Category Archives: Mellow Sounds [音楽あれこれ]

AC Tunes ~ Vol.63【Christopher Cross】

寒さのピークに伴い、毎年日本経済が停滞する時期の「2月」が、もう目の前まで迫ってきました。空気も澄み切って、空の美しさだけは格別な季節です。

 

 

そんな寒い季節の海の向こうでの恒例行事といえば、【グラミー賞授賞式】と、音楽好きの間では割とHOTな話題で盛り上がる時期でもあります。今回から開催地をこれまでの西海岸のLAから、この時期は極寒の東海岸はNYの「マディソン・スクエア・ガーデン」に移し、現地時間1/28に開催されるとのこと。今回のグラミーは『第60回』と節目の年となるそうで、世界中で売れに売れたアルバム『24K Magic』を引っさげ、もはや主要部門含めなんと「7部門」(最優秀レコード賞/最優秀楽曲賞/最優秀アルバム賞/最優秀R&Bパフォーマンス賞/最優秀R&Bソング賞/最優秀R&Bアルバム賞/最優秀アルバム技術賞)にノミネートされている、『BRUNO MARS』(ブルーノ・マーズ)による受賞が、いったい何部門を制覇するかが気にになるところではありますが、結果を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

そんな話題に事欠かない「グラミー」ですが、今から「37年」も前の「1981年」開催のグラミー賞で、デビュー・アルバム『Christopher Cross』(邦題: 「南から来た男」1979年発売)で、グラミー史上初の「主要4部門を含む5部門」を制覇したのが、時の新人アーティスト、Mr.フラミンゴこと『Christopher Cross』(クリストファー・クロス)でした。
僕らのような50代から上の世代の洋楽好きの方々であれば、誰でも一度は耳にしたであろう、あの「爽やかクリスタル・ヴォイス」で世界中のAOR (Adult Oriented Rock)ファンを虜にしたクリストファーが、昨年12月に3年振りに出したニュー・アルバム『Take Me As I Am』がかなりの話題となっているらしい。

僕の場合、R&B/SOUL/JAZZを初め『BLACK MUSIC』(黒人音楽)はもちろんのこと、学生時代にはこよなく愛聴していた、日本国内では『AOR』(Adult Oriented Rock)と呼ばれ認知されている、『Adult Contemporary』なカテゴリーの音楽も大好物でして、当サイトに於いて『AC Tunes』シリーズを設けているのも、そんな理由からです。
現在日本国内におけるこの分野の権威的な存在であり、音楽ライターであり各種プロデュース業も精力的にこなす『金澤寿和』さん主催のLight Mellow on the Webは、僕も度々訪れる内外でも有名なサイト(ブログ)で、「Adult Contemporary」なカテゴリーにおける、良質な音楽の情報を絶えず提供してくださっている、とても価値のあるサイトです。(金澤さん、当サイトへのご訪問いつもありがとうございます。)今回は金澤氏のサイトで、「クリストファー・クロス」の新譜の内容をしっかりと解説していただいたおかげで、大変興味深く新譜を聴くことができました。

金澤氏のレビューにもありましたが、新譜『Take Me As I Am』はシンガー・ソングライターの作品というよりは、ある意味とても「FUSION」的なアプローチを狙った、クリストファーのこだわりのギター・サウンドにフォーカスを当てた、実に聴き心地の良い、後味のよいアルバムにまとまっているような印象を受けました。少ない「Lyric」と印象的な「フレーズ」を繰り返すことと、ギター・ソロのパートをこれでもかと注入した結果生まれ出た作風が、なんだかこの現代において、強烈な新鮮さを感じました。

 


Christopher Cross – New Album “Take Me As I Am” (2017)
1. “Down to the Wire”
2. “Baby It’s All You”

 

前述のグラミー5部門制覇のデビュー・アルバム『Christopher Cross』(邦題: 南から来た男)のリリース時は、彼のヴィジュアルがレコードの売上げに影響を及ぼす可能性があるとのレコード会社によるマーケティング面での戦略から、しばらくの期間一切メディアに登場しなかったのは、もはや伝説となっています。事実、1983年の初来日時、日本武道館でのコンサートに僕自身も足を運びましたが、当時世界中を席巻していた米国西海岸出身の「West Coast Rock」系アーティストたちとはまったくイメージがかけ離れており、とにかくセンター・マイクの前でまったくアクションを取ることもなく、ただひたすらに歌うこととギターの演奏に集中していたそのステージ・アクトに、ある意味驚きを隠せなかったのを、もう35年が経過した今でも鮮明に思い出すことが出来ます。とにかく、ギターの演奏へのこだわりが凄いというのは、感じましたね。
新作で聴ける彼のギター・ソロからは、20代の半ばで初めて渡米した際、LAはじめ西海岸の高速道路、通称「Pacific Coast Highway」(California State Route 1)をドライヴした際の、生涯見たことのないような「青すぎる雲ひとつない空」や「美しく入り組んだ海岸線」の光景を呼び起こすような、そんな乾いた、そしてレイド・バックした『音』が聴こえてきて、すごく懐かしい気分になりました。青春時代を彼のサウンドで過ごした方も、そうでない若い世代の方も、ぜひ聴いてみて欲しいアルバムです。現在66歳となったクリストファーの、まさに『Timeless』なヴォーカルに、ただひたすらに「感謝」の思いが募ります。

