blog slide 01
blog slide 02
blog slide 03
blog slide 04
blog slide 05
blog slide 06
blog slide 07
blog slide 08
blog slide 09
blog slide 10
blog slide 11
blog slide 12
blog slide 13
blog slide 14
blog slide 15
blog slide 16
blog slide 17
blog slide 18
blog slide 19
blog slide 20
blog slide 21
blog slide 22
blog slide 23
Slide #25 - blog slide 25
Slide #26 - blog slide 26

優しい音色 Vol.11 [ 追悼編 ]

定休日の今日、目覚めの遅い朝に、目覚まし代わりにスイッチを入れたTVの情報番組が、「ホイットニー・ヒューストン」の訃報を伝えていた。
「48歳って、いくらなんでも、まだ若すぎるじゃないか...」思わず独り言をつぶやいてしまった。彼女がファッションモデルからシンガーに転身し、彗星の如くブラック・ミュージック界に躍り出た26年前(1985)のあの頃、飛びぬけた歌唱力で世界中の人々を驚かせたのに、たまたま同じ年齢だった僕にとっては、すごい22歳がいるもんだと感服した記憶がある。

『波乱万丈』。文字通りの人生だったようだ。映画デビュー作の『ボディ・ガード』で脚光を浴びた直後に、一時期は飛ぶ鳥を落とすほどの人気絶頂期のボビー・ブラウンと結婚したのはよかったが、彼からのDVをはじめその後の人生は混乱続きで、以降あまりスポットライトを浴びることはなくなっていった。なんとか復活してもらいたいと思える、数少ない実力派の黒人女性シンガーであっただけにひじょうに悔やまれる。
「薬物」への依存が死因のひとつとも推測されているそうだが、あまりに数多くの偉大なミュージシャンやアーティストが、それらによって人生を悲しいかたちで終えていくことに、ただただ悲しく残念でならない。

若かった20代のあの頃、いちばん好きだった彼女のあの曲を、追悼の意味を込め、今日は一日中ずっと聴いていようと思う。

合掌


Whitney Houston / “Saving All My Love For You”
邦題:すべてをあなたに (album: Whitney Houston – 1985)
*ジャケット写真は当時のアナログ12インチシングル版より
【音量を少し上げてお聴き下さい】

Saving All My Love For You 歌詞(訳詞)

 

 

優しい音色 Vol.10 [ Valentine 編 part 2]

おはようございます。

待望の、ポール・マッカートニーの新譜『Kisses On The Bottom』入荷しました。

本日より、お店でヘビー・ローテーション中です!

ポールがスタンダードを歌えば、JAZZがこれほど身近になるんですね。

なんて優しい声なんでしょう。

ぜひ、聴きに来てください。

 


Paul McCartney / My Valentine (album: Kisses On The Bottom – 2012)

 

 

優しい音色 Vol.9 [ Valentine 編 ]

さてさて、今回で「優しい音色」シリーズもあっという間で、Vol.9となってしまいました。

今日は、音色もVocalもこのうえなく優しい、この時期にふさわしい一曲を紹介しましょう。

AOR(adult oriented rock)というカテゴリーを語る上で、絶対に無視できないアメリカ西海岸出身のアーティスト、ネッド・ドヒニーですが、このアルバムが発売されたのが1976年ですから、もう36年も経つわけです。もちろん、今でも僕の愛聴盤であり、車やお店でもときおりプレイしているほどです。ビバリーヒルズに自身のファミリー・ネームのついた通りを持つ程のリッチな家庭に生まれ育った彼のようですが、生み出す曲の数々は、まるで黒人アーティストのそれと何の遜色もないくらいの、ソウル・テイストに溢れた楽曲の数々を、多作ではありませんが世に送り出してくれました。後にアベレージ・ホワイト・バンドやチャカ・カーンにもカバーされた”Whatcha Gonna Do for Me”は世紀の名作といっても過言ではありません。

