Mellow Tunes ~ Vol.180 【 Aretha Franklin ~ R.I.P.】

仕事で忙しかったお盆休みもようやく終わり、心身ともに疲弊しきった状態で帰宅したところ、危篤状態が続いていると数日前からネット上のニュースを通して伝え聞いていた、「Aretha Franklin」(アレサ・フランクリン)が亡くなったとの訃報が、米国デトロイトより世界中に発信されていた。長きに渡り「Queen of Soul」の称号を欲しいままにしていたアレサだけれども、享年76歳、長く膵臓癌で闘病中だったらしい。悲しい知らせは、疲れた身体に追い討ちをかけるようだ。
そして、また一つの時代に幕が下りてしまった。

 

 

これだけ偉大なアーティストであったにも拘らず、当ブログではこれまで取り上げたことがなかった。彼女のバックグラウンドであるゴスペル寄りであったり聴衆を圧倒する程迫力満点のFunkness溢れる作品群を思うと、「Mellow Tune」と捉えることのできる作品は、そう多くはないのかもしれない。とはいえ、そういった自分で決めた基準からまだまだ取り上げていない偉大なアーティストが多すぎるじゃないかと、自分自身にダメ出しをせざるを得ない。
でも遅すぎるということはないはずだから、僕の敬愛する「Babyface」がアレサの復活を手助けした作品で、彼女がアリスタ・レコード所属時代の1994年にリリースされ、全米R&Bチャートで5位となったスロウ・ミディアムなバラッド、『Willing To Forgive』を取り上げておこうと思う。

 


Aretha Franklin – “Willing To Forgive”
(album: Respect – The Very Best Of Aretha Franklin)

 

そしてもう一つ、米国の音楽史上感動的なステージとして、永く人々の目に耳に刻み込まれたであろうと信じて止まない、アレサの熱唱を取り上げぬわけにはいかない。1967年アトランティックよりリリースされた彼女の代表作である「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(ナチュラル・ウーマン)は、既知の通り、やはり米国を代表する女性シンガー・ソングライターの草分け的な存在でもある「Carole King」(キャロル・キング)夫妻による作品だ。
毎年優れた芸術家に贈られる「ケネディ・センター名誉賞」の、2015年の受賞祝賀公演で、受賞者の一人であった「キャロル・キング」へのサプライズ・ゲストとしてステージに登場した「アレサ」のピアノでの弾き語りから始まった「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」は、圧巻のパフォーマンスとなったのは、比較的記憶に新しい出来事だ。キャロルの感激の表情はもとより、「この人は心底音楽を愛している」と僕自身もずっとリスペクトしている、授賞式に招かれていた「バラク・オバマ元アメリカ合衆国大統領」が、人目も憚らず頬を伝う涙を拭う姿に、「アレサ・フランクリン」という一人の女性ソウル・シンガーの偉大さが、端的に象徴されているのではないだろうか。

 


Aretha Franklin – (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
(Kennedy Center Honors 2015)

 

 

R.I.P. Aretha…
Rest In Peace [安らかに眠れ]

 

Mellow Tunes ~ Vol.179【Roy Ayers】

お気に入りのラジオ・プログラムのない夜は、手持ちのメロウな過去の遺産を掘り返すのに、ちょうどいい時間。

 

 

まだまだ残暑は続くけど、メロウな音楽たちは期待を裏切ることもなく、古くからの友人のようにいつもそっと傍らに腰掛けて、そして穏やかに微笑んでいる。

「Roy Ayers」の 1970年代の Soul Classics たちが、心地よく感じる夏の夜更け。

 


Track#01 / And Don’t You Say No
Track#02 / You Send Me
Roy Ayers & Carla Vaughn
(Album: You Send me – 1978)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.178【Ella Mai】

いつもご訪問ありがとうございます。
立秋が訪れ、また新たな台風が次々にやってきて、こんな風にして少しずつ季節は「秋」へ向っていくのでしょう。
さて、世間ではいよいよお盆休みのスタートですね。あいにく僕はといえば、この時期は酷暑のうえに仕事が慌しい時期となり、例年心身共にグッタリな日々を送らざるを得ません。更新が少々遅れがちとなりますが、どうかご容赦ください。

 

 

 

 

