Category Archives: Coffee Break

【雑記】Coffee Break ~ Vol.7「Hello, My Friend !」

なんて素敵な投稿動画。

幼い少年たちから教わることは、計り知れない。

 

 

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.6「冬に咲く花」

やっぱり今年は暖冬なのだろうか。とはいえ、早朝の特に日の出前などには気温が0℃前後に下がることもあるので、なんだかんだ言っても冬らしい季節の真っ只中というべきなのだろう。

 

 

今朝の朝刊の「天声人語」を読んで、今は無き実店舗「Mellows」の開業当時のことをふと思い出した。
かつて、朝日新聞社の世界中に点在する海外支局長を歴任されたというヴェテラン記者の方が、東日本大震災直後に独立・開業したばかりの僕のことに興味を持たれて、取材に来られたことがあった。その時にはすでに一旦定年退職され、再雇用による地方支局所属の一記者として地元の話題などを自分の足で取材し、地方版紙面に掲載するコラムを担当されていた。取材当日、カウンター越しに珈琲を味わっていただきながら、結構な時間のインタビューを受けた。生い立ちから取材されたことには、正直驚いたものだった。その際、記者の方から、一つだけお願いをされた。「今のブログのスタイルを続けてほしい」と。
訊けば、取材を申し込まれるずっと以前から、数か月に渡る開店準備の期間中も、僕の「奮闘記」を読んでくださっていたという。流行りの「SNS」 のようなコミュニケーションよりも、あなたには今のスタイルが合ってるし、訪問者もそれを期待しているはずだからと。
「『天声人語』を小さい頃から読んでくださっているそうですね。それがよく感じられますよ。」と、リップサービスだとは分かっていても、その一言がすごく嬉しかった。その時に伺ったお話では、なんでも「天声人語」の担当者は不定期に代替わりはするものの、2007年頃からはそれまで「論説委員」一人だけで担当していた体制が、原則二人体制に変わり、交代でコラムを受け持つとのこと。朝日新聞社に記者として入社したからには、ほとんどの記者や編集者にとって、まさしくそこは出世などとは一切無関係の「憧れのポジション」だということだった。身近な先輩や後輩がその貴重なポストに抜擢される度に、臍を噛む記者・編集者が大半で、その方も退社までには一度は担当してみたいと切望されていたそうだが、念願叶わずだったとのこと。実力だけではなく、むしろ「運」やタイミングが重要なんだと仰っていたのが、とても印章深かった。

もう三十年以上も前に他界した父から口癖のように、「天声人語だけは読んでおけ」と言われ、いつの間にかそれが自分の「心の拠り所」となって、早いものでもう半世紀が経とうとしている。この話、天国の親父にしてあげたら、「だから言ったじゃないか」って、満面の笑みで反応してくれたと思う。親父の命日にあたり、そんなことを思った令和二年の年明け。

 

「天声人語」1/16/2020

 

 

Whitney Houston – “Exhale (Shoop Shoop)”
(album: Waiting To Exhale [Original Soundtrack Album] 1995)

 

 

 

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.5【We Are The World】

米国とイランの関係が悪化の一途を辿っている。
今日イランの隣国イラクに駐留している米軍基地に、「報復」としてイラン軍から弾道ミサイルが撃ち込まれた。そんなニュース聞いて、ずいぶん昔の記憶が急に脳裏をかすめた。

 

 

1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が米国主導の多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆したことから、いわゆる「湾岸戦争」に突入していったのが、ちょうど29年前の今頃だった。当時僕は27歳で、日系企業から転職して間もない米国籍の会社で、やる気満々で最初の米国本社への出張の準備に追われていた。出発直前に、日本法人の米国人社長から、出張は取りやめるようにとの通達があり、すごく残念な気持ちになったことを、今でもはっきりと記憶している。その当時は、時の米国大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(パパ・ブッシュ)のことを相当に恨んだものだった。
時は流れてその10年後の2001年には、米国でジョージ・ブッシュ(息子)政権が発足してまもなく、ニューヨークでアフガニスタン系タリバン政権下のテロ組織、アルカイーダのビンラディンが指示したとされる同時多発テロが発生。あろうことか、旅客機がハイジャックされ世界貿易センタービルに激突し、多くのアメリカ国民が犠牲になった「September 11」は、いまだに忘れることのできない負の記憶だ。