世の中、スウィーツメーカーが躍起になって、チョコの大セールを実施中のようです。
そんな季節の風物詩にちょっと足並みを揃えて、こちらをどうぞ。
どこか遠く懐かしい、 california の青い空と乾いた風をふっと感じさせますね。世代でしょうか。(笑)

 
Ned Doheny

Ned Doheny / “Valentine” (album: Hard Candy – 1976)

 

 

『ホット・ケーキ』はじめました

 

今日は午後の遅い時間まで、優しい雨が降っていました。

 

Revival Leaves

 

そんなお天気の本日より、軽食メニューに『ホット・ケーキ』が加わりました。
(これまでの「ハム・チーズ・サンド」のお取り扱いは終了いたしました)

 

『ホット・ケーキ』はじめました   ご賞味ください

 

 

 

優しい音色 Vol.8

定休日の今日は、お昼前に家を出て、お店のキッチン用品の買い物で、新三郷にあるIKEAに向かいました。
ちょうど家を出る少し前から降りだした久しぶりのお湿りでしたが、乾燥しきった大地や樹木にとっては、恵みの雨となったことでしょう。

あまり雨足の強くない久々の雨を受けながら走る高速道路上で、ふと頭に浮かびiPodから再生したのが、この一曲でした。
アントニオ・カルロス・ジョビンと共に、ボサノヴァの創始者と言われるジョアン・ジルベルトの妻(後に離婚)でも有名な、アストラッド・ジルベルトですが、スタン・ゲッツと共演した「イパネマの娘」など、米国のジャズとブラジルのボサノヴァの架け橋となった彼女の活動は、前出の創始者二人と並ぶだけの功績があるといえるでしょう。
「優しい音色」シリーズにふさわしい、“The Gentle Rain”「優しい雨」とでも表現すればよいのでしょうか。
あったかい珈琲が飲みたくなってきました。それも、今日はクリームとシュガーを少しだけ。

 


Astrud Gilberto / The Gentle Rain (album: The Shadow of Your Smile – 1965)

 

 

続・週末限定メニュー『いちごのロールケーキ』

今日もまた、寒い一日でしたね。

3週連続でご提供させていただきました、週末限定メニュー『いちごのロールケーキ』ですが、そろそろ終わりにしようかと思っていましたが、思いのほかご好評をいただいており、今週末もご提供を予定しております。土曜・日曜ともに、それぞれ完売次第終了となります。
いちごの種類ですが、今回は静岡産の『紅ほっぺ』となります。
数に限りがございますので、売り切れの際はご容赦ください。

 

数量限定です。 ご賞味ください。

 

 

優しい音色 Vol.7

もうしばらくは、寒い日が続くようです。皆さんご自愛ください。

「優しい音色」シリーズもあっという間に、Vol.7となってしまいました。いったいどこまで行けるのか、それは僕にもわかりません。
湧いて出てくる限り、続けてみようかとは思っています。

先日コメントを戴いた方から、ナット・キング・コールの話題が上がりました。
当然僕は彼の音楽をリアルタイムで聴けた世代ではありませんが、お嬢さんのナタリー・コールは知っています。
彼女が、1991年に発表した父のナット・キング・コールのカバー集「アンフォーゲッタブル (Unforgettable… with Love)」は、Jazzナンバーであるものの、全米ポップチャートでも大ヒットを記録し、結果としてグラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞したことは有名ですね。
「アンフォーゲッタブル」では亡き父が歌った音源とのオーバーダブで、現代の映像技術を駆使した、時を越えた共演が、見る者の涙を誘いました。

このVIDEOを見るにつけ、素敵だなあと思うと同時に、僕も他界した親父に夢で逢えたらなんて、思うことがたまにあります。
すみません、ちょっとしんみりとしちゃいましたが、本当によい作品です。聴いてみてください。

 


Natalie Cole & Nat King Cole / “Unforgettable” (1991)