忙しさと暑さ故に、耳にする音楽もできるだけ「Cool」で涼やかな響きを持った楽曲やアーティストを意図的にチョイスすることになるわけですが、そんなタイミングで一人のUK出身の若き女性アーティストのご紹介です。

このサイトからもLINKさせていただいている、音楽プロデューサー「松尾潔」さんのFMラジオ番組『松尾潔のメロウな夜』でも、再三取り上げられている期待のR&Bアーティスト『Ella Mai』(エラ・メイ)ですが、英国ロンドン出身の彼女が数年前に大西洋を渡り、自作曲を「YouTube / Instagram / Soundcloud」等の動画投稿サイトにUPし続け、西海岸LAを拠点とする実力派プロデューサー「DJ Mustard (マスタード)」の目に留まったところから、彼女のサクセス・ストーリーが始まったとのこと。
2017年2月にリリースされたEP「READY」に収録された『Boo’d Up』(ブード・アップ)は、地元ラジオ局を中心にブレイクし、その後一気に米国中を席捲していくことになったそう。
今では彼女の名刺代わりとなった『Boo’d Up』は、弱冠23歳という年齢の女性としては余りある、安定感のある歌唱力はもちろん「クール」で「エモーショナル」な表現力を出し切った感のある、そしてどこか80-90年代の香りがする、美しいスロウ・ジャムに仕上がったような印象を受けます。
僕がいろいろ書くよりも、時系列による彼女のサクセス・ストーリーとブームについての詳細な解析は、松尾さんも懇意にしているヴェテラン音楽評論家の「吉岡正晴」さんのブログ記事を、ぜひともご覧ください。

 

Ella Mai – “Boo’d Up”

 

今日現在でYouTubeでの再生回数が「1億8千万」を数えるほどになった、この「Boo’d Up」ブームをもってして、ただただ凄いなと感心するのは、今年2018年になって起こったこの「Ella Mai」現象を、昨年からずっと自身の番組内で継続的に取り上げていた、松尾さんのアンテナや嗅覚には、もはや「驚き」しかありません。

現代的なHIP-HOP寄りの若きアーティストの一人なのかもしれませんが、『Ella Mai』(エラ・メイ)というこの不世出な女性アーティストに対して僕が感じているのは、20世紀に突如として現れたあの「SADE」 (シャーデー)にも通ずるような、「21世紀版の Quiet Storm」が出現したような感覚とでも言いましょうか、そんな印象を強く受けています。
今後もしばらくは、『Ella Mai』(エラ・メイ)からは目が離せませんね。

 

Mellow Tunes ~ Vol.177【Quincy Jones & etc. 】

「お暑うございます」。
そしていつもご訪問ありがとうございます。台風が去ってからも、また猛暑が繰り返されておりますが、今年の夏は異例な気候に間違いないようですので、どうか皆々様も水分補給と休息は忘れずに、毎日をお過ごしください。

 

 

さて8月に入って最初の更新となりますが、個人的に毎週放送を楽しみしております、音楽プロデューサーの松尾潔さんが贈る大人のためのラジオ・プログラム『松尾潔のメロウな夜』の番組の中でもレポートしていただいた、現代における偉大な音楽家である『Quincy Jones』生誕85歳記念コンサートに関するトピックを取り上げてみようと思います。

 

 

「SNS」が苦手なことから僕自身はアカウントさえ持っていないのですが、フットボールの世界の祭典「World Cup ロシア大会」も佳境を迎えようとしていた6月下旬に、松尾さんのTwitterにアクセスしてみると、なんと英国はロンドンに来ているというではないですか。

『あれから10年。Qの85歳バースデイコンサートがO2アリーナで催されると鷺巣さんから聞いたぼくは、久保田利伸さんを誘ってふたりロンドンに向かい、パリ在住の鷺巣さんご夫妻とは現地で合流した。夢のような3時間だった。』と文面にあり、しかも会場でのお三方の3ショットまでUPされていました。

 

松尾氏Twitterより

 

なんでも6/27に実施されたこの歴史的なコンサートは、2年ほど前に逝去したクインシーの「右腕」といっていい存在であった英国出身の「Rod Temperton」(ロッド・テンパートン)へのトリビュートがメインであり、クインシーとロッドでの最強コンビで創り上げた、今は故人となった「マイケル・ジャクソン」の作品も多く演奏されたというではないですか。しかも会場となった「O2アリーナ」はマイケルが復活を賭けて長期公演がスタートする予定だった場所。(2009年3月5日、マイケル・ジャクソンはロンドンのO2アリーナにて、同地でのコンサート公演『THIS IS IT』を行うことを表明。同年7月13日から2010年3月6日までに全50公演の開催が予定されていたが、直前の6月25日にマイケルが急死。- 出典: Wikipedia )

