blog slide 01
blog slide 02
blog slide 03
blog slide 04
blog slide 05
blog slide 06
blog slide 07
blog slide 08
blog slide 09
blog slide 10
blog slide 11
blog slide 12
blog slide 13
blog slide 14
blog slide 15
blog slide 16
blog slide 17
blog slide 18
blog slide 19
blog slide 20
blog slide 21
blog slide 22
blog slide 23
Slide #24 - blog slide 24
Slide #25 - blog slide 25
Slide #26 - blog slide 26

Mellow Tunes ~ Vol.191【Ethan Hawke】

季節がぐっと秋めいてきた今日この頃ですが、たぶん5年振りくらいになると思いますが、当サイトも「テーマ」の衣替えをいたしました。

さてこんな季節になってくると、今は亡き孤高のジャズ・トランぺッターであると同時に魅惑の中性的なヴォーカルを聴かせる「Chet Baker」(チェット・ベイカー)が、聴きたくなってくるもの。今となっては伝説のジャズ・メンの一人である、そんな「チェット・ベイカー」の自伝的な映画『ブルーに生まれついて』(原題: Born to Be Blue)が日本国内で公開されてから、早いものでちょうど2年が経過しました。2015年にカナダ・イギリスとの合作で、ロバート・バドローが監督と脚本を手がけており、米国人俳優の「Ethan Hawke」(イーサン・ホーク)が「チェット・ベイカー」を主演しています。もうすでにDVD等でご覧になられた方も多いことと思います。

一部にフィクションも交えてあることから、熱心なファンや辛口の評論家たちからは、辛辣な評価もあったようですが、監督並びに主演の「イーサン・ホーク」の、本作品に懸ける並々ならぬ情熱とチェットへ向けた愛情には、とても感じ入るものが、少なくとも僕にはありました。それだけに、「イーサン」が体当たりで挑んだ演奏や歌を「チェット」本人と比較する行為は、あまり意味のないことだと思います。最初作品を観たときに、作り手である彼らの「想い」を大切にしてあげたいと、そんな風に感じたのを思い出しました。秋から冬にかけて、振り返りたくなる音楽映画作品です。

 

Track-1: “I’ve Never Been In Love Before” – Ethan Hawke & David Brade
Track-2: “My Funny Valentine” – Ethan Hawke & David Brade
Track-3: 映画『ブルーに生まれついて』予告編

 

トランペットを吹き、そして時には歌も披露する、「チェット」のフォロワーを自称する現代のアーティストも、世界に目を向けるとチラホラ存在はしますが、どうやってもチェットの域にはとても到達できないと再認識してしまうものです。「チェット・ベイカー」という人は、それだけの「唯一無二」の「音楽性」と「カリスマ性」に加え、「狂気」「弱さ」そして「儚さ」までもを同時に兼ね備えていた、稀有なミュージシャンでありアーティストであったのではないでしょうか。

 

「Chet Baker」(チェット・ベイカー)に興味を持たれた方は、よろしければ関連記事もご覧ください。

 

Mellow Tunes ~ Vol.190【Sweetback】

 

Sweet & Mellow Moments

 

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.189【Papik (ft. Alfredo Malabello)】

Mellowな季節の、Mellowな日暮れ時。

傍らには、いつどんな時でも、メロウな音楽を。

 

 

 


“Nevermore” – Papik (ft. Alfredo Malabello)
[album: Little Songs for Big Elevators – 2018]
 

 

「Papik」関連記事はこちら

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.188【The Isley Brothers】

Mellowな秋の夕暮れ時には、MellowなSoul Classicsが欠かせない。

 

 

 

 

The Isley Brothers – Mission To Please You
(album: Mission To Please – 1996)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.187【Daryl Hall】

いつもご訪問ありがとうございます。
なかなか南方の海域の海水温が下がらず、台風ばかりの秋への入り口ですが、皆様無事にお過ごしでしょうか。とはいえ、夏の名残りと秋の落葉がせめぎ合いながらも、やはり季節は着実に秋~冬に向けて進んでいるようです。

 

 

 