憎しみからは、憎しみしか生まれない。

Quincy Jones が指揮を執った『USA for Africa』による『We Are The World』が、本来の趣旨は違えども、争い事の絶えない現代の国際社会においても、時代を超越して多くのことを我々に訴えかけてくる気がしてならない。

 


Music video by U.S.A. For Africa
performing “We Are the World”. USA For Africa (1985)

 

音楽が世界を救えると、信じたい。

 

【We Are The World】
USAフォー・アフリカ(USA for Africa, United Support of Artists for Africa)は1985年にアメリカのスーパースターが一堂に会したプロジェクトの名称。当時深刻化していたアフリカの飢餓救済のためのチャリティーソングである「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」をリリースした。
マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で曲を書き、プロデューサーのクインシー・ジョーンズの下、1985年1月28日にレコーディングが開始された。最終的に集まったアーティストは45人に達したこの壮大なプロジェクトは「United Support of Artists」のイニシャルとアメリカ合衆国の略称とのダブルミーニングで「USAフォー・アフリカ」と名付けられ、3月8日、「We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)」をリリース。世界的な話題を呼んだこの曲は瞬く間に世界各国でチャート1位を記録した。
(出典:Wikipedia)

 

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.4【Blue in Green】

あっという間の11月。今年ももう残すところ、あと二ヶ月。なんと時の経つのが早いことか。
こんな幻想的な夕暮れ時の空が見られるのも、そう長くはないかもしれない。

 

Blue in Green

 

今日11月1日は、もし実店舗の『Mellows』が営業を続けていたならば、8回目の Birthday に当たる日。閉店後は毎年、この日が近づいて来ると、心にさざ波が立ち始め、かなり気持ちが沈みこんでしまう。最愛の店を CLOSE してから、自分にはどんな進捗があったのかどうなのかを、嫌でも自問自答する機会が訪れる。正直なところ、何もない、というのがいまの自分の心境だ。
とはいえ、お店を愛してくださったお客さんたちとの、「このサイトだけはCLOSEしないで欲しい」との約束だけは、なんとか守っていられることだけが唯一の救いであり、また自分自身にとっても「心の拠り所」となっているのは間違いない。
秋も深くなるにつれ、いろんな物思いに耽りがちとなるものだ。

 

 

実店舗「Mellows」の開業への大きなモチベーションとなった、敬愛する Jazz ピアニストの『Bill Evans』の遺した多数のアルバムの中でも、名作の誉れ高いアルバム『Portrait in Jazz』に収録された『Blue in Green』は、死して尚も Jazz 界の帝王として君臨する『Miles Davis』の作品としても、当然ながら今でも広く認知されている。エヴァンスのアルバムより8ヶ月ほど前にリリースされた、モダン・ジャズの金字塔であり「Jazz 音楽史上最高傑作」として21世紀に入っても尚セールスが落ちることのない、マイルスの代表作『Kind of Blue』にも、『Blue in Green』はもちろん収録されている。
リリース当初はマイルス本人の作曲となっていたが、エヴァンスが自身のアルバムに収録した際に二人の共作 (Miles Davis, Bill Evans) と表記したことから、その後は長く共作とされていた。しかしながら、近年公開されたエヴァンスの自伝映画の中で、レコーディングに関わった多くの周辺ミュージシャンや関係者の証言から、エヴァンスの作曲した作品であることが、二人が他界した後に判明している。

 

Miles Davis – “Blue in Green”
(album: Kind of Blue – 1959)

 

エヴァンスの1958年リリースのアルバム『Everybody Digs Bill Evans』に収録された、1940年代に「Leonard Bernstein」によって書かれた『Some Other Time』にインスパイアされ、生み出されたエヴァンスのオリジナル『Peace Piece』も、マイルスのアルバム『Kind of Blue』に収録された『Blue in Green』『Flamenco Sketches』も、当時の音楽ビジネス界の大人の複雑な事情はさておき、レコーディングから「60年」という途方もない時間が経過した現代においても、そのあまりに普遍的で美しいバラッドの完成度の高さに圧倒されてしまう。まさにエヴァンスがレコーディング・メンバーにいなかったら、あの完璧なカタチで『Kind of Blue』が世に出ることはなかったであろう。それを見越して、一度はマイルスの下を離れたエヴァンスを、レコーディングに再び呼び戻したマイルスの目利きぶりには、今更ながら驚かされてしまう。