「稀代の天才ソング・ライター」である「ロッド・テンパートン」に関しては、当ブログでも彼の生前に一度特集記事をUPしたこともあり、松尾さんのTwitterでこの情報を知った途端に、どうにもこうにも落ち着きがなくなってしまう自分がいました。間髪入れることなく、すぐに松尾さんの番組HPへ、英国在住のアーティストが主ではあったようですが、多くのミュージシャン・アーティストが集結した、それはそれは大変貴重なクインシーのバースデー・コンサートの当日の様子を、ぜひともレポートしてくださいとのメールをしたためました。
(恥ずかしながら、今週7/30の放送直後、番組HPコラム「メロウな徒然草」でも公開済み)

 

松尾さんがレポートしてくださった、クインシーのバースデー・コンサートの当日の様子を収録した「メロウな夜」放送当日の内容は、毎週放送内容を「書き起し」していらっしゃる『みやーんさん』のサイト『miyearn ZZ Labo』にて、ゆっくり腰を落ち着けて文字で読むことが可能です。「Radiko Time Free」が未対応な「メロウな夜」ファンの皆様にとっては、再放送まで聴き逃した際などにはとても貴重な情報源となりますので、ぜひともご訪問・ご一読をお薦めいたします。

尚、松尾さんのTwitterからの貴重なおまけ情報で、興味のある方は期間限定でこのコンサート内容を聴くことができます。(以下抜粋)
『先月27日、鷺巣詩郎さんと久保田利伸さんと観てきたクインシー・ジョーンズ85歳バースデイコンサート@ロンドンO2アリーナの模様が、1ヶ月限定でBBCラジオ2で聴けるようになりました。すべての音楽業界人は聴くべし!番組進行役はトレヴァー・ネルソン。』

 
そんなわけで、松尾さんはもちろんのこと、遠くパリから松尾さんを誘ってくれた偉大な音楽家「鷺巣詩郎」さん、「すぐにロンドンに行かなきゃダメだよ」と同行した「久保田利伸」さんはじめ、それを陰ながらサポートする「メロ夜STAFF」「みやーんさん」等々皆様方のおかげで、この貴重な「クインシーの85歳聖誕祭」に、遅ればせながらも、ステージから最も遠い末席とはいえ、今回の貴重なライブに参加させていただいたような気分になりました。まさにIT時代の恩恵と言えましょう。技術の進歩にも、ひたすら感謝ですね。

それでは、新旧含めあらゆるカテゴリーから多くのアーティスト・ミュージシャンが集結したコンサートの中から、JAZZのスタンダードとなって久しい「サラ・ヴォーン」の代表曲『Misty』(オーケストラ指揮&アレンジ:クインシ―・ジョーンズ-1958年パリ録音)を、米国はテネシー州メンフィス出身の女性シンガー「Dee Dee Bridgewater」(ディー・ディー・ブリッジウォーター)
による素晴らしいカヴァーを、まずひとつ。
(観客の方による撮影のようですが、視聴できる今のうちにどうぞ)
 


DEE DEE BRIDGEWATER & QUINCY JONES ORCHESTRA – “MISTY”
Quincy Jones’ 85th birthday celebration concert

 

そして、トリビュートの対象となった「ロッド・テンパートン」が、クインシーに見出される以前に在籍し、英国で結成された多国籍人種による「Multinational Funk-Disco Band」であった『HEATWAVE』時代に遺した伝説のスロウなバラッド作品『Always and Forever』(1977年発売)を、今年の7月で没後13年が経過した偉大なSOUL/R&Bシンガー『LutherVandross』(ルーサー・ヴァンドロス)が遺してくれた、生前1994年英国ロンドンはロイヤル・アルバート・ホールにて収録されたカヴァーで締めくくりたいと思います。

 


LutherVandross – “Always and Forever”
(from Always and Forever: An Evening of Songs at The Royal Albert Hall in 1994)

 

Rest In Peace

 

