さが深くなるのとは対照的に、「アジサイ」の季節はもう終わりに近づいているようです。間もなく「梅雨明け」のニュースが聞こえてくることでしょう。夏の暑さと湿気と混雑が大嫌いなので、僕にとっては厳しい季節の到来です。正直なところ、夏祭りとかも大の苦手です。なので、頭の中で頑張って「秋風」を吹かせるような、秋冬の景色をイメージしたりしています。毎年この時期にお伝えしてますが、例年に習い、当然ブログの更新もそれなりにスロウ・ペースになりますので、どうかご容赦ください。

 

 

先日ふと昨年亡くなった Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイア)の偉大なリーダーであった Maurice White(モーリス・ホワイト)のアルバムを聴いていたら、ついでにアースの作品も聴くことになり、個人的には彼らによるご機嫌な「Disco Tunes」よりも、モーリスと一緒に1970年代に多くのメロウで美麗なメロディを作り出した故人のソングライター『Skip Scarborough(スキップ・スカボロウ)』による作品群が、やっぱり好きなんですね。結構そんなご同輩も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介する『Can’t Hide Love』ですが、オリジナルはソング・ライターのスキップ・スカボロウ(Skip Scarborough)が、Creative SourceというLAベースのR&B Vocalグループのために1973年に書き下ろした曲で、アースへの提供作品ではありませんでした。ほとんどヒットしなかった本作はオリジナルのリリースから2年後に、モーリスの眼鏡に適い、ほとんど原曲の雰囲気を残さぬまま、モーリスの手による大胆なアレンジを施したスケールの大きな楽曲へと変貌を遂げました。

 


Earth,Wind & Fire – Can’t Hide Love
(album: Gratitude – 1975)

 

1975年にリリースされ、アースにとって初の全米チャート1位に輝いたアルバム『Gratitude』に収録された『Can’t Hide Love』は、ミディアム・スロウな作品によるアースの魅力をリスナーに対して改めて見せつけることとなりました。
21世となった現代においても、『Can’t Hide Love』は多数のアーティストによるカヴァーやリメイク、そしてHIP-HOP系アーティストによるサンプリング等、本作品が世に出てから輝きが失われることは皆無です。

アースからは少し遅れて、1982年にリリースされた Dionne Warwick(ディオンヌ・ワーウィック)のアルバム「Friends In Love」に収録された『Can’t Hide Love』のカヴァーは数あるカヴァー作品の中でも、とても好感の持てるアレンジに仕上がっている気がします。当時隆盛を極めたスーパー・プロデューサーコンビの Jay Graydon(ジェイ・グレイドン)と David Foster(デイヴィッド・フォスター)による全面的なバック・アップによって製作されたアルバムには、当時考えられる最高レヴェルのスタジオ・ミュージシャンたちが用意され、それは贅沢な音のつぶてが詰まったアルバムとなっています。本作品の中で、控えめなプレイであるにも拘らず物凄い存在感のジェイ・グレイドン氏のギターの音色にはもう降参するしかないですね。
この頃が、本当に音楽にとって「いい時代」だったような気がしてなりません。

 


Dionne Warwick – Can’t Hide Love
(album: Friends In Love – 1982)

 

どちらにせよ、やはりソングライターである「スキップ・スカボロウ」の才能を抜きには語れない、20世紀に遺された偉大な作品と言えるでしょう。

 

 

 

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.23【Michael Masser】

長かったのか短かったのか、例年に習い関東甲信越地方の「梅雨明け」の発表が、本日お昼前頃に気象庁よりありました。梅雨が終われば今度は長く暑い夏の到来。大人になってからというもの、もっとも苦手な季節が今年もやってきました。日本の夏らしい「風景」や「風情」は決して嫌いではないのですが、好きな方には恐縮ですが、心底蒸し暑い季節そのものが大嫌いなのです。
よって、更新も涼しくなるまではこれまで以上にスロウ・ダウンするのも毎年のことですので、どうかお許しください。涼しくなったらガンバリマス。