9月に入った頃から、かなりの頻度で世界中から、このアーティストの名前での検索から、当サイトへの訪問が一気に増えてきました。過去の苦い経験から、いつものことながらそういった現象が起きると、まずろくなことがないので、急いで米国のメディア等をチェックしましたが、不安なニュース等がなくホッとしたところです。

洗練された美しいソウル・ミュージック「フィリー・ソウル」の故郷でもある米国・フィラデルフィア出身の、白人でありながらも「熱きソウル」を持ち合わせたアーティストと言えば、知らぬ者はいない真のR&B/Soul シンガー・ソング・ライター、それが「Daryl Hall」(ダリル・ホール)というものです。

過去記事でも書いたことがありますが、黒人音楽のカテゴリーである「R&B/Soul」に多大な影響を受けた「白人」アーティストたちは、かつて「Blue-Eyed Soul」(ブルー・アイド・ソウル)などと、白人層からも黒人層からも皮肉を込めて、カテゴライズされた時代が長く続きました。「もし黒人シンガーがオペラを歌ったら、『ブラウン・アイド・オペラ』っていうのかい?僕らは『ソウル・シンガー』なんだ」と、「ダリル」もデュオの相方の「ジョン・オーツ」も、こう皮肉たっぷりにインタビュアーにやり返していたのも、よく聞くエピソードの一つでした。
彼らが1981年にリリースした大ヒットアルバム『Private Eyes』からのシングル・カット、『I Can’t Go For That (No Can Do)』に至っては、時の全米チャートはもちろんのこと、なんとブラック・ミュージックの聖域でもある「R&B/Soul」チャートでも首位を獲得し、人種を超えて自らの主張と評価を決定的で確実なものにしてから、早いものでもう35年以上が経過します。なんだか感慨深いものがありますね。現代の「Bruno Mars」(ブルーノ・マーズ)の活躍ぶりや、出自が「African American」ではないアーティストが創り出すそれらの音楽を、「R&B」として躊躇なく受け入れるリスナーの意識の変化の土台は、「Hall & Oates」 (ホール&オーツ)や故人となったGeorge Michael」(ジョージ・マイケル)らの活躍と努力によってもたらされたものであることは、間違いないと思います。

秋が深まるにつれ、この人のソウルフルな声は、僕らの世代の郷愁を呼び起こすに違いありません。
新譜が待たれるところですねぇ。

 

 

Soul Classics of Daryl Hall
Track-01: I’m In a Philly Mood (Album: Soul Alone – 1993)
Track-02: Help Me Find A Way To Your Heart (Album: Soul Alone – 1993)
Track-03: What’s in Your World (Album: Can’t Stop Dreaming -1996)

 

※ダリル・ホール関連記事についてはこちらへどうぞ。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.186【Delegation / Total】

給油中にふと東の夜空を見上げると、半分欠けた「月」が、なんだかとても「Mellow」な感じだった。

 

 

「Mellowな秋の夜空」に、「Mellowな月」と「MellowなSoul Classics」

合わないわけがない。

 


Track-01: “Oh Honey” / Delegation (1978)
Track-02: “Oh Honey – Kissin’ You” / Total (1996)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.185【Carla Bley】

色鮮やかな「秋桜」が目に付く、季節の到来。

 

 
「一雨」ごとに、秋が深まってゆく。
 

 


Carla Bley – “Lawns”
(album: [Sextet] 1987)
 

 

*If you’d like to know about this song, check this link, please.

楽曲に興味を持たれた方、よろしければ過去記事もご参照ください。尚、「PC」モードで閲覧の際は、右側ウィジェットの「Master’s Recommendation」のラスト4曲目にもUPされています。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.184【Naruyoshi Kikuchi】

はっと気づけば、もう9月も終わる頃。

いつの間にか、季節は確実に秋へとシフト・チェンジ。

秋の夕空の創り出す景色は、どこまでも広く、高く、そしていつになく雄弁だ。

 

 

 

温かい「珈琲」と「Jazz」が欠かせない季節の到来。

 
国内JAZZ界きっての奇才、「菊地成孔」氏の色香漂うアルトの音色が、ただひたすらに美しい。

 

 

Isfahan – Naruyoshi Kikuchi Quintet Live Dub