*「Rod Temperton」(ロッド・テンパートン)に関心を持たれた方、よろしければ関連記事含め、過去記事もご覧ください。

 

Mellow Tunes ~ Vol.176【Brian Simpson】

いつもご訪問ありがとうございます。10日ぶりの更新です。
太陽が照りつける暑い季節の訪れとともに、更新頻度がフェイド・アウトしていくのが、例年の習いの当サイトですが、皆様本当に「お暑うございます」。
未体験ゾーンの「熱波」が少し和らいだかと思いきや、今度は、過去にあまり例を見ない進路で、発生中の「台風12号」が南洋から北上を続けています。週末には列島を通過する進路予想が各方面に出ておりますので、特に西日本方面にお住まいの皆様におかれましては、十分に警戒してください。
世界規模での「異常気象」報道が連日繰り返される2018年の夏ですが、地球上に住まう我々人類は、本気で「CO2」の削減に取り掛からねばいけませんね。

 

さて、米国ではそれなりにポピュラーな「Smooth Jazz」カテゴリーですが、僕の個人的なお気に入りのキーボーディストに「二人のブライアン」がいます。一人はこれまで何度となく作品を紹介している「Brian Culbertson」(ブライアン・カルバートソン)で、もう一方のブライアンが今回2度目のご紹介となる『Brian Simpson』(ブライアン・シンプソン)です。

いずれも白人アーティストであり、米国だけでなく世界的に認知されたとても人気のあるキーボーディスト(ピアニスト)ですが、「ブライアン・カルバートソン」は現在45歳で自身のルーツとなるFunk/R&B/Soulをベースにした作品群やアルバムを多数、コンスタントにリリースし続けています。そしてそれとは対照的に、「ブライアン・シンプソン」は現在57歳となり、もう完全にヴェテランの域に入り、本国米国で本日(7/27)にリリースされたばかりの、ようやくキャリア8作目となる New Album『Something About You』でも、安定感といい実に落ち着きのある大人の印象のプレイが光ります。アルバム・タイトル作品にあたる、1st Trackの『Something About You』は、まさに「白眉」であり「出色」の出来ではないでしょうか。この人の繰り出す極めて「シンプル」な一音一音は、なぜだか心に響いてくるものがあります。
正直なところ僕は苦手で、なぜか米国ではあの「ケニーG」に次ぐ程に人気のあるサックス奏者の、「Dave Koz」(デイヴ・コズ)バンドのキーボード担当であり、バンドの中核となる立場のブライアンにしてみれば、自身のアルバムの製作は後手に回りがちなのか、もっとコンスタントに彼自身のリーダー・アルバムが聴きたいと思っているファンは少なくないはず。まあ、コンポーザーやプロデューサーとしての仕事を軸足としている以上、仕方のないことかもしれませんが。僕にとっての「大人のブライアン」は、過去記事同様に「夏の終わりに聴きたい」アーティストの一人といえるでしょうか。

 


 

もう一人のブライアン「Brian Culbertson」(ブライアン・カルバートソン)の過去紹介記事はこちらへどうぞ。

それではまた次回に、お会いしましょう。
(秋が近づけば徐々にフェイド・インしてきますので、それまでご容赦ください)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.175【Susie Diamond】

いつもご訪問ありがとうございます。
本当に連日の酷暑で、この先本格的な夏がやってくる8月や残暑の9月はどうなってしまうのか、少々不安です。皆様におかれましても、どうか水分補給と一休みは欠かさにようにお願いします。
そんなわけで、いつもと代わり映えしませんが、すこし涼しげな写真と音楽はいかがでしょうか。

 

 

 

前回UPした「Kenny Rankin」(ケニー・ランキン)が貴重なLIVEでカヴァーしていたJazzスタンダードの『More Than You Know』ですが、やはり改めて聴くと美しくメロウな楽曲だと再認識させられます。作曲は「Vincent Youmans」作詞は「Billy Rose」による本作品については、「Great American Standards」と後に呼ばれることとなる古典的なポピュラー・ソングの数々がそうであるように、出自は米国ブロードウェイ・ミュージカルであり、ミュージカル作品「Great Day」の劇中で女優「Mayo Methot」(マヨ・メソット)によって歌われた作品です。