michael masser

Michael Masser

さて、久しぶりの「Masterの今これが聴きたい~」のコーナーですが、今回はつい先日米国より訃報が届いたばかりの、米国のポピュラー音楽界きっての偉大な作曲家でありプロデューサーでもある Michael Masser(マイケル・マッサー)の作品を取り上げたいと思います。74歳で他界された彼は、僕の個人的な印象としてですが、彼より一世代上の Burt Bacharach(バート・バカラック)そして彼より一世代下の David Foster(デイヴィッド・フォスター)という、米国のポピュラー音楽界を永きに渡ってリードしてきた偉大な二人の音楽家に挟まれた世代の音楽家といった立ち位置にいたような気がしています。『ソング・ライター』としての角度から見たこの三人の偉大な作曲家に共通するのは、そうですスケールの大きな『バラッド』(バラードではなく敢えて「バラッド」と表現いたします)の楽曲が多いという点に尽きます。
バカラック氏とフォスター氏については過去にも記事をUPしてますので、興味のある方はそちらもご覧ください。)

Gerry Goffin

Gerry Goffin

マッサー氏が作曲とプロデュースを手掛けた作品の多くは1970~80年代に集中しており、とりわけかつてキャロル・キングの夫としても知られている盟友の『Gerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)』に作詞を委ねた楽曲にヒット作品が多く見られます。昨年6月にゴフィン氏が75歳で亡くなったそのちょうど一年後に、マッサー氏が逝ってしまったという事実を見聞きするだけでも、なんだかこの二人の偉大なソング・ライティング・コンビの強いスピリチュアルな結びつきを感じざるを得ません。

数あるこの二人のコンビによる作品群の中から、今回は年代順にこちらの三作品をご紹介。どれも当時は世界中で大変なヒットとなりましたね。曲調といい、ストリングスの使い方といい、そしてクライマックスへのもって行き方といい、似ているようではありますが、これほど壮大でスケール感のあるバラッド群はマッサー&ゴフィンにしか創出できない芸当だったのかもしれません。お二人のご冥福をお祈りします。

 

まずはこちら、友人・知人の結婚披露宴で何度聴いたことでしょう。なかなかこれほどの愛の賛歌は、この作品以降まだ出現してきていないくらいの壮大なスケールです。


Peabo Bryson & Roberta Flack / “Tonight I Celebrate My Love
(album: Born to Love – 1983)

 

そしてこちらは「クチパク」ではありますが、あくまで「Vocalist」に徹底した風情のベンソン氏の熱唱。天才的ジャズ・ギタリストなのにギターを持たない彼の映像は、非常にレアと言えます。


George Benson / “Nothing’s gonna change my love for you”
(album: 20/20 – 1984)

 

最後は以前にも一度過去記事で取り上げたこともある、カヴァー作品ではありますが今は亡き「Whitney Houston」(ホイットニー・ヒューストン)の偉大な遺作を。
彼女のご冥福も併せてお祈りいたします。

 


Whitney Houston / “Saving All My Love For You”
(album: Whitney Houston – 1985)

 

 

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.31【Diana Krall】

以前過去記事の『AC Tunes ~ Vol.27【Diana Krall】』で取り上げていたものの、ずっとリリースが延期となっていた Diana Krall(ダイアナ・クラール)の待望の新譜が、ようやく一月末に発売となりました。重度の肺炎と伝えられていた病状も回復したようで、本来は昨年秋から開始する予定だった World Tour もいよいよ2月末からスタートするとのことで、世界中のファンが彼女の復活をずっと心待ちにしていたことでしょう。

Krall-revised-ad-2015New Album『Wallflower』は、彼女と同じカナダ出身のあの大物プロデューサー David Foster(デイヴィッド・フォスター)のプロデュースによる、1960-70年代のいわゆる POPS/ROCK の名曲と言われる多くのスタンダード・ソングをカヴァーしたアルバムとなっています。彼女の歌うイーグルスの「Desperado」「I can’t Tell You Why」、10ccの「I’m Not In Love」、ギルバート・オサリヴァンの「Alone Again」、カーペンターズの「Superstar」、クラウデッド・ハウスの「Don’t Dream It’s Over」などなど、それはもう50代以上のリスナーにとってはもう涙モノの内容と言って間違いありません。
デイヴィッド・フォスターによるプロデュースとアレンジということで、聴く以前はかなりゴージャスなストリングスなどがフィーチャされているかと思いきや、期待をいい意味で裏切るようななんともシンプルで無駄を削ぎ落としたようなアレンジに留めているのが意外な感じがします。ちょっと「男前」と言われるようなダイアナの太い声質には、むしろこのようなアプローチの方が結果として良かったのではといった印象を強く受けました。

