“Masterの今これが聴きたい” series

1/3ページ

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.23【Michael Masser】

  • 2015.07.19

長かったのか短かったのか、例年に習い関東甲信越地方の「梅雨明け」の発表が、本日お昼前頃に気象庁よりありました。梅雨が終われば今度は長く暑い夏の到来。大人になってからというもの、もっとも苦手な季節が今年もやってきました。日本の夏らしい「風景」や「風情」は決して嫌いではないのですが、好きな方には恐縮ですが、心底蒸し暑い季節そのものが大嫌いなのです。 よって、更新も涼しくなるまではこれまで以上にスロウ・ダウンするのも毎年のことですので、どうかお許しください。涼しくなったらガンバリマス。 さて、久しぶり […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.22【Marron 5】

  • 2015.03.21

このコーナー3連チャンでのUPとなります。 今回ご紹介するアーティストもそうなのですが、自分が育った時代だから当然といえばその通りで、とはいえ米国を中心とした1970~80年代に流行した音楽とはそれ以前のものとも現代のものともなんだか大きく違った印象を持っています。とにかくこの時代の音楽(あくまでPOPS/ROCK/FUSIONなど限定的ですが)には、共通して言えるのが聴く人々の心を捉えて離さない「メロディのもつ美しさ」がそこに存在するということですね。おそらく自分と同世代の40-50代あるいは […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.21【Daft Punk】

  • 2015.03.20

前回の「Masterの今これが聴きたい~Vol.20」で紹介した Bruno Mars もそうですが、これまで敢えて取り上げてこなかったようなアーティストや作品をチョイスしているのがこのシリーズの特徴といえば特徴です。以前記事にも書きましたが、店舗営業当時の店内でプレイする音楽はお店の名にちなんだあくまでMellowでありSlowな感じの作品を中心に選んでいましたので、正直それなりに気を遣ったものでした。一方このコーナーでは「時代」や「流行」そして「カテゴリー」にとらわれることなく、ただシンプル […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.20【Bruno Mars】

  • 2015.03.19

3月に入ってからの不安定な気候と猛威を振るう憎き「花粉」などのせいで、しばらく記事をUpする気にもなれずにいたら、あっという間にお彼岸の時期がやってきてしまいました。これはいけないと思いつつ、さっそく最近よく聴いているアーティストの作品を続けてご紹介しようかと思います。     プエルトリコ人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、今年で30歳となる Bruno Mars(ブルーノ・マーズ – 本名: Peter Gene Hernandez)は米国ハワイの出身で、2 […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.19【Nicolette Larson】

  • 2015.02.14

「立春」を過ぎたとはいえ、寒さがいちばん堪える2月中旬のこの時期の気候ですが、先日のように日中気温が上がって「春」を感じる瞬間があると、やはり季節は確実にシフトしているのだと確信したりします。 さてしばらく更新していなかったシリーズの「Masterの今これが聴きたい…」ですが、久々の更新となります。育った年代のせいや前回の記事で取り上げたダイアナ・クラールの新譜の影響などもあり、この頃突然1970年~80年代の懐かしいヒット曲などを突然聴きたくなって YouTube にお邪魔する機会が自然と増え […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.18【Run For Cover】

  • 2014.01.05

皆様年末年始はいかがお過ごしでしたか。 今週末で長いお休みも終わって、来週から職場復帰という方が多いのではないでしょうか。 新たな年の始まりですから、スロー・ダウンした心身をリ・スタートさせないといけませんね。 では気合を入れていただく意味で、今年最初にご紹介する一作目は、僕が10代の頃から敬愛して止まないアルト・サックス・プレイヤーの David Sanborn(デヴィッドサンボーン)の作品をご紹介しましょう。 彼の作品は何度か当ブログ内でも取り上げていますが、サンボーンの代表曲でもあり同時に […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.17【Hiram Bullock】

  • 2013.09.12

久々の「Masterの今これが聴きたい」シリーズです。 1980年代に異常なまでに盛り上がったFusionやJazzブームの真っ只中、いい時代を過ごされた紳士淑女の皆さんも、僕のブログ読者の方には多いことと思われます。 かつてJT(日本たばこ産業)がメインスポンサーとなって1977年~1992年まで毎年7月に「よみうりランド」をメイン会場に実施されていた日本で最大の野外ジャズ・フェスティバルが『LIVE UNDER THE SKY』でした。今でも高いとは思わないチケット代で、一日中ビールやワイン […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.16【赤い目のクラウン】

  • 2013.08.23

夕方から夜間にやってくる一雨ごとに、ジワジワと季節が秋にシフトしていくのを肌で感じる今日この頃です。昨年同様に記録的な暑さと少ない雨の8月も、いよいよ来週でおしまい。珈琲もいちばん美味しく感じられる季節、待望の「秋」の到来です。とはいえ、まだまだしばらく9月に入っても残暑は続くのがお約束。ならば、もう少し涼しげな「音」が欲しいところです。 めったに邦楽は紹介しないのですが、日本のアーティストでいちばん「ゾクッ」とくるほどの声色(こわいろ)を持つ人といえば、この人は絶対はずせません。そうです、大御 […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.15【美しく涼しい音色】

  • 2013.08.21

「千年猛暑」などと、昨年同様まあとにかく「雨の降らない酷暑」に見舞われた日本列島ですが、今晩はようやく『恵の雨』となりました。 あまりに厳しい夏なので、なにか皆さんに紹介できそうな「涼し気な音」を、自己所有の『iTunes』やヨーロッパを中心とした海外のサイトなどを、時間を見つけては探求しておりました。 左記の統計は、僕のブログへのアクセス解析をするために2ヶ月前くらいに導入したプラグインですが、ご覧の通り日本国内とアメリカ・カナダからのアクセスがかなり近い数字となっております。特に気になるのが […]

Masterの今これが聴きたい ~ Vol.14 【欧州の風】

  • 2013.08.18

秋はまだなんですか? なんて、ちょっと怒り気味に誰かに問わずにいられないほど、暑い日が続いております。 なので、ほんのちょっとだけ遠回りして、こんな緑溢れる道を通りながら通勤しております。     行ったことないんですが、こんなときは欧州の cool な風を感じさせてくれるような曲が聴きたいですね。   Lisa Stansfield / “In All The Right Places” Remix (album: So Natural & […]

1 3