そういえば、80年代終わりのハリウッド映画の劇中で、この美しい楽曲を素敵に披露してくれたのが、当時のアメリカを代表する女優の「Michelle Pfeiffer」(ミシェル・ファイファー)でした。製作されてからもう既に30年ほど経過する映画『The Fabulous Baker Boys』 [邦題:恋のゆくえ / ファビュラス・ベーカー・ボーイズ]ですが、米国では東海岸のNYに匹敵するくらいJAZZが盛んな西海岸のシアトルを舞台にした、実の兄弟である「Jeff Bridges」「Beau Bridges」(ジェフとボーのブリッジス兄弟)、そしてミシェル・ファイファーが主演の、Jazzと大人の雰囲気が色濃く漂う、素敵な映画です。また、音楽はすべて、当時GRPレーベルを主催して勢いのあった「デイブ・グルーシン」が全面的にバック・アップしているので、音楽を主に取り扱った映画としても、とても質の高い作品となっているのが印象的な映画です。僕は暑い時期になると、なぜだか「一服の涼」を求め、この作品を観返すことがよくあります。
結果としてオスカー(アカデミー賞)は逃がしましたが、この映画が奇跡の作品と後に呼ばれる所以は、3人の演奏と歌唱に一切吹替えがないということによるものです。

 

オーディション会場に遅刻してしまった、ミシェルが演じる「Susie Diamond」(スージー・ダイアモンド)は、その日ラストの38番目の応募者となるわけですが、自ら選んだ作品『More Than You Know』を歌い出した瞬間の「ベイカー兄弟」の反応はいかに….

 


Audition scene from “The Fabulous Baker Boys”(1989)

 


My Funny Valentine – Michelle Pfeiffer
from the motion picture “The Fabulous Baker Boys”(1989)

 

古典の「My Funny Valentine」もやはりそうですが、ミシェルのクールな演技と歌いっぷりは、実にかっこよく、上手いとかテクニックを超えた役者ならではの「表現力」に圧倒されますね。最近はこんな大人の映画作品も減ってきたような気がしますが、よろしければこの暑い夏に、機会があればぜひ鑑賞されてみてはいかがでしょうか。
(本作品の過去記事はこちらへ)

 

 

 

AC Tunes ~ Vol.69【Kenny Rankin】

いつもご訪問ありがとうございます。
7月も既に半ばとなりましたが、例年とは比べようもない暑い夏の日が続いています。
西日本豪雨で被災された地域では、地域住民の方々はじめこの三連休を利用して復興ボランティア活動に当たっていらっしゃる皆様方におかれましては、くれぐれも熱中症等にはお気を付けください。
忙しい中であっても時には手を休めて、冷たい飲み物などで喉を潤しながら、ゆったりとしたメロウな音楽を聴きながら、しばしの間クール・ダウンしてください。気持に余裕がないときにこそ、そんなひと時も必要ですから。

 

 

 

さて今日ご紹介する楽曲は、「A.O.R.」(Adult-oriented Rock)という言葉がまだ何処にも存在していなかった1970年代初頭から、自身の出身地である米国・ニューヨークを拠点にマイペースで大人向けの『Adult Contemporary Music』を展開してきたアーティスト、「Kenny Rankin」(ケニー・ランキン)による作品群です。
僕がケニーを初めて聴いたのは、実店舗の「Mellows」がOPENした直後なので、今から7年ほど前になります。後にお店の常連となる、「ジャンルカ」さんというニックネームのお客様よりアルバムを数枚紹介していただいたのが、ケニーとの出逢いでした。奇遇にも大学の先輩にあたる「ジャンルカ」さんは、「UKフォーク・ロック」の権威と言って差し支えないほどの知識を有していらして、カフェのカウンター越しに、ずいぶんと未知のアーティストや作品を教えていただきました。彼の編集したプレイ・リストは、今でも僕の愛聴リストとなっています。閉店後はなかなかお会いする機会がないままですが、お元気でお過ごしだとよいのですが。

 


Track-01: Lost Up In Loving You
Track-02: You Are So Beautiful
Track-03: More Than You Know
by Kenny Rankin

 

残念なことにケニー・ランキンは、2009年に69歳で逝去されていますが、現代になって彼の遺した作品群が、何度目かのリヴァイバル・ブームを引き起こしているようです。
いいものはそうやって、世代・時代を超えて継承されてゆくということですね。