Universal Music Thailand の公式 YouTube チャンネルに、『Desperado』がUpされていますので、ぜひ視聴してみてください。かつて「リンダ・ロンシュタット」がカヴァーしたのとは、また違った魅力に溢れた作品に仕上がっています。

 


Diana Krall / “Desperado” (album: Wallflower – 2015)

 

本当に素晴らしい内容のアルバムに仕上がっていますので、ぜひともお手にとっていただきたいものです。久々に大人がじっくりと何度もリプレイしてしまうような作品を届けてくれたことに感謝感謝ですね。アルバムの作品メドレーもUPしときます。

 


Diana Krall – “Wallflower” Album Medley

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.27【Diana Krall】

今年の「秋」は、日を追う毎に季節がどんどん深まるような、本来の「日本の秋」が数年ぶりに戻ってきたような印象が、皆さんありませんか?昨年の記事を振り返ってみると、残暑があまりに長く、秋を飛ばして夏から一気に冬へシフトしたような気候でした。それを思えば、日本列島の美しい秋を長く堪能できることは大変喜ばしいことです。それゆえ、多くの気象予報士の方々が、「今年の紅葉は期待できる」と予想しているそうです。

 

DSCF0110

 

昼間の空もいいのですが、この季節から初冬にかけての「夕暮れ時」の空の様子はなんとも見入ってしまうほどドラマティックでありノスタルジックですね。刻々と変化する、陽が落ちるまでのわずかな時間は、一瞬たりとて見逃せないくらいの美しさです。コンパクト・デジカメのレンズを慌てて空に向け写真を撮りながら、そんな感傷に浸りました。

 

DSCF0113

 

ご紹介する曲は、深まる秋にPVが撮影された Diana Krall(ダイアナ・クラール)の『Almost Blue』。元々は彼女の伴侶である奇才 Elvis Costello(エルヴィス・コステロ)の作品で、晩年の Chet Baker(チェット・ベイカー)によるcoverで広く認知されるようになった、タイトル通りちょっとブルーで感傷的な印象を持ったもはやスタンダードになりつつある名曲です。

 


Diana Krall / “Almost Blue” (album: Girl in the Other Room – 2004)

 

Wallflowerダイアナは近く、彼女と同じカナダ出身のあの大物プロデューサー David Foster(デイヴィッド・フォスター)のプロデュースによる1960-70年代のいわゆる POPS/ROCK のカヴァー・ソングを集めたアルバム『Wallflower』を10/21(iTunes Storeでは10/13)にリリースする予定で、現在世界中で大変な話題となっています。彼女の歌うイーグルスの「デスペラード」「I can’t Tell You Why」、10ccの「I’m Not In Love」、ギルバート・オサリヴァンの「Alone Again」などなど、期待は膨らむばかり。秋にはやはりいい音楽作品が出てきますね。詳しくはオフィシャルHPにて。

 

*追記:世界中から注目されていた彼女の新作のリリース(10月)とワールドツアー(11月)が、病気のため来年に延期となった模様です。詳細はレコード会社のHPをご参照のこと。(以下抜粋)

【今年10月に世界発売を予定しておりました、ダイアナ・クラールの新作『ウォールフラワー』とそれに伴い11月にアメリカでスタート予定だった世界ツアーは、重度の肺炎による体調不良により延期となりました。新作の新しい発売日は現在、2015年2月を予定しております。
*デジタルは2015年1月末を予定  –  UNIVERSAL MUSIC】

現在『iTunes Store』では数曲サンプル音源を聴くことができますが、リリースまで気長に待たねばなりませんね。それはそれとして、彼女の早期の回復を祈ります。

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.15 【Pete Belasco】

連休最後の昨日は、なんだか冬に逆戻りしたような一日でしたが、今日は五月らしい晴れて穏かな陽気となりました。GWも終り職場や学校へ復帰し、ちょっとお疲れ気味の方も多いのではないでしょうか。
こんな時は、あまり耳障りでない大人向けの音楽など聴いてリラックスするのがいちばんの処方箋かも。