 


Bill Evans – “Blue in Green”
(album: Portrait in Jazz – 1960)

 

『Blue in Green』は、そんな Jazz の世界ならではのエピソードなどはともかく、深まる秋の音楽鑑賞のプレイ・リストに、ぜひ加えていただきたい素晴らしい作品であることは言うまでもない。

 

 

 

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.3

いつもご訪問ありがとうございます。
この度、台風19号により被災された地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
僕の住む茨城県でも、北部方面ではまだ大変な状況が続いていますが、一日でも早く普段の生活に戻れるよう、復旧を祈念しております。

 

 

三連休は仕事だったので、暴風域が東の海上に抜けた早朝、職場に向かってクルマを走らせていると、ドアミラーに映り込んだ東の空一杯に広がりつつある、「朝焼け」のあまりの美しさに絶句。近隣の大きな湖に注ぎ込むまで、あとわずか数キロという地点の河川の支流に架かる、小さな橋の上にクルマを停めた。明けてくる東の空を見上げながら、いつもとは反対の「朝焼けの空」を撮影してみる。昨日の激しさとは打って変わった、穏やかな流れに戻った川面の様子を覗き込みながら、改めて「水との共生」について、しばし考え込んでしまった。

ハッと我に返り、慌ててクルマに乗り込むと、FMラジオからは大好きな「カーラ・ブレイ」『Lawns』が静かに流れ始めていた。静寂な中に秘められたエモーショナルなピアノの音色に、荒れ狂う暴風雨と多忙さによってささくれ立った気持ちが、スッと浄化されていくのを実感する。

 


“Lawns” – Carla Bley [ Sextet ] 1987

 

人は「水」がなければ生きていけないけれど、その大切な「水」は、時として姿かたちを変え、大きな負のエネルギーとなって人々の普段の営みを強襲する。「水は怖い」、でも「水は大事」。「海浜・河川・湖沼」と、列島各地の水辺に近い場所で暮らすことの豊かさには、相反するリスクも伴うもの。なんとか上手に「共生」していけたらと、願うばかりだ。

 

 

 

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.2

 

 

【2019年10月1日 朝日新聞 朝刊より抜粋】

 

 

【雑記】Coffee Break ~ Vol.1

ふと気がつけば、「Hot Coffee」の味わい深い季節の訪れ。

 

 

しかし周囲を見回せば、現代社会はバブル崩壊~リーマン・ショックの時代を含め、かれこれ20年ほど続く不況から未だ抜け出せていないように思える。
明らかに長すぎると思われる、事実上は一党独裁の連立政権与党による、場当たり的な施策の数々には心底閉口してしまう。首相周辺のお友達を「論功行賞」的に据えた直近の内閣改造、台風による壊滅的な被災地への救援・支援よりも優先される国会での写真撮影、小売流通業の現場の混乱を招いている軽減税率の導入、疑惑だらけのゴルフ・メイトが文科相に抜擢され、十分な議論をされず採用が決まった大学入試における民間英語テストの導入等々、いずれも本当に国民の多くが望んだものなのだろうか。今の国会では、政府に都合の良い法案はどんなものであれ、数の論理ですんなりと通ってしまう。すべては、投票率の低さからくる、悲しい現実だ。

我々国民一人一人の意思を明確に伝えることができるのは、国政選挙での投票行為だということは、これまでも何度か訴えてきたつもりだ。そう遠くないであろう次の衆院選の際には、これまで政治に無関心を装ってきた人々も、皆必ず投票所へ足を運び、自分の意思を込めた貴重な「一票」を投じてもらいたい。「どうせ変わらないのなら、投票するだけ無駄」といった姿勢では、本当にこの先なにも変わらない。「棄権行為」は現体制への賛成票にしかならないということに、気付いていない人々がいかに多いことか。10月からの自分自身の日々の生活の中で起こりうる様々な納得のいかない事柄を熟慮の上、これからは有権者一人一人がきちんと政治に向き合い、声を上げていくことが必要とされる時代が来ていることを、各々が自覚すべき。これほどまでに国民が軽視され愚弄された政権による政治も、生涯初めての経験だ。

 


The Style Council – “Shout To The Top” (1984)