 

[Remarks]
日本国内ではまだ新譜発売の準備ができてないようです。
こちらの「Official」へどうぞ。

 

[お知らせ] 本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow Tunes ~ Vol.150【Boney James】

いつもご訪問ありがとうございます。
一年の内でいちばん寒い季節ですが、温かい珈琲など片手にご覧いただけると幸いです。
 


 

『Boney James』(ボニー・ジェイムス)を当ブログで紹介するのは、たった今過去記事検索をしてみましたが、やはり初めてのようです。昔からお気に入りで長く聴いてきているアーティストでさえ、改めて調べると記事として取り上げてないというケースが、意外と多いことに最近気付きました。今後はそういったアーティストたちにも目を向けて、ご紹介していかないといけませんね。

さて、『Boney James』(ボニー・ジェイムス)に話は戻りますが、グラミーのノミネートにも常連のボニーは、現在の米国を中心とするいわゆる「Smooth Jazz」の分野で、最も人気と実力を兼ね備えたサックス・プレイヤーと言っても過言ではありません。彼のテナー・サキソフォンが紡ぎだす、その独特な「メロウ」で艶のある音色で歌うようにブロウするその様は、まさに「One & Only」な存在といえます。

2015年にリリースされた『Futuresoul』に至っては、Billboard Contemporary Jazz Chart で年間1位を独走し、昨年2017年に発表の『Honestly』もやはり同様に売れ続けました。元々、過去に Isley Brothers / Bobby Caldwell / Randy Crawford 等々、多くのR&B/SOUL系のアーティストのバック・バンドでの下積み時代が長いこともあり、ことBlack Musicへの理解と愛情が、他のアーティストの誰よりも強い気がします。『Futuresoul』などというアルバム・タイトルにしても、ゲスト・ヴォーカリストにR&Bのアーティストを客演させたりしているのも、彼ならではのことで、よく理解できます。

 


Boney James –
1. “Vinyl” (album: Futuresoul – 2015)
2. “Butter” (album: Send One Your Love – 2009)

 

『Boney James』(ボニー・ジェイムス)、これからも目が離せないアーティストのひとりです。

 

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow Tunes ~ Vol.149【Stanley Clarke】

新年が明け、帰省ピークの直後で、早すぎる「成人の日」に合わせた三連休の到来で、いまだに仕事モードへ戻れない方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。「成人の日」は一月の真ん中と、体に染み付いた年代層の僕などは、政府の祝日制定に対してもう疑問だらけです。
さて、日本国民の民族大移動も終わり、いよいよ学校が再開されると、きまって「流感」のシーズン到来です。皆様におかれましても、どうぞお身体ご自愛ください。

2018年になって最初の「Mellow Tunes」となる今回ですが、今年もこれまで同様に時代やリリース時期、そしてカテゴリーにも一切囚われることのない自由気ままな選曲で、ゆるゆるとやっていこうと思っていますので、そのつもりで皆さんお付き合いください。

 

1951年生まれで現在66歳の Stanley Clarke(スタンリー・クラーク)ですが、1970年代になって世に出た当初は、「FUSION」というカテゴリーの呼称がまだ一般的でなく『クロス・オーヴァー』なんて表現されていた時代、Chick Corea (チック・コリア)と組んだバンド「Return To Forever」で世界中にいわゆる「FUSION」ブームを巻き起こした張本人でもあります。いまや世界一のベーシストと称される、早熟な天才 Marcus Miller(マーカス・ミラー)が台頭してくる、少し前の時代の話ですね。ウッド・ベースによるスタンダードなJAZZはもちろん、エレキ・ベースに持ち替えれば、早い時期からのスラップ奏法やギターのようなコード・ストロークが持ち味で、とにかく当時は「斬新」という表現がぴったりのベース職人でした。後にコンビを組むことになる故人の George Duke(ジョージ・デューク)とは、“Clarke/Duke Project” として、1980-90年代にかけて3作ほどアルバムをリリースし、リリースの度に世界中のFUSIONファンに話題を提供し続けたものでした。