 

pete belascoPete Belasco(ピート・ベラスコ)は、先日の記事 AC Tunes Vol.13 でも話題にした David Foster が現在TOPを務めるレーヴェル Verve から1997年「Get It Together」でメジャー・デビュー、その後2004年「Deeper」2012年には「Lights On」と僅か3作品しかアルバムのリリースがない寡作なアーティストと言えます。

デビュー作はAOR/Fusion色のある作品でしたが、後のアルバムでは自前の静かに囁くような whispering voice とハスキーでありながらも艶のあるファルセットで、R&BJAZZの色合いを濃くした作品を披露しています。とてもスロウでマイ・ペースな活動ぶりですが、『one & only』な作品をリスナーに届けてくれるだけでありがたいものです。

 


Track#1 – “Love Train”
Track#2 – “All In My Mind”
(album: Get It Together – 1997)

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.80 【Sweet Soul / SEAL】

早いもので『Mellow Tunes』シリーズも、この回で80回目となるんですね。とりあえず「ナンバー」付けといてよかったなって感じです。それにしても、よく飽きずにやってるなと自分でも半ば呆れながらも感心している次第です。ちょっとお休みしましょうかね。

さて、前回のAC Tunes ~ Vol.13で、60代半ばを過ぎこれまで以上に「プロデューサー」としての円熟度がどんどん増している様子の「David Foster (デイヴィッド・フォスター)」のことを取り上げました。記事を書くにあたり、色々とWEBを駆使して調べていましたら、かなり多くの興味深いアーティストのプロデュースをしていたのに改めて気付かされました。

Seal - Seal II『SEAL(シール)』という英国出身のソウル系のアーティストをご存知でしょうか。
ブラジル系の父とナイジェリア人の母を持つ彼は、『Kiss From a Rose』という美しい楽曲が映画『バットマン・フォーエヴァー』で採用され、作品が収録されたアルバム「Seal II」は世界的に大きなセールスを記録し、後にグラミーを受賞するに至りました。それ以降はあまり大きな話題となることもなくベスト盤やライブ盤をリリースしたりしていましたが、その彼に「ソウル・クラッシック」を集めたアルバムのプロデュースに協力したのが、何を隠そうその人「デイヴィッド・フォスター」でした。

seal-soul2008年にリリースされたシールのオリジナル・アルバムとしては6作目となったその名も『SOUL』は、フォスター氏のマジックにより素晴らしい作品となりました。そしてもう一作品を挟んだかたちで2011年にリリースされた期待の第2弾『SOUL 2』は、デイヴィッド・フォスターはもちろんのこと過去にグラミーを共に受賞した盟友トレヴァー・ホーンも参加した贅沢な「Wプロデュース」作品となりました。もともとソウルフルでハスキーなVocalを聴かせてくれる孤高のシンガーといった印象の強い「シール」にとっては、良い面を引き出してくれたとても内容の濃いアルバムとなったことでしょう。
おそらくこんな流れで、デイヴィッド・フォスターは前回取り上げたRuben Studdard(ルーベン・スタッタード)の作品のプロデュースに繋がっていったのかなと、そんな風に想像できますね。

フィリー・ソウル(フィラデルフィア・ソウル)の数ある名曲の中でも、ビリー・ポールの「Me & Mrs.Jones」と並び双璧と言える、それはそれは MellowSweet「Soul Classic」な作品、メイジャー・ハリスの「Love Won’t Let Me Wait」を歌い上げる「シール」のヴォーカルにはもう降参です。この作品のベスト・カヴァーはやはりルーサー・ヴァンドロスよるものが最高だと個人的には思いますが、シールも素晴らしいの一言です。
僕としてはは2作目の『Soul 2』の方が、選曲もさることながら「シール」自身が実に自然体で「ソウル・クラッシック」を表現しているように感じられて、もう絶対にお薦めです。「聴かなきゃ損」だとまで言っておきます。(笑)

 


Seal / “Love Won’t Let Me Wait” (album: Soul 2 – 2011)

 

いやはやカテゴリーを問わず成功に導いてしまう、デイヴィッド・フォスター氏のアイディアとプロデュース振りには驚くばかりです。まだまだ彼の動向から目が離せません。願わくば、「ダリル・ホール」とか「ジョージ・マイケル」による、同様な「ソウル・クラッシック」を集めた作品をどうしても聴いてみたいと思いませんか。