Close to You

本日は、ありがたいことに開業以来最もご来店者数の多い週末となりました。
お忙しい中、ご来店いただいたお客様には御礼申し上げるとともに、駐車スペースが足りず、ご入店を断念されたお車をずいぶんお見かけいたしましたが、たいへん申し訳ありませんでした。またの機会にご利用いただけると幸いと存じます。

さて、ここ最近おひとりで来店されるお若い世代のお客様も増えており、カウンター越しにお話を伺っていると、皆さんそれぞれにいろんな悩みがあったり、壁とぶつかったりして、ご自分の現在おかれている状況の中でそれぞれが頑張っていらっしゃる様子を垣間見ることができます。

ひとり遠く故郷を離れ不慣れな土地で頑張っていたり、同居のご家族とのコミュニケーションに悩んでいたり、慣れない仕事に対して真摯に取り組んでいらっしゃったり、災害の現場で自分の危険を顧みず救助にあたっていたり、皆さん本当に頑張っていらっしゃるなあと、いつもカウンターの中で感心しながらお話を拝聴しております。そんな中で、どことなく共通していると感じられるのが『孤独感』と表現したらいいのでしょうか、とにかくそのような感覚のものなんですね。

ひとつだけ言わせてください。

皆さんは決してひとりぼっちじゃない。

頑張っていれば、必ず誰かが手を差し伸べてくれるはず。

それでもしんどい時は、ふらっと立ち寄ってください。気の利いたことは言えませんが、温かい珈琲や飲み物を作ってさしあげることくらいなら、僕にもできますから。

 


The Carpenters / (They Long to Be) Close to You  (1970)

 

(The Long To Be) Close To You / The Carpenters
(from the album: Close To You)

 

Why do birds suddenly appear
Every time you are near?
Just like me, they long to be
Close to you

なぜかしら
あなたが側にいると 必ず
ふと 鳥たちが顔を出す
わたしと同じね 鳥たちも
あなたに近付きたいのよ

Why do stars fall down from the sky
Every time you walk by?
Just like me, they long to be
Close to you

なぜかしら

あなたが歩けば 必ず
空から星が降ってくる
わたしと同じね 星たちも
あなたに近付きたいのよ

On the day that you were born
And the angels got together
And decided to create a dream come true
So they sprinkled moon dust
In your hair of gold and starlight in your eyes of blue

あなたが生まれた日

天使たちが集まって
夢を叶えることにした
天使たちはあなたの金色の髪に
月の煌めきを散りばめ
あなたの青い目に
星明かりを宿した

That is why all the girls in town
Follow you all around
Just like me, they long to be
Close to you

だからなのよ

街中の女の子たちが
あなたを追いかけ回す
わたしと同じね 彼女たちも
あなたに近付きたいのよ

 

カフェ・メロウズは明日1/16(月)は定休日です。

 

 

限定メニュー『いちごのロールケーキ』第3弾
折れない心

8 Responses to Close to You

  1. kanatyan より:

    カーペンターズのClose to youを懐かしく聞いています。思わずメールしてしまいました。青春時代を彷彿とさせる一曲です。マスターのブログを読ませて頂いて、”フムフム分かる”という所があって、近いものを感じました。今度是非、伺わせて頂きます。  

  2. ジャンルカ より:

    ふと立ち寄って、カウンターに座って・・・
    まさに、マスターが思い描いていたシーンなのではないですか?

    そういう想いを持った方たちはここ、カフェメロウズのようなプレイスを待ち望んでいたのではないでしょうか?
    僕もその中のひとりですけど・・・

    カーペンターズの”Close To You”を聴くとカレンがドラムをたたきながら歌うプロモーション・ビデオを思い出します。確か、この曲はB・バカラックの作品ですよね。大好きです。

  3. Master より:

    kanatyanさん
    コメントありがとうございます。
    世代によっては、絶対に忘れられない曲ですよね。
    ブログの訪問もありがとうございます。次はぜひ、実店舗の方にも足をお運び下さい。いつものことですが、音楽ネタになると、止まらず、珈琲淹れるのを忘れちゃうかもしれませんが。(笑)

  4. Master より:

    ジャンルカさん
    そのような方々に僕のメッセージが届いていたのであれば、とても嬉しいことなんですが。寒い季節ですが、それぞれに悩みを抱えている人たちが、この曲で温かい気持ちになってくれるといいなあ、との想いでUPしてみたんですが。
    カーペンターズの曲では、「これが一番好き」という方が、圧倒的かもしれませんね。それほど、温かい珈琲、いやココア、それともミルクティーのような、優しい声ですよね。作曲者のバカラックは、天才メロディメーカーですよね。
    ところで、小学生のときアメリカにいるカレン宛に、エアメールでファンレターを送ったことがありましたっけ。たしか内容は、『boku ha anata no fan desu』みたいな、日本語をローマ字で表記しただけのものだったと記憶しています。(汗)
    もちろん返信はありませんでしたが…(悲)
    音楽ネタは尽きないので、この辺で。

  5. あーる より:

    ますたーとおいしいコーヒーと落ち着く場所。そんなところで色んな話しをしていると、あっという間に時が過ぎてしまう。そんな場所を自分は探してたのかも知れない。
    最近はお客さんも増えて、ますたーも嬉しそう。ますます、お身体に気をつけて頑張ってください。自分も負けないくらい頑張ります!たまに頑張らないです。

  6. Master より:

    あーるさん
    コメントありがとうございます。
    自分がまず第一にやりたかったのは、人気のあるランチでも、パティシエ顔負けのスウィーツでもなく、言われるとおり、「おいしい珈琲と落ち着く場所」を準備することそのものでした。まずはその「空間と時間」を提供することがいちばん大切なことでしたから。そこの根幹となる意味合いをご理解いただけるのが、いちばんありがたいです。
    あーるさんも、くれぐれも御自愛下さい。

  7. コギ母 より:

    マスター、こんばんは!
    Close to You 私も好きです。
    CD12枚組のカーペンターズコレクションも持っていますが
    語れるほど詳しくはありません。
    お話を聞くのは好きですけどね。
    それよりも・・・
    『いちごのロールケーキ』、また作っていただけないかなぁ~
    ぜひ、食べてみたいです。

  8. Master より:

    コギ母さん
    コメントありがとうございます。
    世代がどうのこうのでなく、本当に名曲ですよね。
    こんなあったかい曲って、どんなに探してもなかなかみつかりません。
    『ロールケーキ』ですかぁ…かなり問い合わせをいただいておりますが、調整つけばもしかしたら今週末あたりにでも…
    うまくできなかった際は、絶対にお出ししませんので、いずれにせよ、興味を持っていただけるだけでも、ほんとに光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です