今回ご紹介する『Heaven Sent You』は、スタンリーが絶頂期の1984年にリリースしたアルバム「Time Exposure」からの代表作で、ゲスト・ヴォーカリストには当時やはり大人気だった SHALAMAR(シャラマー)のリーダー Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)を起用した、 Mellow Funk な大人の雰囲気が香り漂う名曲です。

 

 


Stanley Clarke – “Heaven Sent” (Ft.Howard Hewitt & George Duke)
(album: Time Exposure -1984)

 

そしてこちらは、スタンリー/ジョージ/ハワードが三人揃って久々にチャンレンジした同作品ですが、2013年に逝去したジョージとだいぶウェイトが増加してしまったハワードの様子から、おそらく5~6年前に収録された映像ではないかと思われます。演奏後に「俺たちまだやれるぜ」と語り合い互いをリスペクトする様子が、今となっては大変貴重な映像です。いつも思うのですが、やはり一時代を築いたアーティストとは、そういうものなんだと、改めて見直すことが多々あります。

 


George Duke, Stanley Clarke and Howard Hewett – Heaven Sent You

 

「34年も前」の作品ですが、今の時代に聴いても、とても新鮮に聴こえませんか。こういった大人向けの音楽は、現代ではなかなか耳にする機会が本当に少なくなりました。
そんな価値ある作品群を、今年もいろいろと掘り起こしながらご紹介していければと考えています。

 
Howard Hewett(ハワード・ヒューイット)がスタンリーのアルバムへ客演したものには、こんな作品もありましたね。ハワードのヴォーカル・スタイルと声質に起因するところが大ですが、その「mellowness」ぶりには脱帽ものです。


Stanley Clarke – “Fantasy Love” (Ft.Howard Hewitt)
(album: East River Drive – 1993)

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow Tunes ~ Vol.148 【Best Mellow Tunes – 2017】

クリスマスも過ぎ、依然として冬らしい寒気団が列島を覆っています。
「冬至」を過ぎてからというもの、やはり不思議なもので、日没が少しずつゆっくりとなってきているような気がします。日没と日の出の直前は、空気が澄んでいるので、空の様子が相変らず美しいですね。

 

 

さてさてドタバタと例年の「暮れ」独特のリズムに忙殺されているうちに、あっという間に2017年も暮れてゆこうとしています。皆様、今年も相も変わらず、当ブログへの定期的なご訪問、ありがとうございました。

かつての実店舗「Mellows」のOPEN準備期間(2010年末)より継続している元マスターによる当Blogですが、これまでの投稿数が計700を超えており、おそらくほとんどの記事にその都度なんらかの「音楽作品」の紹介をしているので、もうずいぶんと沢山の楽曲を取り上げてきたことになります。
ここ数年は年末に、その年にご紹介した作品やアーティストの中から、【Best Mellow Tunes】として、作品のリリース時期に一切関係なく、その時点でよいと感じた「アーティスト」であり「作品」を、時代やカテゴリーに拘ることなく選択しています。新しいものだけがよいと言うのは大間違いで、残念なことに出逢う機会がないままに、自分の中で過去に流されていった作品の中に、キラッと光るダイヤのような作品と、長い時間を経てめぐり逢うことは、決して少なくありません。大抵の音楽好きの方であれば、容易にご理解いただけると思いますが、あくまで「私的なBEST」ですので、誤解なきようご了承ください。

敢えて順位はつけませんが、今年2017年に初めて出逢ったり、過去の作品群を掘り起こし作業中に再会したりした中で、『Mellow Tunes 』『AC Tunes』シリーズの記事としてUPした中からの、「アーティスト」や「楽曲」のご紹介となります。今回は、「Play List」にしてみましたので、続けてご視聴いただけます。

 


【Best Mellow Tunes – 2017】
(From “cafe Mellows” ~ Master’s Blog【ANNEX】)

 

また各々の楽曲やアーティスト関連の記事は下記の通りです。気になったアーティストがいましたら、ぜひご参照ください。

 
AC Tunes ~ Vol.43 【Rumer】

Mellow Tunes ~ Vol.122【Incognito】

Mellow Tunes ~ Vol.111 【Bruno Mars】

Mellow Tunes ~ Vol.129【Prince】

Mellow Tunes ~ Vol.141【Sevyn Streeter】

Mellow Tunes ~ Vol.142【Avant ft. Keke Wyatt】

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017 【総集編】

早いもので、今日は「冬至」ですね。今日を境に、また日が少しずつ伸びていくわけですが、一方、南半球においては「夏至」なんですね。なんだか「地球」って不思議な物体です。

 

 

 
昨年のクリスマス当日に天国に旅立った「George Michael」(ジョージ・マイケル)による、もう一つのクリスマス・ソングDecember Song (I Dreamed of Christmas)』のVol.1からスタートした、「Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017」でしたが、クリスマスが訪れる今週末までの数日を残して、毎年の冬の恒例企画を終了させていただきました。
なんだかんだで「7シーズン」目となった今年のヴァージョンでは、最初の回でご案内の通り、作品(楽曲)を特定することなく、そして敢えて古典や定番(スタンダード)となっている作品はできるだけ除外して、多くの作品をご紹介してきました。

 

 

とはいうものの、気付けばやはり自分で想像していた通り、取り上げた作品の9割方が、Soul/R&B だけでなく Gospel/Doo-Wop/Funk/Blues/Jazz等々、黒人音楽(BLACK MUSIC)を源流としたカテゴリーのものに、結果として落ち着いてしまった感があります。

そもそも「黒人音楽」とは、米国の移民の歴史や人種差別の歴史を少しでも学んだことのある方であればご存知の通り、ヨーロッパから新大陸・新天地を目指して自ら大西洋を渡った人々とは違い、開拓のための「奴隷」として人身売買され「アフリカ」という母なる大地から、長く過酷な航海を経て新大陸・アメリカ大陸へ連行されてきた「アフリカ系アメリカ人」をルーツに持った人々の、「慰めの音楽」であったことは間違いのない事実でした。奴隷労働から解放された日没から日の出までの、焚き火を囲み歌い時には踊り、そんなかけがえのない「時間」が彼らにとっての唯一の慰めや癒しの手段であったのは言うまでもありません。
彼らの歌う「魂の歌」「心の叫び」はやがて心の開放や救いを求める「信仰」つまりは「キリスト教」、そして「教会」という特別な場所と密接な結びつきを持つのは、もはや必然であり時間の問題だったのでしょう。「黒人霊歌」つまりは「ゴスペル音楽」の誕生へとストレートに繋がっていくわけですが、その後の展開をすべて書き連ねるわけににもいきませんので、今回の「Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017」を通した一連の作品群で、「黒人音楽」に興味を持たれた方は、ぜひとも過去記事でもご紹介してますが、Soul/R&B界の偉大なレジェンドである「Ray Charles」(レイ・チャールズ)の作品と本人の伝記映画『Ray/レイ』をご覧になると、よりご理解できることと思われます。

敬虔なクリスチャンが多い米国の黒人層において、白人層以上になぜこれほどまでに「クリスマス・ソング」というものの存在が特別なのか、それは悲しく辛い歴史が背景にあるのは紛れもない事実であり、1950-60年代における「公民権運動」等を経て、ようやく彼らが「自由」を獲得した現代だからこそ、その宗教的にも大切な時期を、「静かに、厳かに祝おうじゃないか」ということなんだと、そんな風に僕なりに解釈しています。

というわけで、今シーズンの「Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017」でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?
リクエストもいただきましたので、今シーズンの作品群は「PLAY LIST」にしてみました。通しでご視聴くださるのも、また新たな発見があるかもしれません。既にご紹介済みの作品も含め、他にも沢山候補作品があったのですが、やはり「絞る」という作業は難しいものですね。

 


Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』【総集編】
[Vol.1 – 13]

 

最後におまけで、もうそろそろ「クリスマス・スタンダード」と呼んでもいいのではと思っている、昔から大好きな作品「Alexander O’Neal」(アレキサンダー・オニール)の Holiday Album「My Gift To You」(1988)からタイトル曲の『My Gift To You』をPICK-UP。
プロデュースはもちろんミネアポリス・サウンドで世界を席巻したジャム&ルイス。山下達郎氏のカヴァーで、国内でも有名な作品ですね。

 

 
Alexander O’Neal – “My Gift to You”
(album: My Gift To You – 1988)

 

 

[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。

Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017 Vol.13【Merry Christmas, Mr. Lawrence】

いつもご訪問ありがとうございます。
真冬のような寒い日が続きますね。皆様風邪などお召しではないでしょうか。兎角忙しない、いつも通りの日本の年の暮れですが、寒さに負けぬようくれぐれもお身体ご自愛ください。

 

 

 

今回の第13夜終了となる、今シーズンの『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』では、最初にご案内の通り、作品(楽曲)を特定することなく、そして敢えて古典や定番(スタンダード)となっている作品はできるだけ除外して、多くの作品をご紹介してきました。毎年のことながら、海や国境を越えて沢山の地域からのアクセスを頂戴し、改めて「クリスマス・ソング」の持つ「必要性」だとか「普遍性」について、僕自身にとっても思いをめぐらすよい機会となりました。

そんな訳で「大トリ」「ラスト」には、できるだけ日本独自の文化や伝統を世界に向けて発信するにあたり、この作品『Merry Christmas, Mr. Lawrence』(戦場のメリークリスマス)を選択いたしました。
5年ほど前にも記事を書いたことがありますが、若い世代の方は、映画そのものを見たことがないかもしれませんが、約35年前の1983年に公開された故「大島渚監督」製作の『戦場のメリークリスマス』を劇場で見たときの衝撃は、今でも鮮明に記憶に残っています。そして同時に、「坂本龍一」氏の演じる軍人の役柄もそうでしたが、彼の作り出す映画にマッチした繊細かつ緻密で完璧なサウンド・トラックの数々に、それはそれは大きく心を揺さぶられたものでした。
英国陸軍少佐「ジャック・セリアズ」を怪演した David Bowie (デヴィッド・ボウイ)も昨年他界し、この映画への出演を機に今では世界の「KITANO」とまで名声を上げた「北野武」氏の存在が、ますます名作との認識を新たにしている、日本が世界に誇る映画作品だと思います。

 


「戦場のメリークリスマス」Ending
“Merry Christmas Mr. Lawrence” Ending

 

作曲者の「教授」こと世界の「坂本龍一」さんですが、映画『戦場のメリークリスマス』で、英国アカデミー賞・音楽賞を受賞し、「YMO」で世界をあっと驚かせた時代以上に、国際的な評価が更に高まっていた時期に、偶然ですがお目にかかる機会がありました。
おそらく映画の製作と同時進行していたと思われる、坂本氏の旧友でもある『大貫妙子』さんのアルバム『SIGNIFIE〔シニフィエ〕』が発表された時期に、彼女の代表作でもある『夏に恋する女たち』のアレンジャーとして参加していた坂本氏が、後にパートナーとなる「矢野顕子」さんを連れ立って、観客として大貫さんのコンサートにいらしてました。僕らは当時大学の3年だったと記憶してますが、渋谷PARCO劇場の小振りなホールの後方の席で、シートの背もたれ一つを隔てた目の前に、坂本さんと矢野さんが並んで座っていらして、コンサートが終わるまで、なんとも表現できない緊張感を、その公演に誘ってくれた学生時代の友人「KUBO」氏と共有したことを、今でも懐かしく思い出すことがあります。とにかく、坂本氏の醸し出す「芸術家」としての「オーラ」に圧倒されまして、コンサートの終盤で、舞台の両袖から「大貫妙子」さんに二人で花束を手渡したことしか思い出せないくらい、暗闇の中の坂本氏の存在感は、尋常ではありませんでした。

それから3・4年後でしたね、坂本氏が映画『ラスト・エンペラー』で、日本人として初めて「アカデミー賞・作曲賞」を獲得したのは。

 

前置きが長くなりすぎましたが、最終回ですのでどうかご容赦ください。
ご紹介する演奏なのですが、「どなたが」「どんな方たちが」演奏しているのか分からずに申し訳ないのですが、YouTube上に他にもいくつかUPされている「和楽仕様」のどのカヴァーよりも、僕の心に響いてきました。
日本人であること、そして「琴線に触れる」という言葉の真の意味を現実に体感できるほどの、素晴らしい「和楽器」のアンサンブルによる『Merry Christmas, Mr. Lawrence』(戦場のメリークリスマス)を、どうぞお楽しみください。

 


筝・十七弦・尺八による「戦場のメリークリスマス」

 

何度も何度もリ・プレイしてしまうかもしれません。
「東京オリンピック」まであと数年。「どれか日本の音楽を一曲だけ紹介してください」と外国の方から問われたら、迷わず選択する、日本の美意識の結晶とも思える至宝の「楽曲」です。

さて、今シーズンの『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』に最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

それでは皆さん、よいクリスマスを。また、来シーズンに。

Merry Christmas

 

[PCモード]で閲覧の際は、右サイドのウィジェット上部に、リクエストにより『Mellow なクリスマス・ソング ~ 2017』の PLAY LIST を貼り付けました。Vol.13まで通しでこちらでもご視聴いただけます。
 

 
[お知らせ]本サイトは本来【PC】での閲覧を基準にデザインされており、スマートフォンでご覧になる際は、ウィジェット部分の欠落により情報が制限されて表示されます。スマホ画面のページ最下部の【PC】モードにより切替えが可能です。